RSS | ATOM | SEARCH
[ブラジル]弓場農場での1日流れはこんな感じ。

こんにちは。

 

今いるボリビアはご飯があまり美味しくないって話だけど、安いしバリエーションも多くて外食が楽しめるのでけっこう好きです。

 

ただ白米と謎のでかいコーンは確かに美味しくないけど。おかず系は基本的には美味しいかなー。

 

 

 

さて、ブログはブラジルは弓場農場についてですね!

 

弓場に関しては前回も書いたけど、より詳しく知りたい場合はホームページでどうぞ↓

 

弓場農場

 

 

さて、今回は自分が滞在した様子を時系列で紹介してみます。

 

 

 

6:00 朝食

 

「ブオォ〜〜!」という角笛の音がまだ暗い弓場全体に響き渡る。

 

と、同時に「ワオォーン!」と犬達が共鳴するように吠え出す。これは目覚まし不要w

 

これが弓場の朝、そして朝食の合図だ。

 

食堂で席に着き、弓場の年配の方がおもむろに「主の祈り」と言って朝のお祈りが始まる。

 

「天にまします我らが父よ 願わくは御名をあがめさせたまえ」という文言を唱える。

 

まぁ自分は聞いているだけだけど。 ってか日本語なんだけど言葉が難しいね。。天にまします?

 

これって今調べたけどキリスト教の基本的な祈祷文のようですな。

 

さて、そしてお祈りが終わると朝食だ。

 

朝は白米でもパンでも好きなものが食べられるが、昼や夜に比べると簡単なもの。

 

自分は毎日卵かけご飯で食べてたなー。納豆や梅干しもあります。もちろん弓場の手作り。

 

 

 

7:00 朝の仕事開始

 

作業着に着替えて、クワなどの道具と一緒にトラクターの荷台に揺られて畑へと向かう。

 

仕事は自分のような旅行者5,6人と、弓場に長期滞在ってかほぼ移住してるお二人とがチームでやる感じだ。

 

仕事は基本的に農作業で、一番やったのはマカデミアナッツの収穫かな。

 

木から落ちているナッツを拾うのと、拾いやすくするための雑草刈りだ。

 

↓弓場での正装

 

これがマカデミアナッツの木。

 

マカデミアってよくチョコに入ったのを食べた事があるけど、こういう感じで実がなるとは知らなかった。

 

これがマカデミアナッツの実。

 

皮をむくと、中はクルミみたいに固い殻で覆われている。それをハンマーで叩き割ってようやく食べれるのよね。

 

マカデミアってこうなってたのね、知らない事だらけで色々勉強になります。

 

雨の日にはこのナッツの皮をひたすらむくって日もあったな。

 

ナッツの木を周りの雑草を刈り取るのにクワを使う。

 

これは体力は使うし暑いので疲れるんだけど、でもこうして汗水垂らすのって「働いている」って感じでけっこう充実感あるよね。

 

 

休憩時間にはこの弓場で取れたマンゴーを食べたりしたがこれがまたおいしかったなー。


 

仕事は他にもオクラのパック詰めがあったり。

 

まぁこれは基本的に女性の仕事なんだけど、自分も1度手伝わせてもらった。

 

あと唐辛子のヘタ切りもやらせてもらったな。

 

これは実際にスーパーへと出荷されるもの、つまり商品になるものなのでより真剣にね。

 

スーパーに配達用の商品をトラックに積み込むって仕事もしたな。

 

ちなみに弓場で収穫されるものは他にグアバや

 

マンゴーがある。

 

形が悪かったりするのは出荷せずに弓場で食べちゃうんだけどこれがまぁ美味しいのよね。

 

ほぼほぼマンゴー食べ放題みたいな状態だったな。

 

あと、こうした農作業だけじゃなく、ひたすら雑草を刈り取るって日もあったな。庭の手入れみたいな。

 

あと弓場の近くの村に日本人会館があってその周りの雑草取り。

 

これは農作業じゃなくて完全に園芸だね。

 

もっと言うと弓場の外の事だしもはやボランティアの領域になっている。

 

炎天下だし、抜いちゃいけない植物を選びながらでけっこう大変な作業だった。。

 

 

さらに別の日には日本人会館の庭に芝を植えたんだけど、これがまぁ重労働だった。。

 

朝トラクターで弓場から隣のアリアンサって村まで移動。

 

朝日がすごく清々しかったね。後で辛い作業が待っていたとはこの時はまだ知らず笑

 

日本人会館に着いたら、まずはすぐ隣の牧草地の芝をトラクターにひたすら積み込む。

 

芝と言っても土ごとだし一つの塊が10kgほどもあってかなりしんどい。

 

そして今度はそれをトラクターから降ろすわけで。

 

この作業は弓場の人だけでなく、このアリアンサの村の人も有志で参加してたのよね。

 

でも年配の方が多かったので、ここは自分らが頑張るしかないと思って張りきった分もあるけど、それにしても大変な作業だった。。完全に肉体労働。

 

 

が、この仕事の後には冷えたビールで乾杯!

 

さすがの自分でもこの時のビールはおいしいと思ったねー。

 

あ、これはたまたまこうした作業があっただけで、基本的にはやはり農作業で体力的にも楽なのが多いのでご心配なく。

 

 

11:00 昼食

 

弓場でのご飯はバイキング形式なので好きな量をもりもり食べられるのがうれしい。(と言ってももちろん節度は必要)

 

弓場では漬物の自作しててその種類が多いので漬物好きな自分にはかなり嬉しかったな。

 

これはそうめんみたいなのかな。

 

そうめんはさすがに作ったやつではないけど、弓場では年に何回か近くの村でうどん販売会みたいのを開催してるらしい。


 

野菜もりもり。ひな祭りの時だったか赤飯もでたな。焼きおにぎりならぬ焼き赤飯がかなり美味しかった。

 

 

そしてご飯を食べてからお昼の仕事まで時間がたっぷりあるので昼寝したりのんびり休憩。

 

 

ちなみに仕事は月曜から土曜までで日曜日はお休み。

 

日曜にはこうしてお菓子なんかも作ってるのよね。この日はシュークリームとかロールケーキがあった。

 

ほんと弓場はなんでも作っちゃうのよね、すごい。

 

 

13:00 午後の仕事開始

 

さぁ午後もはりきって仕事しましょう。

 

仕事としては午前中と同じ事が多い。

 

でも午後の仕事はけっこう早めの15:30ぐらいで終わる。

 

なので1日の実質の労働時間って5〜6時間くらいなのでけっこう楽なのよね。

 

↓ある日のメンバー。百姓一揆に向かう前みたいな笑

 

 

仕事が終わってからは夕食の時間までシャワーを浴びたりのんびり過ごす。

 

 

18:15 夕食

 

さぁ、一日のメインイベントです笑

 

って言うのは冗談だけど、ほんとお世辞抜きで弓場の食事がめちゃくちゃ美味しいのよね。

 

ほとんどの食材がこの弓場で取れて新鮮ってのもあるだろうけど、弓場の人は芸術だけでなくて食事に対するこだわりもけっこうあるんだと思う。ほんと感心しちゃうぐらい美味しい。

 

昼の時にも言ったけど、漬物の種類が多いのが個人的にかなり嬉しかったな。しょうがやみょうが、タケノコの漬物もあったしね。

 

ボリビアにけんちゃんって日本食レストランがあったけどもうレベルが違う。こちらがまさしく本物の日本食だ。ブラジルだけど笑

 

申し訳ないがもうけんちゃんに行ってもがっかりしかしなさそうだし二度と行く事はないだろう。。っていうぐらいです。

 

 

弓場での夕食は毎日写真に撮ってたんだけど、カレーライスが出たり

 

天ぷらが出たり

 

麻婆豆腐が出たり(これが一番記憶に残っている、うますぎた)

 

かと思えばビーフストロガノフみたいな洋食が出るときもあった。

 

 

いやー今思い出してもよだれが出そうですわ、ってか出てる。

 

弓場を離れてる今でも、弓場の人がインスタグラムに挙げる食事の写真を毎日楽しみにしてるっていうね笑

 

 

 

たらふくご飯を食べた後はもう自由時間だ。

 

ささっと湯船につかるのも良し。仕事終わってからシャワーは浴びてるんだけどやはり湯船には入りたい笑

 

 

その後はピンガというラムみたいなお酒が置いてあるので、それを使ったカイピリーニャというブラジルのカクテルを作って弓場の人や他の旅行者と飲みながらのんびり過ごす。

 

こうした時間が貴重な気がして、wifiも使えた弓場だけど滞在中はあまりネットもしなかったな。

 

ブログも一度も更新しなかったし。

 

弓場での自給自足のような生活は、日本での経済活動を中心にしている生活とは全然違ってすごく感銘を受けるところが多かった。

 

自分がしたいかはまた別だが、こういう生き方もあるんだな、っていうのはすごく視野を広げられた気がする。

 

弓場にお世話になったのは本当に良かったです。

 

 

弓場の人は夕食後にはバレエや合唱の練習をしたりしてる。

 

この時数日後にのど自慢大会があって、その練習について行ったりもしたな。

 

けっこう本格的。自分は歌ってないけど。

 

 

こうした充実した日々は時間が経つのはあっという間で、すぐに10日以上経った。

 

長く居たい気もするが、先の旅もあるしそろそろ弓場を出なければ。

 

そんなタイミングでなんと稲の収穫をするとの事。

 

こんなビッグイベントもなかなかなさそうなので、稲刈を体験させてもらってから弓場を出る事にしようかね。

 

 

次回は稲刈りと、弓場の他のイベントについての話でも。

 

ではまたー。

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。

20位ちょいでうろちょろさせてもらってます。ありがとうございます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:143.ブラジル, 11:55
comments(0), trackbacks(0), - -
[ブラジル]日本人の自給自足コミュニティ、弓場農場へ。

こんにちは。

 

リオのカーニバルを終えて次に向かうのは弓場農場!

 

なんも知らない人には「え?いきなり農場?」って話だけど、このサンパウロから600kmほど西にあるこの農場は、日本人移住者によるほぼ自給自足をしているコミュニティだ。

 

何人もの旅仲間からも「弓場には絶対行った方がいい」って何度も聞いていたので、そりゃあ行くしかないよね。

 

 

リオからはまずサンパウロへ移動。(92レアル、6時間ほど)

 

サンパウロでは違うバスターミナルまで地下鉄で移動。

 

てかバスからの車窓でも見たけどサンパウロはほんと大都会よね。多分南米で一番大きい都市じゃないかな?

 

そんなサンパウロには弓場の後に来ればいいやと思ってたけど、結局違う方向に行ってしまったのでちゃんと滞在はせず。。もったいない事したかな。

 

さて、またバスに乗り換えて弓場のあるミランドポリスまで移動。

 

まぁ交通などの詳細は弓場のホームページに詳しく書いてあるので参考に。

 

弓場農場 アクセス

 

↑ホームページで弓場の歴史なんかの紹介も見れますので是非。

 

 

さて、ミランドポリスから弓場農場まではタクシーを使っていった。

 

そして到着した弓場農場。

 

サンパウロの都会っぷりとは全く違って自然に囲まれた、ってか自然しかないような場所にこの弓場農場はある。

 

 

先にこの弓場の事を簡単に説明すると、

 

「耕し、祈り、芸術する」

 

を理念として作りだされたコミュニティだ。もう80年くらいの歴史があるのかな。

 

現在では農業を中心に60人ほどでのほぼ自給自足での共同生活を営んでいるが、弓場の特徴として芸術に対する意欲が非常に高いという事。

 

これはこの弓場農場を立ち上げた理念そのものなんだろうけど、人間が精神的に豊に暮らせる場所なのである。

 

 

農場としては農作物を売ることで収入を得てはいるけど、ここでは給料というものは存在しない。

 

そうしたお金も皆で共同で使うような形らしい。

 

とは言ってもそれぞれお金が必要だったりするんじゃない?っていうのは日本の経済社会で育ってきた普通な?自分の考えだけど本当に共同でもなんとかなるのかな?

 

まぁお金についてはどうしてるのかすごく興味はあったけど、失礼な気もして聞かなかったけど。

 

 

この弓場農場には2週間弱ほどお世話になりました。

 

訪問者を大切にしてくれる弓場では、旅行者でも農作業などをお手伝いする代わりに食事と寝床が提供される。

 

自分のようにここを訪れた旅人が、弓場でのこうした生活に惹かれてそのままここに暮らすのを決めた人も何人もいるみたい。

 

また、旅行者として来た人がこの弓場の人と結婚してここに住む事になったって人もちらほらいるようです。

 

 

 

 

さて、到着してとりあえず食堂になっている大広間にいってみると、数人の方がいたので挨拶する。

 

当たり前だが全員が日本人だ。(日系人という意味も含めて)

 

でも昨日までリオでがんがんカーニバルに参加してたのに一気に日本になってなんだか不思議な感じ。

 

 

年配の女性の方に、滞在用の部屋に案内され、作業着やここでの時間割など生活について簡単に説明を受ける。

 

 

そしてすぐにお昼ご飯の時間になったので早速食事も頂いてしまう笑 まだ何の仕事もしてないのに笑

 

まぁ午後からがっつり働きましょう。

 

 

今日到着したのは自分と、カーニバルから一緒だったりなさん、あとちょうどバスが一緒だったあかりさんだ。

 

そしてここには2人の先輩旅人がいたので色々教えてもらう。

 

ってかもっとたくさんの旅行者が滞在してるかと思ったけどそうでもなかったみたい。

 

 

さて、午後からは農作業のお手伝いをさせてもらったんだけど、農作業についてはまた別で書くとして弓場の紹介をば。

 

 

弓場は「弓場農場」と言うぐらいなので基本的には農場である。

 

広大な敷地ではマンゴー、グアバ、お米、マカデミアナッツ、キャッサバの芋などなどの農作物が育てられている。

 

これらの作物は商品として売られる物もあるが、お米なんかは完全にこの弓場の中で消費されるものだ。まさに自給自足。

 

そして鶏や豚や牛なんかも飼っていて、こちらも自給自足となっている。

 

↑これは鶏の小屋ね

 

 

まぁここまでは普通の農場なんだろうけど、弓場には芸術に関する設備が多いのが特徴かな。

 

まずはこの大きな舞台。

 

ここではバレエや演劇の公演を行うらしい。

 

すごいのはこの舞台も弓場の人たちによる手作りだということ。

 

幕を開閉なんかのできるし、ほんと本格的な舞台である。

 

毎年クリスマスには大規模な公演をやるようで、その一か月前ぐらいからかなり真剣に準備が始まるそうです。

 

裏方には衣装を作ったり、メイクなんかができるような楽屋みたいになっている。

 

こちらはバレエの練習場。

 

夕食の後にはバレエと合唱の練習が隔日ずつぐらいで行われているようだ。

 

 

そしてこれは驚いたんだけど、なんとバイオリン工房がある笑

 

バイオリンまで作ってしまうとは。。天沢聖二かな?

 

しかもなんと独学で作ったとか。。(後日プロに見てもらったら驚くほど質が良かったとか)

 

このバイオリンを作る方は今は弓場にはいなくてアメリカにいるんだったかな?

 

いやはやもはやなんでもありですな。

 

さらには陶器を作る場所も。

 

そして茶室なんかもあったりする。

 

もはやなんでもありすぎて驚かなくなってきた。。笑

 

 

そして図書館なんかもある。

 

ほんとその辺の図書室と遜色ないぐらいのたくさんの本が置かれている。

 

農作物だけでなく、こうして色んなものを作ってしまう弓場。

 

こうしてホウキなんかも作っているみたいね。

 

こちらは木炭を作る用の窯だったかな。

 

そしてこちらは、もう亡くなってしまったようだけど、石を使った芸術家の方もいらしたようで弓場の一角には色んな石が飾られている。箱根の彫刻の森美術館かな?

 

さらには病院、じゃないけどちょっとした医務室みたいなところも。

 

ここには吸盤で真空にする健康器具があるみたいんで、弓場の方何人もの背中が吸盤の跡がついていたな。

 

なんか中国にあるようなやつね。

 

こうした感じで芸術にかなり注力してるってのがわかる。

 

ある家にはこんな掛け軸が。

 

「珈琲より人を作れ」

 

うーむ、まさに弓場らしい言葉だ。

 

まぁ弓場の庭にはコーヒーも普通に生えてたりするんだけどね。

 

こちらではシイタケの栽培もしているみたい。

 

これもほぼ独学で始めたらしい。

 

 

さて、こちらは厨房の様子。

 

ガスを使ったコンロもあるが、こうして薪を使ったものもある。

 

なんかいかにも農場って感じでいいよね。ここでは毎日60人くらいの食事を作っているのでそりゃ鍋も大きいですわな。

 

 

そしてこれは旅人にも嬉しい事に弓場には湯船があるのよね!

 

5人くらいは入れそうな湯船だ。これも毎日薪で沸かしているみたい。

 

湯船につかれるなんてなかなかない機会なのでここぞとばかりに入らせてもらったなー。

 

 

簡単にだけど弓場の紹介はこんな感じで。

 

 

 

で、自分はここで農作業のお手伝いをさせてもらったわけなんだけど、

 

弓場での基本的な1日の流れは

 

6:00 朝食

7:00 仕事開始

11:00 昼食

13:00 昼の仕事開始

18:15 夕食

 

で、その後は自由時間となる。

 

テレビや映画を見ていたり、他の人と話したり過ごし方は色々。

 

一応ネットも使えたんだけど、せっかくこんな環境にいるしって事で弓場滞在中はブログ書いたりは一切しなかったな。

 

 

さて、次回は弓場での農作業について書こうかなと思います。

 

ではまたー。

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:143.ブラジル, 11:55
comments(2), trackbacks(0), - -
リオのカーニバル!スペシャルチーム登場!

こんにちは。

 

現在ボリビアはスクレに滞在中。ボリビアの首都ってラパスかと思いきや憲法上はこのスクレらしいね。

 

街並みが世界遺産にもなっている白い町でなかなか良い感じです。

 

 

 

さてさて、ブラジルはリオデジャネイロのカーニバルですね!

 

初日のパレードに見に行ったけど、圧倒的な人数と規模でかなり度肝を抜かれたカーニバル。

 

そして次は3日目のパレード。この日からスペシャルチームによるパレードに!

 

 

って実は違いがようわからんのだけど、とりあえずチケットの値段が初日の60レアルから450レアル(16000円ほど)と7.5倍になってるからね。

 

安くはないがそれほどの価値があるって事でかなり期待できそう!

 

 

 

出発前に、チケットを買ったらもらえたシャツとそれぞれのアイテムを持ち寄って写真でも撮る。

 

ちなみに一番左の酒のボトル、にかかっているレイっぽいのが自分のです。なんとなく雰囲気的に買ってみました。

 

 

せっかく高いチケットを買ってるので良い席を取ろう!って事でパレードの開始2時間ぐらい前に会場に到着。

 

それでも前回と違いけっこうな人数がすでに会場入りしてた。

 

でも最前列はなんとか確保できたのでよかった。

 

なんやかんや見え方が全然違うからね、最前列死守です。

 

まぁパレードが始まるまでの2時間ずっと立って待ってたんだけど、これもすべてカーニバルのためだ。

 

 

 

そして午後8時頃(だったかな?)、ようやくカーニバルスタート!!

 

前回同様、派手な花火がパレードの開始を告げる。

 

と同時に流れる大音量でのサンバ!!

 

おぉ!やっぱりサンバのリズムがいいねーこれはテンション上がらざるを得ない。

 

 

そして、早速巨大な山車が見えてきた。

 

 

いや、初日に見たパレードでも十分にすごいなと思ったけど、今日のパレードはさらにレベルが違った!

 

山車の大きさやその内容、踊り手達の人数や衣装などまた各段にすごい!

 

いやいや、ほんとお金かけすぎでしょw

 

もうね、カーニバルにかける意気込みが凄すぎます。

 

このトゥーカンとか動物系の山車はけっこう好きだったな。

 

ワニとか豹とかが合わさった謎の動物だったり

 

その後もお金をいくら使ってるんだ??

 

って気になって仕方ないほどの豪華な山車や大量の踊り手達のパレードが続く。

 

 

一つのチームで4000人くらいいるらしいからね。すごすぎ。

 

もう人が多すぎてわけがわからんw

 

 

初日のAチームのパレードの持ち時間は1時間弱だったけどこのスペシャルチームの持ち時間は1時間半ほどもある。

 

てなわけでずーっとこうして巨大な山車や圧倒的な人数でのパレードが続くのよね。

 

一応チームによってテーマがあるようなんだけど、これみたいに道路標識を持ってるチームがいたりようわからん笑

 

 

このドラゴンみたいな山車はすごかったな。

 

 

 

ってほんと写真と自分の下手な文章だけだと全然雰囲気が伝えられなくてもどかしい。

 

大音量のサンバと、踊り手達だけでなく観客もみんなリズムに乗って踊っている感じがほんと良いんだよね。

 

もうここにいるだけで誰もがカーニバルを楽しんでいる。

 

ひたすら続くパレードだけど、この圧倒的なパフォーマンスは見てて飽きる事がないわ。

 

テーマもそれぞれ違うしね。

 

そーいやこうしたパレードはちゃんとコンテストになっていて、優勝とかちゃんと順位がつく。

 

パレードにかけるお金の金額も半端じゃないが、優勝賞金も何億円とかそんなんらしいからすごい。

 

 

ふと気づいたけど、これだけ大規模なイベントにかかわらず、会場にはスポンサーの広告なんかが全然ない。

 

もちろんスポンサーがいて巨額のお金が動いてるとは思うんだけどどうなんでしょう?

 

そうこうしつつもパレードは続いていく。

 

 

この日のカーニバルは6人で見に行ったんだけど、一人が酒飲みすぎたようでいつの間にか医務室で保護されてたみたい。

 

スタッフに呼ばれて医務室まで様子を見に行ったのよね、すると点滴されて股間には尿瓶を当てられていた笑

 

いつの間にこんなことに笑 って感じだけどスタッフにも迷惑かけただろうし申し訳ない、と思ったらスタッフがみんな写真撮ったり踊ったりめっちゃ陽気だった笑 さすがブラジルw

 

 

まぁそんなトラブルはあったもののパレードは絶好調に進んでいく。

 

 


 

んー、やっぱり前回よりも盛り上がりが全然違う!

 

違うチームのだけど再び動物系の山車が登場。

 

さすがアマゾンの国、こうした派手な動物が似合うね。

 

こちらは金の象、もはやテーマがようわからん笑

 

でも全体的にはこうしてドラゴン系のが人気があるみたいだな。

 

このドラゴンの山車じゃなかったかもだけど、ダンサーがドラゴンに食べられちゃうみたいな演出もあって面白かったなー。

 

 

 

この日のパレードは6チームやったんだけど、最後の方は完全に空も明るくなってたなー。

 

終わったのは朝7時近かった気がする。

 

そんな長時間でも、全然疲れずに朝までパレードを見れたのはやはりこのカーニバルの熱気がほんとに楽しめたからだと思う。

 

リオのカーニバルの感想を一言で言うと「めちゃくちゃ楽しかった!」

 

これに尽きますな。

 

今まで楽しかったイベントって、スペインのトマト祭りとかタイの水かけ祭りみたいに「参加型」の祭りが多かったような。

 

このリオのカーニバルも、パレードを観る感じだけどこの会場の盛り上がりとサンバのリズムは完全に自分も「参加」してる感じだったな。

 

 

リオのカーニバルは完全に自分の期待を上回ったね、絶対楽しいのでほんとオススメです。

 

 

 

カーニバルは翌日もあったんだけど、もう燃え尽きたし完全に満足したので行かず。

 

でもほんと充実したかなー。

 

いきなりブラジルのハイライトを見せつけられた感じです。

 

ほんと良かったね。

 

 

さて、カーニバルの余韻が残る中、次は弓場農場へと向かいます。

 

日本人移住者による自給自足してるコミュニティです。

 

これまた楽しみ。

 

ではまたー。

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:143.ブラジル, 11:55
comments(0), trackbacks(0), - -
ついに!リオデジャネイロのカーニバル!

こんにちは。

 

 

 

 

さて、ブラジルはリオデジャネイロのカーニバル!!

 

いや〜リオのカーニバルには実際に来ると思ってなかったのでなんか不思議な感じ。

 

 

カーニバルは4日間あって、最初の2日はAチームによるパレード。

 

そして3,4日目はスペシャルチームによるパレードでこちらはチケットが断然高くなる。

 

3日目のを450レアル、16000円ほどで確保済み。

 

 

そしてチケットが安かったから急遽行くことにしたカーニバル初日!

 

チケットは60レアルほどで2400円ぐらいかな、セクター7でこれは安い。

 

セクター1などはもっと安そうだけどまぁ安けりゃなんでもいいってもんでもないしね、せっかくなので多少は金出しますわ。

 

カーニバルの席とかは詳しく解説してくれているサイトもあるので、来年以降カーニバル行くつもりの人は色々調べてみてください。

 

 

 

で、

 

急遽行くことにしたので会場に着いたのはカーニバルの始まる20分ほど前。

 

それでもまだ空席は多く、幸いセクターの一番前の席まで行く事ができた。(席は自由席)

 

 

そして夜8時頃、大量の花火と共にカーニバルがスタート!

 

大音量の音楽と共に踊り手が会場内を練り歩いていく。

 

そして巨大な山車が登場。

 

その後には人の雪崩のように大量のダンサーが続く。人多すぎ笑

 

なんでもこのカーニバル、一つのチームで4000人近くいるらしいね。

 

先日見たパラグアイのカーニバルとは規模も迫力も違いすぎる。

 

もっと言うとお金のかけ方もすごすぎる。

 

巨大な山車もだし、数千人いるメンバー一人一人がしっかりした衣装を着ている。

 

このカーニバルに向けてずっと準備してきたってのがわかるね。

 

 

 

とか淡々と書いてるけど実際かなりテンション上がって見てたからね!

 

 

 

 

音楽も生演奏なんだけど演奏者の数もすごい笑

 

300人以上いるんじゃないの。。

 

 

ってかこのサンバのリズムがめちゃくちゃ心地良いのよね。

 

16ビートみたいな感じでひたすら高速のリズムなんだけど、これがまぁテンション上がるのよ。

 

このリズムで踊り手だけじゃなくて観客たちもみんなで盛り上がってるしすげーいい感じ。

 

好きな音楽のジャンルを聞かれたら今なら「サンバ」と答えるかもね笑

 

普段クラブみたいのに全く興味がないが、サンババーみたいのがあったら行ってみたい笑

 

 

全然関係ないけど、北海道に定山渓ビューホテルってのがあって「ビバサンバカーニバル」とかってイベントやってるのよね。

子供の頃CM見まくってたけど今もあんのかな?笑

 

 

さて、そんなこんなでパレードが続いていく。

 

サンバと言えばこうしたお姉さんを想像しがちだけど、実際こうした格好の人は少数。

 

 

だいたいはこんな感じでテーマにそった衣装を着たのがほとんど。

 

 

パレードはチーム毎に行われ、ひとつのチームの持ち時間は1時間弱だったかな。

 

そして次のチームのパレードが始まるまで15分くらいの休憩がある。

 

休む間もなくパレードがずっと続くとこちらも疲れちゃうからね笑

 

これはこれで助かったかも。

 

 

そしてまた盛大な花火と共に次のチームのパレードがスタート!

 

一応動画もあげてみます。多少雰囲気がわかるかな?

 

 

 

 

いやーほんと圧巻な光景ですわ。

 

チームのテーマによってはこうしてトランスフォーマーみたいのが出てきたり

 

ドラゴンボールのキャラが出てきたりとやりたい放題笑

 

このなんでもあり感もけっこう好きだな笑

 

マリオもリオのカーニバルになれば100人規模に笑

 

この広いサンバ会場の左も右もずらーっとサンバ参加者で埋め尽くされるからね。

 

すごい光景ですわ全く。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観客もノリノリで踊っているしね。

 

てかこの雰囲気だと踊らない方がおかしい、自分も普段なら全然踊ったりしないがずっとリズム乗ってたなー。

 

ほんとここにいるだけでめちゃくちゃ楽しいわ。

 

 

 

いや、この興奮をなかなかうまく伝える事ができなくてもどかしい。

 

でもこの雰囲気は実際に行ってみないとわからないかな。

 

自分も、カーニバルの前は「まぁでもパレードでしょ?」ぐらいだったんだけど、実際はめちゃくちゃ楽しめたので。

 

リオのカーニバル、絶対にオススメですわ。

 

 

この日のカーニバルは朝5時くらいまで続いたけどチーム毎の合間に休憩もあったしそこまで疲れは感じなかったな。

 

ってぐらいほんとずっと飽きずに楽しめたので!

 

 

そしてこれはまだ4日間の初日!

 

2日目は行かなかったけど、3日のスペシャルチームのパレードにまた参戦します。

 

いや、今こうして初日の事を書いてたけどやっぱり3日目の方がまた凄かったです。

 

その様子はまた次回でー。

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。

20位あたりをうろちょろさせてもらってます。ありがとうございます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:143.ブラジル, 11:55
comments(0), trackbacks(0), - -
[ブラジル]リオのカーニバルの町中の様子とチケットをゲット!

こんにちは。

 

現在ボリビアのポトシに滞在中。標高が高くて酸素が薄いのって長い目で見たら体に悪いんじゃないの?

 

と思ってボリビアの平均寿命を調べてみたら68.7歳で他の途上国とあまり変わらなかったので体に悪い事はないみたいね。

 

ちなみに日本の平均寿命は83.5歳のもよう。うまくいけばあと50年も生きられるのか。まだまだ楽しめそうですな。

 

 

 

さて、ブラジルはリオデジャネイロのカーニバル!

 

実際のカーニバルの前に、まずはカーニバル期間中の町中の様子でも。

 

今年のカーニバルは2月24〜28日の4日間。

 

メインのサンバパレードは専用の会場でやるんだけど、それ以外にも町中でのパレードがあちこちでやっててほんと町全体でカーニバルって雰囲気。

 

自分の滞在していたラパ地区も繁華街って事でかなり盛り上がってた!

 

この鉄道橋のある場所では大量の人が集まり騒ぎまくり。

 

雰囲気的にはクラブとか野外フェスとかそんな感じか?

 

とりあえずみんなで集まって騒いでるって感じで一体感はあまりないが笑

 

そしてほとんどの人が酔っ払いだ笑

 

こうやって見ている分には面白いけど、自分にはちょっと一緒にはまざれん笑

 

みんな現地の人って事でいいのかな?

 

 

カーニバルでは仮装もけっこうするみたいで、色んな格好している人たちがいる。

 

テーマがけっこうバラバラだったりするけど、とりあえずみんな楽しそう!

 

ってかカメラ向けるとみんなめっちゃ絡んでくる笑

 

こうした謎のキャラも笑 ピカチュウとかもいたな

 

こんな白雪姫みたいなグループも 笑顔がいいですな。

 

 

って女性だけでなくて男もこうした格好してるっていうね笑

 

こちらがポルトガル語ようわからんのとは関係なしにめちゃくちゃ話しかけてくる笑

 

インディアン?みたいな人も。お姉さんかわいい。

 

この広場だけでなく町のあちこちで若者が集まって騒いでいる。

 

ってか普段のリオを知らんのだけどまさか毎週末こんな感じじゃないよね?笑

 

ウホッ 謎のバニーガールみたいなお兄さんが真剣にサッカー見てた笑

 

話しかけたらこの笑顔、良い人たちでした。

 

ってか自分ももし仮装するとしてもこんな格好は絶対しないわ笑

 

ここ最近、日本のハロウィンもコスプレパーティーみたいで流行ってるみたいね。

 

ちなみに自分が一番やってみたいコスプレはダースベイダーです。中が誰でもわからんだろwっていうのは置いといて。

 

 

素敵なお姉さま方。

 

可愛らしいお姉さん達も。

 

 

こちらは海賊みたいな格好してたグループ。

 

真ん中のレゲエな人が「オトウサン、オカアサン〜♪」みたいに日本語でラップしてきた!

 

おぉ!?何者だ?笑

 

と思ったらけっこうちゃんとしたラッパーの人みたいで、教えてもらったyoutubeを見たらめっちゃかっこいいPVで再生回数も50万回とか普通にすごい人だった。

 

 

カーニバルだからかわからんけどこのブラジルの陽気な感じはほんと面白いなー。

 

 

 

 

↓全然関係ないけど音速の貴公子、アイルトンセナの絵があった。懐かしい。

 

 

 

さて、ある程度満足したのでカーニバルのチケットを買いに行く。

 

先も言ったけどカーニバルは4日間で、3日目の日曜が一番盛り上がると聞いたのでその日狙い!

(実際は4日目も同じく盛り上がる)

 

リオに行く前、チケットについては色々調べていて、

 

「ネットの公式サイトから買う」

「コパカバーナの旅行会社で買う」

「会場のダフ屋から買う」

 

みたいのがおおまかなチケット入手方法だ。

 

でも公式サイトのはほぼ売り切れだったので、コパカバーナの旅行会社を狙ってみたけど、旅行会社がそんなに見当たらない。。

 

 

と思ったら、なんと公式のチケットショップを発見!

 

 

場所は「Hotel Atlântico Copacabana」って所でした。

 

旅行会社にも聞いてみたけど、旅行会社で売っているチケットは結局その日にこの正規ショップから買えるチケットの転売っぽかったのでもうこの正規ショップ一択でいいと思います。

 

来年以降行かれる方は参考に。まぁ来年もこの場所かはわからんけど。

 

↓こんなシャツやCDももらえちゃいました。

 

そして、3日目のチケットを無事にゲット!

 

セクター4のチケットで450レアル、16000円ぐらいと安くはないがこのためにリオに来ているのでここは払う。

 

ちなみに席によってはもっと安いのもあるけどね。

(後でわかるけど、個人的にはセクター5,7,9とか奇数の方が良いかと偶数だと前にvip席みたいのがあってちと邪魔)

 

 

そして、この日がカーニバルの初日だったんだけど、この日のチケットが60レアル(2400円ぐらい)とか思ってたより断然安かったので急遽この初日のパレードもみる事に!笑

 

もう午後6時過ぎだったのでほんと急展開笑

 

↓みんなでもらえるシャツの色を吟味中。

 

 

って事で急いで宿に戻ってカーニバル会場へと向かうのでした。

 

なんか急だけどこれはテンション上がってきた!

 

 

肝心のカーニバルの様子は次回で!

 

ではまたー。

 

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:143.ブラジル, 11:55
comments(0), trackbacks(0), - -
キリスト像にコパカバーナ!リオの定番観光地を巡る。

こんにちは。

 

現在ボリビアはオルーロに滞在中。チリ、アルゼンチンとかと比べると物価が断然安くなったので嬉しいね。

 

コーラも80円ほどになって半額! 瓶の小さいコーラなら1ボリ、16円だからね。安いってのは正義ですわ。

 

 

さて、ブログ上ではブラジルはリオデジャネイロに到着!

 

カーニバルは明日なので今日はまずリオの定番の観光地を周ってみる事に。

 

まずは泊まっている宿近くにある派手な階段。セラロンの階段っていうのかな。

 

これがあるラパ地区は一般的には治安が悪いとされている。

 

確かに落書きだらけだし浮浪者や酔っ払いも多くて雰囲気はちょっと。。

 

でもこの階段ほど派手さを追求すると立派な観光地になるからすごいもんよね。

 

カーニバル前って事もあってか、すげーたくさんの観光客がここを訪れている。

 

 

ここの階段はカラフルなタイルで装飾されているのよね。

 

一番人気なのがここのRIO DE JANEIROって書いてある場所かな。

 

記念撮影するのに順番待ちができるほど。カンクンの看板みたいだな。

 

まぁ写真撮れても周りに人がいすぎるし、特に思い入れもないので自分は撮らなかったけど。

 

階段の周りもこんな感じで派手派手。

 

なかなかにフォトジェニックであります。まぁもれなく人も写りますが。

 

ここでは現地の兄ちゃん達が楽器演奏して歌っていたりいい感じ。

 

カーニバル時期だからか、普段からこうなのかわからんけどブラジル入って雰囲気が各段に明るくなったな。

 

国民性がアルゼンチンとは全然違って陽気な感じが肌で感じられる。

 

ふむ、まだ来たばかりだけどブラジルかなり好きになりそうだ。

 

こんな仮装した兄さんたちも。

 

カメラを向ければこうやってノリノリで写ってくれる。

 

そーいやこうして人の写真撮るのも久しぶりな気がするね。やはりブラジルいいかも。

 

階段を上がっていくと、美女4人組が階段に座っていた。階段の派手さ具合もあってなかなか絵になるね。

 

って事で写真を撮らせてもらい、かつ自分も一緒に交じって撮らせてもらう。

 

こんな感じも久しぶりかもなー。こうしてみんなが楽しい雰囲気でカーニバルも盛り上がっていくんだろうね。

 

 

下の方には世界地図になっているのもあった。

 

一応日本を指さしてみたけどようわからんね。

 

ってさっきの写真と自分の服装が違うという。。実はここには3回行っててその写真をまとめてます笑

 

 

そして次に向かうのはコルコバードの丘!

 

言わずと知れた、リオを見守る巨大キリスト像ですね。

 

キリスト像は町からだと見えている。あれば有名なやつですか。。

 

その麓までは登山列車みたいので行けるんだけど、人が多すぎて2時間待ちとかだった。。

 

まじか。。と思ってたら普通にシャトルバスみたいのがあったのでそれで上までいった。

 

 

そしてこれがキリスト像!

 

「うわ〜 大きい〜!」

 

って感じで同行者(6人で出かけた)はけっこう感動してた様子。

 

こちらは正直

 

「あ、思ったより小さいのね。。」

 

って思ったけど口には出さず笑

 

確かこのキリスト像は30mぐらいだったかな?

 

いや、かつてミャンマーで100mの仏像を見てるからね。。それと比べるとまぁ小さいわけで。。

 

もっと言うとボリビアのコチャバンバにあるキリスト像の方がでかいらしいし笑

 

いやいやいけませんね。。大きさだけじゃなくてこのコルコバードのキリスト像にしかない良さがあるはず!

 

とりあえず定番の記念撮影。

 

確か「新・世界七不思議」の一つに入っているこのキリスト像。

 

でもモアイなんかと違ってなにが不思議なんだがさっぱり?普通の像なんだけどなんか歴史的な謎でもあるのかな?

 

 

なんかケチばかりつける感じになってるけどちゃんと楽しんでますよ笑

 

というのはこのロケーションが最高なわけで!

 

町を見下ろすようなキリスト像なので、ここからの景色は格別でしたわ。

 

正面に見えている山はポンジアスーカルというこれも有名な観光地。

 

まぁ行かなかったけど笑

 

 

まぁこれだけの景色も見れたし、やはりリオの定番スポットではあるので来ては良かったかな。

 

 

そして次に向かうのも定番、コパカバーナのビーチ。

 

誰もが聞いたことある名前じゃなかろうか?

 

 

ずーっと続く海岸線。ほう、これが有名なコパカバーナか。

 

観光客なのか現地の方なのかわからんけどたくさんの人がいるね。さすが有数の観光地。

 

そしてここでの名物と言えばこうしたきわどい水着のお姉さんたち。

 

すごいね〜。恥ずかしいとかそんなんはないんだろうね。

 

ってこうして写真撮らせてもらったけど、勝手に撮るとただの盗撮になるので自粛。

 

こうした水着には、同行の女性陣も興味津々だった模様。

 

まぁみんなは水着にすらならなかったけどね。シャイな日本人ですからね。(中国人もいるが)

 

こんなボディービルダーみたいなお姉さんもいた。強そう(確信)

 

子供も無邪気に遊んでいたりなかなか良い感じだわコパカバーナ。

 

昨日も言ったけど今回はラパに宿を取ったのよね。

 

でも正直雰囲気も治安も良いとは言えないのでコパカバーナに宿取るのがいいかもね。

 

この海岸の前にビーチにはこうして白と黒のモザイクタイルになっていた。

 

こーゆーのってマカオとか他のポルトガルの植民地でも見られるね。

 

ってかポルトガルでもこういうのあったしポルトガルの文化なんだろうね。

 

 

こんな感じで定番の観光地巡りは終了。

 

次回はカーニバルの町中で様子でもお伝えします。

 

まぁ酔っ払いがどんちゃん騒ぎしてる感じだけど笑

 

ではまたー。

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:143.ブラジル, 06:55
comments(0), trackbacks(0), - -
シウダーデルエステで携帯購入!からのブラジル入国!

こんにちは。

 

現在ボリビアのオルーロに滞在中。昼間はそれなりに暖かいんだけど夜は氷点下に。。ボリビアは好きなんだけどこれは早く出たくなってしまうな。。

 

 

さてさて、ブログではパラグアイでの滞在も終わらせて次はブラジル、リオデジャネイロへと向かいます。

 

それも言わずと知れたカーニバルを見るため!さすがのオラもわくわくしてきた!

 

 

なんだけど、その前にパラグアイのシウダーデルエステの事を書いてなかったので少し。

 

このエステは免税の町になっていてパラグアイ、ってか南米でも有数の電気街になっている。

 

もう「南米の秋葉原」と言っても過言ではないくらいの規模。電化製品屋が立ち並ぶ。

 

ここでの目的はずばり、携帯を買うこと!

 

ワイナポトシ登山中に携帯を壊してしまったので携帯がないのよね。。

 

↓こんな状態でも電源は入ったけど動作は一切しない。

 

もはや携帯なしではいられない現代っ子なので早く買いたかったのよね。

 

ってか、なんやかんや今回でスマホ買うの7台目だ。。

 

ペース的には半年に一回ぐらい買ってる事になる。。過去の携帯はこんな感じ

 

samsung(スペック不足のため買い替え)

samsung(スペック不足のため買い替え)

asus zenfone5(池に落ちて死亡)

asus zenfone5(スクーター運転中に落として紛失)

Huawei(野宿場所に置き忘れた)

asus zenfone2(ワイナポトシで死亡)

 

盗まれた事はないんだけど、こうして壊したりなくしたりしてるのでもう消耗品みたいなもんだな。

 

 

ペンション園田の園田さんからJebai mallってところに携帯屋が集まってると聞いたのでとりあえずそこに行ってみる。

 

Dubai mallの名前似てるしなんか期待できそう??

 

 

で、そのJebai mallに行ってみると携帯だけでなくたくさんの電化製品が売られている。

 

おぉ、まさしく秋葉原みたいな感じ。もしくはバンコクのMBKだ。

 

詳細は割愛するが色々検討した結果、sonyのxperiaを買ってみた。220ドル也。

 

sony製を買うのは初めてだなー。M5ってモデルで日本では売ってないみたい。

 

後で相場を調べてみたら、やはり安く買えてたみたいなのでよかった。

 

さぁこのM5ちゃんには長生きしてもらいましょう!

 

とか言っていきなりリオで奪われないかすげー不安だったけどね。。笑

 

というのも先にリオ入りした友達が早速強盗にあって携帯盗られたらしいからね。。恐ろしや。。

 

 

自分は携帯買ってすぐに帰っちゃったので他はあまり見てないけど、ヨドバシカメラみたいな総合電機店みたいのもあってすごい。

 

カメラのレンズ買うのにもよさそうかもね。

 

 

エステはみんなが滞在するイグアス居住区からも1時間ちょいで来れるので滞在中に買い物に行くのもいいと思います。

 

ちなみにこれらの店は午後3時とか4時で閉まってしまうので注意。

 

6時くらいだと人もほぼ歩いてないゴーストタウンみたいになってちょっと怖かった笑

 

 

 

さて、ブラジル行きのバスはそんなエステから出発。

 

リオじゃなくてまずはサンパウロまでSOL DEL PARAGUAYという会社のバスで。

 

バス代が250000G(5000円)ほどなんだけど、このクオリティを考えばむしろ安いかも!って思えるぐらい快適だった。

 

二階建ての綺麗な車内は2席X1席の三列体制。自分は一人席側に座れたし座席も広々。

 

食事も暖かいチキンソテーみたいのが出てきたりと素晴らしかったね。

 

そんな快適なバスの旅でサンパウロまで16時間ほどかけて移動します。

 

 

そして今回はちゃんとブラジルにも入国。

 

あれ?そーいやブラジルビザの話してたかな? ボリビアのラパスで取りました。

 

昔はパラグアイのエンカルナシオンで取るのが早くて安い、ってのがあったけど今はどこもそれほど条件は変わらないかな?

 

アスンシオン、エンカル、プエルトイグアスなど自分が通る所で取ればよいかなと。

 

 

で、ブラジル入国!

 

なんだけど実はブラジルの入国は初めてではない。

 

もう半年ぐらい前だけど、ガイアナからベネズエラへ向かう途中に経由でブラジルに入ってるのよね。

 

その時はオリンピック期間中でビザが不要というラッキーなタイミングだったんだ。

 

てかそのままビザいらなくしてくれてたら良かったのにね。。まぁそのうち変わるかもですが。

 

 

さて、快適なバスは順調に進み、朝6時くらいにサンパウロのターミナルに到着。

 

窓から見てたけどサンパウロめちゃくちゃ都会だな。

 

なんとなくオリンピックやったリオが一番の都会かと思ってたけど実際はサンパウロの方が断然都会みたいだね。

 

ターミナルもえらいでかくて綺麗だ。

 

ここでリオ行きのバスに乗り換える。

 

バスは何社もあって、適当によさげな会社を選んだ。90レアルで3000円ほどか。

 

 

サンパウロからリオまでは6時間ほどで到着。

 

ターミナルから宿までは、まぁ3人だったしタクシーを使って移動。

 

リオの雰囲気もまだつかめてないからね。。最初は無難にいきましょう。

 

ってか町中とか落書きだらけで明らかに雰囲気悪いけど。。汗

 

 

今回のこのカーニバルなんだけど、一緒に行くのは自分を入れて6人。

 

メキシコやチリで会ってた中国人の陳さんとその友達、あとは民宿小林で会った3人だ。

 

よく「カーニバル期間中は宿がバカ高くなる!」なんて話もあったけど、今回6人だしairbnbで探したら特にそんなことはなく、普通に一泊15ドルくらいの家が見つかった。

 

でも宿の立地はかなり迷ったのよねー。

 

というのもリオの事を全然知らなかったから。

 

カーニバルはセントロ(町中心)でやるし近い方がいいか、と思ったけど実際は浮浪者や酔っ払いが多くて決して良い雰囲気ではなかった。。

 

まぁセントロの見所であるラパ地区で観光には楽だったけどね。

 

先に言っておくと結果的にはなんのトラブルもなかったけど、もし今後リオに行く予定の人はセントロじゃなくてコパカバーナとかボタフォゴに泊まるのが無難かなと。

 

 

でも、宿のあるラパは繁華街って事でもうすでにかなりフィーバーしてる!

 

かなり楽しそう!

 

このままリオの事書こうかと思ったけど眠くなってきたので(もう夜1時過ぎた)続きはまた次回に笑

 

ではまたー。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。

20位くらいをふらつかせてもらってます。ありがとうございます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:143.ブラジル, 06:55
comments(0), trackbacks(0), - -
イグアスの滝、ブラジル側!

こんにちは。

 

リアルタイムではチリを出て再びボリビアへと入りました。

 

やっぱり物価が安いってのは正義よね。ただ寒いのだけが難点ですが。。まぁ楽しみましょう。

 

 

さて、パラグアイの滞在も満足したので、ブラジルの方へと向かいます。

 

そして真っ先に向かうのはイグアスの滝!

 

言わずと知れた、世界三大瀑布の一つですね。(他はヴィクトリアの滝とナイアガラの滝)

 

まぁ三大とか言いつつ迫力ではこのイグアスがダントツだとか。

 

 

他の二つは過去に訪れているけど、これがヴィクトリアの滝(ジンバブエ)。

 

で、ナイアガラの滝は会社員時代に。(手元に写真なし)

 

 

ちなみに、個人的にはさらに2つ足したのが世界の滝ビッグ5かなって気がする。

 

それがこのエンジェルフォール(ベネズエラ)と

 

当時の記事↓

[ベネズエラ]エンジェルフォール!!!

 

カイエトゥールの滝かな(ガイアナ)。

 

当時の記事↓

「秘境!カイエトゥールの滝へ。」

 

 

イグアスの滝はこれらの大ボスみたいなのでもちろん楽しみなのである。

 

 

さて、このイグアスの滝にはブラジル側とアルゼンチン側がある。

 

見え方が違うようだし両方行ってみたいのでまずはブラジル側に行ってみて明日はアルゼンチン側だなー。

 

 

ブラジルの入国にはビザが必要だけど「イグアスの滝だけ行くならビザがいらない」って話がある。

 

実際そうなのか不明だけど、入国審査をしなくてもブラジルに入れちゃうのは事実。

 

まぁ入国審査がないとは言え本来はやはりビザが必要だと思うけど。

 

自分はリオデジャネイロなども行くし、ビザは普通に取っているけどね。

 

 

今回のイグアスの滝へは一身上の都合(?)でパラグアイのシウダーデルエステから日帰りで行った。

 

イグアスの滝があるブラジル側のフォズドイグアスまではエステのターミナルから出てるし国境近くの、秋葉原みたいになっている電気街からも乗れる。

 

バスはパラグアイ側の出国審査も、ブラジル側の出国審査もスルーでバスはそのままフォズドイグアスの町を走っていく。

 

国境を渡ったバスの終点ではなく、町中のローカルバスターミナル近くで降りて、今度はローカルバスでイグアスの滝へと30分ほど乗って到着。

 

 

が、この日はあいにくの雨模様。。

 

入口の写真などは取らずにさっさとチケット売り場へと向かった。

 

入場料は64レアルぐらいだったかな。(2200円ぐらい)

 

こちらがイグアスの滝の全体図。

 

イグアスの滝って一つの滝があるわけでなくて、たくさんの滝がある国立公園って感じだな。

 

世界自然遺産にもなっている。

 

入場口から滝まではこうした2階建てのバスに乗って移動。

 

 

 

そして見えてきた、これが期待度高め、イグアスの滝!

 

おー、かなり長い範囲で滝があるののね。

 

って実際はめちゃくちゃパノラマ。ただの滝じゃなくて国立公園になっているってのが納得。

 

あ、そーいやこの辺りにはハナグマっていうタヌキみたいな動物がたくさんいるのよね。

 

エサをねだってきてるんだけど、嚙まれたりしたらけっこう危ないのでエサやりは厳禁だそう。

 

ここはちょっとしたトレイルみたいになっていて、奥の方へと歩いていく。

 

次の展望スポットまで来た。

 

 

よく言うとパノラマだけど、逆に言うと滝からはちょっと遠いので迫力はまあまあ。

 

そしてさっきも言ったけどこの日は雨だったのよね。。

 

晴れてると滝のしぶきであっちこっちで虹が見られるらしいんだけど、そんな雰囲気は皆無だった。。

 

虹が見れてたらまた雰囲気も違っただろうね、ちと残念。

 

奥には「悪魔の喉笛」がある、イグアスの滝で一番迫力がある場所。

 

あそこに近づけるのはアルゼンチン側でブラジル側はこうしてちょっと離れて見れるぐらいだけど。

 

これも天気のせいか水しぶきのせいかよく見えないけど。

 

ここらで動画でも。やはり動画の方が雰囲気はわかりやすいかな。

 

はい、さらに進んでブラジル側の最奥の部分まで移動。

 

なんか遊歩道が見えるね、そこを歩いて滝の近くまで歩いて行けるみたい。

 

正面には悪魔の喉笛があるはずなんだけど、雨と滝の水しぶきがすごいからかようわからん。

 

まぁ近づいてみましょう。

 

おー!

 

ここを歩いていると雨のせいか水しぶきのせいかわからんけどびしょ濡れになる!笑

 

濡れるのは嫌だけどこうして滝の迫力を体で感じられてこの時が一番テンション上がったわ。

 

 

一眼のカメラはバッグにしまい、Goproに切り替える。

 

そして奥にはメインの悪魔の喉笛が、あるけどようわからんね。

 

一応記念撮影も。

 

もう周り180度が滝ですわ。こんな場所もなかなかないだろうしけっこうすごい。

 

 

そして近くにある展望台部分へ。

 

ここは悪魔の喉笛とか特に名前もついてないような滝の一部分だろうけど、やはりこうして近い滝の方が迫力があっていいね。

 

だがこの頃にはほんと全身ずぶ濡れに。。

 

予めこうなるだろうとは思って着替えを持ってきててほんと良かったかな。

 

 

まぁこれがブラジル側ですね。

 

ほんと天気さえよければ虹がでて綺麗だったんだろうけど、それでも十分に楽しめたかな。

 

さて翌日はアルゼンチン側へ。

 

正直アルゼンチン側の方が断然すごいって話なのでもちろん楽しみ。

 

その様子はまた次回でー。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。

20位前後にいさせてもらってます、ありがとうございます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:143.ブラジル, 06:55
comments(0), trackbacks(0), - -
[ブラジル]ボアビスタの町を一応ふらつく

こんにちは。

 

現在はベネズエラで6日間のロライマ山へのトレッキングから帰ってきたとこです。

 

今は雨季なのにトレッキング中はほぼ晴れでかなり楽しめました。

 

まぁその様子は数日後のブログで。

 

 

と思ったけど、明日からまた3日間でエンジェルフォール行くんだった笑

 

まぁエンジェルフォールの後は特に予定もないのでブログもすぐにリアルタイムに追いつきそうです。

 

 

 

 

えーと、ブログの続きをば。

 

ガイアナからブラジルへと入国したところですね。

 

前回書いたけど、今のオリンピック期間中(厳密には9月18日まで)は、本来必要なブラジルのビザが免除になってるのよね。

 

今回のブラジル入国は、完全にベネズエラへのトランジットなのでビザが不要ってのはかなり助かった。

 

ブラジルで着いたのはボアビスタという町。

 

特に観光するような場所はなさそうだが、初めて来たブラジルの町なので1日ふらふらしてみる事に。

 

 

朝はまずバスターミナルへ。

 

昨日ここに着いた時はもう暗くなってたし、一応明日のベネズエラとの国境のパカライマ行きのバスの確認のためにね。

 

今までのギアナ三国が同じ南米、ってかすぐ隣とは思えないほど立派なバスターミナルだ。

 

 

内部には各会社ごとにオフィスが並ぶ。

 

アマゾンの中心となるマナウスまでもこのボアビスタからは近いので、マナウス行きが多いようだ。

 

中にはベネズエラの首都のカラカス行きのもあった。

 

 

自分の明日のバスが朝7時半発ってのも確認できたので町中心の方へ。

 

2kmほどと、微妙に距離があるがまぁ歩いていく。

 

途中のスーパーで買ったガラナ。

 

前にドミニカ共和国で買ったのと同じメーカーのガラナだな。

 

ってかおそらくこのブラジルが本場なんだろうけど。

 

日本にもガラナはある(ほぼ北海道限定かな?)が、キリンのガラナよりはコアップガラナに似た味だな。

 

 

で、やってきた中心地は公園のようになっている。

 

役所っぽい建物と、このボアビスタがある州の旗と思われる大きい旗が立っている。

 

 

そしてその近くには謎の像が笑

 

なんだろう?砂金を取っているようにも見えるけど詳細は不明。

 

 

ここからちょっと行くと商店街みたいな場所に着いた。

 

ここは人通りもそこそこあったが、ボアビスタ全体としては町の広さの割に人はかなり少ないかな、という印象。

 

 

ベネズエラに入ったらすぐに、ハイライトにもなるロライマ山へのトレッキングをする予定だ。

 

その拠点となる町サンタエレナでの品揃えが不明だったのでトレッキングに必要なアイテムをこのボアビスタで買っておいた。

 

買ったのは・雨合羽・帽子・靴下かな。

(後日サンタエレナでも見たが高かったのでボアビスタで買っておいてよかった)

 

あとこれも後日話すが、ベネズエラでお金を隠すようにシャンプーやセロテープも調達。

 

 

 

ふむ、やはりいかにもな見所はないかな。

 

一応トリップアドバイザーとかも見てみたけど。

 

それに載っていた、「パイオニア」だかの彫刻。

 

このアマゾンを開拓した様子が描かれているみたい。

 

 

こちらはすぐ近くにあった大きい川。

 

アマゾン川ではないが、この源流はやっぱりアマゾンとかその辺から来ているんだろうね。

 

 

この川の近くは遊歩道にもなっていて、キレイに整備されている。

 

こんな感じで分別用にゴミが何種類もあるのはヨーロッパなどの先進国並み。

 

そしてこのゴミ箱が20mおきぐらいにあった笑 ありすぎだろ。

 

 

 

とりあえずギアナ三国との違いで感じたのは、人が黒人じゃなくて白人に変わった事。

 

ほんとガイアナからちょっと移動してきただけでこれだけ一気に変わるとは面白い。

 

 

そしてやはり食事も変わったかな。

 

昼に食べたのがこちらの定食みたいの。

 

ご飯に、サラダやスパゲッティ、豆、そして肉が乗っている。

 

他のレストランを見ても、こんな感じのプレートを出す店ばかりだったのでブラジルの定番なのかな。

 

これで10レアルなので330円ほど。ブラジルは物価が高いと聞いてたけどそこまでではないね。

 

 

こんな感じの店で食べた。

 

 

そしてこの店の向かいにあったのが、天然ガラナのジューススタンド。

 

でも普通のジュースよりもずっと高かった。

 

試してみたかったけど、まぁそれはまたブラジルに来たときの楽しみにとっておきます。

 

 

 

ブラジルの料理と言えばシェラスコが有名よね。

 

デカい串焼きにしたBBQって感じの肉料理。

 

さすがブラジルだけあって、そのシェラスコのレストランがかなり多かった。

 

日本でもシェラスコは食べた事あるが、肉食べ放題で〜ってスタイルだったのでこちらのシステムがようわからん。

 

夕食の時に近くにあったシェラスコ屋に聞いてみたら、牛肉とかチキンとかの串を一本選んであとのご飯とかサラダは取り放題、って感じだったので牛肉を選んでみた。

 

なかなか量もありそうだったので、ご飯よりもサラダなどの野菜多めで取った。

 

これで14レアル、430円くらいか。

 

肉はちょっと焼きすぎで固かったのが残念だったけど、軽く塩がふられただけの牛肉はいかにもバーベキューって感じで美味しかったかな。

 

付け合わせも美味しかったし、がっつり量を取って昼と夜の2食分にしてもいいかもね笑

 

 

今回はとりあえず立ち寄った形のブラジルだけど、未定だけどリオのカーニバル時期にブラジルは本格的に周ろうと思います。

 

まぁまずはベネズエラですね。

 

明日はベネズエラに移動です。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:143.ブラジル, 06:46
comments(0), trackbacks(0), - -