RSS | ATOM | SEARCH
[エストニア]バルト三国はこれで終了、タリンの町。
ラトビアは首都のリガだけであっさり終了させ、

次に向かうのはバルト三国最後の国、エストニア

リガからのバスはECOLINEを利用。12.4リッツで2400円ぐらいかな。

けっこう頻発してました。


今回のは、リガに到着した時と違いバスは2階建てでなかったのが残念。。



で、エストニアも同様にシェンゲン加盟国なのでいつの間にか入国してた。


でもエストニアだけ、他のラトビア、リトアニアと違ってお金はユーロを使っているんだよね。


その裏付けに?、欧米人の観光客をたくさん見かける。

みんなフィンランドから来てるのかな?

ともかくバルト三国の国で一番ヨーロッパらしいのがこのエストニアってことだろう。




宿に荷物を置いて早速観光。

ちなみに宿は「The Sleeeping Maris」とか言う宿。

宿自体はまぁキッチンもあるし特に可もなく不可もなくって宿だけど、

宿隣にナイトクラブがあるようで、そこが朝7時くらいまで音楽かけまくっててうるさい。。

日本なら確実に騒音問題なんだけど、ここの人はなんとも思ってないのかね。。

残念ながら、他の宿に泊まるのをオススメします。

3泊したけどほんとうるさすぎて安眠できず。。





さて観光ですね。

この首都のタリンも見所はやはり旧市街だ。

↓旧市街の入り口。

まぁ正確には宿がもう旧市街の中にあるので、あとでわざわざ撮った感じだけど。


こんな感じで石で作られた建物が並ぶ。

いかにも旧市街って感じで渋くてかっこいいですな。



↓こちらは写真ではわかりにくいけど、けっこう巨大な教会だった。

内部は有料だったので入らず。名前も知らん笑



これが旧市街の中心の広場。

正面のは旧市庁舎とかそんな建物だったと思う。

でも今は1階はレストランになっていて、角にあったエストニアスープ屋みたいのがけっこう人気だったな。まぁオレは食べてないんだけど。



あとの町並みは、やはりヨーロッパらしいこういう感じの建物が続くね。

まぁ可愛らしいのかもだけど、完全にこういうのは見慣れて目新しさはまったく感じないな。。



まぁこんなとこでしょうか。



旧市街の入り口では花屋がたくさんあったな。

なんかヨーロッパって家の窓に鉢植があったり、花が日常な感じがするね。

公園とか中央分離帯みたいなとこに花がいっぱい咲いてたりするしね。

ヨーロッパのそういうところは好きですな。



↓おもしろい噴水。


↓ちょっと変わった感じの十字架。

エストニア固有の感じかな?

広場になってて国旗もたくさんあったので独立記念広場みたいな感じ。



お、こちらもちょっと変わった感じの建物。

実は日本大使館だった。

よくある現代風な建物でなく、こうして現地の雰囲気に合った建物なのはいいね。

ちなみにわきには友好記念だかで桜が植えられてました。



↓土産物屋ではロシア名物のマトリョーシカも売っている。

実際ロシアだけでも、旧ソ連の国以外にもいっぱい売ってたりするんだよね。

まぁこっちが勝手に「ロシア名物」って思ってるだけで、実際はかなり一般的なのかもね。


↓エストニアでも例によって絵葉書。

絵葉書を見ると、大体その国の見所が網羅できるからいいよね。

どれも旧市街の町並みですなー。だいたいもう見たかも。

ちなみにエストニアで95カ国目でした。



旧市街の丘の上にある教会。上の絵葉書にも載ってるよね。

いかにもロシア正教風な感じだね。



ちょうど結婚式の団体が来てた。

ちなみに教会内部は撮影禁止って事だったけど、さすがにじゃんじゃん写真撮っていた笑

まぁこんなめでたい時には神もイエスも怒らないでしょうしね。

どうでもいいけど、この新郎さんと、左上にいる人がすげーそっくり笑

多分親子かな?




↓みやげ物屋にて。

なんとなくだけど、このおっちゃんがいかにもエストニア人、っていう自分のイメージ笑

ちなみにおっちゃんの隣の三色の旗が国旗ですね。

なんか色使いがダサい気がする。それぞれの色が何を表しているのか知らんけど。

まぁボロボロの服を着ているオレが「ダサい」とか言える筋合いではないんですけどね。。



↓民族衣装みたいに来た人がチラシを配っていた。

民族衣装ってかちょっと海賊っぽい感じかな?


こちらはレストランの店員さん。

こーゆー素朴な感じが伝統的な服って感じかな。中世っぽい感じ。



こちらの人も。

なんか伝統料理のピーナッツ炒めみたいのを売ってた。



他の店の店員さん。

こうした民族衣装を着た店が観光客に人気なのかね。

日本でも京都とかには和服を着た店員さんがいる茶屋とかあるのかな?



こちらはちょっと派手バージョン。

マトリョーシカのリアル版みたいな感じでしょうか笑




お?なんですかねこちらの人は。。

こんな民族衣装もあるのか? なんかずいぶん足が長いですけど。。








ってさすがにこんな民族はいないですね。





なんか広場でパフォーマンスしてた人たちでした。

けっこうちゃんとした機材で撮影もしていたので、どっかのバンドとか団体とかなのかな。



伝統的な感じじゃなく、こういう現代的なのもかっこいいですな。





ほんとテレビで見るようなプロの団体みたいですね。




まぁ町歩きはこんなもんかね。



たまには自分が食べてる食事の写真でも載せるか。

ヨーロッパでは食費を浮かすために大体自炊でパスタ。


今回は、スーパーでロシア料理っぽい、水餃子みたいなやつが売っていたのでそれを買ってみた。


うん、ほんとワンタンとかそんな感じのやつだな。名前忘れたけど。


これをスープに入れてスープパスタみたいにして食べました。



ちなみにエストニアのビールはこちらの「saku」

なんか日本語でありそうな名前ですよね。

普段そんなビール飲まないんだけど、各国のビールラベルを集めているんだよね。

多分けっこう集まってきた気がする。

ちなみに味は、よう覚えてないけど普通のビールだったような。。




まぁこんな感じでしょうか。


エストニアはこのタリンしか来てないね。

海沿いに見所のありそうな町もあったけど、まぁパスで。。笑



次はフェリーを使って、まだ行ってなかった北欧の国、フィンランドへと向かいます。



--------------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします。
昨日は18人の方に押してもらえました。ありがとうございます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
author:oka, category:95.エストニア, 10:37
comments(2), trackbacks(0), - -