RSS | ATOM | SEARCH
[フィンランド]かもめ食堂。
今回も続・ヘルシンキの町歩き。



えー、「フィンランド」「ヘルシンキ」と聞いて思い浮かべるもの、


自分は「ムーミン」だって前回言ったけど


「かもめ食堂」って言う人も多いかもですね。



そのかもめ食堂、実在するってことで行ってきました。(展開早めで)


こちらがそのかもめ食堂。


まぁかもめ食堂だったのは映画の話で、

実際には「KAHVILA SUOMI」っていうフィンランド料理のレストランみたい。

このレストランがかもめ食堂の舞台、ロケ地として撮影されたみたいですね。

店名には一緒に「かもめ食堂」とも書いてあるけど、実際おにぎりとかは出してないみたい。

シナモンロールはあったのかな?





実は自分が来た日は、残念ながら日曜でお休みで中に入れずだったんだけどね。。


まぁ休みなのはわかっていたけど、一応外観だけ見ておきましょうってことで来てみました。




さてそんな「かもめ食堂」の映画、好きな人にはかなり好きな映画ですよね。





でも、正直自分にはあまりピンとくる映画ではなかった。。笑



なんか、

ヘルシンキでの3人の女性の、それぞれの人生感とか平和な日常を描いた内容映画なんだけど、


本当に特に抑揚もない、平和な生活なまま終了。。。



って感じなので、


「あれ?結局なんだったの??」


みたいに思っちゃたのよね。。笑


かもめ食堂の映画は日本にいるときに1回見たことがあって、

多分途中で見るのをやめた気がする。



で、今回もせっかくだからともう1回見たんだけど、

やっぱり途中で飽きて、後半はネットを見てる間にいつの間にか終了してた笑


なので、結局あまり覚えてないんだけどね。



まぁそんな感じなので、特にこの場所に思い入れも感動もなかったのです。
(かもめ食堂ファンの人に怒られちゃうね。。)




んーなんだろうね。


「抑揚の無い日常を描いた映画が苦手」とは言ったけど、


実は平凡な生活をえんえんと繰り返している代表格、


あの「サザエさん」は大好きだったりするんだけどね笑


まぁサザエさんの作者の方(もう亡くなっているけど)の家が近所、

ってか隣に住んでた事が昔あったってのもあり、

家族全員でサザエさんびいきではあるんですよね。


日本で働いていた時も、サザエさんは毎週欠かさず録画してたしね。


久しぶりにマスオさんの「えーっ!?」って驚いた姿が見たいです笑





ちなみに、

確か映画「かもめ食堂」の冒頭、はじまりは


「フィンランドのかもめは大きい」


っていうセリフから始まる。(違ってたらすみません)


そんなフィンランドのかもめ、

「はたして大きいのか?」

と思ってたら、

最初に目に付いたかもめはこちら。




市場の上のネットに引っかかっておりました。。



飛んでたらいきなりひっかかっちゃったのかな??


バタバタもがいております。



おもしろい体勢にはなっているけど、笑えない光景。


手が届く高さでないので、とりあえず見守るしかない。


かもめ君はバタバタともがいていたら、

わりとすんなり網から抜け出すことができたので良かったよかった。



まぁこれでとりあえず自分の中では

「フィンランドのかもめは大きい」

ではなく

「フィンランドのかもめはひっかかってる」

っていう印象です。


まぁそれは冗談だけど、他にも港に何匹も見たけど、

正直「大きい」ってかむしろ「小さい」って印象のかもめだけどね。


まぁ多分かもめにも種類があって、

たくさんいたこの写真の種類のは小さいかもめでした。



他にも見る、足が黄色のいかにもな「かもめ」であっても、

思ったより小さいな。。っていう感じですな。

モロッコのエッサウィラって港町で大量のかもめを見たけどそっちの方がよっぽど大きかったような??


まぁそんなヘルシンキのかもめです。



あ、そーいやかもめ食堂の映画は、

ほんとヘルシンキの日常の映画なので、

実際にロケ地になった本屋とかもあるので映画好きの人にとってはおもしろいかもね。


その映画にも出てくるんだけど

「marimekko」っていう店。(写真のが実際のロケ地かはわからん)

なんか聞いたことあるな〜?ぐらいの知識しかなくて、店の外観しか撮ってなくて中に入ってないんだけど、ジャンルで言うとアパレル系なのかな?

他にも雑貨とか家具とかも売っているっぽいけど。

多分フィンランド旅行にきた女子はみんな行くと思われます。



あと、フィンランドの会社つながりで、

携帯の会社「NOKIA」

最近は電話と言えば「IPHONE」か「SAMSUNG」だけと、ちょっと前はNOKIAだったもんね。

なんか町中心近くに、昔の本社跡みたいのがあるらしいです。

今の本社がどこにあるのか知らないけど。

↓これはそのへんの看板を撮影しただけだけど。






あとは他のヘルシンキの町を観光。


訪れたこちらは「テンペリアウキオ教会」

岩盤をくりぬいて作られた教会ってことなんだけど、

内部は教会って雰囲気は全然なく、円形だしどちらかというとコンサートホールみたいな雰囲気である。

実際にコンサートが行われるらしいしね。

教会としては、祭壇に小さく十字架があるだけ。

キリストの絵が全くない、こんなにシンプルな教会は初めてかも。


壁のところに燭台のエリアが。

ほんとキリストの絵の前とかでなく、ただの壁に作られたって感じだなー。



こちらは青空市場。

屋台で焼いているサーモンのグリルがすげーうまそうだったんだよね。。

でもやはりここでも北欧価格なのでパス。

そもそも値段の確認すらしてないけど。。



こちらはヘルシンキ大聖堂。

広い広場の前に堂々と立つ、ヘルシンキの象徴的存在でしょうか。

けっこう新しい教会っぽくて、中もキレイな感じでした。




こちらはロシア正教のウスベンスキー寺院

ネットとかで調べると、教会だけど「寺院」って名前で出てくるんだよね。

まぁどちらもいいけど。


残念ながら内部には入れなかったのでどんな感じなのかは不明。

まぁ外観はかっこいいですな。



↓正月らしく、もちつき大会の像。

うそ、なんか鉄を打っている図ですね。



路上の雰囲気はこんな感じ。





ちょっと町を歩いてたら、バーのテレビでなんか陸上をやっていた!


そーいやモスクワで世界陸上やってるじゃん!



次に行くのはそのロシア、

まずはサンクトペテルブルグなんだけど、もちろんモスクワにも行く予定。


せっかくなら世界陸上見てみたいなー。


間に合うかな?


間に合うかわからんけど

とりあえず夜行バスでロシアへと向かいますー。



--------------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします。
昨日は19人の方に押してもらえました。ありがとうございます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
author:oka, category:96.フィンランド, 07:31
comments(2), trackbacks(0), - -
[フィンランド]フィンランドと言えば?
前回の記事でも書きましたが、明けましておめでとうございます。


ってことでリアルタイムでは年も変わった2014年ですが、

ブログでは2013年の8月、エストニアを離れてフィンランドへ向かうとこです。


このままではいつまで経ってもリアルタイムに追いつけないので、

今月はなんとか頑張って2ヶ月分ほど挽回させる予定(多分笑)


1日に2回更新するとか、攻めの姿勢で行きたいと思います。


倍返しです。(言いたいだけ)







じゃあブログですね。


バルト三国のエストニアを離れて、次はまた北欧の国、フィンランドへと向かう。



両国間は海で隔たれているので移動はフェリーで。

エストニア⇔フィンランド間のフェリーは会社も多くかなり頻発している。

自分は、多分一番安い「VIKING XPRS」っていう会社で行く。

19EUR、他の高速船の会社だと35EURとかだったかな。


まぁ自分のやつでも別に遅くはなくて3時間とかで着いたと思うけど。

↓こちらが船。けっこう大きいです。



内部にはレストランとかバーとかゲームセンターとかいろいろあって暇つぶしできそう。

まぁ自分は船内をぷらぷら探検してるだけだけど、普段フェリーって乗る機会ないしなんか楽しいね。



今日は青空で気分が良い。

客はたくさん乗っていたし、一通り船内を周った後は甲板に出てた方が気持ちよかったね。



いい天気。

フェリーは3時間ほど(多分)でヘルシンキに到着するようだ。



途中ちょっと座ってうとうとしてたら、もうヘルシンキのそばまで来ていた。


外には「スオメンリンナ島」っていう、要塞とかが残る世界遺産の島が見えていた。



で、ヘルシンキの町に到着。

とりあえず歩いて宿まで向かうんだけど、

エストニアのタリンよりもさらに観光客がたくさんいるなー。

ここはちゃんと撮ってないけど、青空市場みたいになっていて、レストランとかみやげ物とかの店が出ていたエリア。




まず、宿はバスターミナル近くの「HOSTEL DOMUS ACADEMICA」って宿。

宿代27.5EUR(約3700円)は今回の旅での宿代では最高出費だなこれ。

まぁ1泊だけだし、チェックアウト後に荷物預かってくれるのを考えればそこまで高くない、、、と自分に言い聞かせるしかない。





いや、やっぱり高いな笑



って別に良い宿を選んだわけでなく、これでもヘルシンキでは安宿なんだよねー。


久しぶりに北欧の物価高、ってことですな。。







ところで、


「フィンランド」と聞いてまず思い浮かぶものと言ったらなんだろう?


・サンタクロース

・かもめ食堂(映画)

・NOKIA(携帯会社)



などがあるけど、自分の中ではまず思い浮かぶと言ったら


「ムーミン」ですな!




そんなムーミンの国?フィンランドらしく、

宿のレセプションにはさっそくムーミンパパがお出迎え。






宿に荷物を置いて観光に出かける。





ってことでまずはムーミンショップにやってきました笑



ムーミンショップは思ったよりずっとこじんまりしてたけど、

売っているのは全てムーミングッズ(当たり前だけど)


そしてたくさんの日本人観光客がいたなー。

ムーミンの世界中での人気はどうか知らないけど、とりあえず日本では人気だもんね。


ムーミンショップの内装はこんな感じで傘がぶらさがってて可愛らしい雰囲気だね。


店内の色が青とか赤とか黄色とか緑とか色々変わるのです。


ピンクっぽくもなったり。



グッズだけでなく、クレジットカードの読取機もムーミン。


そして袋もレシートもムーミンと、まさにムーミンずくし。

ムーミン好きにはよだれものの店かもですね。



ちなみに自分が買ったのはこのムーミンのふざけたストラップ

普段おみやげなんかほとんど買わないんだけど、なんとなくムーミングッズは欲しかった笑

フィンランドの国旗も持っているし、みやげものとして良さそうだね。

まぁ自分用だけど。



本当は、スナフキンの小さい人形が欲しかったんだよね。

バックパックにつけれるようなやつを。

やはり旅人としては、スナフキンは外せないですよね笑


でもあんまり可愛い、いや別に可愛い必要はないんだけど、

なんか微妙な表情のスナフキン人形しかないので買わなかったのです。。



自分の中ではフィリピン一番の名物はムーミンだったので、

毎ヶ国恒例となっている絵葉書もムーミンのをチョイス。



オフィシャルのムーミンショップだけでなく、その辺の土産物屋でもムーミングッズはたくさん売っていた。




まぁムーミン自体は子供の頃にアニメで見たり、小説を読んだりしたぐらいで

実際すごい詳しいってわけではないんだけど、

今回フィンランドに来たのでwikpediaとかで調べて見たんだけど、

一番驚いたのは「ムーミンのご先祖様」っていうキャラがいたってこと笑


今のムーミンたちと違って、毛むくらじゃらなんだよねー。

写真をはりつけていいのかわからんので、

こちらのリンクを参照くださいな。


このご先祖様のぬいぐるみはちょっと欲しいな笑

まぁこのご先祖様を知ったのはフィンランドを出た後だったんだよね。。残念。






ここでまた宿の話に戻るんだけど、

今回の宿は、4人ドミトリーで予約してたはずなんなんだけど、

通されたのは部屋にベッドが2つあるツインの部屋。


まぁ2人ならのんびりはできそうだけど、4人ならまだしも2人っきりって逆にきまずい感じだったけど笑

自分と同室だったのは、エストニア人の男性で、なんかライブかなんかのイベントを見に来たとか言ってたなー。



で、この宿には共用のプールがあった。



そして写真はないんだけど、

奥にサウナもあるんだよね。



これまたフィンランドに来て初めて知ったんだけど、

サウナってフィンランド発祥だったんだね。


本場のサウナは、日本のヒノキのサウナというか、木製のサウナだったかな。

そこに大きい焼き石みたいのが置いてあって、

そこに水をかけるとジュワ〜って蒸気がでて部屋が暑くなるって仕組みだったかな。


発祥、名物ってことで、一応入ってみたけど、まぁ普通のサウナではあるかな笑


若干風邪気味だったので、さっさと出ちゃったけどね。


一応「本場で入った」という実績だけは作ったっていうね笑





とりあえずこんな感じのフィンランド。


明日もヘルシンキをふらふらしますー。


--------------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします。
昨日は18人の方に押してもらえました。ありがとうございます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
author:oka, category:96.フィンランド, 10:32
comments(2), trackbacks(0), - -