RSS | ATOM | SEARCH
[ニカラグア]古都レオンの町歩き。

思わぬ所で活火山が見れてラッキーな滞在となったグラナダ。

 

もう満足なので次のレオンまで移動しようかね。

 

 

さてレオンまでは、途中首都のマナグアを経由する。

 

 

普段なら首都も観光していくんだけど、中米の首都は治安が悪いともっぱらの噂だ。。

 

いや、実際どれくらい悪いのか行ってみないとなんとも言えないが。

 

歩き方には、マナグアのある一角が「必ず強盗に襲われる」という一角がある笑


ほんとかどうか知らないけどちょっと笑える。いや、笑えないか。

 

 

ニカラグアに限らず、中米の国で調べていると「世界一治安の悪い」「世界最恐」なんて単語がよく出てくる。

 

うーん、確かに統計的に殺人率が高かったりするのかもだけど、なんか不必要に「治安が悪い」と煽ってる文章をよく見かける気がするな。。

 

自分が今まで強盗などの被害にあった事ないから楽観的に言えるだけかもだけど、実際そこまで危ないのかね?

 

どの町でも危ない場所ってのは一部のエリアに固まっていて、そうした場所を避ければ大丈夫だと思うが。。

 

まぁ危ないのがどのエリアなのか、旅行者にはすぐわからんとかはあるけどね。

 

 

はい、なんかこの書き方だとマナグアも周る風に聞こえるけど、まぁマナグアはスルーです笑

 

マナグア自体それほど見所もなさそうだしね。。特に変なリスクを負う必要もないかなと。。笑
 

 

 

でも、グラナダからまずはマナグアへ向かうわけだが、手段には.丱▲潺縫丱かという選択肢があるが断然ミニバスが良さそう。

 

というのは、グラナダから到着するバスと、レオンへ出発するバスは違うターミナルらしく、その間を移動しなければならない。

 

でもミニバスならどちらもほぼ同じ場所のミニバスターミナルに着くらしいのよね。

 

ってことでレオンへ乗り継ぐ場合はミニバス一択ですね。

 

朝早くのミニバスに乗ったので通勤客みたいな現地人と一緒に移動。


1時間半ぐらいで着いたのかな?(35コルドバ)

 

 

そして、すぐにレオン行きのミニバス、ってかバンに乗り込んだ(54コルドバ)

 

車内は狭いがエアコンも効いているしレオンまでノンストップなのでまぁ快適。

 

2時間ぐらいで到着したかな。

 

宿は適当に見つけた「Hostal Luna Azul」ってとこで。(ドミ7ドル)

 

部屋に、ってか宿全体でも客は自分だけだった笑 快適だけどさすがに寂しい笑

 

 

さて、早速レオンの町歩き。


レオンもグラナダ同様、コロニアル風な建物が並ぶ町なんだけど、二つの町は雰囲気がちょっと違う。


以前ニカラグアが2つの政党で対立していた時、グラナダは保守的な政党の、レオンは革新的な政党の本拠地となっていたらしい。

 

もしかしたら現在のニカラグア人の気質も二つの町で違ったりするかもね。

 

 

まず向かうのはカテドラル、大聖堂だ。

 

簡素だったグラナダのカテドラルと違い、重厚な雰囲気。

 

 

パイプオルガンの鍵盤かな?

 

 

中央祭壇の像。

 

 

カテドラルの前には公園が広がり、現地の学生たちなどのたまり場になっている。

 

かき氷屋のおばちゃん。

 

多分目の前にあるこの教会みたいな建物が学校なのかな?

 

なんかイギリスにありそうな建物。

 

 

他の教会も見てみる。

 

こちらはレコレクシオン教会。

 

こちらはカルバリオ教会。

 

残念ながらどちらも内部には入れなかったので写真だけ撮って終了。。

 

 

そーいやこのレオン。。

 

なんか町のシンボルキャラがライオンなようで、あちこちにライオンの像を見かける。

 

マクドナルドもあった。


外観はやはりコロニアルというか古い建物な感じ。

 

だけど内部はかなり綺麗で最新のマックって感じ。


メニューも電光掲示板だったしね。

 

ちなみにビッグマックのセットで158コルドバ(560円)だったかな。


昨日食べた中華より高い。。のでパス笑

 

すぐ近くにあったローカル食堂で食べる。


これだと60コルドバ(215円)と安くていいね。

 

 

あとは適当に町をふらふら。

 

基本的にこんな感じのオレンジ色の屋根の古くからある町並みが続く。

 

お、これは。。。

 

わからないけど多分銃弾の痕。

 

かつての内戦時からある建物なのだろうか。

 

町中には、内戦時かなんかのかなりデカい壁画がある。

 

軍人が一般人を殺したり痛めつけているような絵だ。

 

過去にこういう事があったのだろうが、あまり良い光景の絵とは言えない。。

 

もっとハッピーな壁画にした方がいいと思うけど?というのは観光客の買ってな発想で、現地人にしたら重要な絵なのかも。

 

 

このニカラグアは1979年から89年までの10年間内線をやっていた国だ。

 

全然知らなかったが、自分が子供の頃にはまだ内戦の真っ只中だったみたいだね。。

 

内戦が終わってもう30年以上経ったが、まだまだ当時の余韻が残っていたりするのだろうか?

 

訪れた国の事はなるべく多く知ろうと思ってwiki先生なんかでよく調べるんだけど、もっと色々見てみたいね。

 

 

 

さて、こちらはマーケット。

 

ローカル感全開でかなり活気がある。

 

ちょうどセビッチェ、魚介のマリネみたいのを売っている人がいたので買ってみた。

 

セビッチェはペルーが本場なのかな?

 

でも中南米全般で見られるのかもね。

 

貝類とトマトなどを使ったサルサソースって感じの味だったけどなかなか美味しかった。

 

 

まぁ簡単にだけどこんな感じでレオンの町も満足かな。

 

ちなみにこの近くにも火山があるようでそこは火口は見られないようだが、火山の砂でサンドボードって言うのかな?まぁソリみたいので滑り下りたりできるみたいだね。


まぁそういうアクティビティはそんなに興味ないのでスルーで。

 

 

 

これでニカラグアもとりあえずは満足かな。

 

ニカラグアって本当は国自体はけっこう大きいのよね。

 

カリブ海側の町とか、そこに浮かぶコーン諸島なんかも興味はあるが今回は時間がないのでパスで。

 

 

さて、次の国はお隣ホンジュラス。

 

なんだけど、ホンジュラスはそのままスルーしてさらにエルサルバドルへと移動します。
(ホンジュラスはまた後で行くけど)

 

頑張って一気に移動ですー。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:147.ニカラグア, 09:56
comments(0), trackbacks(0), - -
[ニカラグア]なかなかの迫力!マサヤの活火山!

ニカラグアでも随一の観光地であるグラナダ。

 

観光客も多いが、それを相手にした旅行会社も多い。


ふらふら町歩きしていると、いくつもの旅行会社を目にすることになる。

 


旅行会社の前に貼ってあった、一枚の写真にふと目が行いった。

 

火山の写真だ。 それも活火山

 

 

このニカラグアだけでなく、中米は火山が多いってのは知っていた。

 

オメテペ島も火山でできた島だしね。

 

いくつかの山はハイキングみたいな感じで登れるのは知っていたけど、こんな活火山もあるんだ?

 


旅行会社で聞いてみると、写真の火山は「マサヤ火山」

 

なんとここから20kmほどとえらい近い。

 

こんな火山があったのね。

 

 

「マサヤ」って聞くと、X JAPANのTOSHIを洗脳したやつが真っ先に思い浮かぶけど、

 

ニカラグアのマサヤはグラナダみたいにコロニアルな町並みが広がるらしい。

 


「この写真みたいにマグマが見れるの?」

 

「見られるわよ!最近は活動も活発なの」

 

「まじかー」

 


いや、こんな感じで本当に活火山が見られるなら是非みたい。

 

聞くとツアー代も17ドルと安いし、これは試しに行ってみる価値はありそう!

 

って事でツアーを申し込んだ。

 

 

出発は午後5時。

 

夜の火山を見るというツアーだね。

 


旅行会社に集合し、車に乗り込みいざマサヤ火山へ。

 

30分足らずで到着したのだが、道中にはすでにそのマサヤ火山が見えた。


標高は300mちょいと高くはないみたい。

 

写真真ん中に雲がかかっているように見えるが、これは火山から出た噴煙である。

 

ってか町から近すぎるけど大丈夫なのか? 噴火とかしないの?笑

 


午後5時半ぐらいに現地に到着。

 

ちゃんと管理された公園のようだね。

 

ここで分かったが、夜の火山を見に行くには1人10ドルの入場料がかかるらしい。

 

ツアー代として17ドル払っているので、実質交通費が7ドルってことか。。まぁ悪くはないね。

 

ここでちょっと待たされたが、車ごとゲートを進み中へ。

 

そして火口までは車でそのまま行けるというなんともお手軽な火山のようだ。

 

この時間には空も暗くなってきているので期待が高まる。

 


もうそろそろ火口へ!

 

 

ってところでまた待たされた。なかなか焦らしてきますね。。


どうやら1度に行けるのは車10台だけとか制限をつけているみたいだね。

 

ここに入るときに注意事項が見えたが、火口には5分以上滞在しないでとなっていた。。

 

噴煙とかガスを長時間吸わないようにってことみたい。

 

ってのもあり、客も入れ替え制で管理しているみたいだね。

 

 


待っている間に見えた火山。空が赤くなってるよ。。

 

 

こりゃあテンションも上がってきますわ。。

 

 

そしてついに自分達の車もようやく火口へと向かう。

 


そしてやってきた火口。

 

おおおお! めっちゃ赤いぞ!!

 

 

 

 

そして、、、

 

 

 

これがマサヤ火山!!!

 

 

 

 

おおおぉぉぉーーー!!!

 

まさに火山!!!

 

 

すげー!

 


火口の中心には、ドロドロになっているマグマが見える。


しかも時々はじけるように飛び散っている。

 

 

これはすごい!

 

 

 

これは動画の方がわかりやすいかな。

 

こんな感じになります。

(もし画質が悪かったら画質をHDに変更して見てみてください)

 

 

なかなか立派な火山ですよね?

 

 

いや、ほんとこんなお手軽に見れる活火山がニカラグアにあるとは知らなかった。

 

写真ではわかりにくいんだけど、実際にはこの火口はかなり下の方に位置していて、それを見下ろすような形だ。

 

そこそこ距離はあるので熱さなどは全然感じない。

 

一応ガスというか硫黄みたいな臭いはちょっとするかな。

 

 

注意事項では「滞在は5分ね」ってなっていたけど、実際には20分ほどここにいたかな。


いや、ほんと今日の昼間までこんな火山があるとは知らなかったし、思わぬビッグイベントになってかなりテンション上がったわ。


火山はエチオピアでド迫力の火山(火口のふちまで行ける)を見てから、ずっと機会があったらまたどこかで見たいと思っていたのよね。

 

 

 

思いかけずこんなところで見られるとは。。


まぁお手軽に見られる分、エチオピアほどの感動はないけどそれでも十分だね。


たくさんいた欧米人の観光客達も「Oh,fuck....」みたいな感じで絶句してたし笑

 

ニカラグアを訪れる旅行者はほぼ全員このグラナダに来ると思うので、是非この火山にも行ってみてくださいー!

 

かなりオススメです。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:147.ニカラグア, 09:48
comments(0), trackbacks(0), - -
[ニカラグア]コロニアルな観光地グラナダへ

スクーターで一周したオメテペ島はもう満足。

 

次の目的地、ニカラグアでも随一の観光地グラナダへと向かおうかね。

 

 

朝6時発のフェリーに乗り込んで島を離れる。(50コルドバ)

 

カメ待ち時代の早起きの習慣が体に染みついちゃってて、朝5時くらいには勝手に起きるのよね。。

 

まぁこうした移動に関しては早起きでいいんだけど、昼寝の習慣も残ってるからか昼間はかなり眠いのが辛い。。

 

 

陸のサンホルヘに着くと、港にリバス行きのバスが待機してたのに自分がバスに歩いている間にバスは走り去ってしまった。。

 

他にも乗れ損ねた乗客多数。。

 

フェリーの客を乗せるためにここにバスが来てるんじゃないの??

 

もうちょっと待ってくれれば良いのに。。

 

仕方なくシェアタクシーでリバスのターミナルまで移動(20コルドバ) まぁ値段は大差なさそうだしいいけど。

 

 

リバスからコルドバまでの直通バスが出ている(31コルドバ)

 

例によってチキンバス。

 

すぐに出発したし、まだ朝早いからかガラガラで快適に移動。

 

途中、見かけたこんな看板。

 

どうやらここの橋は日本の援助で作られたようだね。

 

にしても看板がでかくてアピールがすごい笑

 

 

さて、バスは順調に走ってグラナダの宿に着いた時点でまだ朝の10時ほど。

 

これで1日有効に使えるね。

 

と思ったけどやっぱり眠いのでちと昼寝。。

 

結局12時くらいになって目が覚める。

 

まだまだ眠いし体も重たいが、頑張って体を起こして外に出るか。

 

 

あ、そーいや昨日スクーターを乗り回した結果、今日は背筋がめちゃくちゃ筋肉痛になったのよね。。

 

未舗装道で体支えるために背筋を使ったんだろうね。バックパック背負うのがけっこう辛かった。。

 

 

最初に向かったのはこちらのメルセー教会

 

教会自体、かなり歴史を感じさせるような古い作りだ。

 

内部にあるステンドグラスもなかなかオシャレ。

 

 

この目の前にある塔には1ドルで登る事ができるので行ってみた。

 

 

塔の上からはグラナダの町が一望できる。

 

なかなかにカッコいい光景。

 

ここだけ見るとヨーロッパみたいだね。

 

 

こうしてオレンジ屋根の、コロニアル風の建物がずらーっと並ぶグラナダの町。

 

近代的な建物がちっとも見当たらないが、それだけ古い建物が残ったままだしこれはけっこう良い町かも。

 

世界遺産になってても不思議じゃないんだけど違うみたいだね。

 

てかパナマの廃墟だらけの旧市街が世界遺産でこっちは違うっておかしいだろ。。

 

まぁここも近々世界遺産になる予感がするけどね。

 

 

次に向かうのはこの町の中心になっているカテドラル

 

ペンキが塗り替えられたからか、全体的に新しく見えるね。

 

 

内部はけっこう簡素な作り。

 

さらに、ちょうど進行中で天井に絵を描いている所だった。

 

 

 

カテドラルの前は公園になっていて、多くの観光客やローカルの人が集まる雰囲気の良い場所だ。

 

 

こうして観光客用の馬車もたくさん並んでいる。

 

まぁグラナダはちょっとツーリスティックすぎる感じもあるかな。

 

町中も古い建物が並んでいるのだが、どれも壁は綺麗に塗られているのでオシャレな感じではあるね。

 

 

こうしたエリアは観光客だらけだったが、ローカルが集まる市場ら辺はけっこう活気がある。

 

 

かなりごちゃごちゃしてて、最初は警戒したが特に危険な感じはしなさそう。

 

ニカラグアの中でも、このグラナダは特に治安が良いと言われてるようだしね。

 

 

綺麗に塗り替えられた観光地よりも、こうしてローカルの集まる市場の方がその国のリアルな生活が垣間見られるので良いよね。

 

市場ではバナナとかアイス買って食べながらふらついた。

 

 

その後ちょっと見かけた別の教会。サンフランシスコ修道院との事。

 

 

 

小さい町なので町歩きはけっこうすぐに満足してしまった。

 

 

でも、この町では楽しみにしてた事がある。

 

それが中華料理!

 

歩き方に中華料理屋が載っていたのよねー。

 

いざ突撃。

 

 

メニューを見ると、まぁさすがにローカル料理よりは高いが豆腐を使った料理ならまだ安い。

 

って事で、マーボー豆腐的な料理を注文。

 

あとコーラとビールの値段がほぼ一緒だったのでビールでも飲む。

 

全部で145コルドバ550円くらいとまぁ安い。コスタリカでは毎回6ドルぐらい食事に払ってたからな(3ドル以下のもあったけど)。

 

久しぶりに食べるマーボー豆腐はたまらなく美味い!

 

味付けがねぇ、醤なのよ、ジャンです。

 

これは豆板醤とかなんちゃらジャンを使っている味。

 

こういう深みのある味はこっちのローカル料理の味付けにはないわ。

 

いやーこれは素晴らしい!

 

 

 

夜もまた来ちゃおうかなー?

 

なんて思ったけど、その後町をふらふらしていたら旅行会社が目に止まった。

 

表には催行しているツアーの写真なんかが貼ってあるのだが、その中に火山の写真がある。。?

 

 

この中米には火山がたくさんあるのは知っていた。

 

朝までいたオメテペ島の山だって火山だしね。

 

でもマグマが見られるような活火山があるとは知らなかった。

 

こんな火山があるなら是非見てみたい。。

 

ちょっと話を聞いてみたら、このグラナダからほんの20kmそこそこにあるマサヤ火山ではこうしてマグマが見られる火山らしい。。

 

 

全然知らなかったけどこれは行くしかない!

 

 

って事で次回はその火山の話です!

 

こんなお手軽に行ける活火山もあったのね。。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:147.ニカラグア, 07:56
comments(0), trackbacks(0), - -
チキチキ!オメテペ島一周ツーリング

タイトルに「チキチキ!」って入れてみました。。なんとなく笑

 

これってたまに聞くけど正確な意味ってわかってない。なんか対決の時に使うよね。

 

ダウンタウンの番組でもよく聞くかもだけど、自分はこれは完全に「ゲーム王国」のイメージ。

 

 

かつて「ゲーム王国」って番組があったの知ってますかね?もう20年くらい前だけど笑

 

なんかえらいマイナーなゲームばかりを紹介するなんとも微妙な番組だったけど、その番組の一つのコーナーで

 

「チキチキ!ゲームバトル〜!」

 

っていうコーナーがあったのよね。。

 

これまたマイナーなゲームを使って対戦するという。。

 

ほんと今思うとなんで見てたんだろう?ってレベルの番組だったかも笑

 

 

まぁいいんだけど、その「チキチキ!」っていうのが今も強く覚えているわけで。。たまにネタ的に使ったりしてます。

 

ちなみにもう一つ、「見せます!禁断の秘技!」というゲームの裏技を紹介するコーナーも必見(?)でしたね。。懐かしい。

 

 

まぁどうでもよかったですね笑

 

 

さて、オメテペ島2日目。

 

今日はスクーターを借りて島を一周してみることに。

 

 

元々は自転車で主な見所だけ行けばよいかなと思ってたんだけど、昨日宿を教えてくれた兄ちゃんの店(Hotel Nahuatlの北の角にある)だと

 

自転車が1日5ドル、スクーターが1日10ドルだったのよね。

 

 

この値段差だったら自転車よりもスクーターで島一周した方が面白そうだしね。

 

スクーターは125cc。

 

オーストラリアではずっと90ccのに乗っていたので今回のやつの方が車体が重いな。

 

まぁ安全運転で行きましょう。

 

 

島はモヨガルパを出発して、時計回りに一周するか。

 

主な見所は真ん中ら辺に集中しているが、帰りに寄る感じでいいかな。

 

出発地点は島北西部の、地図が拡大されている部分。

 

まずモヨガルパを出発して北へと向かう。

 

とりあえず舗装道路、ってかレンガを敷き詰めた道だけど、綺麗に整っているので走りやすくて快適だ。

 

 

そしてすぐにコンセプション火山の登山道の入り口に当たった。

 

コンセプション火山は富士山のようにキレイな形の山だよね。

 

この山を登るツアーも人気なようだけど、火山の火口が見れるわけでもないし自分はパスかな。

 

 

それより気になったのがこちらの看板。

 

どうやら火山が噴火した時の避難経路の案内のようだ。

 

海沿いの町でよく津波に関する看板は見るけど、こうした火山のを見るのは初めてかも?

 

 

さぁ先に進みましょう。

 

ちょっと進むと、早くも舗装道路は終わり未舗装になってしまった。。

 

ただの未舗装ではなく、子供のこぶしぐらいのサイズの石がごろごろしているような道で、スクーターとは言えかなりきつい。。

 

ゆっくり慎重に走らないと転びかねないぞ。。

 

そしてこんな所で転んだら大ダメージは必至だ。。

 

以前スクーターで転んだ時、大したスピードでもないのにそこそこのケガをしたからね。

 

ここで転んだらけっこうやばそうだ。。

 

 

今回は借り物のスクーターだし、絶対に転べない戦いである。

 

ほんと石だらけでガタガタの所では地面に足をつきながら進んだが、サンダルできたのは失敗だった。

 

サンダルだと結局滑るし、しかも石に足をぶつけてけっこう痛かったりもする。。

 

これは靴でくるべきだったな。ちょっとなめてました。

 

まぁ気を付けるしかないね。

 

 

しばらく進むと、コンセプション火山の見晴らしが良い場所にでた。

 

雲がかかってない時の山はなかなかにかっこいいね。

 

ちなみに標高は1600mほどらしい。

 

 

再度スクーターを走らせる。

 

せっかく景色が良いんだけど、やはり道の状況を見ながら進むのに精いっぱいでとても景色を楽しむ余裕はない。。

 

 

まぁそれでもこうした牛や馬に何回もすれ違い、素朴な田舎らしさを感じられたのでいいけどね。

 

多分すれ違ったのはバイクよりも馬の方が多い笑

 

まだまだ馬などが乗り物として活躍しているオメテペ島です。

 

 

出発して1時間弱で北部のAltagraciaって町に到着。

 

モヨガルパよりもこちらの町の方が大きいってガイドブックには書いてあるけど、まぁそれでも小さい村みたいな町である。

 

 

この教会はなんか南国チックで良いね。

 

こちらは映画館ならぬ映画屋かな。

 

中を覗いてみたらテレビがあって、その前にイスが並んでいる。

 

田舎の島ではあるが、今ってどこの家庭でもテレビってありそうだし未だに商売としてやっていけるのかな?

 

 

 

この町から南部へと向かう道は再び舗装道路になったので助かった。

 

舗装道だと断然スピードも出るしこける心配もほぼないしね。

 

ほどなくしておそらく一番の見どころの「OJO DE AGUA」という場所に到着。

 

なんか綺麗な池があるらしいのだが、この時はどんよりした空模様だったのでとりあえず後回しにして先に南側を一周するか。

 

 

そのままスルーして南下すると、オメテペ島で一番人気のサントドミンゴというビーチに到着した。

 

ここからは、南側にあるマデラス火山と

 

北側にあるコンセプション火山の両方を見晴らす事ができる。

 

まぁちょっと雲で隠れてきちゃったが。

 

ビーチとはなっているけど、泳いでいる人は誰もいなかった。

 

なんか湖の水も正直綺麗じゃないしね。

 

ガイドブックには「40トンの水銀性の物質が流されたようでくれぐれも泳がないように」なんて書いてあるしな。。

 

 

ここを出発して島の南半分のエリアへと突入。

 

今度も未舗装道が続く。。座ってても振動がすごいので、お尻もハンドルを支えている手もけっこう痛くなってきた。。

 

 

ちょっと行くとマデラス山が見晴らせた。

 

こちらの方がコンセプション火山のよりも低いようだね。

 

まぁのどかでなかなかに気持ちは良いね。

 

唐突に道の真ん中に馬が現れる。。田舎らしい光景。

 

 

そーいや見かける島人なんかはみんな「オラ〜」と声をかけてくれるので走っていてもなかなかに楽しい。

 

まぁこちらは運転に必死なのであまり余裕はないんだけど、子供達とも何回も挨拶したな。

 

せっかくだしだと思って1回だけスクーターを止めて写真を撮らせてもらった。

 

素朴な良い子達でした。

 

 

さて、出発して3時間ぐらいで、ようやく島の最南端ぐらいまでやってこれた。

 

いやーほんと未舗装道走るのは疲れるわ。

 

でもこの辺りでは石も小さくなり、こちらも慣れてきたからか最初の頃よりはずいぶん楽になってきたけど。

 

 

これは南西側にある村。

 

雰囲気が良いのでコーラでも買ってしばし休憩。

 

そしてスクーターでまた走りだす。

 

結局南側はほぼ未舗装道だったな。。村も小さいのしかなかったし島のメインはやはり北側みたいね。

 

南側を無事に一周してまたさっきのサントドミンゴのビーチに戻ってきた。

 

ここまで来ると、もう最後のモヨガルパまではずっと舗装道らしいのでとりあえずは一安心だ。

 

 

先ほどスルーした「OJO DE AGUA(オホデアグア)」に行ってみる。(入場料3ドル)

 

 

周りを汚い水で囲まれたオメテペ島だけど、ここは湧き水が出るのかかなり綺麗な水だ。

 

まぁすっかり整備もされていてプールみたいにも見えるのはちと残念だけど。

 

 

 

せっかくだし自分も泳いでみた。

 

確かに水は綺麗だし気持ち良いかな。

でも泳ぐのってやっぱり疲れるよね。。ここで一気に体力を使ってしまって眠くなってきた。。

 

まぁ後は2か所観光地に寄るって感じだし大丈夫かな。

 

 

木の上には猿もいた。

 

自然溢れる感じで雰囲気は良いね。

 

 

ここを後にして、次は「CHARCO VERDE」とかいう緑の池がある場所へ。

 

入場料5ドルを払い、まずはバタフライガーデンへ連れていかれた。

 

なんかたくさんの蝶々がいるんだけど、けっこうデカイしちょっと気持ち悪いかも。。笑

 

この写真の奴も、青とかもっと綺麗な色だったらいいんだけど、地味で蛾とあんまり変わらないしね。。

 

そこら中に飛びまくってるので、近づいてくると「うわっ!」ってなる。。笑

 

蝶も小さい方がかわいいね。。

 

 

その後は肝心の緑の池へ。

 

が、正直ただの汚い池にしか見えない。。

 

ここはお金払ってまでくる所ではなかったな。。

 

 

そして最後はモヨガルパまであと数キロの地点にある「Punta Jesus Maria」っていう場所へ。

 

ここは夕日を見るスポットとして人気だそう。

 

自分が来たときはまだ4時くらいで夕日には早かったけど、もうけっこう疲れてるし夕日までの後1時間は待たず。

 

 

ここは、何故か細長く半島のようにビーチが続いている。

 

先の方は方はこんな感じ。

 

なかなか不思議な感じでいいね。

 

 

そして振り返ってみるとこんな景色になる。

 

 

おー! なんかモーセが海を割って歩いた感じに見えなくもない。

 

そして正面には雲がかかっちゃっているがコンセプション火山が見える。

 

これはなかなかの絶景。

 

一番最後に訪れたここが今日一番のスポットになったかな。

 

 

これは良いもん見れた気がする。

 

 

↓こちらは再び夕日側。

 

 

 

こんな感じでオメテペ島一周も無事に事故もなく帰ってこれた。

 

時間は午後5時。朝9時に出発したのでなんやかんや8時間も経ったのか。。

 

スクーターで座っているだけとは言え、道中の未舗装道でかなり神経すり減らしたし疲れたね。

(翌日は背筋がめちゃくちゃ筋肉痛になった。。姿勢支えるので力使ったようね)

 

使ったガソリンは4ℓぐらいで130コルドバ、450円くらいか。

 

スクーターのレンタル代と合わせて1500円で一日遊べたので安いもんだね。

 

 

ちなみにオホデアグアと夕日スポットにいくだけなら自転車でも十分かな。

 

まぁそれでも往復50kmほどあるのでそこそこ疲れるだろうけど。

 

 

なんやかんや「島を一周」ってのは達成感みたいのもあってかなり満足できたかな。

 

なので個人的にはスクーターがオススメ。

 

 

 

さて、オメテペ島はこれでもう満足!

 

明日は島を出てニカラグア随一の観光地、グラナダへ向かいます。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:147.ニカラグア, 07:56
comments(0), trackbacks(0), - -
ニカラグア湖に浮かぶオメテペ島へ。

サンファンデルスールももう満足したので次の場所へ移動だな。

 

向かうのはオメテペ島という、ニカラグア湖に浮かんでいるひょうたん島みたいな形の島だ。

 

 

サンファンデルスールからはバスでまずリバスへ1時間ほど(30コルドバ)

 

リバスからはサンホルヘという隣町のフェリー乗り場までシェアタクシーで15分(25コルドバ)

 

そしてフェリーで1時間ちょいでオメテペ島へと着く(45コルドバ、1時間に1本ほどあるが船の種類によって値段が違う)

 


最初に乗ったバスは、通称チキンバスというローカルバス。

 

アメリカのスクールバスを使ったなので、座席なんかはちょっと狭いけど棚にバックパックを上げられるのでむしろ便利なバスだね。

 

隣に座っていた子供。

 

子供はやっぱり可愛いね。まぁでも人の写真って前に比べるとずいぶん撮らなくなったな。。

 

 

リバスのバスターミナルはマーケットのど真ん中でサンファンデルスールと違いかなり活気がある。

 

名前は知らないけどインドで見るような自転車型のリキシャがそこら中を走っている。

 

乗った船はこんな感じ。

 

いまだに船だとけっこう乗り物酔いするのよね。

 

でも今回は湖なので波もほぼなくて1時間の船旅もあっという間に終了。

 

 

こちらがオメテペ島。

 

雲がかかってて見えないけど、左側と右側に富士山のような形の山が見える。

 

この島も、この火山によって作られた島みたいだね。

 

 

 

到着した所に、このオメテペ島のジオラマがあった。

 

なんかこういうジオラマ系って良いよね。わかりやすいし。

 

オメテペ島は地図で見るとこんな感じらしい。

 

到着したのはモヨガルパという、島の西側に当たる場所だ。

 

島は周囲100kmほどと、湖にある島にしては大きいんじゃないかな。

 

明日はスクーターを借りてこの島を一周してみようかなと。

 

船で港に着くとたくさんの客引きがいた。

 

とりあえず目星をつけていた宿に自分で行ってみたが、欧米人に人気なのかたくさんの客がいる。。

 

こういう宿はけっこう苦手だったりする。。単純に他に客がいない方が自分は快適に過ごせるし好きだ。

 

この宿から出るとまた客引きに声をかけられたのでついて行ってみると、ドミだけど他に客は誰も来なさそうな宿に連れてってくれた。

 

快適そうなのでここに決定。

 

「HOTEL NAHUATL」、ドミ7ドル。

 

 

そして客引きの兄ちゃんは実は自転車とかバイクのレンタル屋の人だったみたいで、明日はそこで借りてあげるかな。

 

 


一息ついてとりあえずご飯を食べる。

 

肉にご飯やサラダがついたセットの料理で250円とかそんなもん。

 

コスタリカに比べるとずいぶん物価が下がったようで助かるね。

 

 

ご飯を食べたら異様に眠くなってきたので一旦宿に帰って昼寝。

 

カメを見ている時に毎日早起きして昼寝してって習慣がついたからかかなり眠かった。

 

 

起きたらすでに午後の4時くらい。

 

まぁ今日はこのモヨガルパをふらふらするぐらいだし、町もかなり小さいので時間はあるんだけどね。


とりあえず眠気覚ましにコーヒーでも飲む。

 

コーヒー飲むのも久しぶりだなー。

 

別にコーヒーって味自体は別に好きではないんだけど(お腹下すし)、なんか一服してる感があるよね。

 

自分、休憩してますみたいな。

 

その心地よさのためにコーヒーを飲むって感じかな。タバコ吸う人の心理もそんな感じかね?

 

 

その後は周囲を散策。

 

野放しになっている馬が町中を歩いていたりとなかなかに自由な光景笑


お、ちょっとした広場に行ってみたら野球をやっている。

 

このニカラグアも野球が盛んな国なんだね。

 

だが、見てると普通の野球とはちょっと違う。。

 

いやルールとかは一緒なんだろうけど、気になったのは投手側。

 

普通ピッチャーはボールを「打たれない」ように投げるもんだけど、この草野球の場合はむしろ「打ちやすい」ようにふんわり投げていた。

 

なんならキャッチャーがピッチャーに返球する方が玉が速い笑

 

バッターはそんな感じで投げられた玉を打つってのが大前提の野球。

 

”攻撃側” 対 ”守備側”ではなく、”攻撃側” 対 ”攻撃側”っていうホームラン競争のような戦い方だ。

 

とりあえず三振とかなさそうだし、やってる方がこういう方が楽しいのかもね?

 

 

あ、そーいや今年は日ハムが優勝したみたいね。

 

一応地元なので嬉しいね。

 

にしても大谷がすごすぎるよね。。ピッチャーとしてもバッターとしてもすごいという、もはやマンガ並みのキャラ。

 

やっぱりそのうちメジャーにいっちゃうのかな?

 

 

 

さて、その後は夕日タイム。

 

このモヨガルパも西側に面した町なのでキレイな夕日を見る事ができた。

 

写真だとわからんけど、このシルエットのフェリーはチェ・ゲバラ号笑

 

チェ・ゲバラはほんと中南米だとどこでも人気なのかもね。早くキューバにも行きたいわ。。

 

まん丸な太陽。

 

 

 

かなり簡単に書いたけど、まぁ移動日だしこんなもんか。

 

明日はこの島をスクーターで一周してみる事に。

 

一周で100kmほどあるのでなかなか充実しそう。

 

まぁ楽しみですな。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:147.ニカラグア, 09:15
comments(0), trackbacks(0), - -
[ニカラグア]サンファンデルスールでマグロを狙う

ニカラグアに入国し、最初の町サンファンデルスールに到着。

 

 

まずは予約サイトで目星を付けていた宿に行ってみたが、ドミ部屋は狭いわ暗いわ汚いわ混んでるわで一瞬で却下。。

 

すぐ近くにあった「RANA'S HOUSE HOTSTAL」ってのを覗いてみると、

 

さっきの宿とは正反対で広い部屋に2段じゃなくてシングルのベッドが並び、しかも客は自分だけという最高の部屋にあたった。

 

 

誰がどう見てもこっちの宿の方が快適だけど客がいないとは。。

 

予約サイトに載ってない宿の方が客が少なくて良さそうだね。

 

しばらくは予約サイトは避けて宿選びしようかね。

 

 

さて、これで一息つける。

 

マイルールってほどでもないけど、到着後はまずコーラを飲むのが定番となっている。

 

まぁコーラ自体は毎日飲んでるけど。

 

でも今日はニカラグア入国時にコーラを飲んだので、久しぶりにチョコを買ってみた

 

チョコ好きなんだけど旅中ってあんまり買わない。

 

なんか物価と比較してチョコって割高な事が多いのよね。

 

と言ってもせいぜい200円とかそんなんだけど、お菓子に200円出すのって抵抗ある。。

 

 

いや、ほんと自分でもなにしてんだろ?ってたまに思うぐらい節約ってかセコさが抜けない。。

 

旅の期限もなんとなく決まってるしそれまでの予算も十分あるので(多分)、頑張って節約する必要もないんだけどね。。

 

好きなものをいつでも食べれるぐらいの金銭的余裕と精神的余裕は欲しいところですね。

 

そのためにも旅が終わったらちゃんと働いて稼ぐ所存であります。多分笑

 

今回はコスタリカでの節約生活のご褒美に買ったが、まぁ普段からももっとチョコ食べても大丈夫そうだな。

 

 

 

えーと、どうでもいい話が長いですね笑

 

サンファンデルスールの話ね。

 

この町は太平洋側のビーチがある小さい町だ。

 

 

町中にはサーフィンのショップやタトゥーの店、バーなどが多く欧米人の観光客が多そうな雰囲気。

 

まぁ自分とはあまり縁のない店ばかりだな。。

 

でも、ビーチと夕日が見れればそれだけで満足である。

 

ビーチ沿いにはオシャレなレストランも並んでいる。

 

オスティオナルで毎日夕日は見ていたが、違う場所で見る夕日はまた別物に素晴らしいね。

 

特に今日は雲もなくちゃんと夕日が見れている。

 

今日はオスティオナルでもこんな感じで見れてるのかな?

 

 

 

 

 

さて、日も沈んだし夕食の時間だね。

 

実はもう今日の狙いはつけてある。

 

 

他のブロガーさんの記事で、このサンファンデルスールでマグロを買ったという話を見てたのよね。

 

実はこれを期待してこの町に来たってのもある。

 

 

つまりマグロの刺身狙い! これ一本である。

 

 

町外れにある魚市場(4軒しかないが)に行って、マグロがあるか聞いてみた。

 

 

 

が、残念ながら答えはNO。。。 まじか。

 

 

 

と思ったら、その近くにも魚屋があった。

 

 

こっちでも聞いてみたら「あるよ」と素晴らしい答えが!

 

 

店の中にあるクーラーボックスから出てきたのは1kgほどのマグロの切り身。

 

 

だが、なんか色が白い。。ビンチョウマグロ的なやつか?

 

 

正直、身がボロボロで全く新鮮には見えない。。これ刺身で食べれるのかね?

 

「これ、、、新鮮なの?」

 

「もちろん新鮮だよ!」

 

まぁそう言うよね。。 「いや、もう新鮮ではないかな」なんて答えが返ってくるはずもない。。

 

 

ふむ、悩ましいところだがとりあえず買ってみるか。

 

値段は250グラムで100円ちょいと安いしね。

 

 

宿に戻り、改めてマグロとご対面。

 

ちょっと臭いをかいでみると、、ふむ、なかなかに生臭い笑 大丈夫かこれ?笑

 

 

まぁとりあえず切ってみるか。。

 

ナイフの切れ味が悪いのとスジが多いのもあって、スジから肉をそぎ取るような形で切っていく。。

 

 

こちらが切った状態になります。 見た目からしてまずそうだが。。笑

 

改めてにおいをかいでみる。。

 

やはり臭い笑

 

いやーこれは刺身は厳しいかも。。

 

 

試しに、小さいマグロ片を食べてみる。。

 

 

おわっ!臭っ! ペッペッ!

 

 

こ、これは。。。

 

 

いや、刺身がcanかcannotかは別として、普通に味的にも厳しい。。笑

 

 

我ながらいつも「まーなんとかなるででしょ?」って楽観的な性格ではあるけど、さすがに今回は無理かな。。

 

 

って事で、冒険はせずに焼きました(食べるは食べる)

 

見た目はあんま変わらないが。。

 

ただこれに醤油と、宿の人がくれたライムを絞って食べたけど、今回はちゃんと美味しかった笑

 

焼いたとは言え魚食べたのも久しぶりだったかも。

 

でもやはり刺身で食べたかったけどね。。

 

魚市場に朝行けばもしかしたらあるかもね。まぁタイミング次第ですが。。

 

 

火を通したからか、翌日も特にお腹も壊さずに済んだ。

 

まぁ今回はこれで良いでしょう。

 

 

 

翌朝もちょろっと町を散策。

 

やはり海があるだけでその町の雰囲気がは好きだね。

 

ちなみに、右側に見えている丘の上にはリオデジャネイロっぽくキリストの像が立っている。

 

 

ビーチを歩いていると、ローカルのおっちゃん達に絡まれる。

 

お酒飲んでるのか知らんけど、みんなテンションが高い笑

 

こちらが日本人だとわかるとすごくフレンドリーに接してくれた。

 

 

って言うのも、この町の漁港かなんかは日本の援助で作られたみたい。

 

確かに昨日魚市場の近くでそんな建物を見たな。

 

カリブの諸国もだけど、パナマといいこのニカラグアなどの中米の魚市場も日本の援助が大きく入っているのかもね。

 

 

自分はそれになんの貢献もしてはいないが、こうして日本人てだけで良く接してくれるのは嬉しいもんだよね。

 

 

 

町歩きとしてはビーチに行くぐらいしかやる事はない。。

 

欧米人の旅行者はたくさん見るけどみんな何してんだろ?

 

サーフィンとか、魚釣りのツアーなどがあるらしいのでそういうのに参加してるのかな?

 

↓町の中心地 これでも笑

 

 

まぁ自分はこの町はこれぐらいで満足かな。

 

さぁサクサク進みますよー。

 

次はニカラグア湖に浮かぶ島、オメテペ島へとむかいます。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:147.ニカラグア, 12:35
comments(0), trackbacks(0), - -