RSS | ATOM | SEARCH
町歩きから感じるアルゼンチン色々。

こんにちは。

 

リアルタイムでは南米大陸の南端、ウシュアイアまでやってきました。

 

ブエノスと比べると一気に寒くなって辛い!

 

って思ったけどよく見たら東京の方が寒かった。。さらに言うと札幌の方が断然寒い笑

 

そう考えるとまだまだ大丈夫かな?でも久しぶりに寒い場所に来ましたわ。

 

 

 

さて、ブエノスアイレスの続きでも。。

 

この時のブエノスは1週間ぐらい滞在したかな。

 

けっこう毎日ゆっくりめで滞在。

 

特におもしろエピソードもないんだけど、まぁ写真は色々撮ったので載せていきますねー。

 

 

このブエノスは誰が言ったか「南米のパリ」と呼ばれているらしく、確かにヨーロッパっぽい町並みが立派でそう呼ばれるのもなんとなく納得。

 

なんか銅像みたいのもえらい多いしね。ほんとヨーロッパみたい。

 

 

 

↓ふと見ると同じ番号のバスが3台並んでいた。。笑

 

日本ではなかなかなさそうな光景。

 

でもブエノスだとけっこうバスが多く、こうして同じ番号のバスがじゃんじゃん走って抜いたり抜かされたりを繰り返してる。

 

まぁ利用者にとっては便が多いのは助かるのかもだけど。

 

 

 

バスターミナルの近くの公園にちょっとしたメモリアルサイトみたいのがあった。

 

写真だとわかりにくいが、左側にある銀色の地図でわかったが多分フォークランド紛争に関するものだな。

 

フォークランド諸島に関してはあまり詳しくはないのだが、地図で見る限りアルゼンチンにめちゃくちゃ近い場所にある島だ。

 

だがそこはその島からはるか遠くにあるイギリスの支配地となっている。

 

アルゼンチンはフォークランドはアルゼンチン領だと主張。

 

そして今から35年ほど前に両国による紛争が勃発。

 

結果的にイギリスが勝ち、そのままイギリスの支配下となったのよね。まぁ簡単にはこんな感じ。

 

でもアルゼンチンは今もフォークランド諸島はアルゼンチンのだと主張しており、アルゼンチンのいたるところにフォークランドの絵が描かれている。50ペソの紙幣もフォークランドが描かれているしね。

 

そういえば確かサッカーでもアルゼンチン対イングランドってのは因縁の対決なんて呼ばれているよね。(確か)

 

サッカーの試合が燃える背景には、表には出さないけどフォークランド紛争の意識があるんだろうね。

 

領土に関する問題は色んな国であるよね。

 

これも単純には比べられないけど北方領土問題みたいなもんだね。

 

お互いの主張はあるだろうし簡単には解決しないのは万国共通ですかね。。

 

 

 

こちらはクリスマスの時に訪れたカテドラル(大聖堂)。

 

実はその数日前にも来てたんだけど、その時は教会じゃなくて裁判所かなんかだと勘違いして写真だけ撮って素通りしてしまった笑 でもそんな感じに見えるよね?

 

こちらは大統領府?だったかな。まぁ政治的な建物ですな。

 

そしてこちらは国会議事堂。

 

これなんかヨーロッパにあっても全く遜色ないぐらい立派な建物。

 

 

で、これら政治的な建物の前では連日デモをやってる。

 

 

んー詳しい事はわからないんだけけど、インフレがどんどん進み物価が日に日に上がっているアルゼンチン。

 

水道とかそうした公共料金も一気に値上げしてるらしいが、一般人の給与水準が上がっているかは不明。

 

そうした政府に対する不満はすごい大きいんだろうね。

 

ちなみにアルゼンチンの国立公園、イグアスの滝とか氷河のあるロス グラシアレスとかも今月(2017年3月)から330ペソ(2400円)から500ペソ(3500円)に値上げされた。。

 

バス運賃なんかも値上げされてるだろうし旅行者にとってもけっこう痛いのだ。

 

 

ってかアルゼンチンって過去に何回もデフォルト(債務不履行)起こしてるよね?

 

今の状況は知らないけどこのデモを見る感じ、国民が不満を持っているのは一目瞭然。

 

ほんとそれぐらい大規模なデモが毎日毎日繰り返されている。

 

 

外国人の自分から見てもアルゼンチンの物価上昇具合は異常に感じる。

 

南米は「ブラジル、アルゼンチン、チリの物価が高い」ってのはよく聞いていたけど、

 

2017年時点で実際に旅をしてみるとアルゼンチン、ブラジルの物価ってのはやはり高い。

 

チリはもうちょっと安いかな。

 

今はウシュアイアって南端の町にいるけど宿が安くても20ドル超えてるからね。

 

数年前はまだ10ドルとかで泊まれてたのに。。

 

今後どうなることでしょう?

 

 

この国会議事堂の前の広場には「考える人」の像がある。

 

まさにこんな感じのアルゼンチン政府でしょうか。

 

 

あ、こうした芸術系のついでに。

 

ブエノスの国立美術館(かな?)にはまぁ当然だけどたくさんの絵画が飾られている。

 

その中にはあのピカソの絵も2枚あった。

 

 

まぁどちらもかなり目立たない感じで、係員に聞かなければわからないぐらい地味だったけど笑

 

この美術館は入場無料なので絵好きな人にはいいかもね。

 

自分は本来こうしたのにほぼ興味ないんだけど、短期旅行の人についていったので笑

 

 

あとアルゼンチンと言えばタンゴかな?

 

タンゴの劇場はいろんなとこにあるんだろうけど、町中心でも見られるところがあるみたい。

 

まぁ自分は数日前に路上でやってるのを見てもう満足だけど。

 

同時にオペラみたいなのもけっこうやってるようだね。

 

 

簡単にだけどこんな所でー。

 

町並みは華やかなブエノスアイレスだけど、色々な問題はあるわけで。

 

そうした一面があるってのを知るってのも大事な事ですかね。

 

 

さて、このアルゼンチンの隣の国はウルグアイ。

 

 

次回はそのウルグアイに日帰りで行ってきた話でもー。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:154.アルゼンチン, 09:55
comments(0), trackbacks(0), - -
W杯南米予選、アルゼンチン対チリ!

こんにちは。


リアルタイムではブエノスアイレスです。


ブログ上のブエノスは3か月前に滞在してた時の事を書いてるんだけど、今回はこの流れで今のブエノスの事を書こうかなと。


と言うのも、サッカーW杯の南米予選アルゼンチン対チリって試合があったのよね。

 

以前ベネズエラで同じく南米予選を見て、また機会があれば見たいと思っていたのよね。

 

ちなみに前回はベネズエラ対アルゼンチンという試合でした。

 

その時の様子はこちらで↓

 

W杯南米予選 ベネズエラ対アルゼンチン!

 

 

今回はアルゼンチンのホームで!


しかも前回は見れなかったメッシが出る可能性高し!


世界一のプレイヤーであろうメッシはずっと見たいと思ってたんだよね。


って事で是非この試合も見たい!

 

 

時は3月23日、ブエノスのリーベルプレートというチームの本拠地であるスタジアムで試合は行われた。


試合は8時半開始。


さて、試合を見るにあたって一番肝心なのがチケットなのだが、まぁベネズエラの時はダフ屋がたくさんいて楽勝で買えたので今回もなんとかなるかな?って楽観視。


Facebookに「誰か一緒に観ようぜ〜☆」なんて能天気に書いてたら友達2人から連絡きたので一緒に観に行く事になった。

 

前回は一人だったし心強いですわ。

 

 

試合当日、宿にチリのユニフォームを着ている人がいた。チリ人かな?


聞いてみたらチケットは2週間前に850ペソ(6000円)で買っているという。。ふむ、なかなか高いな。

 


他にも観に行くって2人がいて、その人たちはなんと1600ペソ(11500円)したという。。高えぇぇ。

 


その2人に、チケットを扱っているサイトを見せてもらったんだけど、、

 

4300ペソ(30000円)とか出てきた。


いやいや高すぎだし笑

 

もはやW杯本選のチケットよりも高いんじゃないの?

 

とは言いつつも実際に行ってみないとわからんので、ちょっと不安になりながらもスタジアムに突撃。

 

 

最寄りの地下鉄駅からスタジアムへと歩いていく途中はもうアルゼンチンのサポーターだらけ。


いやでもテンションが上がってくる。

 

が、肝心のダフ屋らしき人は見かけない。。

 

きょろきょろ探しながらも結局スタジアムは近づき、ついに入り口にまできてしまった。

 

。。。ダフ屋が全くいない。

 

 

むしろ「チケット探してます」みたいに段ボール掲げてる人の方が多い笑

 

まじかー、これは思ってた以上に厳しいかもしれない。。

 

しならく様子を見ていると、、

 

おっ! お金のやり取りしている人を発見。


ちょっと近づいて見てみる。

 

片方の男がお金を数えてたんだけど。。その額2500ペソ(18000円)ほどであった。はい、絶望。

 

いやー、これは厳しいな笑


一応さらに様子を見る。

 

んー、どうしましょうか?? ちょっと厳しそうですね。。

 

なんて話をしていると

 

「チケットが欲しいのか?」

 

小太りのおっさんに声をかけられた。

 

おー!ついにダフ屋登場。

 

値段を聞いてみると1000ペソ(7100円)だという、思ったよりは安いけど微妙なライン笑

 

一応チケットを見せてもらう。


んー、一応本物っぽいけどどうだろ??ってか値段も微妙なところだ。


自分は1000ならありかなって思ってたんだけど、他の2人はどうだろ??

 

いや、いきなりすぎて心の準備ができてないし笑


「ごめん、ちょっと待って」って言ったらそのおっさんはいなくなってしまった。。あらら?

 

まぁ仕方ないか。

 

いや、ほんと急すぎて決められなかった笑

 

 

でもこうした人がいるのがわかって良かった。

 

さらに様子を見てみてみよう。

 

そうしてる間にサポーターはどんどん増えていく。

 

 

そして、15分くらいしてまた別の若い男に話しかけられた。

 

こいつの言い値も1000ペソ(7100円)

 

一応「んー800なら買うかな」とか言ってみる。

 

「じゃあこっちだ。ついて来て」

 

男は人の、特に警察のいない方へと進んでいく。

 

ちょっとするとそいつの仲間みたいのがいて、どうやらそいつがチケットを持ってるみたい。

 

が、なかなかチケットは見せてくれずにどんどん先へと進んでいく。


むむ、、売る気があるんだかないんだか、、なんかちょっと怪しい感じだぞ?

 

「ちょっと待った チケットを見せてみて」

 

って言ったら「先にお金をくれ」とか言ってきた。アホかwwそんなん出すわけねーだろw

 

てことで撤収。

 

いや、なんやかんやあっちは3人になってたし深入りしなくてよかったね。

 

そーいやここはアルゼンチンでブエノスアイレスだ。

 

こういう輩がいてもおかしくない。何もされなくて助かったぐらいかも。

 

早々に元来た道を戻る。特に追ってこられたりしなくてほっとしたけど。

 


んー、だがこういうのがいるとちょっとテンション下がるな。。

 

キックオフ時間も近くなってきたし、そろそろ諦め時か。。

 

周りはめっちゃ浮かれてる人だらけだけど。

 

 

一応もうちょい様子を見てみる。

 

すると、おぉ!最初に話かけてきた小太りのおっさんがまた来た。

 

この時点でオレ達の間で「1000ペソなら買う」って決めてたのでもう迷いはない。

 

もう1回チケットを見せてもらうんだけど。。

 

 

あれ?さっきのチケットとなんだか違う。。


ってかチケットにパンチ(穴)が開いてるし。。


いやいやいや笑 これもう誰かもう入場したチケットじゃね??

 

それをどういうわけか今それを手にしているけど、これはもう入れないよね??

 

他にもチケットを買おうとしてたアルゼンチン人がいたんだけど、彼らもそのチケットを見て首を振っていたし。。

 

しかも様子を見ているとこのおっさんは下っ端で、ボスみたいのもいるしな。

 

やはり組織的にやっているようだ。そしてあまりよろしくない人達に見える。

 

 

って事は最初に見せてもらって本物だと思ったチケットも、もしかしたら限りなく怪しいシロモノだったのかもしれない。。

 

↓メッシ率高し

 

 

そうこうしてるうちに盛大に花火が上がりだした。

 

あーこれはもうキックオフの時間か。。

 

 

よし、残念だがこれはもう縁がなかったってことだな。

 

潔く諦める事にしよう。

 

 

帰りがけにあったバーのスクリーンでちょうどサッカーをやっていたのでここで観ていく事にしよう。

 

こういうのも良いよね。

 

ビールが1杯70ペソ(500円)と安くはないがまぁ場所代って事で。

 

 

すると!

 

前半早々にアルゼンチン側がPKを獲得。

 

 

それをメッシが落ち着いて決めてアルゼンチンが先制!!

 

 

めちゃくちゃ盛り上がる店内。まーそりゃそうだな笑

 

 

 

だけど盛り上がったのはこの一瞬だけだったかな。

 

以降は一進一退でそこまで見せ場のないまま試合は終了。

 

アルゼンチンが最初の1点を守り切って勝ったんだけど、正直試合内容としてはそこまで面白くはなかったかもね。

 

 

まぁそれでもやはり生で観てればもっともっと盛り上がったはず。

 

またこうした機会はあるかな?

 

数日後の28日にも同じく各国でW杯予選があるけど、今度はアルゼンチンはアウェー側(ボリビアかどこか)にいくのでここでは観れないしね。

 

 

ともあれこれでも良い記念にはなったかな。

 

次こそは生でメッシが観たいですな!

 

 

ではまたー。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:154.アルゼンチン, 11:35
comments(0), trackbacks(0), - -
[アルゼンチン]世界で2番目に美しい本屋とゴージャスな墓地。

こんにちは。

 

ブエノスアイレスはすっかり涼しくなってきました。。

 

と思ったけど東京の気温とか見たらまだまだ東京より暖かかったわ。日本の春はもうちょい先かな?

 

 

 

さて、アルゼンチンはブエノスアイレスに滞在中。

 

今日はこれまた定番のスポットを行ってみる事に。

 

今、「定番の観光地」って書こうとしたけど、あれ?これって観光地か?って気がしたのでちょっと言葉を変えてみた。。

 

 

 

で、もったいぶらずにその場所とは、、、本屋!

 

なんでも「世界で2番目に美しい」という本屋があるらしい。

 

ほう?それは何を根拠に?って感じなのだが、どうやらイギリスの新聞社主催の投票かなんかできまったようです。

 

 

 

で、その本屋さんがこちらの「El Alteneo」

 

場所は歩き方などの載っているので割愛。まぁgoogle mapとかでも探せばすぐ出てくるでしょう。

 

ふむ、外観はまぁ普通の本屋かな?

 

 

 

が、内部に入ってみると。。。

 

 

 

おおお??  なんだここは。。。

 

 

え?これ本屋??笑

 

 

なんか思いっきり劇場かなんかに見えるけど。。

 

天井にもキリスト像みたいな絵がふんだんに描かれているし。。

 

 

はい、この本屋、かつては劇場だったところを本屋に改装したみたいね。

 

内部の装飾なんかはほとんどそのままで、おしゃれなランプなんかもたくさんぶら下がっています。

 

1階の部分だけでなく、2階、3階にも本が並ぶ。

 

いや、確かにこれはすごい笑

 

なんか本屋って特に特徴のない、あっさりとした店内のが多いイメージだけどそれとはまったくかけ離れた異空間だ。

 

 

並んでいる本を見てみると、まぁ普通の本屋となんら変わらないな。

 

自分のような旅行者が海外の本屋で見るのって旅行ガイドぐらいなんだけど、そうした本も充実していたね。

 

内部にはこうして椅子もあってゆっくり立ち読み、じゃなくて座り読みできるようになっていたり。

 

 

そしてかつてはステージだったところがカフェになっている。

 

ふむ、ここで優雅にコーヒーをすすりながら本を読むのも悪くなさそうだ。。

 

誰かといたらここでのんびりしてもよかったけど、あいにくお一人様だったので行かなかったけど。

 

 

ちなみに1位はオランダの教会跡を本屋にしたやつらしい。

 

全然知らんかったけどアムステルダムとかにあるのかな?

 

興味ある方は調べてみてください。

 

 

 

ふむ、なかなか物珍しい感じの本屋だったしけっこう満足。

 

 

で、次に向かうのもちょっと変わった場所。

 

 

はい、やってきました。

 

これだけだとわからんかもですが、墓地です。

 

このレコリータ墓地も、さっきの本屋みたいにけっこう特殊な墓地なのである。

 

 

で、それがこれ!

 

 

 

 

 

 

 

はい、墓石がえらいゴージャスなんですよねー。

 

色んな彫刻や像が彫られていたり、パルテノン神殿みたいになっていたり笑

 

一般人のお墓にしてはかなりゴージャスだろ!って感じなのだが多分富裕層とかなのかな?

 

 

けっこう維持費も高いようで、中には放置されて廃墟?になっているお墓もあったけど。

 

一つ一つのお墓はそれほど大きくはないけど(日本のに比べれば断然デカイが)、実際は地下の方にも棺桶を収容できるようになっているので親子何代にもわたって使えそうである。

 

内部を歩いてみると観光客だらけで、一般のお墓詣りしているような人には会わなかったけどもちろん関係者はいるのよね。

 

 

なんか犬の彫刻がたくさんあるお墓を見ると、あ、亡くなった人は犬好きだったんだな なんてのもわかるね。

 

そーいやメキシコの死者の日の時にたくさんお墓を見たけど、そんな感じでそれぞれ個性的なお墓が多かったかな。

 

ここもそんな感じです。

 

 

そして観光客にひときわ人気があるのがこちらのお墓。

 

「FAMILIA DUARTE」って書いてますね。。

 

はい、ここにはあのエビータが眠っているようです。

 

とか言ってエビータの事を全然知らないんだけどね。。笑

 

という事で調べてみました。

 

 

どうやらこのエビータさん、簡単に言うとアルゼンチンのシンデレラストーリーを成しえた人みたいね。

 

あまり恵まれない家庭に生まれた後、単身上京して女優などの活動をしている間に政治家と知り合い結婚。

 

その旦那が大統領にまでなった(エビータが押し上げた)ためファーストレディとなり、国政に介入するようになり貧困層を中心に人気を集めたみたい。

 

だが、まだ若い33歳という年齢で子宮がんによって亡くなったようだ。

 

33歳って今の自分と同じだわ。。

 

ほんと波瀾万丈の人生だったみたいね。

 

 

そんなエビータさんがこちらに眠っているようで。

 

 

確かに町を歩いているとエビータの絵とか売っているな。

 

アルゼンチンでは誰もが知る存在なんだろうね。

 

 

まぁそんな感じのブエノスアイレスの見どころでした。

 

ブエノス滞在はまだ続きますー。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:154.アルゼンチン, 06:08
comments(0), trackbacks(0), - -
[アルゼンチン]ライオン、トラと触れるルハン動物園へ。

こんにちは。

 

リアルタイムではブエノスアイレスです。

 

今日はW杯の南米予選でアルゼンチン対チリってのを観てきます!メッシ!楽しみ!

 

予習がてらYoutubeでメッシのプレーでも見ようかと思ったら、いつの間にかロナウジーニョのを見入ってしまった。。あれ?笑

 

 

 

はい、てなわけでブログの続きですね。

 

今回はブエノスアイレスの郊外にあるルハン動物園に行った話。

 

ここの動物園はただ見るだけでなく、動物に触れちゃうかなり面白い動物園なのよね。

 

動物の中にはあの百獣の王も。。って事で行ってみましょう。

 

 

ルハン動物園まではちょっと遠くて、まずはブエノス市内の「Plaza Italia」へ。

 

そこから57番のバスで。

 

↓乗り場はここね。解像度低くてわかりずらかったらすみません。

 

乗り場に着くと57番のバスがたくさんあるんだけど、全部がLujanに行くわけではないので注意。

 

ちゃんとドライバーに「Zoo de Lujan」に行くか確認した方がいいね。

(※この写真のバスは動物園行きません笑)

 

乗車賃は50弱だったかな? 

バスとか地下鉄とか乗るのに必要なsubeってカードが必要なんだけど、ルハン動物園からの帰りはチャージできないので往復分と地下鉄代と合わせて120ほど事前にチャージしておくのが無難かな。

 

 

で、バスに乗って1時間ほどで到着。

 

けっこうなんもない場所なのでGPS見ながらいくか、運転手にルハン動物園行くってのを猛烈にアピールしておくのがよろしいかと。

 

で、到着した動物園!

 

ふむ、まぁ見た目は普通の動物園ですな。

 

早速中に入る。

 

まずは入場料の徴収。

 

これが400ペソ(約3000円)となかなかにお高い!

 

なんか2000円ぐらいって聞いてたけどけっこう前の話だったのかな?

 

 

と思ったら、これを書いている2017年の3月時点ではさらに値上げして500ペソらしい。。

 

もっと言うと、イグアスの滝も3月から330ペソから500に値上げされたようだ。

 

ほんとアルゼンチンのインフレにはまいっちんぐ(死語)ですわ。。

 

 

まぁその分元をしっかり取りましょう。

 

 

っていきなり目の前にはライオンの赤ちゃんが!!

 

おおお、なかなかにかわいい。。

 

 

と思ったらなんか見慣れた白い物体、犬もケースの中に入っていた。。

 

ライオンのエサか?汗

 

と一瞬思ったけどそれは違うようで。。まぁその話はまた後ほど。

 

 

にしてもライオンの赤ちゃんが可愛い!

 

ほら〜、こっち向いて〜

 

なんてずっとやってたら入場料取る係に「ここはまだ通路だからさっさと先に進みな!」みたいに怒られた。

 

別にええやないの。。

 

まぁ中にもたくさんライオンはいるでしょうって事で中へ進む。

 

地図で見る感じそこまで小さな動物園ではないみたいだね。

 

とりあえず近くのトラのところへ行ってみる。

 

 

おー、トラでかいな。

 

まぁトラ自体は近所の円山動物園(札幌)でも見れるんだけど、このルハン動物園のハイライトはここから!

 

なんとこうした獰猛な動物と触れ合えちゃうのよね。

 

 

完全に慣れている係員に誘導されトラの檻の中に入る。。

 

って近っ!! めっちゃ怖いわ!

 

 

いや、大丈夫だろうってのはわかるんだけど目の前にこんなごっついトラがいたらそらビビるわ。。笑

 

 

で、そんなトラさんの後方に回って記念撮影。

 

と思ったらトラは興味なさそうに眠ってしまったけど。

 

 

なんか多少ならお触りしても大丈夫なんだけど、その多少の度合いがわからん笑

 

さすがに怖くて顔とかノド元とかは撫でれなくて、背中を多少触った程度で終了。

 

 

にしてもド迫力のトラとこんなに近づけたのは初めてだったしなかなかにテンションも上がるわ。

 

 

 

 

そして次にやってきたのはこちら。。

 

 

ライオンの赤ちゃん!

 

足元まで歩いてきてめっちゃ可愛い!!

 

 

で、この赤ちゃんも抱っこできるのよね。

 

これだけ小さいとネコと変わらんな笑

 

確か生まれて3週間とかそれぐらいって言ってかな?

 

ライオンの赤ちゃんを抱っこするのも初めてだしなかなかない機会だしこれはけっこう嬉しかったわ笑

 

そしてもちのろんで大人のライオンも触れます!

 

このライオンも最初眠そうにしてたんだけど、スタッフが荷台みたいのをガチャーン!ってひっくり返してライオンの気を引いたりしてくれたんだけど、一斉に動きだすライオンにこっちの方がビビるわ笑

 

同じ檻にはメスも2匹いたけどね。

 

なんかおもちゃとしてもってきたズタ袋?を文字通りズタズタに引き裂いてたわ。。怖っw

 

でもライオン自体はほんとに大人しい、ってかこちらに全然興味ないって感じなんだけどね。

 

檻の外から肉球をぷにぷにしてみる。

 

 

おぉ、ホワイトタイガーもいた。

 

さっきのトラよりもさらにでかい。

 

これも一緒に写真撮れるのか?と思ったけどこれはダメみたい。。

 

でも何年か前に来た友達は確か写真撮ってたけどね。気が荒い時期とかそうしたのがあるのかもね。

 

 

さて、こちらの写真。

 

柵の中にトラと犬が一緒にいますね。。

 

さっきの赤ちゃんライオンの檻の中にも犬がいたけど。。

 

実はここのトラやライオンが大人しくて人を襲わないって理由がここにあるのよね。

 

なんでもこれらの猛獣も小さい頃から犬と一緒に育てさせる。

 

「人間に忠実な犬と一緒に育つことにより、ライオンたちも人間を襲ったりしなくなる。」

 

って事で説明されたんだけどどうなんだろうね?

 

なんでも噂ではエサに睡眠薬とか混ぜてるから大人しいんだ、みたいな噂もあるけど。。

 

 

ちなみにトラやライオンだけでなくてクマも犬と一緒に育てられていた。

 

で、さっきの檻に話が戻るんだけど。

 

よく見ると寝ているトラと一緒に入っているのはシマのないトラだ。

 

ってかこれトラじゃなくてライオンだな。

 

さらによく見ると、奥の方にいる子はなんだか変な模様をしている。。

 

おー。 この子、多分ライオンとトラの合いの子だな。

 

なんか合体したみたいでカッコいいけど、こういう子って生殖機能がすごい弱かったりするって聞いたけどどうなんだろうね?

 

でもトラとライオンの子って、写真では見た事あるけど実際に見るのは初めてかもね。

 

これまたなかなか良いものが見れました。

 

 

この動物園はこうした猛獣と触れるってのが売りになっているけど、実際にはもっといろんな動物が触れる。

 

ラクダとかね。(世界一周してるとラクダって特に珍しくないんだけど)

 

あと象にエサもあげられたり。

 

写真を撮るためだろうけど、自分は象を背にした状態でエサをあげるんだけどこれがけっこう怖かった笑

 

そーいやこの時も上野山荘で一緒だったリサさんと一緒だったんだけど、リサさんは微動だにせずエサをあげていた。

 

オレだけめっちゃビビってたようだ。。女性は強いね。

 

 

あと、自分達は気づかなかったけどヘビとかイグアナとかも触れたりしたみたい。

 

こちらはアルビノのクジャク。これも初めて見るな。


 

あ、全然関係ないけど腕に多分名前かな?カタカナで文字を入れている人が。

 

けっこう面白い文字でタトゥー入れてる人とかいるよね。

 

正直、ライオンと一緒に写真が撮れる ぐらいにしか考えてなかったけど、これだけ色んな動物がいれば(載せた以外にも動物はたくさんいる)かなり満足度も高いですわ。

 

入場料は高かったけどこれは来た価値はかなりあったかな。

 

 

ルハン動物園、オススメです。

 

ではまたー。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:154.アルゼンチン, 06:08
comments(0), trackbacks(0), - -
[アルゼンチン]カラフルなボカ地区とタンゴ。

こんにちは。

 

リアルタイムではブエノスアイレスです。

 

今回のブログ記事は3ヵ月前の話になるけど。

 

3ヵ月ぶりにきたブエノスだけど、かなり暑かった前回に比べてすっかり涼しくなってしまった。。

 

夜はユニクロのダウンも着てるんだけど、こんなんでこれから行くパタゴニアがやっていけるか不安ですわ。。

 

まぁ頑張るしかないけど。

 

 

 

 

さて、今回はブエノスアイレスでも定番の観光地、ボカ地区にあるカミニートへ行った話。

 

自分が泊まっていた上野山荘からは、大通りなどから152のバスで簡単に向かえる。

 

治安が悪いと言われているボカ地区だけど、バスはカミニートのすぐそばに着くので特に心配はない。

 

 

で、こちらがカミニート。

 

なぜかこの一帯だけカラフルでポップな感じの建物が並んでいて観光客も急に増えた。

 

なんでここだけこうなったのかはわからないけど、とりあえず歩く分には楽しそうだね。

 

お土産物屋も多数。

 

ブエノスに来る観光客のほとんどがこのカミニートに来る事になるんじゃないかな?

 

ここが多分一番有名なカラフルな家のところ。

 

と言っても事前情報ほぼなしで行った自分には古くて薄汚いぐらいにしか見えなかったけど、やはり一番有名だったようでガイドブックとか案内にはここの写真が使われているな。

 

まぁ特にこれと言った見所があるわけじゃないんだけど、ここをふらふらするのが楽しいのかな。

 

雰囲気はちょっと違うがロンドンのカムデンタウンとか、これこそ違いそうけど原宿を歩くようなもんか?

 

 

ブエノスアイレスの町中心はヨーロッパ風の町並みでオシャレぶった?感じだけどここはほんと可愛らしいのが多い。

 

 

店の前にはこうした人形が多かったりする。

 

これは今のローマ法王がアルゼンチン出身の人なのでその人かな?たしかフランシスコ1世だったかな。

 

マラドーナの人形も多数あった。

 

そして人形だけでなくそっくりさんみたいな人も笑

 

観光客と一緒に写真を撮ってチップをもらっているんだろうけど、どうやら長年ここでそっくりさんとしてやってる有名人らしい。

 

マラドーナも髪型とか体系とかもどんどん変わってるけどその度に本家に合わせているのかな?

 

 

そしてこちらの人も!

 

そう、チェ・ゲバラですね。

 

キューバ革命で有名なゲバラだけど出身はアルゼンチンなのよね。

 

アルゼンチンで育ち大学で医師免許を取った以降、活躍したのはキューバとか海外なのでアルゼンチン国内ではそこまで人気ないと聞いたけど国際的な有名人だからね。

 

てことで土産物屋にもゲバラグッズが売られている。

 

なんかキューバからアルゼンチンに来たので、連続でこうしてゲバラを見続けている事になる。

 

そーいや後日町中でやっているデモに遭遇。

 

ゲバラの絵を使って「GUEVARISTA」って言葉を使っていた。「ゲバラ主義」って事だね。

 

 

話が脱線しているけど、このままゲバラの話を。

 

チェ・ゲバラの「チェ」っていうのは名前ではなくニックネーム。

 

アルゼンチンでは「やぁ」とか「君ぃ」とか呼びかけかける時に「チェ」って言うみたいなのよね。

 

ゲバラがメキシコなどで自己紹介する時に「チェ(やぁ) ゲバラだ」なんて言っていたのが

 

「チェ・ゲバラ」という名前だと勘違いされたようで「チェ」と呼ばれるようになったみたい。

 

本人もこれは気に入ったようで、大臣になってからのサインとも全部「che」だしね。

 

 

 

という話でした笑 脱線したがアルゼンチンの有名人の話ってことで。

 

 

 

 

ともかく、

 

マラドーナ、ローマ法王、チェ・ゲバラなどアルゼンチンの有名人が見て取れる。

 

そして、最近の有名人と言えばこの人かな。

 

そう、メッシですね。

 

この像自分(173cm)よりも小さかったんだけど実物のメッシもこんなに小さいのかな?

 

 

で、リアルタイムの今もこのブエノスアイレスにいるんだけど、今回の目的は一つ。

 

W杯の南米予選を観る事!!

 

アルゼンチン対チリっていう、昨年の南米選手権の決勝の組み合わせである。

 

その選手権で残念ながらアルゼンチンは負けてしまい、W杯に続き優勝を逃す結果に。。

 

バルセロナでは世界一のタイトルを何度も手にしているメッシだけど、代表チームではこうした世界タイトルが取れてないのよね。。なので「まだまだマラドーナには及ばない」なんて言われ方もしているようだけど。。

 

そんな因縁の相手のチリ。

 

アルゼンチン、メッシが燃えないわけないですね。

 

かなり楽しみであります。試合は明日(3月23日)です。

 

 

 

かつてマラドーナが所属していたボカジュニアーズのスタジアムもかなり近い。

 

ほんと住宅地にいきなりこんな巨大スタジアムが出てくる。

 

そーいや日本代表にいた高原もかつてこのボカに所属してたんよね。

 

アルゼンチンの超人気チームにいたってのはなんか不思議。

 

ボカで高原がどれだけ活躍してたか知らないけどね。どうだったんでしょ?

 

 

 

 

そしてこのカミニートで忘れてならないのがこちら。

 

 

アルゼンチンのダンス、タンゴ

 

タンゴはこのボカという貧困地区で生まれたらしい。

 

タンゴって名前は聞いた事あったけど、実際の動きは見た事なかったんよね。

 

後日ブエノスの繁華街、フロリダ通りの路上でタンゴをやっていたのでじっくり見る事ができた。

 

サルサやサンバなど、リズム感を全面に押し出したようなダンスではなく、

 

なんか流れるような、「美しい」動きをするダンスなんだね。

 

ボカのイメージとは全然違うが、かなり芸術度の高い踊りに見える。

 

↓この踊っている女性は日本人だったな。

 

 

いかにも大人なダンスって感じでかっこいい。

 

でもサルサ同様、自分が踊れる気もしない笑

 

この2人みたいにバッチリ絵になるならいいんだろうけど笑

 

 

動画でも撮ったけど、ネットが遅くて載せられないので興味ある方はyoutubeでも探してみてください(てきとう)

 

 

タンゴやカミニート、有名人の像などと言ったいかにもアルゼンチンな光景が見れてけっこう充実したかな。

 

ブエノス滞在はまだ続きますー。

 

ではまた。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:154.アルゼンチン, 06:08
comments(0), trackbacks(0), - -
[アルゼンチン]ブエノスアイレスで過ごすクリスマス。

こんにちは。

 

リアルタイムではブエノスアイレスです。

 

でも今回の記事の3ヵ月後の話だけど。。笑 色々周遊して戻ってきました。これからパタゴニア向かいます。

 

 

ブログではキューバからブエノスアイレスに着いたとこ。そしてクリスマスのお話です。もう時季外れだけどご容赦を笑

 

 

やってきたブエノスアイレスはかなり都会。キューバからだとそのギャップもすごい。

 

町並みはもうヨーロッパみたいな感じで、誰が言ったか「南米のパリ」なんて呼ばれ方もするようだ。

 

こちらは町中心にあるオベリスク(石の塔)。

 

その前にはブエノスアイレスの文字「BA」が。

 

ロサンゼルスを「L.A.」みたいに言ったりするけど、南米だとブエノスアイレスは「B.A.」とか呼ばれたりしてるのだろうか?

 

このBの文字にかぶさっているのがサンタの帽子!

 

はい、上で言ったけど2016年のクリスマスはこのブエノスアイレスで迎えました。

 


クリスマスって特に思い入れがあるわけじゃないけど、一人で過ごすよりはみんなでワイワイ過ごせればいいかな?って事でブエノスの日本人宿、上野山荘をけっこう前から予約してたんだよね。フルだったら嫌だし。

 


なんだけど、


結局クリスマスイブの時、上野山荘の客はオレともう一人の二人だけとなった。。笑

 

日本人宿でクリスマスパーティー、みたいのを想像してたんだけどこれじゃあパーティーどころでないわ笑

 

いつも宿で寝泊まりしているオーナーのいつこさんも、この日は家族のところに帰るってことでほんと二人だけになった。

 

 

 

ん??

 

 

ってかもう一人って女性ですわ。


思わぬ形ではあるけど、クリスマスイブに女性と2人で過ごすというここ数年記憶にないぐらいのシチュエーションになったんじゃないのこれ?

 

 

とか言ってロマンティックな事は特になく、いつこさんが用意しておいてくれた食事を食べたりワインでも飲んで過ごす。

 

あ、女性の写真はないです。無能ですみません笑

 

 

でもせっかくだしクリスマスソングなんかをかけたりする。

 

なんやかんやジングルベルとか清しこの夜?とか、子供の頃のクリスマスの時に聞いていたような曲が一番クリスマスっぽいかな。

 

最近のだとマライアキャリーのかな?曲名知らんけど。


今調べたら「All I Want For Christmas Is You」ってやつかな。

 

日本の曲だと山下達郎のとかか?


これも別に自分のチョイスじゃなくてよく家でかかってたってだけだけど。

 

でもこれってあんまりハッピーな曲ではないよね?笑

 


ってか最初に数曲クリスマスソングをかけてからはそれぞれオススメの曲なんかをyoutubeで探したりしたかな。

 

そんな感じで過ごすクリスマス。

 

リサさんのおかげでなかなか楽しい夜になりましたわ。

 


そーいや後で知ったんだけどもう一つの日本人宿、日本旅館にはこの時12人ぐらいお客さんがいて盛大にパーティーしたらしい。


こちらと全然違うわー。上野山荘かなり好きな宿なんだけど日本旅館はさらに人気があるのか?


理由は知らんがその日本旅館は今年初めに突如閉めちゃったみたいだけどね。

 

まぁそんな大人数は苦手なので上野山荘でほんと良かったけど。

 

 

 

25日になった瞬間にはたくさんの花火が上がった。

 

まぁ宿のベランダからはその様子は見えずに音しか聞こえなかったけどね。

 

 

朝になったけど、さぁどうしよう?

 

クリスマスは全部の店が閉まって人も歩いていないらしい。


とりあえずは宿でのんびり過ごしたかな。

 

ブログでも書けばいいんだろうけど、キューバで3週間近くブログから離れていたのでなんかブログ書くのも腰が重い。。

 

って結局その後もしばらくブログ書かなくてこうやって遅れていくんだけど笑 まぁいいか。

 

で、何してたんだろ?笑 まぁゆっくりしてたと思われます。

 


夕方ぐらいになってさすがにちょっとでかけてみるかって事でカテドラルに行ってみた。

 

もしかしたらミサをやってるかもしれないしね。

 

↓教会に向かう途中。大通りだけど人も車もほぼいない笑

 

地下鉄は一応やっていたのかな?

 

「FELIZ NAVIDAD」、メリークリスマスって書いてあるね。

 

 

で、カテドラルに行ってみたらドンピシャでミサの真っ最中!

 

でも見てる感じクリスマスでスペシャルな感じもなく、いつもと変わらないようなミサに見えたけどね。

 

そーいや今回のクリスマスは日曜だった気がする。

 

ミサが終わってから教会の中に入ってみると、祭壇?の真ん中に赤ちゃんのキリスト像が置かれていた。

 

クリスマスはキリストの誕生日のお祝いだからね。

 

クリスマス時期になるとキリストが生まれたシーンを再現したジオラマが各教会に設置されるけど、クリスマス前はキリストのところに布がかかっていて、クリスマス、要はキリストが誕生した時からその布が取られるみたいだね。

 

ちょっと教会でゆっくりしたかったけど、ミサが終わってすぐに閉められるって事で慌ただしくなってしまったが。

 

 

教会を出て町をふらふらする。

 

普段は一通りが多いフロリダ通りにも人があまりいない。

 

 

 

と思ってたら、陽が落ちるにつれてどことなく人通りも増えてきた。

 

店も全部閉まってるのかと思いきや開いてるカフェもちょこちょこあったしな。

 

 

 

でもデコレーションとかイルミネーションみたいのはほとんどなく、思ったよりも地味なクリスマスだったかなー。

 

そーいや数年前のクリスマスの時にはローマにてカトリックの総本山、バチカンにも行ってみたけどほとんど人気がなかったもんね。

 

逆に言うと日本みたいに騒がしくなるのがおかしいのかもね。

 

家族でのんびり過ごす、っていうのが本来のクリスマスの過ごし方なんだろうけど。

 

ちなみに去年のクリスマスはオーストラリアでワーホリ中だったな。

 

祝日となるクリスマスは時給が倍に!約5000円とかの時給で働いてウハウハだったな。

 

あれからもう1年かー早いですね。

 

次のクリスマスはさすがに日本かな?

 

 

まぁともあれブエノスアイレスでのクリスマスでした。

 

ではまた。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:154.アルゼンチン, 07:08
comments(0), trackbacks(0), - -
キューバから一気にアルゼンチンへ!

こんにちは。

 

リアルタイムではおそらくブエノスアイレスにいるところです。

 

 

が、同じブエノスアイレスだけど今回のブログの三か月後の話です。

 

逆に言うとブログが三ヵ月前って事なんだけど。。まぁぼちぼち書いていきます笑

 

 

 

さて!

 

キューバからアルゼンチンへと移動する飛行機が大幅に遅れ、ホテルを用意されて逆に満喫できたキューバ最終日。

 

ホテルからまた一斉にバス三台で移動して空港へとやってきました。

 

今度こそチェックイン! 結局元々の出発時間より12時間遅れぐらいになったのかな?

 

チェックインも終わりセキュリティゲートをくぐる。

 

が、ここで1人の係員に止められた。

 

ん?特に問題はないはず。

 

と思ったら

 

「ニホンジンデスネ?」

 

みたいに日本語で話しかけられた笑

 

おぉ、日本語を操るキューバ人が現れた。

 

キューバと日本てあまり関わりなさそうだけど意外に日本びいきだったりするのかな?

 

先日も日本語を独学で勉強してるって女性に会ったしね。

 

ちょっとした世間話をしてから軽くメアドを交換しておいた。

 

きっかけはわからんけど日本に興味をもって日本語を勉強してくれてるっての嬉しいよね。

 

 

 

で、ゲートに到着。

 

この時間だともう他に便はないようで、空港にいるのも自分と同じフライトの乗客だけだ。

 

 

で、搭乗開始時間になったんだけど、なんの変化もない。。

 

ってかスタッフすらもこないし。。

 

時間はどんどん経つが何の変化もない。。

 

 

すると

 

 

パンっ!

 

パンっ! パンっ!

 

パンっ! パンっ! パンっ!

 

 

誰かをきっかけにみんなで手拍子を始めた。

 

紛れもなく、早くしろー!っていう催促笑

 

いや、ほんと元々のフライトは午前中だったからね。そこから考えるともう12時間経っているわけで。

 

 

こういう時って妙な連帯感が生まれるよね笑

 

かと言って日本だとこんなことあり得ないし、こうしたラテンなノリはけっこう好きだなー。

 

 

まぁ結局そこからも相当待たされたけど笑

 

 

 

そしてようやく係員が現れ登場開始に!

 

ここでまた乗客達から大きな拍手が笑 嫌味半分だがこれぐらいしないとね笑

 

 

やっと乗れた飛行機がこちら。

 

写真だとわかりずらいかもだけど、なんか妙に解放感があるのよね。

 

っていうのは普通真ん中の列にもある頭上の荷物の棚がない。

 

そのせいか機内も映画館みたいにえらく広く感じる。

 

そして席もこんな感じで液晶テレビなんかはついてなくてえらい古い感じ。

 

あるのは折り畳み型のテーブルとエアコンの排気口笑

 

ふむ、どうやらずいぶん古い機体のようだ笑

 

ベネズエラで乗った飛行機も30年前とかかなり古めの飛行機だったけどね。

 

この辺りもさすがにキューバ、いい意味で期待を裏切ってくれる笑

 

 

途中で機内食も出たけどそれはまぁ微妙だったな。

 

サンドイッチみたいのも出たけど、ほんと路上で5モネダ(20円)くらいで買えそうな代物だったし笑

 

 

まぁなんやかんや夜行便となったので9時間ほどのフライトも寝てたらすぐにブエノスアイレスに到着した。

 

到着してから飛行機の写真を撮ってみたけどなんかロシア語で書いてあるな。

 

後でも調べてみたけど、やはりロシア、ってかソ連製の飛行機だったようだ。

 

 

何はともあれ無事にアルゼンチンに到着。

 

入国審査もあっさり終わった。一応出国の航空券用意しておいたんだけど何も聞かれなかったな。

 

 

そして荷物を受け取るターンテーブルの方へ。

 

が、なんか異様に人が多い気がする。

 

でもそこはさすがブエノスアイレス、たくさんの利用者がいるんだなーぐらいにしか思ってなかったけど。

 

 

荷物を待って30分経過。。まだかな?

 

と思ってたら1時間経った。。まだ荷物は出てこない。。

 

 

色々周りを見てみたら、どうやら他の飛行機の荷物も出てきていないようだ。

 

ようわからんけどアルゼンチンは仕事遅いのか??

 

 

最初は気長に待っていた乗客たちも次第に疲れてターンテーブルに座ったり。

 

そして、また

 

パンっ!

 

パンっ! パンっ!

 

パンっ! パンっ! パンっ!

 

と催促の手拍子が笑

 

いや、ほんとキューバの時と合わせたらどんだけ待たせられるんだっていうね。

 

 

 

が、こちらとしては状況もよくわからないし待つしかないという。

 

もし自分の荷物だけが出てこないとかだったらロストバケージとかなんだろうけど全員の荷物が来てないからね。

 

それにしても遅すぎる。。

 

 

 

結局、荷物が出てきたのは到着して5時間後だった。。ほんと意味わからん。

 

 

後で聞いたんだけど、どうやら午前中ストライキをやっていたとかでそれでこんな状態になってたみたい。

 

確かに午前中に着いた人たちのかな?大量の荷物が一ヵ所に集められてたりしたしな。

 

 

 

いやーにしてもどっと疲れたわ。

 

空港から市内まではそこそこの距離があって安い市バスでも行けるみたいだけど、疲れていたし1400円くらいのシャトルバスを利用する事にした。(180ペソ)

 

 

それにしても久しぶりに都会に来た感じがするなー。

 

空港にあるマクドナルドがえらい輝いて見えた笑

 

一応値段も見てみたけどなかなかにお高い。。

 

そう、このアルゼンチンの物価はかなり高いのよね。

 

キューバとのギャップもあって大変そうだ。。

 

 

バスは順調に走り市内へ。

 

町の中心あたりかな?オベリスクのある場所でバスを降りた。

 

なんかキューバと比べると一気に先進国に来た感じだ。

 

ほんとヨーロッパと変わらないような綺麗な町並みのブエノスアイレス。

 

誰が言ったか「南米のパリ」なんて呼ばれ方もするようね。まぁなんとなく納得。

 

 

キューバからの飛行機で一緒だった日本人の方は日本旅館という宿に予約してたようでそちらに向かっていった。

 

一方こちらは上野山荘という宿に予約をしていた。

 

ブエノスアイレスではこの二つ日本人宿が定番になるのかな。

 

どちらがいいか?っていう論争もあっただろうけど、日本旅館の方は今年初めくらいに突如閉館したらしい。。

 

って事でその論争ももはや無意味なのでやめておきます。

 

ただ上野山荘はかなり大好きな宿となりました。

 

※上野山荘も3月15日から工事のため休業中です。

 

詳しくはホームページで。

 

 

到着した上野山荘はけっこう町中心の立地で居心地もかなり良い快適宿だ。

 

オーナーのいつこさんの人柄も良くて、壁に過去の旅人が貼っていった写真がたくさんあるんだけど、その中に自分の友達の写真のあったのよね。

 

いつこさんはそうした4年前とかの旅人の事覚えてたりしたからねー。ただの客と思ってたら覚えてないでしょう。

 

旅人との距離が近いんだな、きっと。

 

この上野山荘には一週間ほどお世話になろうかなと。

 

 

ってのはもうすぐクリスマスになるのよね。

 

なんとなく都会の方がクリスマスも楽しいかなと思ってブエノスで過ごそうと思ったわけで。

 

まぁ特になにをするってわけではないんだけどね。

 

 

なので上野山荘にもクリスマスのデコレーションがちらほら。

 

かと思えば玄関には「謹賀新年」ってあるし気が早い笑

 

 

アルゼンチンに入って物価が断然高くなってしまったので食事は毎回自炊。

 

ただ肉類が安いのでけっこう肉は食べたなー。

 

これは他の旅人さんとシェアした肉!

 

そしてハンバーグなんかも作ったり。

 

 

なんかほんとヨーロッパ旅してた頃を思い出すな。

 

 

ともあれ一週間ほどこのブエノスには滞在します。

 

その様子はまた後ほどー。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:154.アルゼンチン, 11:08
comments(0), trackbacks(0), - -