RSS | ATOM | SEARCH
[ギニア]最悪の道?を通ってギニアビサウへ
ギニアから隣国ギニアビサウへと向かう!

コナクリからギニアビサウのガブって町までの乗合タクシー、通称「プジョー」が走っている。


だが、このガブまでの道がなかなかに厳しいと、先に通った2人の旅行者から連絡を受けていた。。


その様子は2人のブログで詳しく書かれているので紹介しておきます。


世界ウォーカーのカズさん
↓↓


歌うたいのゆーすけさん
↓↓



二人とも、笑えるぐらい過酷な移動をしてギニアビサウに辿りついたようだ。。


移動が過酷な理由は、「車の故障」「アフリカ人のクソ対応」が主な理由っぽいな。





自分の時はどうなるべ??




と、ドキドキでプジョー乗り場へと向かう。





プジョー乗り場には9時くらいに到着。


例によって乗客が集まるのに3時間ぐらい待ってからの出発となった。


先の二人は輸出用の荷物満載でタイヤがすでに潰れそうな状態で出発したらしいが、

自分は自分達乗客の荷物だけなので、とりあえずパンクするリスクは多少少なくなってるだろう。


さらに、車内は一番後ろに3人、後部座席に4人、助手席に2人というフォーメーション?で乗ることになるのだが、

自分は小柄な女性と助手席に座る事ができたのでそこまで窮屈でもない。



とりあえず出発時点ではいつもと変わりのない光景だ。


果たしてどんな移動になることやら。。?


↓乗るプジョー。この時点ではまぁ普通。



出発してすぐ、コナクリ市内では名物の?渋滞にひっかかりコナクリを出るまで1時間以上かかったけどそれ以降は順調に車は走る。




二人の話を聞いて「どんだけの悪路なんだろ??」って思ってたけど、逆にびっくりするぐらいキレイな舗装道なのだ。


最近の西アフリカでも、ここまでコンディションの良い道は久しぶりじゃないかな?


ってぐらい。





「こりゃあもしかしてあっさりビサウに着いちゃうんじゃないの??」





なんて期待したけど、




やっぱりそんな考えは甘かったようで









車はあえなく故障。。。





ようわからんが、エンジンかけてもすぐ止まってしまうようだ。


ドライバーがボンネットを開けていろいろいじくってはいるもののお手上げみたい。


それを見ているこちらも当然やれることはないのでお手上げ。



そうこうしているうちに日も暮れた。




やっとドライバーはどこかに電話しだして、ぎゃーぎゃー説明している。


近くの村から修理できる人を呼んでいるのかと思ったけど

どうやらコナクリから代わりの車が来るとのこと。




「あ〜代わりの車が来るのね、、、、ってコナクリから??





ここはコナクリからもう6時間ぐらい走ったところですよ。。



コナクリから来るってことは少なくとも6時間は待つことになる。。



まじですか。。



まぁ先の二人の話を聞いていたので、こんなことになりそうだと思ってたのでそんなに驚く事ではなかったが。




もうぼけーっとするしかない。




当然日も暮れて真っ暗に。


さらに日が暮れてから気温が一気に下がった。


先の二人から、「野宿する準備はしておいた方がいい」と聞いていたのですぐ出せるところに寝袋を用意してたので助かった。

もしそれを聞いてなかったら寒さで震えてたかもね。



もはや暗くてやることもないので、道の脇で寝る。




もうどーにでもなれ、いつか来るんでしょ?って感じ。








ようやく車が着いたようで、何時間後かに起こされた。




時計を見ると午前2時。。。


車が故障してから9時間経っている。。



すると本当に代わりの車が来ていた。

別に他の客を乗せてるわけでもない。


アフリカのこうした乗合タクシーの仕組みがようわからんが、

とりあえずドライバーはただの”やとわれドライバー”で、車の所有者(経営者)は別にいるっぽい。



コナクリからここまでのガソリン代や、そこまで来るドライバーの費用もあるだろうし、

「車が壊れたから」で、9時間待ったとは言え代わりの車が本当に来たとはむしろ驚きだわ。




来た車に荷物を積み替えてようやく再出発。

まぁ代わりに来た車も代わらずボロイので今度は故障しないのを祈るだけだ。。




その後はとりあえずは順調だったが、

朝になってからちょこちょこエンジントラブルで止まるようになった。

しかも人がほとんどいないような場所で。

こちらは手伝いようもないのでドライバーが上手く直すのを祈るばかり。


1時間ぐらい立ち往生を2回したが、もはや別に驚くことでもなし。






さらに、シエラレオネでも経験したような人力フェリーにて川を越える。




この鉄のイカダみたいのに車を載せ、川の両岸に通っているロープを引っ張って対岸まで渡るってやつ。

シエラレオネの時は現地人がやってくれたが、今回は人がいないので自分もロープを引っ張って対岸まで渡る。

進むのはゆっくりだったけど、自分の力で対岸まで渡るってのはなかなかいいもんだね。




ギニアビサウとの国境へは完全に日の昇った午前9時くらいに到着。


ギニアの出国では多少金を要求されたが、

そんな事はこの移動のイベントに比べると大したことではない。

てきとーにあしらって終了。



ビサウの入国でも、審査官が「ジュース飲みたい」みたいな事を言ってきたけど

「知るか。自分で買ってこい」と一蹴。




そんなこんなでとりあえずはギニアビサウのガブって町に到着。



出発してから24時間ぐらいだったので思ったよりは早く着いたかな。


もし故障してなかったら15時間ぐらいだけど。


先に2人に比べればマシな方かな。




まぁでも3人とも、故障などのトラブルに合っているし

町から町への”移動”がいちいち”イベント”になるのはさすがにアフリカだね。。


まぁめんどくて嬉しくないイベントが多いけど笑








そして入国したギニアビサウ。。


国力としては、首都でも電力供給がほぼないという世界トップクラスにしょぼい国らしい。。


はたしてどうなることやら??






詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
現在21位と、驚くほど上位にいれてるのは皆さんのおかげです!

モチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
※スマホの方は「PC版」で表示させてでお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:64.ギニア, 17:24
comments(4), trackbacks(0), - -
[ギニア]首都コナクリでビザ取りなど
今日は朝から次の国、ギニアビサウのビザを申請する。

噂には聞いていたが、今までで一番楽なビザの申請となった。

ただ写真1枚とお金200,000ギニアフラン(約2800円)を払っただけ。

申請用紙の記入すらしていない。。


って、ビザの種類とか期間とか全く聞かれてないぞ。。??



こんなんでいいのかギニアビサウ??




数時間後、出来上がったビザは「3ヶ月マルチ」となっていた。

3ヶ月、何回でも出入りできるってビザね。

ギニアビサウなんか2,3日で抜けようと思ってるのに3ヶ月もいらんわ笑


このビザ申請からしてギニアビサウのてきとーっぷりがわかるね。

どんな国だか楽しみです。


※2013年3月からビザ代が100USDと大幅に値上がりしたらしいので注意!

自分が申請した時点では2月だったかな。


↓大使館にあった「ニンバ」とかいうキャラ?の置物。

ビサウのではなく、ギニアの象徴みたいなキャラみたいでお札にも描かれている。



そーそー、この1階建て平屋のギニアビサウ大使館の隣には3階建ての、ギニアでは立派な建物があった。

その建物はなんと北朝鮮の大使館!!


日本とは国交のない北朝鮮だが、世界にはやっぱり国交があって、こうして大使館がある国があるんだね。

北朝鮮大使館、初めてみた。。


大使館の前には、金正日とかピョンヤンの写真とかが少し展示してあった。

それを見てると、アジア系の人がこの大使館の中に入っていった。

よく見てなかったけど、北朝鮮の人ってことだよね。


この大使館の敷地内には、アパートも併設しててそこで暮らしているのだろう。


北朝鮮の一般人は日本に対してどういう意識を持っているんだろう?

ってかどんな教育をされてるんだべ?


ちょっと聞いてみたかったけど話しかける事はできなかった。。



ちなみに国交がない北朝鮮だけど、

日本人でも中国からのツアーに参加すれば入国することができます。

北朝鮮のクレイジーっぷりが見たいのか、欧米人で行ったって人にたまに会うね。。


あと、カンボジアとかインドネシアには北朝鮮のレストランがあって、

そこで北朝鮮の踊りを見ながら食事することも可能みたい。

行ったことないんだけど行ってみたいねー。



って話をギニアの話に戻そう。



ビザを受け取ってからコナクリの町をふらふらする。


他の西アフリカの首都と同様、観光地らしいところはないけど

とりあえずグランドモスク、ギニアで一番大きいモスクへ。



たいして期待もしてなかったけど、なかなかの大きさ。

内部も広いし立派なつくりだ。

ギニアやるじゃないの。



ここで現地人に話しかけられる。

「イスラム教徒以外は出て行け!」って怒られるのかと思ったけど、

「ここはメッカ、メディナ、エルサレムの次に神聖な場所なんだ!すごいだろ〜!」

と自慢げに話してくれた。


アフリカのこんなとこが4番目の聖地とははなはだ疑問だが、

簡単にサウジアラビアとか巡礼に行けない人たちにとってはここが一番身近な聖地って事なんだろうね。

↓敷地内にいた子たち。




後は本当にふらふらしただけ笑




なので写真を載せてその紹介でも。


ギニアのお札。10000ギニアフラン札で140円ぐらいかな。

ギニアも他の西アフリカの国々と同様、フランスの植民地だったのが、

独立後はフランスから完全に縁を切ろうとしたみたいで、援助なども断ったみたいだし、

他の国が使っている西アフリカ共通通貨である「せーファーフラン」も使わずこのオリジナル通貨を使っている。

まぁ”脱フランス”なのはいいとしても、援助なしのせいで他の国よりも発展が遅れてしまっているのが実態だけどね。。


↓こちらは切手。

ようわからんがターミネーターの監督かな?

ギニア全く関係なし笑



↓こちらはギニア国産のビール「GUILUXE」とかいうやつ。

イスラム教徒の多いギニアだけど、こうしたビールの看板はたくさん見かけた。

「MADE IN GUINEA」って文字がまぶしいね。



↓ギニアカラーのバス



↓途中に見かけた大学にあったモザイク画?



↓子供たちが元気なのは他の国と一緒だね。



↓子供の写真を撮ってもらいたかったようで話しかけられた。

1歳ぐらいの子かな?



↓ギニアでも他の国と同様ご飯にソースをかけた「ぶっかけ飯」があるんだけど夜は見かけず。。

なので夜はパンと鳥の串焼きみたいので済ました。。

この鳥がけっこうおいしかったし珍しくお酒なんぞも飲んでみる。

写真右の、パックになっているラム酒みたいのが10円ぐらいで買えるのでこれをコーラにいれて飲んでた。

コナクリでは定番宿の、ミッションカトリック(教会の宿泊施設)に泊まってたんだけど

値上げしてたので敷地内にテント張った寝てたので、酒の力で熟睡もできたかな。



こんな感じのコナクリです。


ギニアには、もっと田舎の地方の方がのんびりしてて楽しいって聞くんだけど

のんびりするのはもうお腹いっぱいかな。。


あと、ギニアはジャンベ(アフリカたいこ)が有名なので、ジャンベを習いに来る日本人も多いみたいね。


まぁ今回はパスかな。。


ってことでもうギニアは離れて次のギニアビサウへと移動します。



詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
現在20位ぐらいと、思ったより上位でありがとうございます!
モチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします。
※スマホの方は「PC版」で表示させてでお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:64.ギニア, 17:55
comments(0), trackbacks(0), - -
[ギニア]コナクリの人は日本びいき?
ギニアの首都コナクリ。。


どんな町かようわからんが、とりあえずふらふらしてみると


けっこう現地人に「コンニチワ!と声をかけられる。



アジアとかならまだしもここは西アフリカ。


他の西アフリカの国ではほぼ90%以上

「ニーハオ!」だの「シノワ!(チャイナ)」だの「チンチョン!」

だの言われ続けてきたのでなんか違和感がある。。



いや、もちろん「コンニチワ」と言われて嬉しくはあるんだけどなんなんだこの国は??



と思いながらふらふら漁港の方へと歩いていった。



すると漁港には国旗がパタパタとしていたのだが


なんか見覚えのある国旗のような。。。。。










って日本の国旗だし!!








なぜ??



こんなとこに??



って感じだが、どうやらここの漁港は日本の援助で作られたって事みたい。






そんな我がジパングの国旗は、ギニアの国旗よりもでかかった笑





基本的に写真を嫌がられる西アフリカの人たちだったけど、

ここの人たちは、さすがに日本から来た僕に対してフレンドリーで写真もたくさん撮らせてくれた。


ってかむしろ「撮れ撮れ!」って感じ。





こーゆーのはほんと嬉しいね。

まぁオレ自身はこの漁港を作るのに別に役に立ったわけではないが、

「この漁港を作った国の人」って事でみんなの対応が優しい。


まぁ自分の払ってる税金がこうして使われたんだろうから、全く役に立ってない事もないか。




あ、オレ今税金払ってないや笑



ってことで朝から「コンニチワ」ってよく言われてたのはこうした理由があるからだったみたいだね。



ちなみに漁港にはたくさんの魚があがっていた。

なかなか美味しそうなカツオみたいなさかなもちらほら。



他にも町を歩いていると、

日本大使館主催の柔道大会

の垂れ幕みたいのが下がっていたり。

漁港だけでなく、日本人主催のイベントもちょこちょこやってるのかな?






でもやっぱり他の国と同様、

住んでいる中国人は多いようで漢字で書かれた店はいくつもあった。



だいたいは「超市」、ようはスーパーマーケットみたいな店が多かったんだけど、

中には明らかにいかがわしそうそうな雰囲気の店まであった。。

ちょうど出勤途中の?中国人っぽい女性とすれ違ったが、

濃い化粧に短いスカートの、もう若くもない女性だったな。。


こういう店があるのはまぁいいとして、一体誰が行くんだ??



コナクリに住んでいる他の中国人が行くのか、やはり現地のギニア人がいくのだろうか。。

店の中ではなんとも不思議な光景が繰り広がってそうだね。。

まぁどうでもいいか笑




他にはアフリカでは珍しく韓国料理屋の店があった。

韓国人がやっている店なのか、中国人がやっている韓国料理屋なのかはわかんないけどね。

「韓国飯店」って書いてるから中国人がやってるかもね。




とこんな感じで、コナクリで最初に目に付いたのは「ギニアらしさ」ではなく

「ギニアにあるアジア」でした笑




まぁ他にもちゃんと?コナクリを周っているのでまた次回にー。




詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
現在22位と思ったより上位にいられてます。みなさんありがとうございますl
モチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!
※スマホの方は「PC版」で表示させてでお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:64.ギニア, 17:20
comments(4), trackbacks(0), - -
[ギニア]賄賂街道を通りギニア入国
今日はシエラレオネを出国し、次のギニアへと向かう。

シエラレオネ国営?のSLRTCのバスが月曜と木曜、週に2回コナクリ行きを運行しているのでこれを利用。

事前に出発時間を確認したら「7時」と言われた。

が、チケット買うときに別の人に聞いたら「6時」と言われる。。

どっちが本当だ??って感じだが、乗り遅れるわけにはいかないので6時に行く。

さらにコナクリまでは長時間の移動になるので、早く行って良い席を確保しときたいしね。

そう思ってバスターミナルに5時45分に到着。


が、バスは荷物の積み込みこそやっているものの集まっている客も少ないし出発する気配は全然ない。。

↓乗ったバス。


自分も荷物を積んだら当然のように"荷物代"を請求された。

荷物代ってのになじみがないので、払うのにやや抵抗があるんだけど、

ここではこれが基本なので仕方がない。。


が、請求額が20000SLL(約400円)と高い!


アホか!そんなに払うわけねーだろ!!



乗車賃と違い、荷物代に決まった値段はなく、積み込む人やドライバーの裁量で全てが決まるのも払うのがめんどい理由の一つだ。。


バス会社の人を呼んできて

「こいつが20000もぼったくろうとしてくる!」

と言うも、

「いや、この荷物なら20000だな」

とこちら側に加勢してもらうつもりが、逆に立場が悪くなってしまった。。笑


それでもやはり20000は高いので、

結局10000(200円)を渡し、「もうそれで十分だろ!」となんとか終了させる。

まぁあっちもそれ以上はなんも言ってこなかったしね。

こーゆー相場がないのは本当にようわからんくて困る。。





やれやれ。。。





と思っていると、オレ以上にキレている乗客がいた。。。笑



話を聞いてみると、どうやら小さいダンボール箱3つほどの荷物に、


荷物代として50000レオン(1000円)請求されているらしい。



50000レオンと言えば、コナクリに行くバス運賃と同額だ。。


「なんで乗車賃と同じ額払わなければならないんだ!!」


とわめいていたが、確かにそりゃキレるわ笑



荷物代は外国人のオレだから高いのかと思ってたけど、そうでもなかったみたい。。



結局その人は払ってたっぽいです。。





さて、バスは8時15分ごろに出発。

乗車率は40%ぐらいと、けっこう空いている。。

これがもし客がいっぱいになるまで、とかだったらおそらく今日は出発できなかったかもしれない。。

もしかして乗客が少ない分、荷物代で補填するだったのか??



バスは出発はしたものの、バスは途中途中で大量の袋水やらお酒などをさらに積み込む。

酒ならまだわかるけど袋水って。。

もちろんギニアで売るためなんだろうけど、もっと儲かるもんあるんじゃないか??






そんなこんなで国境には4時間ほどで到着。


特に賄賂を請求されることもなくあっさり終了。


結局シエラレオネでは一度も金を請求されてないな。まぁいいことですね。





だが、次に行くギニア側。。。。



ギニアと言えば「賄賂大国」として旅行者にも有名だ。。。




金を要求された場合、


.侫譽鵐疋蝓爾砲笋鵑錣蠱任


▲屮狙擇譴特埜乃馮


どちらの作戦でいこうか。。。



と考えながら「いつ金を要求してくるんだ? え?」と思ってたら



何の請求もなく、出国印はあっさり押してもらった。



その後のチェックポイントでもなにもなく、逆に拍子抜けするぐらいだ。


まぁもちろんそれでいいんだけど。




たださらにその後のチェックポイントでついに金を要求された。


そこには椅子にふんぞりかえってる軍人


もう雰囲気からして


「こいつはぜってー金を要求してくるだろwww」って感じ。



そいつは案の定、一言「マネー!」ときたもんだ。


いきなりマネーと言われて金を払うやつがどこにいるんだよ笑

バカすぎて笑えてくる。

せめてナイジェリアのように、予防接種に不備があるとか理由をつけてから言いなさい。



もちろん払う理由が全くないので拒否。


特にしつこいわけでもなく、あっさり回避できた。





その後もコナクリまでの道中に検問が何箇所かあった。


その度にバスの助手みたいのがみんなから”上納金”を集める。


が、オレは入国の時から警察と直接やりとりしてたってのもあり、

こういう時でもオレからは徴収されなかった。




ってことで、一度も賄賂を払うことなく無事にコナクリに到着!!




他の旅行者でフリータウン⇔コナクリ間で5回賄賂を要求されたって人がいたが、

自分は上の1回のみ。。


日頃の行いがいいのか、

金もってなさそうに見えるのか、

いかにもセコそうな顔つきなのかは知らないけど、とりあえず不快な思いはせずにすんでいるので良かったけどね。


あ、要求はされてもだいたいは断れます。

中には払うまでパスポート返してくれなかったりとかもあるみたいだけど。。






到着したギニア。。




まずまずの印象です。






詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。
--------------------------------
ランキングに参加してますー。
現在22位と思ったより上位にいられてます。みなさんありがとうございますl
モチベーションアップになりますのでヨロシクお願いします!

※スマホの方は「PC版」で表示させてでお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:64.ギニア, 18:46
comments(2), trackbacks(0), - -