RSS | ATOM | SEARCH
[モロッコ]さらば!長かったアフリカ大陸!
今日はいよいよアフリカ大陸に別れを告げる時がきた。


アフリカ大陸に入ったのは、去年の1月の頭。。


そして今は5月の終わり(ブログ上はね)。。


ってことで、1年5ヶ月間をアフリカ大陸で過ごしたことになる。


我ながらなかなか長くいたもんだ笑


ってそもそも、こんなに長く居ることになるとは思ってもなかった。

もともとの予定では、アフリカの東側を半年ぐらいかけて縦断すればいいかなと思ってたけど、

結局西アフリカも行きたくなったりと、いろんなとこを訪れている間にこんなに長くなっちゃったか。。


アフリカがすげー好きってわけでもないけど、やっぱり”ディープな旅”が経験ができたのはアフリカに来たからこそ、かな。




そんなアフリカ大陸とおさらばします。




てなわけでテトゥアンからタンジェへと移動してきた。


モロッコからスペインへフェリーで渡るには、おおまかに3パターンがあって、


ゝ譽織鵐献Бタリファ


⊃轡織鵐献Бアルへシラス


スペイン領セウタ→アルへシラス


とある。


でも他の旅行者のブログ見てても「これがベスト」って行き方はないようで、人によって行き方がバラバラなんだよね。。

なのでどうやって行こうか迷ったよ。

言うまでもないかもだけど、自分にとっての”ベスト”とは”一番安い”ってことね笑



テトゥアンからタンジェへ向かう時にもう一人日本人女性がいたんだけど、その人はのセウタからフェリーに乗りたかったみたい。

セウタってのは、アフリカ大陸内でモロッコと陸続きになっているスペイン領ね。
(こんなのもあるんですよ)


なので、セウタからだとアフリカ大陸にいる間に「スペインに入国」しちゃうんだよね。。

つまりセウタ(アフリカ大陸)→アルへシラス(ヨーロッパ)は「国内移動」になってしまうのよ。。


自分はせっかくだし、海路での国境越えをしたいところなので、,△で行くことにしましょう。


※結果、,竜譽織鵐献Гら行きました。
もしキャンペーンとかで新タンジェからの安いフェリーに乗れそうならそれでいいですが、,竜譽織鵐献Бタリファにフェリーで、タリファ→アルへシラスをバス(無料)ってのが一番良いかなって気がします。個人的な感想。
新タンジェルートは、行くのもめんどいし金も時間もかかりそうです。(聞いた感じ)



ってなわけで自分はタンジェに到着。



旅仲間から

「10ユーロぐらいでフェリー乗れたよ!」

って話を聞いてたので、とりあえずその会社に行ったのだが、値段は10ユーロではなく30ユーロぐらいだった。。

どうやら10ユーロだったのは期間限定のキャンペーンかなんかだったみたい。残念。

↓この会社ね。




なのでこの会社はやめて港の方でもっと安いフェリーを探すことに。


港近くでは、たくさんのチケットオフィスがあるみたい。


また別の旅仲間から「タリファまで200DH(2400円)だった」って話を聞いてたので

それぐらいで買えるのかな?

って思ったけど、どれだけ探しても最安値は300DH(3600円)だった。。


たかだが1時間ちょいフェリーに乗るだけなのにすげー高いぞ。。

フェリーで渡る先はもうヨーロッパ。この運賃もすでにヨーロッパ価格なんだろうね。。



けっこう探したが、それでも安いフェリーは見つからず。。

バックパック背負って歩き回ってるし、だんだん疲れてきた。。

そしてもうどうでもよくなってきたので結局300DHのチケットを買うことに。
まぁ仕方ない。

出発は新タンジェ港ではなく、このタンジェの町からタリファに向かうやつ。

タリファからアルへシラスへはバスで移動だけど、それは無料なんだよね。



てことでタンジェの町は周らずにそのまま出ることに。

んー、ここの見所も今まで訪れてきたような旧市街だろうしまあいいか。



で、乗るフェリーはこの「FRS」って会社の。

旧タンジェから出るのは他にも1,2社あったかな。


船内はこんな感じでけっこうしっかりしてる。

モロッコのお金、ディルハムが余ってたんだけど、この船ではもはやユーロしか使えなかった。。





で、ついに出港。



船は港を離れていく。



ってことでアフリカ大陸を離れていく!!



いや〜本当に長かったけど、その分いろんな事があったな。


エジプトはダハブでのんびり過ごしたり

スーダンの田舎町では住人みんなが手を振ってきたり

エチオピアでは火山を見て叫んだり

ソマリランドではチャット(軽い麻薬、合法)を食べまくったり

ケニアではライオンのハンティング見れたり

南スーダンで警察に銃つきつけられたり

ウガンダでバナナ食べまくったり

ルワンダでは人間の残虐さを考えさせられたり

タンザニアはザンジバルの海でのんびりしたり

コンゴの火山は反政府軍のせいで行けなかったり

マダガスカルでバオバブ見たり

ビクトリアの滝見たり喜望峰行ったり。。。西アフリカも面白かった。


きりがないのでこの辺でやめとくけど、本当にいろいろあったなぁ。


いろんな出来事もあったし、いろんな旅人と出会えた、いろんな事も考えさせられたりね。。



とりあえずこれだけは言えるけど、アフリカに来て本当に良かった。


他の旅人にオススメするかは別だけど笑



そして哀愁にひたる間もなく、船はあっさり次のヨーロッパへ!


スペインが見えてきた〜。




謎の像がお出迎え。



ヨーロッパは、学生のときにギリシャ、ブルガリアあたりをちょろっと周っただけで、ほとんどの国が初めての国となる。



物価が高いのだけが怖いが、それでも旅先として面白いのも間違いないヨーロッパ。



いざヨーロッパ旅がスタートです。


はたしてどうやることやら??


まずはスペインからです!!






詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
昨日は11人の方に押してもらえましたー。ありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
author:oka, category:70.モロッコ, 09:18
comments(6), trackbacks(0), - -
[モロッコ]これまた世界遺産テトゥアン
リアルタイムではイギリスはロンドン


なんだけど、

ここで持っているカメラを1日で2台失うという失態をおかしてしまった。。


まず1台目はキャノンのコンパクトデジカメ

これは地下鉄の中で置き忘れた。。

地下鉄の中で使ってから、そういやかばんにしまった記憶ないわ。。

周りには誰もいなかったのでスラれたわけではないです。


もう1台はのニコンの一眼デジカメ

これは雨に濡らしすぎたのかいつの間にか動作不能に。。おいおい。

そんなに強い雨でもなかったんだけど、濡らし所が悪かったのかも。。

一応電源は入るけど、SDカードを認識しなかったり、ボタンの半分ぐらいが作動しなかったりとやっぱり水没した感じなのかな。。


地下鉄で無くしたカメラは、一応明日あさって駅のオフィスに届いてないか確認するつもり。

一眼はできるだけ乾かして回復するのを祈るのみ!



でもやはり持っている2台のカメラを同日に失うとは辛い。。。


カメラが無くなって、観光する気力も完全に無くなってしまった。。

明日はストーンヘンジ見に行こうと思ってたけどやる気無しです。。



でもまぁパソコンとかのデータと違って、新しいの買えば済む、要は金で済ませられる事だと思えばまだ気は楽かな。。


まぁ金ももう余裕ないけどね。。




って事でブログ書く気力もないんだけど、ズルズル遅れても仕方ないので更新しないとね。





えっと、どこからだ?



そうそうシャウエンからついにヨーロッパへ!



ってところですね。



でもそのヨーロッパの前にヨーロッパへのフェリーが出るタンジャの町の手前にある、テトゥアンって町にも寄ってみることにした。


多分自分一人だと行かなかったと思うんだけど、

シャウエンで一緒だった旅仲間がテトゥアンに行くっていうので自分も便乗して行くことに。


なんか一人だと、そんなに興味のわかない町はパスしちゃうんだけど、

一応世界遺産だし、違う町を訪れるのも悪いことじゃないしね。


あんまり自主性がないがまぁいいだろ笑



ってことでシャウエンからバスで2,3時間でテトゥアンに到着。



↓テトゥアンのバスターミナルはなかなか大きくて立派だった。

ここだけ見ても、テトゥアンがそこそこ大きい町なのがわかるね。



とりあえずガイドブックに載っていた、町中心の広場に面する「PENSION IBERIA」って宿に。

窓からはその広場が見張らせるし、WiFiもあるのに他に何軒か聞いてみた周りにある他の宿よりも安い。

ってことで一番良さそうな宿。


窓の下を見下ろす。こういう高い建物って久しぶりかも。



宿に荷物を置いて早速、町の散策へ。

ここの旧市街、メディナも世界遺産になっているらしい。

なのでとりあえずその旧市街内へ。


他のメディナと同様、城壁で囲まれている。



旧市街の中はさすがにごちゃごちゃしてて、”旧市街”って感じ。

でも人も多いし活気がある。

町としてはかなり小さかったシャウエンから来たってのもあって、テトゥアンがえらい大きい町に見えるね。



↓子供がベビーカーじゃなくて台車で運ばれていた笑



旧市街の中はあっちこっちでも路上で物を売っている人たちがいる。

わかりにくいけど、この写真で花笠みたいなのかぶってる人がいるよね。

そーいや結局写真撮ってないけどシャウエンでもけっこう見かけたな。

この地方の伝統衣装みたいなもんかな。



路上で売られているのはもう”ガラクタ”としか言いようのないのがいっぱい売っている。

この写真のはまだまともな方で、壊れたおもちゃとか、謎の充電コードとかいろいろ。

もう「誰が買うんだこれ?笑」ってのばっかり。

まぁ売ってる方も「暇だから売ってる」って感じなのか知らんけど。。



おもいっきり古着で、こんな「JAPAN」なんてシャツも売っていた。。

すでにボロボロで、誰が買うんだ?ってぐらい、さすがのオレでも買わないレベル。



旧市街の外では、こうしたガラクタじゃなくてちゃんとしたカバンとか靴も売られていた。

このカバンも中古品っぽかったけどね。



そして自分はここでカバンを購入。バックパックとは別の「デイバッグ」って感じのやつだ。


これまではアフリカをずっと一緒に旅してた旅仲間からもらったカバンを使ってたんだよね。

その人が南アフリカのケープタウンで、カバンがぼろぼろになってきたからって新しいカバンを買ったんだよね。


で、そのぼろぼろのカバンはもういらなくなったから捨てるという。。


「え?捨てるなら僕にくださいよ?」と言ってもらったカバンなのである。

その人にとっては、もう買い換えたくなるぐらいのぼろさだったみたいだが、自分にはまだまだ使えると思ってもらったんだよね。


でもそのカバンも半年ぐらい経ち、


さすがのオレでも「こりゃあみすぼらしいかな。。」ってぐらいにぼろぼろになってしまったのだ。


このカバンでヨーロッパに行くのはちょっと。。


って思ってたとこだったのでちょうどいい。

↓古いカバン。後日撮った写真なので背景がスペインだけど笑

写真だとわかりいくいけど、表面の布地がびりびりに破れているんだよね。。




買ったカバンは、中学生の女の子が学校に背負っていくみたいなちょっとポップな可愛らしい感じのデザインだがまぁいいだろう。

これで20DH(240円)。

まぁ数ヶ月使えればいいかな。


あとは適当に町をふらふら。


↓ビニール袋で遊んでいたにゃんこ。



↓つめがひっかかったみたい笑 かわいい。


↓宿から見る光景も、夜にはライトアップされててなかなかいい感じ。


テトゥアンには王宮みたいのもあって、そこにあったモロッコの国章?もライトアップされててかっこよかった。



今度こそこれでモロッコは終わり。


そして長かったアフリカ大陸も終わり!


次はヨーロッパはへの玄関口、タンジェへ移動してそのままヨーロッパへ向かいます!



詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
昨日は11人の方に押してもらえましたー。ありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
author:oka, category:70.モロッコ, 10:11
comments(4), trackbacks(0), - -
[モロッコ]猫とおまけと散髪と
[シャウエン 13年5月19日〜25日]


青い町シャウエンは、エッサウィラほどではないけどこれまたたくさんの猫を見かけた。

そんな猫たちを適当に。





↓シャウエンらしいね。













はい、こんな感じですね(すごい適当)

まぁ猫の写真は撮るけど、特に話すようなストーリーはないので。。笑



あとはシャウエン滞在中のおまけ、ってか小話を。。


↓マラケシュの時にも話題に出したけど、モロッコはどこでもアボカドのジュースが飲める。

まぁエチオピアと比べれば大したことないな。。と思ってたけど、マラケシュのがなかなか美味しかったのでそれ以降何回か試しているんだよね。

でもこのシャウエンの、ってか店によるんだろうけどはイマイチだった。。

濃厚さが足りんぞ!


↓スーパーで見つけた変なもの。

プリンの元、ってかゼラチンかなんかか。。。?

って何故に和風??

このうさんくさいパッケージで受け入れられるのだろうか。。?


ちなみにこの時、パティシエのあみさんて女性と一緒だったんだよね。

「これはお土産で買って帰ったら絶対ウケますよ!」と思って、ドヤ顔でこれを見せたんだけど、あみさんは全く買うそぶりすら見せてもらえなかった。。残念笑




↓意味不明だが、どうやらアラビア語版クロスワードっぽい。

これはブランクなやつだけど、書き込まれれたやつもアラビア語でうにゃうにゃ書かれていた。



このシャウエンの後は、いよいよヨーロッパ旅が始まる。

ってことで?ヨーロッパの前に散髪でもしておこうと思って床屋さんへ。

値段は20DH(240円)。

と言ってもわけのわからん髪形にされても嫌なので、待っている間に必死に新聞から見本となりそうな髪形の人を探す。


で、見つけたのはあるサッカー選手。(誰か知らん)

なんだろう簡単に言うと「ソフトモヒカン」っぽい感じの髪型だ。


床屋のおじさんに「こんな感じにしてね!」と適当にジェスチャーで伝える。

あちらも「OK!OK!」と自信ありげだ。。






これは期待できる。。。







って事もなく、出来上がったのはまぁ普通の、その辺にいるようなモロッコ人ぽい髪型だ笑


まぁ別にこれでいいんだけどね笑

一応記念撮影笑



髭も剃ってもらってずいぶん爽やかになりました(当社比)


これで次はヨーロッパはスペインへ向かいます!


と思ったけど、その手前のテトゥアンって町に寄ってからにしようかな。




※リアルタイムではアイスランドからイギリスはロンドンに到着です!

ロンドンに19日までいて、次はキプロスに飛びますー。



詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
昨日は11人の方に押してもらえましたー。ありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
author:oka, category:70.モロッコ, 11:05
comments(2), trackbacks(0), - -
[モロッコ]続・青い町シャウエン!
ブログ上ではモロッコですが、、

リアルタイムでは101ヶ国目、アイスランドです。

天気さえ良ければオーロラも見れるらしいんだけど、滞在中ずっと雨。。。

オーロラはまたの機会かなこりゃ。。




で、つい先日、日本を出て丸3年が経ちました。。

3年間、あっという間な気もするけど、中学・高校で言ったら「入学〜卒業」までの期間なので、そう考えたら長いか笑

「いつ帰国するんだ?」って質問をたまにされますが、まぁそのうち帰ります笑

お金もかなり減ってきたしね。(切実)


近々、(気が向けば)3年のまとめ記事でも書いてみようかなと。


まぁ、それよりもまずは遅れてる日記の方ですね。




モロッコはシャウエンに到着したところからです。


いつ訪れたのかわかりやすいように日付いれておこうかな。




[シャウエン (13年5月19〜25日)]


シャウエンは町のほとんどが青くペンキで塗られた、

なんかメルヘンチックな町。


小さい町で、特にこれと言った見所があるわけでもなく、この青い町をふらふらすることになる。


ってことで、1日、2日もいれば十分なんだけど、この小さい町加減がのんびりするのにちょうど良くて、1週間ぐらい滞在してたな。


何をしてたのかはあんまり覚えてないけど、まぁふらふらしてたんだろ笑


ってことでシャウエンで撮った写真を適当に。


歩いていると、実際に壁をペンキで塗っている人がいた。

定期的に塗っているんだね。



青い家々の写真もいいけど、やっぱり人を入れた方が好きかな。





町のほとんどが坂か階段なので、ベビーカーなんか持ってたら大変だね。







旧市街の外にある公園、そこの壁に描かれていた絵も青色で。



なんかこういう雰囲気だからか、町中に写真とか絵を貼ってるところもあってオシャレな感じね。

まぁ売り物なんだろうけど笑



青一色の建物と違い、土産物屋にはカラフルな服や雑貨が並ぶ。







宿が一緒だった人たちと散歩した時の写真。

ちょっとスピード感を出してみた。いや、スピード感を出す必要全然ないとこだけど笑



せっかくなので、青い町にとけこんだ感じで撮ってもらう。

んーでもなんか違和感あるな笑



まぁこんなとこですかね。


そーいやシャウエンではほぼ毎日通ってたサンドイッチ屋があったなー。

8DH(100円)でサラダとかフライドポテトとかマカロニとか米とか色々入っている。

米は別に入ってなくてもよかったけど笑 

トッピングを入れた後に、サンドイッチの外側を鉄板みたいので挟んで焼いてくれるのも良かった。


モロッコと言えばタジン鍋とかなんだけど、この時にはもうタジンに25DH(300円)とか払うの高いって思ってたんだよねー。

ヨーロッパ旅している今考えるとやっぱり安いんだけどさ。。



次もちょろっとシャウエンの続きを。。





詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
昨日は12人の方に押してもらえましたー。ありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

author:oka, category:70.モロッコ, 07:09
comments(8), trackbacks(0), - -
[モロッコ]青い町シャウエンへ
メクネスでの滞在を後にして次に向かうのは

青い町シャウエン。


魚を食べまくって最高だったエッサウィラと並び、「居心地が良い」「楽しい」ともっぱら評判の良い町なので期待も高まるね。


メクネスからの道はのどかな山道を進んで行くので気持ちいい。



途中の休憩所にて。

あんまり花の写真なんか撮らないけどなんとなく。まぁ花自体は好きではあるけど。



先日行った、バラ祭りではほとんど見れなかった生のバラもたくさん咲いていた。

バラって、売っている状態だと「一輪」の状態が多いけど、実際には木にたくさん花が咲いているって感じかな。



シャウエンには4時間後に到着。

シャウエンも、他のモロッコの町と同様新市街と、城壁で囲まれた旧市街になっている。

ここの門が旧市街の入り口。



旧市街に入ると、道が一気に細くなりごちゃごちゃした感じになる。

観光客も多いはずだが、ローカルな感じが強いので楽しくなりそうな雰囲気。


とりあえず目当ての「アビハンシャ」って宿に行ってみたが、残念ながら今日はいっぱいとの事。。ここはシングルで40DHと一番安かったんだけどね。

って事で他の宿をあたらなきゃなんだけど、

SOUIKAとかいう宿に連れて行こうとする輩がやたら話しかけてくる。。

多分客引きってか、その辺の兄ちゃんたちなんだが、その宿に連れて行けば金をもらえるようになっているのかな。

実際旧市街に入る前から「安い宿があるぞ」とか「SOUIKAに行きたいのか?」とか話しかけられたな。。

まぁシャウエンでは有名な宿っぽいし、第二候補だったので行ってみる。


部屋を見せてもらったが、別に悪くはなさそうだが、良くもなさそう。

値段はドミが60DHで屋上に雑魚寝みたいな感じなら40DHらしい。


ふむ、まぁ時間もあるし他の宿を見てから決めてもいいだろう。


ってことで、隣にある「モーリタニア」とかいう宿も確認。

ここもSOUIKAと一緒でドミは60DHらしい。

他にも宿を何軒か見てみたけど、んーやっぱり最初のSOUIKAが良さそうかな。。


と思ってSOUIKAに戻ると、

さっきまでガラガラだったはずなのに

「フルだ!」とか言い出しやがった。。おいおい。


「いやいや、つい15分ぐらいまでたくさん空いてたじゃん」


「ちょうど今20人の団体が来たんだ!」


もちろんそんな事はないだろう、うぜー


さっきオレが1発でこの宿に決めたなかったのが気に食わなかったのか知らんが、完全に宿泊拒否してきやがった。

有名宿で「勝手に客もくるだろう」って天狗になってるのか?


とにかくこんな宿はこちらから願い下げだ。


って事でこの日は隣のモーリタニアに、翌日からは第一候補だったアビカンシャに移動することができたのでいいんだけどね。


まぁいいか。


気を取り直してシャウエンの町をふらふらしてみる。


うん、確かに青くてメルヘンチックな町だねー。





真っ青。







なんでこう青く塗られてるんだろ??

そーいやインドのジョードプルって町も、青く塗られた家が並んでいたな。

ジョードプルの場合は「涼しくするため」とか「蚊よけ」とかの理由で青く塗られていた気がする(確か)。

このシャウエンの場合はなんか意味あるのかな?

観光客を呼ぶためかな?笑

青くなかったらただの町だもんね笑

まぁわからんけど。




外国からの観光客も多いけど、ここはモロッコ人の観光客も多いみたいだね。

ってことでやっぱり土産物屋は多い。





町中心部の広場。

結局写真撮るの忘れたけど、夜にはこの木がクリスマスツリーみたいにライトアップされるんだよね笑

ほんとクリスマスツリーとしかいいようがないくらいのクリスマス感だった笑



町中心からはずれてた丘から、シャウエンの町並みが見張らせる。

ここにはシャウエンに滞在してた1週間、ほとんど毎日行ってたなー。

初日は雲が多くて残念だったけど光が差し込んでる感じはよかった。

そーいやシャウエンはなんか他の町より寒かったような。。

さらに雨も降って寒かったからちょっと風邪気味になったのよね。。



でもだいたいは晴れてこんな感じの景色を見ることができた。



以前も撮ったけど、デジカメのジオラマモードで撮ってみる。

やっぱりなかなか面白く写るねー。こうした建物を撮るのにはおもしろい。





まぁこんなメルヘンな感じのシャウエンではあるが、

近くにマリファナの産地があるようで他のモロッコの町以上に売人からの誘いがかなり多い。。


歩いていると「ハロー!」と声かけてくれる人が多いんだけど、

二言目には「ハシシあるよ。。ふへへ」と言ってくる。。


まぁ言ってくる分にはいいんだけど、ひそひそと、いかにもやましいですって感じで言ってくるのが気持ち悪い。。

そして、歩いていると1日に10人以上に同じように声かけられる。。


ほんとうっとおしいわ。。


って思ってる時に、ふと


「消えろ ぶっとばされんうちにな」


っていうヤムチャのセリフを思い出した。

↓これね笑



こんな強気なセリフ言ったことないわ笑


それ以降は話しかけられる度にこれを思い出してにやにやして、こちらの方が気持ち悪かっただろうけど。。笑


まぁそんな?シャウエンです。


シャウエン滞在はもう少し続きますー。


次回はもっと、この青い町らしさを紹介しますので笑



詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
昨日は12人の方に押してもらえましたー。ありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
author:oka, category:70.モロッコ, 07:00
comments(2), trackbacks(0), - -
[モロッコ]聖地?ムーレイイドリス
なかなか満足できたヴォルビリスの遺跡を後ににして、

次は近くにある町、ムーレイイドリスへと向かう。


一つの山、ってか丘にだけびっしりと家が建っているのが見える。

これがムーレイイドリスの町。

ムーレイイドリスは、789年にモロッコで初めてのイスラム王朝のイドリス朝が開かれたところ、らしい。

その創始者である、ムーレイ・イドリス1世のお墓がここに残されている、らしい。


ここが町の中心になっている広場で、この真ん中を通り抜けるとそのお墓がある。



まぁでもそのお墓はさすがに”聖域”であるため観光客は訪れることができない。

このムーレイイドリスの町自体もかつてはイスラム教徒以外には閉ざされた場所だった、らしい。


ってことで中心地には入れないが、周りの居住エリアをふらふらしてみることに。


町のほとんどは車が通れないような道なので、荷物運びはロバの仕事。

多分何十年、何百年前から変わらない光景なんだろう。



ムーレイイドリスのほとんどの家が白いペンキで塗られ、なんとなく聖地っぽい雰囲気に感じる。



この次はシャウエンっていう、町中の建物が青く塗られた町に移動するんだけど、

たぶんここはその白バージョンって気がする。



居住区だし観光客もほとんどいないのか、子供たちがわいわい話しかけてきたり。

なので写真撮ってみた。

そーいやモロッコに入ってから人の写真を撮ることがめっきり減ったなぁ。。

多分ヨーロッパに入ったらさらに減るのだろーね。



↓「歩き方」に写真が載っていた。イスラムの経典が書かれたモミュメントみたいの。

人に聞きながらようやく辿りついたけど、実物はけっこう小さいし全然目立たないところにあった。。

ガイドブックに載っていると、すごい見所に違いない!って思っちゃうけど、まぁこういうこともあるよね。

実際は学校だったのかな。



このムーレイイドリスを歩いていると、自称ガイドみたいのが

「パノラマビューを見たいのか?」とかやたら話しかけてくる。

ってことでそのパノラマビューとやらがここでのハイライトらしい。


まぁガイドに頼むことなく、とりあえず高いところへ行けば見れるんでしょ?

と思って適当に高い所にどんどん上っていったらそれっぽい場所に辿りつけた。

ふむ、なかなかのパノラマビューですな。

真ん中の緑の建物が、さっき入れなかったエリアみたいだね。

こうしてみると、その聖域を中心に町が広がっているのがわかる。

規模は全然違うけど、東チベットのラルンガルゴンパを思いだすなー。



同じようにパノラマの景色をお楽しみ中のネコ。

ネコはほんとどこにでもいるな。



まぁあまり観光地化されてない、こうした小さい町を訪れるのもいいね。


次は「青い町」シャウエンに移動です。


※このブログ記事、1回書いたのに消えちゃってたんだよね。。

もう1回同じこと書くのめんどくていつも以上に簡単になっちゃいました。。


詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
昨日は12人の方に押してもらえましたー。ありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
author:oka, category:70.モロッコ, 12:18
comments(2), trackbacks(0), - -
[モロッコ]意外に良かった世界遺産ヴォルビリス
今日はメクネスから日帰りで近くにある世界遺産ヴォルビリスと、

この辺りのイスラムの聖地となっているムーレイイドリスへ行ってみることに。


メクネスからは、歩き方に書いてあった通りの場所からムーレイイドリス行きの乗合タクシーが出ていた。10DH(120円)

乗合タクシーに乗って40分ぐらいで、ムーレイイドリスへ。

なんだけど、そのちょい手前にヴォルビリスへの分岐点があるので、そこで下ろしてもらってまずはヴォルビリスまで歩いて向かう。

※歩き方にはヴォルビリス行きの交通機関がないと書いてあるが、実際はムーレイイドリスから乗合タクシーあり。まぁどっかの町へ向かう途中下車って感じだけど。


下ろしてもらったところはこんな感じで広々とした景色が広がる。

数日前まで砂漠にいたし、今度はなんとも豊かな景色。



花もたくさん咲いているし、のんびり歩いてるだけでもなんだか楽しいもんだね。

最近は旧市街とか、街中の観光が多かったのでこうした景色が余計気持ちよく感じる。


ロバに乗ったおじちゃんがいたりとなんとものどかな景色だね。



こーゆー景色を見てると「なんだか北海道みたい!」って気もする。

一応北海道出身ってことのわたくしですが、北海道と言っても札幌だし、こういう景色にはあんまり縁がないんだけどね。。

道内旅行も、親に連れられてとかでしか行ったことないのであんまり詳しくないし。。

大学、仕事も関東なので、エセ道民って感じですが。。

まぁオレの話はいいとして、分岐点から45分くらい歩いてやっとヴォルビリスに到着。


ただっ広い草原だったので、ヴォルビリス自体はけっこう前から見えていたんだけどね。



入り口で入場料を払って入場。

ヴォルビリスは見ての通り?ローマ時代の遺跡かなんかだ。

このモロッコでも、かつてはローマ帝国の支配下だったんだね。

まぁ2000年前とかの話だろうけど。

そして2000年前に、これだけの建物を作ってたってのはやっぱりすごいことだ。



早速ふらふらしてみたいとこだけど、なーんか雲行きが怪しいのよね。。

と思ったらすぐに土砂降りの雨が!


みての通り屋根もなんもないところで雨宿りする場所もない。。

どうしたもんか??

と思いながらもうろちょろしてたら、遺跡の真ん中らへんに見張り小屋みたいのがあってそこで雨宿りさせてもらうことができた。。


見張り小屋にいたおっさんとは全く会話が通じなかったけど、雨宿りしたいオレと、快く中にいれたくれたおじさん、なんか温かい空気が流れてました。

ってのはオレの感想で、おじさんがどう思ってたのか知らないけど笑


雨は20分ほどでやんだ。


ってことで今度こそふらふら。

このヴォルビリスには、昔の住居群みたいな感じなのだが、その家の玄関にあたるところの床に、モザイク画が残されているのだ。

こうしたモザイク画が見所ですかね。



こんな感じで無防備に雨ざらしなんだけど、2000年前とは思えないほど状態は良い。



家ごとにテーマの異なる絵が描いてある。

だいたいギリシャ神話みたいな内容のが多いのかな。



30分ぐらいしたらまた雲行きが怪しくなってきた。。

この当りは平原なので、雨雲が近づいてくるのもわかるんだよね。

ってことで先ほどの見張り小屋でまた雨宿りさせてもらう。。

その後、またあた雨が降って結局ここには3回来たことになるな。。

まぁ天気ばっかりは仕方ないですね。


3回目の雨があがったあとは天気も良くなってきた!

ヴォルビリスは、まぁローマ遺跡としては他のとこにあるのと比べたらたいしたことないかもしれないけど、

このなーんもない草原にポツンとある、っていう雰囲気がいいね。



他のモザイク画。


ここも。

床以外はほぼ廃墟になっているが、当時はなかなか発展してた町だったのかもね。


なんか凱旋門みたいなやつらしい。

そして写真でわかるけど、かなり天気が良くなりました。


その凱旋門に書いてあったギリシャ文字みたいの。

ん?ローマ文字か?ようわからん。



このあたりは柱とか壁が残っていてしっかり遺跡っぽくなっているね。

かつては神殿とかだったのかな?


そして再びモザイク画。

やっぱり多彩なモザイク画がここの一番の見所かもね。

何回も言うが、これが2000年前ってのを考えるとすごいことだ。



天気も良くなったし、花も咲いているわでなかなかに風情があるね。



普段は世界遺産に行っても「まぁこんなもんかな。。」っていう感想が多いんだけど、このヴォルビリスはなかなか良かった。

このただっ広い平原の中に、ポツンと遺跡があるっていう雰囲気がすごい良いよね。

いかにも今は廃墟です、ってか遺跡ですって感じで。


昔は発展してたんだろうけど、今は昔というか、すごい趣を感じます。


いや、ほんと来てよかったですわ。


これまた歩いて、今度は聖地ムーレイイドリスを訪れることにします。


※先日メールいただきましたs.uさん メールありがとうございます!
返信しようとしたら、パソコンからのは拒否設定になっているのか送れませんでした。。
こんなブログですがまた見ていただけると嬉しいです。
そちらもそのうち世界一周に出れるとよいですね!



詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
昨日は18人の方に押してもらえましたー。ありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
author:oka, category:70.モロッコ, 07:41
comments(0), trackbacks(0), - -
[モロッコ]世界遺産メクネスの町で
ブログ上では70ヶ国目のモロッコですが、、、

3ヶ月後の今、リアルタイムではついに100ヶ国目のイギリス入国!!


この30ヶ国分の差は果たしていつ埋まるのだろうか。。。??


「今でしょ!」 (←ってが流行ってるらしいね。 え?古い?)


まぁ30ヶ国分を今埋めるのはちと厳しいので、いずれね。。


ちなみに今後の予定ですが、

イギリス→アイスランド→イギリス→キプロス→ギリシャ→ブルガリア

までは確定してます。





じゃあモロッコの続きを。。


メルズーガを午後7時だか8時だかに出発したバスは、午前2時半ぐらいにメクネスに到着。。


いくらなんでも早く着きすぎだろ。。


まぁこのバスは終点がフェズなので、オレは途中下車したことになるので中途半端な時間になるのは仕方がないんだけどね。。


と言ってもフェズもここから1時間ちょいの距離だった気がするぞ。。?

ってことはフェズに着くのも朝の4時とかじゃないのか?

もうちょっと到着時間を考えてバスを動かしていただきたいものです。



ちなみにメクネスでは鉄道駅に到着。

モロッコの列車は24時間やってるみたいで、午前3時くらいにカサブランカ行きの電車があった。

なので、メルズーガからカサブランカに最速で帰る方法としては良いかも知れんけど。



そして鉄道駅で降ろしてくれたのでまだ助かった。

ってのは、メルズーガの日中の熱気がうそのように、メクネスに向かう道中からかなり寒くなってたんだよね。

なので24時間開いていて寒さがしのげる鉄道駅で良かったですわ。




朝までどう過ごしたのか覚えてないが、

明るくなってきたのでメクネスの中心地へと向かう。

歩いて50分近くかかったけど、まぁ朝も早いしやることもないので問題なし。



さてメクネスは観光客が少ないのか、良い安宿がない。。

けっこうぼろい、現地人向けの宿(HOTEL DU MEKNES)でシングル60DHでWiFiなし。

多少まともなWiFiありの宿(HOTEL MOROCCO)でシングル100DHだ。。


マラケシュで泊まってた宿は60DHでもかなりキレイだったのに。。

同じ値段出すのが腹立たしいぐらいの違いだが仕方ない。


まぁ40DHの差は大きいし、60DHのぼろい宿にする。


そーいやアジアを旅しているときは、「とにかく最安の宿に!」ってかたくなに泊まってたけど、

最近は、まぁやっぱり値段が第一だけど、値段と質のバランスも考えたりしてるかもね。



さて宿に荷物を置いてさっそくメクネスをふらふらする。


ここの旧市街、メディナも他の町のメディナと同様世界遺産になっているからね。


まぁでもこの手の世界遺産にも正直もう飽きたけど笑

↓旧市街にある、一番立派な門



↓アップで見るとやっぱりこういう模様はかっこいい。



この門じゃないけど、他のとこにも同じように幾何学模様が。


モロッコだけでなく、イランとかウズベキスタンとかのモスクにもこういう模様が使われるけど本当にすごいよね。

イスラム教は、キリストの像とか仏像みたいな”偶像”を禁止しているのでこういう模様が発展していったのかな?


↓旧市街にある「ムーレイ・イスマイル」とか言う人のお墓。

正直名前なんか覚えてなくて、この記事を書くためにもう1回調べた笑

まぁそんぐらいの見所(自分にとってね)


中はいかにもイスラム的な作り、さっきの幾何学模様だったり、噴水が作られていたりと雰囲気はいいね。

メクネスでは一番の観光地だろう。


↓これがお墓の部分。

そーいやフェズなんかではモスクとかはイスラム教徒しか入れなかったのに、ここでは観光客も自由に入れるな。。 この違いはなんだろ?



まぁ観光としてはこんなもんかな。


ネコがいたので例によって撮影タイム。




それよりこのメクネスで一番嬉しかったのは、この旅人との出会い!


旅に出てずっとブログとかHPをやってるけど、あんまりコメントとかメールくれる人っていないですよね。。

普段一人でいる事が多いし、メールとかもらえるとすごく嬉しいんだけどな。。(切実)

と思ってたとこに連絡してくれたのが彼。


「今モロッコにいるので良かったら会いませんか?」と言ってくれたのはサッカー野郎のケント君。



ケント君はどうやらこれから西アフリカに下りていくみたい。

東アフリカはすでに周ったってことで、共通の知り合いもいっぱいいたし、同い年ってこともあってすぐに意気投合。


もともと西アフリカの話をするために会ったと思うんだけど、

多分エヴァンゲリオンの話をしてた方が長かった気がする笑


一緒だったのはこのメクネスの2日だったけど、是非またどこかで一緒に旅を、

てかエヴァの話しなきゃだね!笑





詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
昨日は17人の方に押してもらえましたー。ありがとうございます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
author:oka, category:70.モロッコ, 09:37
comments(12), trackbacks(0), - -
[モロッコ]メルズーガの砂漠ツアー!
トドラ渓谷を後にして、次は砂漠の町メルズーガへ移動!


トドラからは、ノリコさんが乗合タクシー(120DH)を呼んでくれるか、

SUPRATOURの午後4時くらい発のバスで(85DH)。


何人かいれば乗合タクシーでわいわい行っても楽しそうだが、自分は一人だったのでバスで向かったけど。


メルズーガに到着したのは夜の9時だったが、事前に連絡しておけば、

ってかノリコさんが連絡してくれるけど、メルズーガの宿、オアシスのスタッフがバス停まで迎えにきてくれる。


余計な話だけど、ノリコさんは以前このメルズーガのワイルダネスロッジって宿で働いていて、当時は日本人はほとんどそこに行ってたんだけど、ノリコさんが去った後はみんなオアシスに行くっぽい。


てなわけでオレもオアシスにしたんだけど、オーナーのアリさんがすげー良い人だし、宿も快適だし食事も美味しかったしとかなり良かったかな。

もしメルズーガに

昼間到着→夕方から砂漠ツアー→次の日帰ってきてそのままバスで移動

っていう”宿に1泊もしない状態”でもシャワーやら部屋を使わせてくれる親切な宿でオススメです。


FACEBOOKでオンラインにしてると、3ヶ月経った今でも「HELLO」とか話しかけてくるおちゃめな?アリさんです。

※「何歳に見える?」って聞かれて「んー、52歳くらい?」ってマジメに答えたらちょっとショックだったっぽいアリさん、すみません笑

実際は40ちょいらしいです笑

↓これがオアシス。名前の通り、快適空間でした。





到着したのは夜でよくわからなかったけど、宿の前にはもう砂漠が広がっている!

けっこう果てしなく続いている感じ。


同じサハラ砂漠でも、1ヶ月前に訪れたモーリタニアのシンゲッティのとはずいぶん雰囲気が違うなー。

シンゲッティは、白い砂で砂丘も大きくなかったけど、ここのはちょっと茶色っぽい砂で砂丘がでかい。



砂漠ツアーは夕方からなので、ちょっとこの砂丘を登ったり、なんもないメルズーガの町をふらふらして時間をつぶす。。

が、暑いのであんまり歩き回る気にならず。。

↓水買ったとこの店の女の子。



夕方になっていざ砂漠ツアーに出発することに!


今日行くのはオレと、短期旅行の25歳くらいのカップルと一緒だ。


正直カップルにとってオレが邪魔者な感じがして落ち着かない笑

いや、実際はそう思ってはないとは思うけど、そうじゃないかな?って考えてしまうね。


お二人は砂漠初めてってことで、先頭の方で行ってもらう。

オレは砂漠行ったばっかだし最後からでいいです。



宿の前から出発したラクダも、20分くらい歩いたら周りはもう一面砂漠

↓他の一行。



前回の砂漠から1ヶ月なので目新しさはないけどやっぱり砂漠、ってかこうした自然の中にいるのはいいね。



ラクダはてくてく進む。。


が、聞いていた通り、がっくん!がっくん!と振動がけっこうすごいのでお尻が痛くなってきた。。

自分はお尻を動かしたり体勢を色々変えてみて、結局ラクダの上でラクダを書いて座るのが一番楽だったかな。


「ラクダは楽だ」と、エジプトのピラミッドの前にいるラクダ引きが1日に100回ぐらい言ってるだろうセリフがあるが、実際は全然楽じゃないですよ。。

でも前のカップルは一回も体勢を変えてなかったような?



さらに砂漠の奥へ。



出発して1時間ちょいで、本日の寝床となるテントに到着。

時間だけで聞くと、「せっかくだしもっとラクダに乗りたい!」って思う時間だが、

さっき言った通り、実際はけっこう辛いのでこんなもんでちょうどいいか。



到着してすぐ日が沈むぐらいの時間だったので砂丘を登って夕日を見ることに。

カップルの彼氏さんの方が体調がよくないみたいなので、自分一人でさっさと砂丘へ。

まぁこの方がお互い気が楽だろ笑


砂丘の上から見る夕日はなかなかのもの。

そーいやラクダに乗ってる時は太陽は雲に隠れてたので砂漠もそんなにキレイに見えなかったんだよね。

ここにきて晴れてくれたので良かったよかった。


やっぱり砂漠は日が当たってこうやってコントラストが出たほうがキレイだよね。

カップルさんも、いつの間にか砂丘に上がってきていてこの風景が見れたのでなにより。



日が落ちた後はすぐに夕食タイム!

夕食はまぁ予想通りタジン鍋

カップルはやはり体調があんまりよくないようでほとんどオレが食べたけど笑



その後は、ラクダ引きのみんなによる伝統音楽?のお披露目。

自分もジャンベみたいな太鼓を一緒に打ち鳴らして一緒にやる。


まぁそれなりに楽しかったんだけど、「この人たちは毎日これをやってるんだろうな〜」とか余計なことを考えてしまう。。笑



その後は、この砂漠ツアーで一番肝心の?星空なんだけど、

さっきキレイな夕日が見れたくせにいつの間にかが降ってて星なんかとても見れず。。


カップルも体調悪そうだし、やることもないので早々と就寝。。

まぁ残念だけど天気ばっかりは仕方ないね。

※ちなみに翌日メルズーガに戻ったらめっちゃ星見えたよ!と言われた。。

雨があがってすぐに晴れたようです。。



翌朝はせっかくなので5時半に目覚ましをかけて朝日を見ることに!

まぁこれも、想像通りにキレイな朝日で満足。



朝日に照らされる砂漠。





朝の砂漠をぷらぷら散歩してからテントに戻ると、

すっかりもう帰る準備が完了してオレ待ちの状態になっていた。。

まだ日が上がったばっかりなのに。。

ってことで、夕方に出発して、ほんと朝一に帰ってくるって感じのツアーだったね。

カップルさんもちゃんと朝日も見て楽しかったみたいでなによりです。



帰りもお尻が痛いなか1時間ほどで宿に到着。

まぁそれなりに楽しかったけど、もっと砂漠にいる時間が長くてもいいじゃないかなとは思う。

まぁ実際はこれ以上長くいたら暑くて早く帰りたい!とか言ってたと思うけど。


↓自分が乗ったラクダ。ありがとうね!



てなわけでモロッコの砂漠も無事に堪能!


次はまた内陸、メクネスへ移動します。



詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
昨日は12人の方に押してもらえましたー。ありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
author:oka, category:70.モロッコ, 05:43
comments(4), trackbacks(0), - -
[モロッコ]年に1度のバラ祭り!
トドラに滞在中に、トドラから車で2時間ほどのケラア・ムグナって町で年に1度のバラ祭りがあるってことで行ってみた。


まぁバラ祭りなんて、自分一人だったらまず行こうとも思わない祭りなんだけど、

同じくノリコさんの宿に泊まってた世界一周中のえみりあちゃん、

これからスペインのサンティアゴ巡礼路を歩くというえいごさん、

日本でネイルスタイリストをやってるユキさんが行くってので自分も行く事に。


まぁもし行かなかったら宿でネットしてるぐらいだったしね。

↓後ろ姿だけどみんな。



いきなりだけど会場に到着!

看板に書いてあるけど、バラ祭りは4日間やってるみたいだね、

自分たちが行ったのは最終日。

ちなみに看板の一番上に書かれているのはベルベル語だそうです。


会場にはたくさんのモロッコの国旗もあった。

国を挙げてのイベントってことか?



会場入り口。

なかなか多くの人がいるね。


なんかバラ祭り期間中に、ミスローズとやらを決めるコンテストがあるらしく、それを一番楽しみにきたんだけど、残念ながら昨日終わってたようだ。。


そーゆーイベントは大体最終日にやるもんじゃないのか??


そのミスローズを含めほとんどのイベントは昨日までで終了してしまってたらしい。。


って事で、やることと言ったら会場内に設営された展示会場を見るぐらいか。


「バラ祭り」と言うだけあって、展示会場にはバラを使った化粧品とか香水とか、あとシャンプーとかそんなんがたくさん売られていた。




↓バラの花びらで作った飾り



↓ローズウォーターとかいう、美容と健康に良いというバラのエキス?を入れた水。

ちょっと飲んでみたけどただの苦い水だった。。

なんか体に良いとかいう苦いお茶とかあるけどそんな感じか?

ちなみにけっこう高かった気がする。



会場の外のみやげ物屋でもたくさんのバラ関連商品が売られている。

やっぱりシャンプーとか化粧品が多いのかな。



まぁこれだけの商品があるってことは、やっぱりここのバラ製品は有名なんだろうね。

↓香水かなんか



↓店内の様子



ふむ、バラ製品をたくさん売っているのはいいんだけど、

自分はバラの花びらを敷きつめた場所とか、桜吹雪みたいにバラの花びらで遊べたり?みたいのを想像してたのでちょっとイメージと違ったかな。。

要はバラを使った製品の展示会みたいな感じだったのでちと拍子抜けかね。


てか生の本物のバラを一切見てないのですが。。

これでいいのかバラ祭り。。



と思ったら近くの公園にバラが咲いていた。

でも残念ながらその公園は入り口に鍵がかけられてて中には入れず。。

せめてバラ祭り期間中ぐらい開放すりゃいいのに。。

↓けっこうな望遠で撮影笑 なので実際どんな感じのバラなのかようわからん。



それよりも近くでやってた普通の市場の方が活気があってよっぽど楽しかったな。

古着とかいろんな雑貨とかなんでも売ってる感じ。



自分も、髪洗う時用のブラシを購入。 こんなやつね↓ 10円くらいでした笑
まぁこんな感じでバラ祭り自体は大したことなかったけど、一応来てはよかったかな。


それより、昼ご飯はこのケラアムグナの町で昼ご飯を食べたんだけど、

同じく世界一周中のえみりあちゃんが注文する前に値段を何回も確認したり、

会計の時に値段が全然違ってて(明らかにぼったくってきてて)店員にくってかかったりと、

まぁオレもいつもやってることなんだけど、はたから見たらこんな感じなんだな〜って気づかされました笑


まぁ良い事だとは思うんだけど、見ようによっては「えらいセコイなこいつ」とも見えてしまうな笑


まぁぼったくりに払う金などないけどね。

↓おまけ。






次はモロッコのハイライト?メルズーガで砂漠ツアーです。



詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
更新ペースが落ちてますが、さらにモチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
昨日は12人の方に押してもらえましたー。ありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
author:oka, category:70.モロッコ, 10:14
comments(2), trackbacks(0), - -