RSS | ATOM | SEARCH
カリブ海周遊12ヵ国のルートはこんな感じで

はい、リアルタイムでドイツからカリブ海のドミニカ共和国へと向かうところです。

 

これを書いているのは飛行機の上。(投稿は7月1日になると思いますが。。)

 

リアルタイムで出来事を書くには時差もあって1日の空白ができるので、今後の確定しているカリブ海のルートなんかを先にまとめておこうかなと。

 

フライトが10時間でクソ暇ってのもありますが。。


これを書いているのが6月29日でドイツのケルンからドミニカ共和国に移動。

 

ドミニカ共和国は野球が盛んな国ですね、かつてのサミーソーサなんかの出身国らしいです。


で、このドミニカ共和からハイチは往復で行き、それ以降は

 

・プエルトリコ(アメリカ領)
・セントマーチン(オランダ、フランス領)
・セントキッツ&ネイビス
・アンティグアバーブーダ
・ドミニカ国
・バルバドス
・セントルシア
・セントヴィンセント
・グレナダ
・トリニダードトバコ

 

と移動し、


8月の頭には南米大陸のスリナムに移動する日程でもう全ての航空券取ってます。

 

地図で見るとこんな感じね。(ちと見にくいかもですが)

 

 

1ヵ月でこれだけ移動します。

 

だいたいの場所での滞在は2泊3日という日程です。

 

そもそも、カリブで一番興味あるのはキューバだったんだけど、ヨーロッパからのフライトを探していたらキューバ行くのと同じような値段でドミニカまでのフライトがあった。

 

どうせだったらマイナーなドミニカにしておくかな?って事でドミニカにしちゃったのよねー。

 

以降はキューバに行くよりも東へ東へと移動する方が安かったので。。

 

完全にキューバに行くタイミング逃してますが、まぁキューバはいずれメキシコから行くことになるのでいいかなと。

 

ちなみにヨーロッパからカリブやキューバだとTUIflyって会社も安いね。

 

以前ブリュッセル→カンクンで20000円とか見た事ある。今は知らんけど。

 

 

 

それにしてもカリブの島は、正直未知な部分が多い。。

 

セントマーチンまでは楽しみだが、以降のカリブ海の島々は旅行者もいないのか安宿がほぼ皆無なのよね。

 

ボロイ宿でも50USDとかするみたい。高いぜちくしょー。

 

一応最近流行りの民泊、airbnbとかcouchsurfingとかでも見てみたけど全然見つからなかった。

 

なので、夜に着くフライトもあるしできるなら空港泊。

 

もしダメならその辺で野宿できるように、タイでテントと寝袋を一応買っておいた。(これで荷物が3kg増えたが。。カリブ終わったらテントは手放すけど)

 


が、野宿も治安的に不安な国もあるので、そーした場合はおとなしくホテルに泊まるつもりはあるけどね。

 

カリブ海はリゾートっていうイメージもあるが、こうした国ではビーチ以外の観光名所とか、もっと言うと何があるのかすらもわかってない国々だ。。

 

ガイドブック一応読んだけどめちゃ情報が薄いのよね。

 

まぁでも、西アフリカの小さな国々なんかもそうだったが、

 

実際に独立国があり、そこに住んでいる人々がいるならその国の事を見ていたいと思ったわけで。

 

アフリカでもリベリアとかシエラレオネとか、正直アフリカに行くまで聞いた事もなかったような国でも実際に訪れてみてそれぞれの国の印象や思い出なんかが今はあるからね。

 


「そこに山があるからだ」


とエベレスト登山のマロリーが言ったようだが、「そこに国があるなら行ってみよう」というわけだ。

 

 

だが実際はこれ以上に島々があって、例えばマルティニークみたいなフランス領の島がある。

 

が、これら全部行くにはかなり大変なので(金銭的にも)、まずは優先的に独立国から行こうと思った感じですね。

 

 

ちなみに自分は全行程を飛行機で飛ぶが、プエルトリコからのクルーズ船でこれらのうち5ヵ国ぐらいを周遊するのもある。

 

いわゆる「豪華クルーズ」になるんだけど、さっき言った通り、個人で訪れると宿代がかなり高かったりするので、食事もホテルの込々のクルーズの方が安くつく可能性もある。

 

もし2人で参加なら、1日あたりの費用は100USD以下らしい。(基本2人で一部屋なので)


なのでもし誰かと参加できればよかったんだけど、友達もいないしね。。

 

すぐに人集めるのも難しそうだし、結局一人で飛行機で周遊することにした。

 

その周遊にはほぼ「Liat air」という航空会社で回ることに。

 

1区間1時間足らずのフライトに、130ドルとかかかるんだけど、まぁこれは仕方ないですね。

 

このLiat airも、今のLCCなんかと同じように、早くチケットが買えれば安く買える。

 

安いチケットが売れると、要は直前だとどんどん高くなっていくような値段設定だ。

 

周遊最初の方は、けっこう安い値段で航空券も変えたんだけど、後半はもう時期が7月中旬と、欧米のバケーションシーズンになるからかほとんど一番高い値段でしかチケットは残っていなかったけど。

 

ちなみに一番安かったのが68ドルくらい、高いのが160ドルくらいかな。

 

↓Liat air の路線図。

 

あとこれはカリブ海関係ないけど、持っているパスポートのページが減ってきたのでバンコクにいる間に増補しておいた。

 

中南米はビザが必要な国もほとんどないし(ブラジルもオリンピック期間中は日本人はビザが免除になるみたいね)

 

これでもうパスポートがスタンプでいっぱいになることもないかもね。

 

 

 

情報的にも物価的にも、治安的にも不安なカリブの島だけど、楽しんでこようかと思います。

 

とりあえずセントマーチンがかなり楽しみ。

 

頭上のすぐ上を飛行機が通るやつです。写真で見たことある人は多いかな。

 

自分もちゃんと写真撮れるように頑張らねば。

 


カリブの後は南米をスリナムを始めにギアナ三国を周って、あとはベネズエラやコロンビア方面に行こうと思っているけど、その辺のルートはまたこれから考えます。


こんな感じで次回からカリブ編です。

 

ではではー。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:旅のルート, 07:17
comments(4), trackbacks(0), - -
マリに行くかやめるか。。
今いるのはブルキナファソ。

もともと想定していた旅のルートは、

ブルキナファソからマリに入り、コートジボワールに抜けるというものだった。



だが、1年前にクーデターが起きてから政情が安定しないマリ。。。

そんな中アルカイダ系イスラム過激派がマリ北部の町を次々に制圧。

どんどん内陸の方へと迫ってくる状況。。


マリ第二の町、モプティの町の100kmとか200kmとか、かなり近くまで迫ってきたところで

ついにフランスが軍事介入を開始、過激派との戦争状態に突入。




これが10日前の出来事。(この時点でね)




フランス軍のおかげでイスラム勢力をどんどん北へと追いやることには成功しているようだ。



とは言え、マリ国内でそういう戦闘が起きているということで、

外務省の安全サイトでは全土が「退避勧告」、要は「行くな」って状況に引き上げられている。





バマコの日本大使館も一時的に閉鎖、職員はマリ国外へと避難するらしい。


他の旅行者から「国境が閉まってる」だの「外国人は空路で出国するしかない」だのという噂も聞いていた。




そんな状況にあるマリだが


正直、西アフリカで一番楽しみにしていた国だ。


世界遺産になっているジェンネの泥のモスクドゴン族の集落


1度写真で見たら「お〜これはゼヒ見てみたい!」と、西アフリカに来た理由にもなったとも言える。


わざわざ?西アフリカに来たのにマリに行けないというのは残念すぎる。



今戦闘が起きているのは、最初は上で言った地域の近くではあったが、

今ではフランス軍の支配下にあるみたいなのでアルカイダの問題はなさそう。

で、友達の旅行者が今首都のバマコにいるが、それほど問題はなさそうと言う。。







う〜〜ん、、、、かなり悩むが






やはりマリには行ってみたい!







ってことで、ブルキナファソのマリ大使館に行き、

国境越えや、マリで自分が行きたいドゴンやジェンネなどのエリアが

「問題ない」って言われればマリに入国しようと考えていた。






が、そうは言ってもやはり悩む。。。


「まぁ大きい町をバスで移動するだけだから大丈夫でしょ」


「(。。でも襲撃とかテロとかあるかも?)」



「まぁアルカイダがいるわけではないし大丈夫でしょ」


「(。。でも現地人に拉致されてアルカイダに売られるかも?)」



「まぁバマコは特に以前と変わらないって聞くし大丈夫でしょ」


「(。。地方からの難民がバマコに押し寄せて火事場泥棒的な犯罪が増えるかも?」




などと、あーだこーだと色々考えてしまう。。


特に昼寝をしたせいで、夜なかなか眠れずにずっとこんな事を考えていた。


もう何年も前になるが、イラクで殺されてしまった旅行者の事が急に気になって調べたりもした。

まぁ当時のバグダッドと、今のマリで自分が行きたいところでは全然状況は違うとは思うけど。。




悩んだのは別に今日だけでなく、

実際にはフランス軍が介入する前からマリをどうしようか??とはずっと考えていたのである。



おそらくではあるが、自分が行きたいとこだけを周る分には問題ないだろう。


だけど、自分がマリに入国し、それらの地域を周っている間もずっと


「大丈夫かいな。。??」


心配しながら旅するのも疲れるし、楽しめなさそう。。



それに日本大使館の人や、自分の家族らは

「別に今行かなくても、平和になってから行けばいいじゃない」

ときっと言うだろうし、正直自分もそう思う。。


それに「そこまでしてマリに行く必要あるのか?」って気も当然する。。






ってことで、





やっぱり今回はマリに行くのはやめにすることに。


(まぁ悩むまでもなく行くなよって意見は当然あると思いますが)





まぁ自分の性格からいって

「やっぱりマリに行っておけばよかった。。」

って後々考えるとは思うんだけど、

今回はブルキナから入らなくても、後でセネガルから入るっていう手も残っているしね。



おし!もう悩むのはやめ!


とりあえずセネガルに着くまでの1,2ヶ月様子を見て

そこでまた考えることにしよう!


ってことで次はコートジボワールへ向かいます!




※ブログが遅れているのでこんな記事ですが、
結局この2ヶ月後の4月、この2ヶ月間マリ国内でテロなどの犯罪が起きてない、フランス軍がアルカイダ勢力をかなり遠ざけているなどの理由から大丈夫だと判断してセネガルからマリに入国、無事に観光してセネガルに戻りました。

首都のバマコなどは、本当に同じ国内で戦闘やってるのか?ってぐらいのんきな雰囲気で、
移動中の検問などもゆるすぎて逆に心配になるほど。

結果的には無事にマリを抜けられましたが、外務省的にはまだ退避勧告が出されているので、マリ渡航をオススメするわけではありませんし、やはり行かない方が無難かとは思います。





旅中の宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。


--------------------------------
ランキングに参加してますー。
励みになりますので是非応援クリックヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
author:oka, category:旅のルート, 19:08
comments(4), trackbacks(0), - -
西アフリカのルート
ブログではまだモザンビークですが


リアルタイムではナミビアから一気に西アフリカのガーナまで飛んできました。


まだまだアフリカの旅は続きます。


ガーナに飛んできたのは、ナミビアからのフライトが安かったから。

ガーナからは東にトーゴ、ベナン、ナイジェリアと移動し、

そこからさらにカメルーン、中央アフリカ、チャド、ニジェールと移動できれば良いなと。


それなら元々ナミビアからコンゴ共和あたりに飛んでも良かったけどまぁいいか。


気が変わってナイジェリアからニジェールとショートカット?する可能性もあるかも。



とりあえずはこんな感じで周る予定。



西アフリカはセネガルを除いてほとんどの国でビザが必要になる。


しかも毎回5000円〜10000円ぐらいと高い!!


国によってはけっこうめんどうだったりもするし。。。

ナイジェリアビザがいきなり難関だけどまぁなんとかなるかな。。




西アフリカはいかにも観光地的な見所も少ないんだけど、

人の暮らしとか文化とか、生きた生活を見れたらよいなと。




まぁ楽しんでいきますー。




西アフリカになってますますブログが遅れると思いますので


気長に見てもらえればなと。




では。








HP内「ナミビアレンタカー」のページを作成しました。

詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。

--------------------------------
ランキングに参加してますー。
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
 
author:oka, category:旅のルート, 07:30
comments(0), trackbacks(0), - -