RSS | ATOM | SEARCH
[キューバ]思わぬ形で5ッ星ホテルへ!

こんにちは。

 

リアルタイムではパラグアイからアルゼンチンのブエノスアイレスへ向かっているところです。多分。

 

ブエノスはちょうど三カ月ぶり。

 

 

今回のブログではキューバ編もようやく最後!

 

で、キューバからそのブエノスアイレスへと向かう時の話ですー(三ヵ月前ってことね)。

 

(何気にこれ書いてる途中にエラーで文章がすべて消えやがった。。なので再びこうやって書いてます。。)

 

 

 

18日間の滞在もすぐに終わってしまったキューバ旅。

 

正直まだまだ滞在したかったけど先に出国の航空券買ってしまってたからねー。

 

まぁまた来る理由があるって事で良しとしましょう。

 

 

次に向かうアルゼンチンへはキューバ国営の航空会社かな?クバーナ航空で向かう。

 

キューバの航空会社なんてちょっと面白そうだしね、どうやることやら。

 

ちなみにブエノスまで550ドルぐらいだったかな。

 

モネダで言うと13200モネダです。キューバのプリンが2640回食べれます。

 

まぁ謎のモネダ換算はいいとするか笑

 

 

さて、旧市街から空港までは市バスで向かう。

 

タクシーだと25CUC(25ドル)もするけどバスなら1モネダ(5円ぐらい)と激安だからね、こりゃあバス一択でしょう。

 

空港へと向かうP12のバスの乗り場はこれね、下のピン打ったバスマークのとこ。

 

位置関係はキャピトリオなどからみてくださいね。ちなみに上のピンは泊まっていたシオマラの家。

 

まだ朝だったしバスも混むかな?と思ってたけどむしろ朝早かったからかそこまで混んでいなくてバスは順調に進んだ。

 

空港の最寄りで降りて、そこからさらに空港へと向かうバスへと乗り換えた。

 

何が起こるかわからんキューバだしけっこう早めに空港に着くように出発したんだけど、ほんと順調に辿り着けて一安心だな。

 

 

と思ってたら何かが起こったのはこれからだった。。。

 

 

 

 

さて、空港に到着して電光掲示板で自分のフライトを確認する。。。。けどあれ?

 

 

 

自分のフライトが表示されていない??

 

 

 

クバーナ航空のオフィスがあったのでそちらに行ってみた。

 

 

「あなたの飛行機は遅れます」

 

 

まじかよ。。

 

指示された場所でとりあえず待っていると、同じようにブエノスアイレス行きの乗客がどんどん増えてきたぞ。。

 

 

 

そして、ふと電光掲示板を見てみるとそのフライトが表示されていた。

 

 

ん???

 

20時ってなっている。。ぞ。。

 

 

元々のフライトは午前11時だったんだけど。。「Adjusted」じゃねーよ全く。。

 

 

この時点でまだ午前10時。。

 

 

あと10時間待てってことか???

 

 

 

さすがキューバ、最後の最後でやらかしてくれるわ。

 

 

と思ってたんだけど、ここで担当者が来て話をしてくれた。

 

「これからバスでホテルへ向かいそこで待機して頂きます」

 

なんて事を言われた。

 

 

おーまじで?そんな対応をしてくれるなんて驚いた笑

 

一応キューバ国営なだけあってそこそこの誠意は見せてくれたようですね。

 

 

 

そして連れて行かれたホテルが。。

 

 

 

5ツ星ホテル!!!

 

 

 

え?キューバにこんなホテルあったの??

 

 

ってぐらい立派なホテルだ。よく知らんけどMELIAって有名なホテルなのかな?

 

昨日まで民泊、さらにリビングに置いたベッドで寝てたのでギャップがすごい笑

 

わーお、レセプションもすんごいオサレ。

 

プールやヤシの木がリゾート感満載にしてくれる。

 

プールの中にバーカウンターもあるしな。

 

あれ?ここマイアミだったっけ? キューバ?なにそれ?

 

広々とした作りのホテル内を進みようやく部屋の方へ。

 

 

こちらがお部屋。

 

おーさすがに部屋もゴージャスな感じですな。

 

あ、多分一人一部屋くれたんだけど、今回たまたまもう一人日本人の方がいたので同室にした。

 

残念なのは、今日ここに泊まるわけじゃなくて夜までの待機だけってことだ。。

 

こんな事ならフライトももう明日にしてくれていいんだけど笑

 

 

ベッドもめちゃでかい。

 

こんなベッドでも昼寝程度でしか使えないのが残念ー。

 

そういや一年前ぐらいまでオーストラリアでこんな感じのホテルで部屋掃除してたんだったわ笑

 

テレビの上とか棚にホコリが残ってないかとか、謎の姑みたいなチェックをしてしまったり。

 

 

しばらくすると、昼食の時間になったのでレストランへ。

 

完全にビュッフェだと思っていたけど、さすがにこの大人数(150人くらい)がいきなり来たわけだしそこまでの料理は準備されてなかったけど。

 

て事でお昼はチキンのグリルだった。

 

いや、これでも全然良いんだけどね。

 

 

ふむ、お昼ご飯を食べ終えると完全に気持ちも落ち着いた。

 

あと数時間もあるしゆっくりする事にしよう。

 

 

そーいやキューバにはバラデロっていうリゾート地があるのよね。

 

他の国と比べると格安でオールインクルーシブのホテルに泊まれたりするので人気だったりするんだけど、1人ぼっちでそんなところ行ってもしかたないし行かなかったのよね。

 

思わぬ形で高級ホテルのオールインクルーシブ的な過ごし方ができて非常に満足である。

 

 

せっかくなのでホテル周辺を散歩してみた。

 

ここはエリアで言うと新市街なのかな?

 

周りには同じように高級ホテルが連なっている。こんなエリアもあったのね笑

 

ホテルの入口には観光客用のクラシックカーがずらり。

 

どこかの団体さんが宿泊しているのだろうか。

 

 

あまり生活感のないこのエリアは旧市街とはほんと別物。

 

なんかひと際目立つ大きい建物があったので近づいてみた。

 

これなんだかわかります??

 

これはロシア大使館。

 

かつてキューバとソ連の関係は強かったしその名残だろう。

 

大使館でこんなビルになってるのって初めてみたかも。こんなに大きいとテロの標的とかになりそうだけど。

 

 

 

再びホテルに戻ってゆっくり。

 

ホテルを出発する予定の午後5時になったので下におりてみると、どうやらフライトはさらに遅れるとの事。

 

そーいやさっき部屋に電話かかってきてたな。。何言ってるのかさっぱりわからなかったけどこの事だったのか。

 

 

て事で夕食までも出た。

 

今回は豚のグリルだったけどちょっとしょぼめだったかな。

 

まぁ贅沢は言うまい。

 

 

そして結局夜の9時くらいにホテルを出発して再び空港へと戻った。

 

結局12時間以上飛行機が遅れたって事か。

 

まぁ今日は元々ブエノスアイレス着いたら空港で寝るつもりだったしこれはこれで良かったね。

 

 

 

最後の最後でキューバらしからぬ時間の過ごし方ができて不思議な感じだったな。

 

 

 

さてさてブエノスアイレスへと向かいますー。

 

 

ではまた。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:153.キューバ, 07:15
comments(0), trackbacks(0), - -
[キューバ]ハバナ最終日はブロガー祭り

こんにちは。

 

リアルタイムではブラジルのボニートからパラグアイに移動するところです。

 

今回の南米は3ヵ月前にアルゼンチンのブエノスアイレスに入ってチリ、ボリビア、パラグアイ、ブラジルと移動してきたんだけど、この全ての国にまた訪れる予定ありです笑

 

ベストシーズンなどを見つつ移動してるのでなんともへんてこなルートになってしまってるなー。まぁいいか。

 

 

 

はい!

 

って事でブログはキューバです。

 

キューバ編も今回と後1回となりました。3週間のキューバ旅だけど書くのに3ヵ月かかってるっていうねー。おいおい

 

 

 

さて、戻ってきたハバナでは色んな出会いと再会がありました。

 

早速だけどこちらの写真。

 

ちょっと切れてるけど(オレがではない)、ロンプラの表紙にも使われたというゲバラの絵。

 

ここで一番左にいるのがトリニダーでも一緒だったわっきーちゃん

 

世界一周、ごんざれす というブログをやってる人気ブロガーさんですね。

 

かつて一位にもなった事あるので説明不要かもですが。

 

ブログ通り面白い子なんだけど周りへの気配りもするしっかりさん。

 

 

そして一番右がボブ氏

 

モグネル メグル というブログの主ですね。

 

ボブ氏とはハバナで初めましてだったんだけど、お互いブログの存在を知ってたので話が早かった。

 

たまに日本から彼女が合流して一緒に旅をするといううらやまけしからん好青年。

 

 

左から二番目はワカさん。

 

ブログはやってないんだけど、やってたら絶対面白いでしょwっていうぐらい話が面白かった。

 

本屋みたいなとこで店長をやっていたワカさんは盗撮犯を2回捕まえた事があるみたいでその話は爆笑ものでした。

 

 

あ、右から二番目のさえない男がわたくしね。以上。

 

 

この日は特に目的もなく4人でぷらぷらしたり話をして過ごした。

 

1回サンホセっていう民芸品市場にも行ったな。

 

 

そこでまた1人のブロガーさんに出会った。ってか再会した。

 

The used key is always bright.mayumiさんだ。

 

mayumiさんとは以前メキシコで会ってるのよね。今回はキューバにいるとは知らなかったしばったり会ったので驚いたけど。

 

ブログがねぇ、本当に詳しく書いてるのですよ。

 

自分もこうしてブログを書いてるのでなんとなくわかるけど、おそらくmayumiさんのブログは一記事に3,4時間はかけてる。

 

それだけの情報量があるわけだし、歴史とか文化とかもちゃんと調べて書いてるので偉いなーと。

 

今もリンク用のurlをコピーするためにブログに飛んだけど、結局そのまま小一時間ぐらい読んでしまった笑

 

それぐらい充実のブログなので是非是非。

 

なんだか宣伝っぽくなってしまったけどほんとオススメですので。

 

だが残念ながらこの時のmayumiさんはちょっと忙しそうだったのであまり話せなかったが。

 

と思ったら色々考え事があったようで。。その時の様子がブログに書かれてました笑

 

キューバ(10)何もほしくない病とキューバ人の平均月収にもやもや

 

まぁまたそのうちお会いしましょうね!

 

 

いや〜なんか今回はいつもとは違う感じのブログになってきたねー笑

 

普段は1人で町歩きして撮った写真をただ載せるぐらいのブログなんだけど、なんだかすごい友達が多い人みたいなブログになってきた笑 まぁたまたまだけどね。

 

 

ちなみにここではすっかり敬愛するチェ・ゲバラのTシャツをお買い上げ。

 

この写真の右下の方にある緑のやつを購入。

 

今こうして改めて見ると他のもいいな。。

 

 

 

さて、その後は普段1人では絶対行かないようなカフェでしばし会話を弾ませる。

 

なんかコーヒーにアイスを乗せてくれたんだけどこれがなかなかに美味しかった。

 

そしてここでなんか似顔絵を書いてくれる人が。。

 

いや、頼んだわけじゃなくていつの間にか描かれていたんだけど。

 

でもその笑顔絵がムカツクくらい特徴をとらえてる笑

 

なんかこの絵だけみると外人みたいだな。

 

他のメンバーのも一緒に。

 

ふむ、正直に似顔絵上手だな笑

 

ただこれらの絵はこちらからお願いしたものではなく勝手に描かれたもの。

 

とは言え正直よく描けてるし多少のチップはあげてもいいかな?って気はした。

 

でもその相場がわからんー。

 

キューバの一般的な所得はかなり低いので、そうしたレベルで合わせてあげてもいいんだろうけど、外国人からしたら安すぎるし安すぎるチップだと逆に失礼かも。。

 

かと言ってあげすぎても一般のキューバ人とのバランスもあるだろうし、あげすぎたら今後こうした人が増えてくるとか教育上?どうだろう??

 

とか長時間もんもんと考えていて、まぁここでのお釣りを彼にあげようか、って思ってたらいつの間にかいなくなってたけど。

 

うーん、日本人はケチだと思われてしまったかな?それはそれで日本人の印象を悪くしてしまったかもね。難しいもんだね。

 

 

この後はカフェをはしご。

 

チョコレートミュージアムみたいなのでチョコスムージーみたいのを飲む。

 

これが1CUC(115円)なんだけどなかなかに美味しくてヒット。

 

まぁ歩き方にも書いてあるしほとんどの人は行くかもね。

 

 

これは中華街近くにある店のプリン。

 

これがキューバとは思えないハイクオリティなのよね。

 

これで値段が5CUP(20円ほど)と安いのよねー。毎日2,3回食べに行ってたわ。

 

そしてついでにこの隣にある中華街の店にて。

 

一番左の女性がなんと日本語をちょっと話せるのよね。

 

学校で勉強したの?って聞いたら「自分で勉強した」との事。。

 

いやー自分で勉強しても日本語使う機会なんかほぼないだろうしすごいよね。

 

そもそも日本語に興味を持ってくれた時点で嬉しいよね。

 

ハバナだとこうして他の国と変わらないような若者がいるんだね。

 

 

さて、宿に戻ってしばし歓談。

 

最初にシオマラの宿に泊まっていた時は日本人なんて自分ともう一人ぐらいしかいなかったけど、今はすげーたくさんいる。

 

その中にいた、さっき到着したという女性。

 

なんか見た事あるなー? いや、中学の時の先生に似ているだけか?

 

と思ってたら、シオマラが満室で他の宿に行ってしまった。。

 

 

で! 後で気づいたんだけど一時帰国した時に旅仲間飲み会で一緒だったわ。。facebookでも繋がってるのに。。

 

大変失礼いたしました。

 

ってかあちらもこちらに気づかなかったわけだしいいか笑 その飲み会ももう2年前だしな。

 

まぁお互いキューバになんかいるとは思ってなかったしね。

 

また次会った時はちゃんと話しますので。

 

 

 

 

 

 

さて!

 

 

キューバ最後の夜はなんともオシャレにジャズバーなんかに来ちゃいました。

 

これまた一人でだったら絶対に来てないわ。わざわざタクシー乗って新市街まで来たからね。

 

なんでまた来ようって話になったのかすら怪しいけど。。情報ノートで絶賛されてたからだっけか?

 

夜の10時くらいに始まるって聞いたのでそれぐらいに来たけど実際に始まったのは11時近かった気がする。。

 

入場料は10CUC(10ドル)したけど、ドリンクが2杯飲めたのでそこまで高くないよね。

 

これはモヒートじゃなくてなんだっけ?キューバによくあるカクテルだけど忘れた笑

 

ようやく始まったジャズなんだけど、これがまぁ渋い!

 

ハードロックみたいなのしか聞かない自分にとってはジャズのリズムすらも取れないし4人とも適当に演奏してんじゃないの??ってぐらい。

 

オシャレすぎてちょっと自分の理解を完全に越えていたわ。。

 

ってか途中からなんでキューバでジャズを聴いてるんだろ??なんて思ったけど笑

 

もっとキューバ的な音楽が色々あったと思うけど。

 

まぁアメリカとかでジャズ聴こうとするとえらい高そうだしこれはこれで良かったか。

 

 

最後はみんなで記念撮影。

 

まぁ良い思い出になりました。

 

 

てなわけでキューバももうこれで満足かな!

 

まだまだ居たい気持ちもあるけどもう航空券買っちゃってるしね。。

 

 

って事でキューバを離れて次は南米はアルゼンチンにひとっ跳びです。

 

続きはまた次回にー。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:153.キューバ, 07:15
comments(0), trackbacks(0), - -
[キューバ]小さな達成感とハバナ到着。

 

こんにちは。

 

リアルタイムではブラジルですがこれから一気にアルゼンチンの最南端、パタゴニアの方へと向かいます。

 

まぁその前にまたブエノスで数日のんびりってか準備してから行こうかなと。

 

今更もいいとこだけど、自分はやはり旅のペースがゆっくりみたいだね。

 

ウユニとかカーニバルで一緒だった友達がことごとく南米を離れていく笑

 

こちらも南米はあと3,4ヵ月したら終了かな?

 

まぁまだまだ未定だけど。とりあえず楽しんではいます。

 

 

 

さて、ブログ上はキューバですね。

 

サンタクララでの滞在も満足したので首都のハバナに戻る事に。

 

キューバ周遊旅もこれで終了。いやーもっと日程があれば色々周ったのになー。

 

正直まだまだキューバには居たかったね。まぁまたいずれだね。

 

 

さて、サンタクララからハバナまでは多分3時間ぐらいの距離だが外国人が使うViasulのバスが18CUC(18ドル)となかなかにお高い。

 

ハバナ行きならカミオンが簡単に捕まえられそうだしカミオンで移動しよう。

 

宿の人にカミオンがどこから出るか聞いてみると、普通にバスターミナルから出てるよ?って事なのでバスターミナルに行ってみるも「カミオンはない」との事。。

 

まぁそんな気はしたのよねー。先日ここに到着した時にちょっと様子を探ってたし。

 

その辺の人に色々聞いてみてもカミオンはやはりないとの事。

 

ふむ。。でもないわけない気もするんだよね。

 

 

って事で、ハバナへと向かう幹線道路まで行ってみてそこでカミオンを捕まえてみる事に。

 

↓見ずらいかもだけど、黄色い点がバスターミナルで赤い所がカミオンを捕まえる場所。

 

 

バスターミナルからそのポイントまで歩いてみる。

 

ちょうどその途中にチェ・ゲバラの霊廟の脇を通る感じとなった。

 

最後にまたゲバラの姿(像だけど)が見れて一気に爽やかな気分になるね。

 

「Hasta La Victoria Siempre」

 

「常に勝利に向かって」

 

というゲバラの言葉(でいいのかな?)があるが、自分もそのつもりでそのポイントへと向かう。

 

そこに行けばきっとカミオンが捕まえられるという、なんとなくだが自信が湧いてくるね。

 

 

ほどなくしてそのポイントに到着。

 

するとオンボロだが一台のカミオンが止まっていた。

 

おーこれはもうあっさりハバナ行きがあったかな?

 

 

と思ったけど残念ながらこのカミオンはハバナ行きじゃなかったみたい。

 

ってかどっか故障してるみたいで、これ以上走れないみたいになっていた笑

 

 

さて、気を取り直してここでカミオンを待つ。

 

周りにもちらほら人がいるなー。

 

でも話しかけてみてもみんなシエンフエゴス行きだったけど。

 

確かにここにはシエンフエゴス行きの乗り合いタクシーってか車がじゃんじゃん来て、現地人もどんどん乗っていく。

 

見てたらみんな20モネダ(100円)とかそんなもんしか払っていなかったのでサンタクララからシエンフエゴス行く人は試してみてもいいかもね。

 

 

さて、ここを通る車の管理をしてたような人に聞いてみたら「ハバナ行きも来るよ」みたいな事を言われたので多少安心できるね。

 

 

 

そして、ほどなくして一台のカミオンが来た!

 

その管理人がカミオンを止めてくれて聞いてくれたのだが、どうやらハバナへ行くという。やったねー。

 

おじさんにありがとうと握手した後カミオンへと乗り込んだ。

 

 

 

が、様子がおかしい?

 

 

 

普段カミオンって人がぎゅうぎゅうなイメージだったんだけど、なんと誰も乗っていない笑

 

どういう経緯なのか全くわからないが、このカミオンはただハバナへ帰るだけみたい。

 

 

って事でカミオン貸し切り状態!

 

座席の部分が鉄なんだけど横になって移動する事ができた。

 

こりゃ楽ちんだw

 

 

カミオンはかなりのスピードでハバナへと走る。

 

途中、自分のような客?を数人乗せたがそれでもカミオン内はガラガラ。

 

ほんとようわからんけどとりあえず快適だからいいや笑

 

 

そーいやこのカミオンには50モネダ=2CUC払ったな。Viasulの18CUCと比べるとはるかに安く移動できた事になる。

 

んー、こういうのって気持ちいいよねー。

 

「ない」と言われたカミオンを感を頼りに探し出し、結果的に安く快適に移動できた。

 

旅人としての感や行動が見事に的中したわけで。

 

小さい事だが、こうした達成感みたいのが旅の満足度を高めてくれる気がする。

 

いや、ほんと小さい事だけどね。まぁ旅してる人ならわかってもらえるのかなと。

 

 

そんな感じでにやにやしながら(きもい)、ハバナへと到着。

 

市内中心よりちょっと手前に到着したが、そこはもう勝手知ったるハバナ。

 

市バスを乗り継いで旧市街へと向かった。

 

 

宿も、前回同様シオマラさんの家へ。

 

が、あいにく満室との事。。

 

と思ったら、リビングのベッドなら5CUCでいいわよ?との特別オファーが。

 

ドミは通常10CUC(10ドル)なので半額である。

 

安いのは嬉しいけど、誰かがリビングで夜遅くまで話してたらうるさくて寝れなそうだなー。

 

と思ったけど結局この状態で4泊した笑

 

ってか毎日なんやかんや一番最後まで起きてたのは自分だった気がするし笑

 

まさに住めば都ってやつだな。

 

 

さて、2週間ぶりに戻ってきたハバナ。

 

相変わらずインドみたいにごちゃごちゃしているけどそれもまた心地よいね。

 

最後までのんびり楽しむことにしましょう。

 

こうしたカラフルな建物もなかなか良いね。

 

中華街の門。

 

先に中華街があるんだけど、今はもう中国人の姿はあまりないようだ。

 

かつてはそこそこいたようだけどキューバが社会主義国になってから出て行ったしまったみたい。

 

そしてやはりハバナの町にはクラシックカーが映えるね。

 

いくら撮ってもまたカメラを向けたくなってしまう。

 

こうした光景ともそろそろおさらばか。

 

今回のハバナは前回以上にローカルなエリアを歩いてみる事にした。

 

首都とは言ってもこうしたローカルな光景があちこちで見られる。

 

サンティアゴ・デ・クーバも好きだったけどなんやかんやハバナが一番見所はあるかもね。

 

 

さて、最後のハバナ滞在では他の旅行者、ブロガーさんと楽しく過ごすことができました。

 

その様子はまた次回にでもー。

 

 

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:153.キューバ, 07:15
comments(0), trackbacks(0), - -
[キューバ]なかなかに気に入ったサンタクララの町。

こんにちは。

 

現在ブラジルはボニートに滞在中です。

 

めちゃくちゃ綺麗な川でのスノーケリングができるって事だけど、参加できるツアーは明後日。。

 

って事で時間があるのでブログもさくさく書きたいですな。

 

 

 

さて、チェ・ゲバラの霊廟を訪れるべく来たサンタクララの町。

 

ゲバラ関連については前回の記事を見ていただくとして、それ以外にもサンタクララはけっこうお気に入りな町となった。

 

 

て言うのはサンタクララがサンティアゴ・デ・クーバと一緒で現地人の様子がよく見れるような町であったから。

 

 

そんなサンタクララの様子を簡単に紹介します。いつも簡単にって言ってるね。たまには詳細にやりたいところですが。。

 

 

さてさて、昨日ゲバラの霊廟に向かう時に話しかけられたおじさん。

 

表情がやや硬いが非常に優しい感じの人でした。

 

こちらはジュース買った店のおばさん。

 

キューバではちゃんと「写真撮っていい?」って聞くと撮らせてくれる人が多いね。

 

こちらの家族も。

 

本当は彼らの乗っているクラシックカーがかっこいいなと思ってジロジロ見てたらこちらに気づいて呼んでくれたのよね。

 

こんな感じで、まず人がフレンドリーだなと思ったのがサンタクララの一番の印象だね。

 

こちらも気分が良くなるし、そうするとその町もより一層よく見えるよね。

 

 

 

ちなみにこれがサンタクララの町並み。

 

町中心にある広場のもの。まぁ町並み自体は他のキューバの町と変わらないかな。

 

広場沿いにコロニアル風な建物が並ぶ。

 

まぁベンチではたくさんの人が座ってインターネットをしてたけどね。

 

どんどん近代化していくキューバではあるけど。

 

そして他の町と同様、キューバの国旗やカストロの写真が多かったりもする。

 

先日のそのフィデルが亡くなってしまったからか

 

「Gracias Fidel」

 

「ありがとう、フィデル」

 

という看板もあった。今のキューバ国民にとって父親のような存在だからな。

 

まぁ良い父親だったのか悪い父親だったのかはキューバ国民それぞれが感じるところはあるんだろうけどね。

 

その辺はノータッチで。

 

こうした看板がよくあって社会主義国っぽい雰囲気はあるよね。

 

ってかゲバラもだけどキューバの要人はみんな軍服姿だね、これはまだまだ革命は進行中って事か?

 

こちらの看板には

 

「革命とは」と書かれているね。

 

キューバ革命が成功したのが今から50年以上も前。

 

それを当時と変わらず「革命革命」と言っているのは、やはり国全体での目標や指針を掲げて社会主義国としてまとまらせるためかな。

 

 

こちら、真ん中にfarmaciaと書いているように薬局なんだけど内部の様子がほんと古い。てか渋い。

 

こうしてゲバラとかの写真が飾ってあるのはこちらとしても嬉しいんだけど、ゲバラももう50年近く前の人になっちゃったし、今後いつまでこれが続くのかな?

 

アメリカと国交が回復したし、もし今後キューバが資本主義の国に変わったらもうゲバラとかも英雄ではなくなるのかもしれないね。

 

そーいや骨董品屋みたいのにゲバラの切手がたくさん売られていた。

 

もう使用済みのやつだけどね。

 

ここで切手じゃないけど、古い紙幣を買ってみた。

 

キューバ革命後、このゲバラが財務大臣?みたいのも兼務したようで、当時のお札には大臣であるゲバラの「che」ってサインが書いてある。その紙幣を買ってみた。別に絵柄はゲバラじゃないけど。

 

一般的な商店にて。国旗があってキューバらしい光景。

 

 

こちらはなんだろ?一応「VINO(ワイン)」って書いてるけどワインなのかな?

 

値段を見ると100円とか200円とかそんなもんなんだけど。。キューバでもワインって作ってるのかな?ラムのイメージしかないけど。

 

まぁもともとワインとかそんな飲まないんだけど怖いもの見たさでちょっと興味はあったな。買わなかったけど。

 

 

ハバナにもチョコレート屋があったけど、このサンタクララにもチョコのお店があったのでちょっと入ってみた。

 

アイスチョコのドリンクを頼んでみたけどなかなか美味しかったね。値段もそんな高くないし休憩がてらにはちょうど良い。

 

 

 

そーそー、

 

このサンタクララで美味しかったのがピザ!

 

いや、ピザなんてどの町でも食べてるでしょーって感じなんだけど、サンタクララのピザはチーズがかなり多めで味も濃くてかなり美味しかった。

 

その分他の町のピザよりも多少高かったけどクオリティを考えると全然問題なし。

 

サンタクララにいる間はピザ食べまくったな。これで30円とかそんなもん。安い。

 

 

そして町歩きしてる時に見かけたのがこちら。

 

魚のフライのハンバーガー。

 

トリニダーで食べられるって話だったけど、行ってみたら店がなくなってたのでここで食べれたのは嬉しい。

 

魚のフライに外れはないよね!白身魚でなかなか美味しかった。路上のスタンドって感じだったけど魚を見たのは結局これが最初で最後だったな。。これも20円くらい。安い。

 

 

と、こんな感じのサンタクララでした。

 

ゲバラメモリアルもあるし訪れる旅行者はそこそこいそうだね。

 

けっこうお気に入りの町となりました。

 

 

さて!

 

これでキューバ周遊も終了ー。

 

首都のハバナと戻る事にしますか。

 

キューバ編ももうすぐ終わりが近くなってきたな。

 

 

ではまたー。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:153.キューバ, 05:13
comments(0), trackbacks(0), - -
[キューバ]チェ・ゲバラの聖地サンタクララへ。

こんにちは。

 

ずいぶんご無沙汰になっちゃいました。(このセリフも何回目になるやら。。)

 

リアルタイムではブラジルはリオデジャネイロでカーニバルを見て、弓場農場という日本人移住地で農作業を体験させてもらっていたところです。

 

今は弓場を出てボニートへと着いたところ。

 

久しぶりに一人になったのでこうしてまたブログを書いてます。

 

ブログはどこまで書いたんだろ?って未だキューバのようですね。。あっさり三ヵ月遅れとなってしまったようです汗

 

ほんと南米に入ってから日々充実しているのでブログを書く時間が減ってしまったけど、まぁぼちぼち書いていきますので今後ともヨロシクお願いします。

 

 

 

さてさて、、

 

 

て事でブログ上は変わらずキューバ。

 

世界遺産の町トリニダーでの滞在も満足したので次の町、サンタクララへと移動する。

 


サンタクララまでも格安のカミオンで行ければ良かったんだけどその辺で情報を聞き込みしてところ、

 

カミオンは週に何回かしかないとか朝5時発とかそんな情報しかなかったので大人しくViasulで向かう。

 


Viasulだとサンタクララまで8CUC(8ドル)だ。


外国人価格で高いんんだけどまぁまだ許容範囲かな?

 

バスは昨日行ったシエンフエゴスを通っていく。


ルート的に二度手間な感じだがまぁいいや。

 

バスは4時間とかそれぐらいでサンタクララに到着。

 

バスターミナルには早速チェ・ゲバラの絵があった。

 

何を隠そうこのサンタクララに来た最大の目的はチェ・ゲバラの霊廟を訪れること!

 

後で早速訪れるんだけどまずは宿を確保せねばね。


郊外のバスターミナルから町中まで市バスで移動して宿を探した。

 


が、これがなかなかに苦労した。。

 


何回か書いてるけど、キューバでの宿は大体一部屋いくらって感じで、それが20CUC(20ドル)とかするのよね。


ベッドが二つあるので二人なら一人10CUCで済むんだけど一人で20CUCとなると小さくない出費だ。

 

て事で、なんとか一人で15CUCで泊めさせてくれる宿を探したんだけど、全然見つからない。。

 


宿はたくさんあるんだけど、どこも協定かなんかあるのか?ってぐらい値下げに応じてくれない。

 

別に値下げしなくても客は来るわって強気なのかな?

 

結局訪ねまくって15軒目くらいでようやく15CUCでも良いって宿が見つかったので助かった。。

 

宿の人も英語話せて優しい感じだったなー。「Oasis」って名前なのかな。

 

まぁ宿自体はそこら中にあるので特に場所などは載せませんが。

 

 

 

そして本題のゲバラの霊廟へと向かう。

 

町中心からは歩いて30分ほどかな。

 

 

こちらがゲバラのお墓!チェ・ゲバラメモリアルとなっている。

 

威風堂々って感じのチェ・ゲバラの像が立っている。

 

写真だとわかりずらいが、6mほどもある大きな像だ。

 

ゲバラの像の下には

 

「HASTA LA VICTORIA SIEMPRE」

 

「常に勝利に向かって」

 

という文字が。

 

チェ・ゲバラの人生を表したような言葉だ。かっこよすぎ。

 

これ、今から自分の座右の銘とさせて頂きます。恐縮ですが。

 

横で。

 

別角度でもどうぞ。

 

 

さて、ここでチェ・ゲバラに関するうんちくを少々。

 

フィデル・カストロらとともにキューバ革命を成功させたゲバラであったが、本人は他の中南米の地でも革命を起こすために南米の中心に位置するボリビアへと向かう。

 

ボリビアでゲリラ活動をしていたゲバラだったが、残念ながら政府軍に捕まえられ処刑されその夢は散ってしまった。。

 

 

↓先の話だけど、そのボリビアでゲバラが処刑された場所にも行ってきました。

 

その様子はまたボリビアの時に!

 


ボリビアでのゲバラの埋葬場所はしばらく秘密となっていたが、死後30年後にようやく公表され、遺体はキューバ政府によって回収、移送されてこのサンタクララへ改めて埋葬される事になった。

 

このサンタクララは、キューバでのゲリラ活動時にチェ・ゲバラが攻め落とした最後の要所って感じで、これにより革命軍の勝利が決定的になった場所なのである。

 

なのでこのサンタクララにゲバラのお墓が作られたようだ。

 

 

 

この像もゲバラがサンタクララに入城した時の様子を表したものだ。


っていうのはその時ゲバラは左を負傷していて包帯を巻いてたからね。


まぁそれは「チェ・ゲバラ 28歳の革命」の映画で見ての知識なんだけど、多分そういう事でしょう。

 

 

さらにこの像の脇にはゲバラがキューバを去る時にフィデルに宛てた手紙の文章も掘られている。

 

 

この地下と言うか内部が博物館のようにもなっている。

 

実際お墓って感じはあまりしないな、やはり博物館だね。


内部は残念ながら写真撮影できなかったが、ゲバラの幼少の頃や学生の頃の写真、ゲリラ活動中の写真や使っていた銃や服などなどが大量に展示されていいてゲバラファン垂涎ものだね。

 

ってゲバラファンなら真っ先に訪れるような場所か。

 

写真の中には革命を成功させた後の、日本へ視察へ来たときの写真もあったな。

 

なんか日本の畑で耕運機みたいのを動かしている写真だったな。

 

ゲバラが日本に来た事あったとはなんだか不思議な感じ。

 

 

最後には亡くなったゲバラに対するフィデルの手紙があったかな。(多分)

 

なかなかに充実の内容です。

 

てことで記念撮影。

 

ちなみにこのメモリアルの脇にフィデルの看板があった。

 

いつからあったのかわからないけど、先日このフィデルもついに亡くなってしまったね。

 

フィデルはキューバ南部のサンティアゴ・デ・クーバに埋葬されたけど。

 

 

 

そしてこのサンタクララには他にもゲバラ由来の地があるのだ。

 

さっき、ゲバラがこのサンタクララを攻め落としたって書いたけど、その時に襲撃した政府軍の鉄道車両。

 

「チェ・ゲバラ 28歳の革命」の映画だとその様子が詳しく描かれているけどその場所に鉄道車両がそのまま残されている。

 

さすがに当時のままってわけではなく、綺麗に整備され博物館のようにはなっているけど、当時の様子は垣間見れる事ができる。

 

同じくこの映画の中で「町で一番高い建物である教会を占拠する」ってのがあったけどそれがどの教会かはわからなかったけど。

 

高い教会はあったけど映画のとは雰囲気が違ったからね。

 

まぁ映画がこのサンタクララで撮られたものではないのはわかるけど。

 

 

 

サンタクララにある政府系の建物に大きく「che」とサインが書かれている。

 

そしてその前には子供を抱えたゲバラの像もある。


その近くにある星形のモニュメントにもゲバラが描かれている。


 

と言うわけでゲバラファンにとってはまさに聖地とも言えるサンタクララであった。

 

でもゲバラ抜きでもこのサンタクララの町は現地人の様子が近くで見える感じでけっこう好きな感じだったかな。

 

 

その様子はまた次回へー。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:153.キューバ, 10:22
comments(0), trackbacks(0), - -
[キューバ]シエンフエゴスの町を歩く。

こんにちは。

 

現在はブラジルはリオに向けて移動中です。カーニバルです。

 

 

さて、ブログ上はキューバでトリニダーに滞在しているところ。

 

この日はトリニダーから二時間ほどの距離にあるシエンフエゴスの町へ日帰りで行ってみることに。

 

フランスっぽい町並みが残る、これまた世界遺産の町なのかな?

 

 

朝、シエンフエゴスへと向かうべく、トリニダーの町はずれ、シエンフエゴスへと向かう道でカミオンを待つことに。


シエンフエゴスまではトリニダーから2時間ほどの距離で観光客用のバスViasulだと6CUCする。


カミオンなら1CUCもかからないだろうからね。


値段もだけど、自分はカミオンのローカル感が好きなのでできればカミオンで行きたいところ。

 

 

が、しばし待ってもカミオンが通る気配がない。。


その辺を歩いていた人に聞いてみても、カミオンはないという。。まじか。


そうこうしてると、キューバ人も何人か同じ場所でバス待ちをしている。


その人たちに聞いてもカミオンはないようでomnibusを待っているようだ。

 

このバスは基本的にはキューバ人専用で外国人は乗れないバスなのよね、もしそれに乗れなければ路頭に迷う事になるぞ。。

 

 

するとほどなくこのomnibusが登場!

 

自分以外のすべての現地人がこのバスに乗り込んだ。まぁもちろんそうだな。

 

自分もとりあえずバスに乗り込んで車掌みたいな人にいくらか聞いてみた。

 

「4CUCだ」

 

あら、微妙にだけど安い笑

 

外人の自分としては6CUCのViasulしかチョイスがないのでこれに乗せてもらえるならラッキーだ。

Viasulが6CUCってのは絶対知っているはずだし6CUCと言われるかと思ったけどね笑


ちなみに現地人は1CUC以下の20モネダ(100円)しか渡してなかったけどこれはまぁ仕方ない。


ここは素直に4CUC=100モネダを払う。

 


前に座っていたキューバ人が酔っぱらっているのかやたら絡んできたけどまぁもういいや笑

 

バスは2時間ほどでシエンフエゴスへと到着。

 

 

町中まで歩いてむかう。

 

途中で酔ったナチュラルジュース屋。


ゲバラの絵に吸い込まれるように入っていった。

 

ここで飲んだジュースはタマリンドのジュースだった。


ちょっと酸味のある、梅みたいな味のジュースだね。

 

 

↓道中見た車の中にあった旗。

 

かつては敵国だったアメリカの国旗がこうやって並べれている。

 

国交も回復してどんどんつながりも強くなるのかもね。

 

 

さて、町中心あたりへと到着。


シエンフエゴスも世界遺産になっている町だ。(確か)


スペインの植民地であったキューバだけど、このシエンフエゴスはフランスの統治下にあったようでそうした建物が残っているようだ。

 

と言っても自分には明確な違いがわからないけど。。笑

 

なんとなくフランスっぽい?ような?

 

中央にある広場。

 

↓ホセ・マルティ像。

 

ひと際目立つ立派な建物。

 

歩行者天国になっているオサレな通りもある。

 

でもこの日が土曜か日曜だったからか、けっこう閑散としていたけど。

 

観光客もそこそこいるのか、土産物を扱う店が並ぶ通りもあった。

 

こちらは店舗型の土産物屋。

 

後日ハバナに戻ってからチェ・ゲバラのTシャツを買ったんだけど、こうして改めて見るとハバナでは見なかったデザインのTシャツも多いな。

 

適当に歩いていると漁港みたいな場所に出た。

 

これもカリブ海なんだけど、ここから見える海はなかなかに汚かった笑

 

でもそこで釣りをする人がちらほら。

 

釣り糸だけたらして、大きくはないけど魚はそこそこ釣れていたな。

 

 

そーいやこのシエンフエゴスでは見たい場所があったのよね。

 

が、なかなか見つからない。。?? すぐ見つかると思ったのに。

 

広場で警備員みたいな人にその場所を聞いてみた。


「あー。。それはもうないよ。。ほらあそこの建物」

 

指さされて方向へ行ってみる。

 

そこにあったのはなんの変哲もない建物だ。。

 

 

いや、実はここにはかつてチェ・ゲバラの看板があったのよね。

 

そしてこの時自分が持っていたキューバの歩き方の表紙がここだったのよね。

 

が、建物は一緒だけど看板はキレイになくなっている。。

 

まぁただの看板なんだけど、ゲバラの看板がなくなってしまったのは寂しいね。


その代わり?


他の場所でゲバラの看板は見れたけど。

 

これはこれでなかなか渋い看板だ。

 

 

 

ふむ、、シエンフエゴスのいかにもな観光エリアはちょっと歩けばもう周れてしまう感じだな。

 

 

やはりキューバでは、ローカルな生活が見れるようなエリアを歩く方が面白いかも。

 

 

ちょっと警察かなんかの建物にフィデルのとかの看板が見えたので入ってみた。

 

するとそこのおじちゃんがかつて日本にも行った事があるとかでかなり優しく色々話してくれた。

 

年齢からすると、キューバ革命と共に生きてきたって感じのおじちゃん。

 

背後のキューバ国旗が実に似合っているね。

 

室内にはこんな感じでフィデルの写真がたくさんあったなー。

 

 

 

あっさりだけど、こんな感じでシエンフエゴスは堪能。

 

そこそこ楽しめました。


帰りは大人しくViasulで帰る(6CUC)

 

2時間の道のりは爆睡してたみたいで気づいたらトリニダーに着いていた笑


これでもうトリニダーも満足かな。

 

さて、次はチェ・ゲバラの聖地?サンタクララへと移動します。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:153.キューバ, 07:13
comments(4), trackbacks(0), - -
[キューバ]トリニダーの夕日、サルサ、クラブ。

こんにちは。

 

現在はパラグアイの日本人移住地に出戻ってきました。

 

が、明日からリオデジャネイロに向けて移動です。カーニバルです。

 

数日前にパラグアイでのカーニバルも見てそれなりに楽しかったけど、やはりカーニバルと言えばリオ・デ・ジャネイロ。

 

期待は高まる一方ですな。

 

 

 

さて、ブログ上ではキューバのトリニダー

 

俄然今日もふらふらとトリニダーの町歩きをば。

 

昨日は一人だったけど、今日はとりあえず韓国人のハク君(ハバナとサンティアゴでも会ってる)と一緒に出掛ける。

 

↓キューバでよくある景色。ぶら下げてる肉とか何日前からあるんだ?

 

↓葉巻を吸っていたおじちゃん。

 

玄関先に並べられていた。。商品?? 売り方が雑すぎる笑

 

想像以上の光景が見られるのがキューバの面白いところだ。

 

 

ハク君と公園でのんびりしてたら、隣のおじさんがいきなり葉巻くれた。

 

値段としては安いものかもだけど、こうしてなにかをくれるなんて嬉しいよね。

 

すかさずハク君が自分が持っていたライターを代わりにおじさんにあげていた。

 

喫煙者のハク君にとってライターってけっこう重要だと思うんだけど、それをさらってあげるなんてかっこいい。

 

韓国の人ってこうして気前がいいというか、ちゃんと恩は恩で返す人が多い気がする。

 

まぁ韓国政府とかはどーなのって部分もあるが、その辺は話が飛ぶので割愛。

 

ぷらぷらしてたら生ビールを出す店があったので試しに飲んでみた。

 

コップ一杯で10モネダ(50円)。

 

自分もそんなにお酒強くはないが、意外にも韓国人のハク君がこの一杯で顔を赤くしてたのでちょっと笑えた。

 

そーいやキューバと言えばハバナクラブよね。

 

ほんとキューバのどこにでも売っているわ。

 

いや、日本とかでも売っているんだろうけどキューバだと種類も多いのかな?

 

試しにまだ安めの、三年もののラムを買ってみた。

 

小さいビンだけどこれで300円とかなのでまぁ安いよね。

 

とりあえずコーラも買ってラムコークにして飲む。ふむ、本場だから美味しい気がするわ。

 

 

そして再び町歩き。

 

ここで同じ宿の日本人達と会ったのでなんとなく一緒に周る。

 

 

 

あ、そーそー。

 

このトリニダーでは嬉しい出会いが会ったのよね。

 

「世界一周、ごんざれす」のわっきーちゃん。

 

おもしろくてずっと見てたブログだったので、本人がいきなり宿に登場したので驚いた笑

 

ブログだと時差があるし、まさかキューバにいるとは思ってなかったなー。

 

聞けば一時帰国しててその再出発がキューバだったみたい。

 

ブログ通り、しっかり者のおもしろい子ですわ。

 

↓通りかかった学校

 

↓日本の野球について多少詳しかったおじさん。

 

↓小腹が空いたので定番のピザ。

 

こんな感じで手作り感のある釜で一枚ずつ焼き上げる。

 

焼きたてのピザは外れなしに美味しいわ。

 

これで10CUC(50円)だしね、こりゃ毎日食べるわ。

 

パン屋さん。

 

夕方は宿のみんなでちょっと丘まで歩いて夕日を見る。

 

ってか人多いな笑 多分9人くらいで行ったのかな。

 

カリブ海に沈んでいく夕日はなかなかいいね。

 

夕食はこのまま再びMARINでロブスターを食べる。

 

今日は丸焼きではなくてトマトソースで炒めたやつを。

 

これも美味しかったけど、まぁもう満足かな笑

 

ロブスターで650円なので安いんだけど、やはりキューバの物価で考えるとクソ高いからね。。

 

さっきのピザで十分美味しいしな笑

 

 

 

さて、翌日には再び宿のメンバーでお出かけ。

 

どうやら夜な夜な広場でサルサなどをやってるらしいので。

 

広場に着いてみると、最初は大道芸人みたいな人達のショーだった。

 

なんか口でテーブルを持ち上げたり、砕けたガラスの上を転がったり笑

 

これはこれで面白かったけど。

 

 

ほどなくしてバンドが現れてサルサの時間になった。

 

サンティアゴでも一緒だったヒゲさんがサルサを踊れるので、その辺の女性に声をかけてさらっとサルサの輪に入っていったわ。

 

一緒に見てたヒロさんと「やはり男もダンス踊れるべきですかね〜?」なんて話をしていたが、

 

ダンスを踊る以上に、知らん女性に声をかけるって方がハードル高いわ笑

 

もしダンスやるにしても1人で適当に踊れるダンスの方が自分には合っているか。。

 

 

バンドなどが撤収した後は、ヒゲさんによるサルサレッスンが始まった。

 

サルサって基本的に男性がリードする踊りらしく、女性はわりと簡単らしいね。

 

てことで女性陣にステップやら簡単なパターンを教えるヒゲさん。

 

なんだかずいぶん楽しそうだな〜。

 

サンティアゴで一緒の時よりも頭が、じゃなくて目が輝いてたわ笑

 

 

 

その後は近くにある洞窟を使ったクラブに行くという話に。

 

自分は全然行く気なかったがオレ以外全員行くって事だったので行く事にした。

 

まぁこれも社会見学ですね笑

 

 

到着してみると、思った以上にちゃんとした洞窟だった!

 

これをクラブにするなんてキューバらしいアイデアではないけどな。

 

そーいや客のほとんどは欧米人の旅行者だったな。

 

かかっている音楽とか全然わからんけど、すごい人口密度だなおい笑

 

こーゆーとこだと、スリがいそうとかそんな事ばかり考えちゃうのは旅人なら仕方ない。

 

なので自分が楽しむとかでなくて、楽しんでる人達を見る感じ笑

 

 

一緒に行った女の子達も現地人だかなんだか知らんけどめっちゃ絡まれてたな〜。

 

こーゆーのはキューバでも共通なんだね。

 

 

宴もたけなわな感じだけど、そこそこに撤収。

 

まぁおもしろい光景ではあったかな。

 

 

明日はトリニダーから日帰りで近くのシエンフエゴスの町へといってみます。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:153.キューバ, 07:13
comments(0), trackbacks(0), - -
[キューバ]トリニダーでロブスターを食す。

こんにちは。

 

現在はパラグアイで日系人主催の盆踊り大会に行ってきたところです。

 

地球の反対側、季節も真逆のパラグアイでしたが完全にそこはもう完全に日本でした笑

 

なかなかに不思議な光景だったけど、海外での日系社会を垣間見れたのは良かったです。

 

 

 

さて、ブログ上はキューバの観光地、トリニダーに着いたとこね。

 

バスターミナルの大量の客引きを見てちょっと戸惑ったが、気を取り直して軽くトリニダーの町をふらふらしてみましょう。

 

 

まず行ったのは宿からほど近い鉄道駅。

 

毎日朝9時くらい発で近くのなんちゃら渓谷まで列車で行くツアーがあるみたいなのよね。

 

そのツアー自体には特に興味はなかったんだけど、せっかくなのでその列車は見てみたかったという。

 

駅に着いてみると、そこは一車両分の長さしかなさそうな小さいホームの駅だった笑

 

が、見た感じたくさんの観光客が列車を待っているね。

 

ほどなくして列車が到着。

 

てっきり蒸気機関車が来るのかと思ってたら普通のディーゼル車だった。

 

駅の隣がすぐ車両庫になっていて、ここで何往復かして車両を連結していた。

 

最終的に3両ぐらいになった列車は、団体のお客さんなどを乗せて去っていった。

 

 

自分はそのまま車庫の方へ歩いてみる。

 

するともう使われなくなったんだろうが、蒸気機関車がたくさん並んでいた。

 

この機関車には「1552」なんて書かれているけど、そんなに昔から蒸気機関車ってあったのだろうかね?

 

ふらふらしていると、係員なのかなんなのか知らんけど一人のおじさんが機関車に上がってみろとか言ってきた。

 

まぁせっかくだし内部を見せてもらう。

 

おじさんはこの機関車の事とか、日本の部品も使われているってのを見せてくれた。

 

が、最終的におじさんが「お金くれ」とか言ってきた。。

 

う〜ん、そんな感じか。。

 

 

なんかやはりトリニダーは観光客が多いからかこんな感じになっちゃうのかもね。

 

確かに自分ら外国人は一般のキューバ人に比べると圧倒的にお金は持っているんだろうけど、そうした目で見られるのはやはりいい気分ではないな。

 

 

駅を後にしてトリニダーの中心の方へと歩いてみる。

 

向かったのはトリニダーでもひときわ高いタワー状の建物。

 

ちなみにこの写真の構図は、キューバの25セントのコインに使われているのよね。

 

このタワーは博物館になっている。入場料は1CUCとかだったかな?

 

上が展望台になっているのでまぁ払う価値は十分にありますな。

 

内部ではやはりキューバ革命などに関する展示が多い。

 

↓これはフィデルやゲバラがキューバに乗り込んだ時の船「グランマ号」

 

今ではノアの箱舟のような扱いになってる船だ笑 本物はハバナの革命博物館に展示されている。

 

こちらはフィデルがモンカダ兵営襲撃に失敗して収監された後、釈放された時の写真かな。

 

こちらはチェ・ゲバラが使っていたというハンモック。

 

塔の部分へも登ってみる。

 

頂上からはトリニダーの町が一望できてなかなかに良い眺めだ。

 

 

 

まぁそれなりに楽しめたかな。

 

引き続き町を歩く。

 

 

そーいやこのトリニダーの町並みは世界遺産になっているのよね。

 

歴史的な背景はようわからんが、とにかくこうした古い町並みが世界遺産のようだ。

 

世界遺産と聞くとずいぶん格が上がるような?

 

まぁでも見た感じは確かに良いよね。

 

建物もより一層オシャレに見えるね。

 

あ、これはハバナにあった、ヘミングウェイが通ったというバーだ。

 

トリニダーにも店舗があったのね。

 

にしても古い車と鮮やかな色合い、キューバはずるいくらい絵になるよね。

 

CUBAの文字。

 

ちょっと日影になっちゃってるので後でまた撮ろうと思ったけど撮ってなかったもよう笑

 

ちなみにここはビール屋になっていて、コップ一杯のビールが10モネダ(50円)で売られていた。

 

トリニダーは観光地なので土産物屋も多いね。

 

この車のプレートのキューバ国旗柄のやつ、欲しいと思って後で買おうとしてたが結局買わず。

 

たまにはすぐに買うのも必要ですなー。

 

 

トリニダーは一見、こうした土産物屋とか小奇麗なレストランがあってえらいツーリスティックな雰囲気だ。

 

自分としてはそれがちょっと残念な感じではあったんだけど、町中心からちょっと離れれば他の町と同様一般のキューバ人が暮らすエリアになった。

 

こうした場所を歩く方が自分は好きだね。

 

何を売っているのかようわからんような店だったり

 

薬屋かなんかわからんようなお店もあったり。

 

これぞキューバって感じかな。

 

 

このトリニダーでも先日亡くなったフィデルの写真などはよく見かけたな。

 

 

こちらはバスターミナルにあった、フィデル追悼の写真かな。

 

 

こちらはキューバの偉人たち。

 

ゲバラの隣はキューバ独立の父ホセ・マルティね。

 

まぁ一番下のはベネズエラの故チャベス大統領だけど。

 

キューバとベネズエラは反米の社会主義国の盟友って感じで関係は強かったみたいだね。

 

 

さーて、

 

小腹が空いてきたところでご飯でも食べましょうか。

 

このトリニダーではちょっとした名物になっているレストランがある。

 

それがこちらのMARINっていう店。

 

まぁ普通のレストランなんだけど、

 

なぜか?日本人にはロブスターを通常の半額の6CUCで出してくれるよのね。

 

他の国でロブスターなんて食べたらいくらするのかわからん。。

 

これはここぞとばかりにロブスターを食べてみる事にしましょう!

 

 

ロブスターの前に、、

 

このトリニダーの名物なのかな?カンチャンチャラとかいうようわからん名前のお酒。

 

ラムに似たお酒にはちみつとかレモンを入れたような感じだったかな?

 

氷も入れるのでけっこうサッパリ、と言いたい所だけどけっこう濃い感じだったな。。

 

まぁ美味しかったけど。

 

 

で、しばししてロブスターが登場!

 

実際には最初にビスケットみたいのが来て、サラダが来てとコース的な感じになっていた。

 

このロブスターも頭を落としているので見た目的にはちと残念だったけど、味は申し分なかったね。

 

まぁめちゃくちゃ美味しいってほとではないけど、それなりには美味しいという。

 

店構え的にはちゃんとしたレストランなので、1人で来たのはちと寂しい感じもしたが。。笑

 

宿には他にも日本人いたのにね、まぁいいか。

 

でもここにはまた来ることになりそうかな?

 

 

そんな感じのトリニダー滞在はまだ続きますー。

 

ではまた。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:153.キューバ, 05:22
comments(0), trackbacks(0), - -
[キューバ]カマグエイ→トリニダーへ移動

こんにちは。

 

リアルタイムではパラグアイです。

 

今日は移住した日本人の方中心に盆踊り大会があるようで行ってきます。

 

日本の反対側、さらに時期も真逆の盆踊り大会。ちょっと楽しみです。

 

さーて、ブログもさっさと書いていきたいですね。(言うだけで全然書けてませんが)

 

 

 

さて、ブログではキューバ中部のカマグエイに滞在。

 

次はキューバでも人気の観光地トリニダーへと移動する。

 

例によって格安のカミオンで移動したかったんだけど、観光地としては有名だけど町としては小さいトリニダーに行くカミオンがあるのかイマイチ情報がない。

 

って事でついにツーリスト用のバス、Viasulを初めて使ってみる事に。

 

トリニダーまでは18CUC(18ドル)とまぁお高いのだけど、夜行便になるのでその分宿代が浮くのでねー。

 

その辺は臨機応変にやっております、はい。

 

 

カマグエイのターミナルは町中から4kmぐらいとちと離れた場所にあるんだけど、まぁ散歩しつつチケットを買いに行った。

 

ターミナルに到着すると、大好きなカミオンが止まっていた。

 

まぁやはりハバナ行きみたい。多分どの都市からもハバナ行きだったら簡単にカミオンは見つかりそうだね。

 

ちなみにLas TunasとかCiego de Ávilaってとこみたいな割と近距離のカミオンは鉄道駅から出てます。

 

ここの内部にあるViasulのオフィスでチケットは無事に購入。(あっさり)

 

どうやら仮予約みたいな感じで、出発の30分前だかにチェックイン?が必要らしい。

 

てかインターネットがほぼないようなキューバなので、予約のシステムとかどうやってんだろ?

 

パソコン通信みたいのがあるのか?ようわからんけど。

 

 

そしてバスも夜行便なのはいいんだけど、出発が午前の2時。。

 

それまで時間つぶせるような場所もなさそうなので、かなり待つことになりそうだな。。

 

 

 

チケットを買った後は町の中心に戻る。

 

その手段は馬車笑

 

キューバではこうして馬車がまだ現役の交通手段なのよね。

 

ちなみに乗合で5モネダ(25円)払ったかな。ハバナのバスが1モネダなので多少高い。まぁそれでも安いか笑

 

その後は前回の記事なので写真あげたけどカマグエイの町をふらふら。

 

そーいや泊まっていた民泊のカサではチェックアウト後に荷物を預かってくれなかったんだけど、全然関係ない隣の家の人が預かってくれた笑

 

このキューバのゆるい感じもけっこう好きだね。

 

 

 

ほどほどに町歩きをして夜ご飯が食べ終わったのでまだ午後7時ぐらい。

 

荷物を回収してまたのんびりターミナルへと歩いて着いたのが8時。

 

バスが午前2時なのであと6時間もある笑

 

 

が、そこは人間なんとかなるもんで、なんやかんや時間が経った笑

 

って文章で書くと一瞬だけどほんとなにしてたんだろ?特に本も持ってなかったしなー。

 

あ、ちょっと映画を見たかも?チェ・ゲバラの「28歳の革命」ってやつ。

 

もう何回も見ているんだけどね、ゲバラの様子がわかる映画の一つですね。

 

まぁ特に解説はなく淡々と進む感じの映画。多分何回か見た方がおもしろいかも。

 

 

そんなこんなで6時間待ちました。。

 

↓他にも待っている人がちらほらいたな。

 

 

で、ようやくやってきたビアスールのバス。

 

乗ってみるともう見事に観光客しか乗ってないね。

 

バスの一番後ろが丸々空いていたのでそこを陣取る。これでトリニダーまで寝転がって移動できるな。

 

まぁ夜行だけど4時間ぐらいで着いちゃうんだけどね。

 

 

ってか完全に観光客プライスのこのビアスールのバスだけど、正直そこまで綺麗でも快適でもなかったな。。

 

数日前に乗った、本来は現地人だけしか乗れない安いomnibusの方がよっぽど新しくて綺麗だったぞ?

 

まぁ観光客はこうしたチョイスしかないので仕方ないね。

 

 

で、出発して4時間後。。午前6時くらいにあっさりとトリニダーに到着した。

 

これが乗ってきたビアスールのバスね。まぁ普通の大型バスか。

 

手前で腕組んでいるのは僕の同行者です(ウソ)

 

 

トリニダーのバスターミナルから出ようとすると、そこには他のキューバの町とは違った光景が広がっていた。

 

 

それは、、、大量の客引き!

 

 

いやー、なんか東南アジアでこんな光景があったようなないような?

 

20人のくらいの客引きがわーわー声をかけてくる。

 

これは民泊、要は宿の客引きね。

 

 

以前も書いたけど、一般的なキューバ人の平均月収って50ドルとかそれ以下って話。

 

でも民泊で外国人を泊めれば一日で20ドルとかゲットできちゃうわけよね。

 

てなわけで最近は重要な収入源としてこの民泊が流行ってきているようで、観光地でもあるこのトリニダーは民泊しているカサだらけになっている。

 

さすがにカサが多くなりすぎたのか、今度はこうして客の取り合いになっているようだ。

 

 

こんな光景久しぶりだしちょっとひるんでしまうな。。

 

 

が、このトリニダーでの宿はもう決めている。

 

最近日本人に人気の通称「レオとヤミの家」

 

キューバでは珍しくドミトリー形式で泊まれるので一泊10CUCと1人身のお財布に優しい感じ。

 

あとこの家のご飯が美味しいとか、二人のホスピタリティが良いとか色々言われてるのでとりあえず来てみました。

 

 

 

 

。。。

 

 

ふむ、どうやら宿での写真などを一切撮ってなかったみたい笑

 

まぁこの宿の場所とかは調べてればすぐわかると思うのでわざわざ載せなくてもいいか。

 

 

結果的にはそれなり楽しく滞在する事ができたかな。

 

ハバナやサンティアゴで会っていた韓国人と再会して葉巻を吸っていたら、宿のレオが「本物の葉巻を吸わせてあげる」って一本1000円近い葉巻を試させてくれた。

 

普段タバコも吸わない自分だけど、良い葉巻は安物の葉巻とは違って煙もスムーズだしなんかまろやかな感じがしたな。

 

見た目的にも良いタバコの方が表面がしんなりしてて、触ってみても違いがわかったわ。

 

やはり葉巻は現地人に良し悪しを教えてもらった方がいいね。

 

 

そんなこんなのトリニダーには4泊ぐらいしたのかな?

 

その様子はまた次回からー。

 

ではまた。

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:153.キューバ, 05:47
comments(0), trackbacks(0), - -
[キューバ]カマグエイ町歩き、ゲバラ多め。

こんにちは。

 

これまたずいぶん間が空いてしましました。。

 

近況だとウユニの後、ワイナポトシ登山(6088m)をしてチェ・ゲバラ最後の地を訪れパラグアイにやってきた所です。

 

イグアスの滝も見終わったしそろそろブラジルはリオデジャネイロに向かおうかな、ってぐらいです。

 

リオはあれです、カーニバルです。楽しみ。

 

気まぐれですがまたぼちぼち更新していきますのでよろしくお願いします。

 

 

 

さて、ブログ上は、、、キューバのどこだろ?

 

 

と思ったら中部のカマグエイに着いたとこみたいですね。

 

到着した日はゆっくりと町を歩いて大体の雰囲気をつかんだかな。

 

 

ここの街並みも世界遺産になっているようで、確かにヨーロッパっぽいわりと小ぎれいな街並みかも。

 

と同時にちょっと中心地から離れると古い家々が連なっていたりとなかなか趣のある感じですなぁ。

 

 

 

翌日も適当に町歩き。

 

これと言った見所はないかもだけど、キューバだとただ町をふらふらしているだけで面白い光景に出くわすのがいいのよね。

 

 

こちらは通りがかった建物にて。

 

キューバの国旗とフィデルらが率いたゲリラ組織7月26日運動の旗「M-26-7」だ。

 

で、それを撮ろうとしたらそれに気づいたお姉さんがめっちゃポーズ決めてる笑

 

キューバのこうした感じは嫌いじゃないね笑

 

これはちょっとした広場にて。

 

名前忘れたけどここも革命広場かな?誰かしらの像が立っていた。フィデルではない。ホセマルティかな?

 

でもその下の彫刻にはフィデルやゲバラが描かれている。

 

さっきも言ったけどリアルタイムではこのゲバラが亡くなったボリビアの村に行ってきたのでちと感慨深い。

 

そんなゲバラはこのカマグエイでもあちこちで見る事ができた。

 

バイクのタンクにも。

 

あと前回も載せたけどメインの広場にある建物にもゲバラの顔が。

 

これは数年前の歩き方のキューバ編の表紙にも使われているね。

 

こちらの店内にも。

 

チェ・ゲバラが日常にもこうして浸透している。

 

町中にあったチェス倶楽部みたいな建物にもゲバラの大きな絵があった。

 

ゲバラとチェスの関係ってあんまりわからないんだけど、とりあずかっこいいからOK。

 

 

ゲバラだけでなくフィデルの写真もたまにある。

 

今後はこのフィデルの写真が増えていきそうだね。

 

まぁともかくキューバらしい光景だ。

 

 

さて、引き続き町歩きを。

 

町の中心辺りはやや華やかな感じだったけどちょっと離れるとほんとローカルな雰囲気だ。

 

こうした場所の方がリアルなキューバの感じがしていいかな。

 

 

ここですれ違う人のほとんどが手にアイスを持っていた。

 

近くにアイス屋があるのかな?なんて思ったらすぐにあった。

 

て事で自分もチョコっぽいアイスを買ってみる。これで5モネダ(25円)なので安いよね。

 

アイスが無難に美味しかったのにも驚いたけど(失礼)、コーンがやたら大きいのにも驚いた。

 

写真じゃわかりにくいけどかなり肉厚?でコーンの食べごたえもなかなか。

 

 

もうちょっと歩いていると、今度は豚の丸焼きみたいのから肉をそいでいる人が。。

 

見てみるとそれを手際よくパンに挟んでいる。

 

これも美味しそうだったので試してみる。今度も5モネダなので25円だ。

 

こうして気軽に色んな料理が試せるのは嬉しいね。

 

ちなみに味は甘味の効いた豚肉でなかなか美味しかった。

 

 

さらについでにキューバのストリートフードの定番、ピザ。

 

直径15センチほどの一人用のピザでただチーズとかハムが乗っただけのシンプルなピザなんだけど、大体焼きたてのを渡してくれるしモチモチした生地のピザでけっこう美味しいのよね。

 

これで6モネダ(30円)とか10モネダ(50円)とか。

 

キューバ滞在中は1日1回はこうしたピザを食べていたかなー。

 

こちら、雰囲気のいい教会。

 

サイドカー付きのバイク。

 

キューバでけっこう見かける光景。サイドカーの人もヘルメットかぶっていてちゃんとしている。

 

カマグエイでもクラシックカーはよく見たな。

 

そして右側にあるインドで言うリキシャみたいのもまだまだ重要な交通手段。

 

 

鉄道駅にもまた行ってみた。

 

ちょうど列車が止まっていたので乗ってみたがまぁなかなかにボロい笑

 

椅子はその辺のベンチにありそうなやつ。

 

何十年前から使われている列車なんだろう?

 

列車の車窓から。かっこいいお姉さん。

 

さらに町歩き。

 

もう見慣れてきた光景だけど、キューバのスーパーでの品揃えはこんな感じ。

 

これを直接じゃなくて、カウンターごしに店員さんに欲しい商品を言って買う感じ。

 

ここで並んでいるのは水とか油とかだな。まぁとても種類が豊富とは言えないよね。

 

外に並んでいるショーウインドウには歯ブラシとか歯磨き後が並んでいる。

 

ちょっとシュールな光景で笑える。全部キューバ製なのかな?

 

 

お、こちらの店には野球のボールがあった。

 

さすが野球の国。

 

が、かなり手作り感のあるなぁ。キューバの子供はこうしたボールで野球しているんだね。

 

ちなみに15モネダだから75円くらいか。

 

そんなキューバの子。

 

キューバは日本と比べると圧倒的に物資不足に見える。

 

が、その分物を大事に大事に使っている印象を受ける。

 

アメリカとの国交も回復して急に変わりつつあるキューバだけど、この子が大人になる頃にはまた今のキューバとは全然違った感じになるのかもね。

 

カマグエイは特に見所があるわけではないが、ただ歩いているだけで面白いのがキューバ。

 

このカマグエイもなかなか好きな町でした。

 

 

さて、このカマグエイの後はトリニダードって町へ移動します。

 

その様子はまた次回ー。
 

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:153.キューバ, 06:06
comments(0), trackbacks(0), - -