RSS | ATOM | SEARCH
パイレーツオブカリビアンのロケ地へ!

セントビンセント2日目です。

 

いきなりだけど「カリブ」と聞いて想像するのってなんでしょ?

 

もちろん人によりけりだけど、自分だったら「綺麗な海」とかかな。

 

そして、多分これが定番だけど「カリブの海賊」

 

もっと言うと、「パイレーツ・オブ・カリビアン」ですね!

 

 

はい、そんなパイレーツオブカリビアン。

 

ディズニーの超人気映画ですね。今のところ4作作られたのかな?

 

そんなパイレーツオブカリビアン。

 

なんとこのカリブの海で撮影されたらしい!

 

 

いや、「パイレーツオブカリビアンをカリブで撮影」ってごく当たり前なような気もするけど笑

 

地中海でやっても雰囲気違うしねー。インド洋だとソマリアの海賊になっちゃうし。。

 

 

主なロケ地となったのが、ドミニカ国とこのセントビンセント。

 

ドミニカではどこだったのかわからなかったが、このセントビンセントには当時のセットがそのまま残り、ちょっとした観光地になっているらしい。(Maps.meの地図アプリでも「パイレーツの〜」って出てくる)

 

 

そんなにこの映画詳しいわけではないが、ミーハー的に是非とも行ってみたい!

 

 

って事でやってきました。

 

キングスタウンからミニバスで30分ぐらいのところの「WALLIABOU」。

 

町の看板に思いっきり「HOME OF THE PIRATES OF CARIBBEAN」と書いてあるね。

 

 

 

ミニバスから降りて早速海辺に近づいてみると、そこには綺麗な海が広がっていた。

 

 

 

「おー! ここってジョニーデップが〜」

 

 

 

とか知ったかぶって言いたい所だが、正直映画での背景なんてどこも一緒に見えるので全くピンとこない笑

 

 

 

 

「ふーん、ここで撮影したんだね」

 

 

 

くらい笑

 

 

むしろこの写真で「あ!映画のとこだ!」ってピンと来る人がどれだけいるのか。。

 

まぁとにかくここで撮影みたいね笑

 

 

 

まぁでも確かに雰囲気はいいよねー。

 

 

映画で使われたものではなく、現実で世界で昔使われたであろう大砲なども残っていた。

 

 

なんか海賊っぽいマークも。

 

多分後付けだろうけど。

 

 

 

 

 

ここで「沖にあるアーチと洞窟を見に行かないか?」というボートの客引きをしているおじさんがいた。

 

 

「んー、、まぁ映画もあまり覚えてないし大丈夫だよ」

 

「オレは映画に出演もしたんだぞ」

 

「え?まじで? ちなみに何作目?」

 

「1作目ではジョニーデップに土産物を売って、2作目では漁師で出た」

 

「へーそうなんだ! 全くわかんないけど笑」

 

しつこくないし良い感じの人ではあったが、単純にボートには興味なかったのでお断りしたけど。

 

↓ボートの人がゴリ推ししてたアーチの岩。

 

映画に出てきたのかな?

 

ここに映画の、と言うより現実にカリブの海賊がいたのかな?

 

なんてゆっくり想像するだけでもなかなか面白い。

 

人や文明は変わるけど自然は変わらないしね。

 

今とは変わらない景色だが、実際に映画のような海賊がここにいたのかなー?なんて。

 

 

そういや今まで訪れた国とかで要塞などは見てきたけど、カリブの海賊に関する情報ってのはなかなかなかったけど。

 

やはりカリブでのサトウキビの貿易などが盛んだったころにいたんだろうね。

 

 

 

 

そしてここには1軒の家があった。

 

 

 

中に入ってみると思いっきりハリボテ。

 

どうやら映画のセットで使われたようだ。

 

 

中にはパイレーツオブカリビアンに関する写真や資料が色々飾られていた。


 

 

これは映画撮影時のこのセットの様子みたいね。

 

 

 

こちらは撮影スケジュール。

 

コマに対して、出演するキャストとか場面なんかが書いてあったり。

 

自分には全然わからんが、映画好きからしたらかなり貴重なものかもねー。

 

 

隣にあったレストランにもパイレーツオブカリビアンのポスターが。

 

映画と関連付けたい感じもするがそこまで強引ではない。

 

個人的にはむしろゴリゴリにロケ地って事をアピールして観光地にすればいいのになとは思ったが。

 

まぁセントビンセントに来る観光客がどれぐらいいるのかわからないが。。

 

レストランにあった映画のシーンの一コマ。

 

特になんの説明も書いてなかったが、もしかしたらこのシーンをここで撮影したのかもしれないね。

 

 

 

パイレーツオブカリビアンなんて見た事はあるけどずっと昔だし正直詳しく覚えてないからねー。

 

今見たら、この風景とかさっきボートのおじさんとかわかるのかな?

 

 

 

 

 

ちなみに、、、

 

 

 

パイレーツオブカリビアンのロケ地に来るのはここが初めてではない

 

以前、ロンドンからトルコへと移動中の飛行機でパイレーツオブカリビアンの4作目(多分)を見たのよね。

 

その映画の序盤で

 

 

「あ、ここ知ってるぞ!」

 

 

って建物が出てきた。

 

 

 

ロンドンのグリニッジ天文台近くの、確か「Old Royal Naval College」とかいうやつだ。

 

そこを訪れた1週間後くらいにまさに映画に出てきたのでビックリ笑

 

「なんかいかにも中世ヨーロッパって感じの建物だな」とは思ったが、まさかパイレーツオブカリビアンで使われてたとは。

 

 

序盤の、ジョニーデップが海軍みたいのから逃げるシーンである。

 

まぁそのシーンを貼るとまずそうなので、google検索のリンクを貼っておきますので興味ある方は是非。

 

↓↓↓

 

Old Royal Naval College

 

 

 

 

 

 

てな感じで、ここもなかなか楽しめたので良かったです。

 

まぁでも過去の映画ロケ地シリーズでは、チュニジアのスターウォーズのロケ地が最高にテンション上がったけどね。

 

ルークの家とかがそのまま残ってるわけです。

 

 

。。。その時の記事のリンクでも貼ろうかと思ったら、、

 

チュニジアの記事一切書いてなかった。

 

 

自分でもびっくりである。

 

確か東ヨーロッパあたりの記事は、リアルから遅れすぎて全部すっとばしたのよね笑

 

チュニジアはけっこう周ったのでちゃんと書きたかったとこだが。。

 

まぁ気が向けばそのうち復刻版?として書きます。

 

 

せめて写真だけでも。

 

↓ルークの家

 

↓Episode 1で使われたハリボテのセットにて。

 

 

 

 

以上、セントビンセントからお送りしました。

 

 

次はグレナダへ入国です。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:138.セントビンセント・グレナディーン, 07:21
comments(0), trackbacks(0), - -
セントビンセント・グレナディーン諸島に到着。

セントルシアを早朝に出発した飛行機は無事に到着して「セントビンセントおよびグレナディーン諸島」に入国。

 

長い国名よね。。

 

まぁ「および」以降は島々で、メインのセントビンセント島に到着です。

 

 

空港はセントルシア並みの小さい空港。

 

まぁそれでもwifiが使えるのはありがたい。まだ午前7時くらいなのでちょっとのんびりする。

 

 

さて、一息ついた所で目星をつけておいた宿へと向かう。

 

この空港から歩いて30分弱、滑走路を周りこんで反対側にあるという「Sea Breeze Hotel」という宿の情報を、過去の旅人のサイトなどで得ていたのよね。

 

空港前を走っているミニバスでも簡単に行けて、あっさり到着。

 

 

 

 

 

したのだが、

 

 

 

 

 

 

なんだか雰囲気が違う?

 

 

 

 

 

 

ホテルってか完全にレストランなんですけど。。??

 

 

とりあえず中で聞いてみる。

 

 

「えーと、ここってホテルじゃないの?Sea Breezeっていう」

 

 

「あー前はそうだったけどね もう変わったよ」

 

 

マジですか。。。

 

 

ここだったら30USDほどとカリブにしては安く泊まれそうだったので期待してたのに。。

 

 

 

これは困った。

 

そーいや空港を出てすぐ左に「Adam's Apartment」という宿もあったな。。

 

そこに行ってみるしかないか。。

 

 

 

 

 

と思ったら、

 

そこのレストランに来ていた近所の人が声をかけてくれた。

 

「泊まるとこを探しているのか? この先の家のアランってやつを訪ねると良い」

 

「ん??」

 

「多分泊まれる部屋があるぞ」

 

「まじで?笑」

 

 

なんと現地人から宿情報をもらうなんてロープレのゲームのような展開笑

 

ちょっと面白そうなので、その人に教えてもらった場所へと行ってみる。

 

小高い丘の中腹ぐらいにその家があった。

 

まぁ見た感じほんと普通の一軒家だ笑

 

家に近づいてみると、中から一人の男が出てきた。

 

 

「えーと、、なんか部屋があるって聞いたんだけど。。」

 

「おー泊まるとこを探しているのか? だったらウチに泊まるといい」

 

 

まじか笑 展開早いな笑

 

 

とりあえず家を見せてもらったが、もう完全にプライベートな家。

 

ベッドにはたくさんのぬいぐるみが置かれ、どこかの子供がそのまま使っているようだ笑

 

 

 

えーと、、、、僕はこのベッドに寝るのかな?笑

 

 

 

どうやらこの家の2階は、普段はどこかの家族が使っているらしいのだが、ちょうどその人たちがいないので使っていいという。

 

 

まぁそれでも無料ではなく、言われたのは2泊で150Cドル、約6000円だ。

 

多分値切る事も可能だったろうけど、なんかこの展開が面白かったのでそのままOKした。

 

それに他の宿でここより安い部屋もまずないだろうしね。

 

 

ほんとに完全な家だなー。

 

最近流行ってきている有料民泊のairbnbも、多分こんな感じになるのかな?

 

ちょっと調べてみたらこの後行く仏領ギニアで安く泊まれそうなのでairbnbデビューはその時になりそうです。

 

 

 

さて、セントルシアで2泊野宿した直後だったので、とりあえずシャワー浴びてゆっくり昼寝。

 

 

 

したかったんだけど、家の人が何回も話しかけにきてゆっくりできなかった笑

 

そーいや今更だけど、この辺りのカリブの国ではほとんどの国で英語が公用語になっているので会話が楽なのよねー。

 

こうやって意思の疎通が簡単にできるのはほんと楽。

 

多分これがスペイン語だったら理解するのにかなり苦労しただろうしね。

 

まぁそんなスペイン語圏にはもうすぐ入るわけだけど。

 

 

しばし落ち着いてからはミニバスに乗って首都のキングスタウンへと向かう。

 

 

到着した第一印象は、他の国以上にレゲエな人達が多く、ごちゃごちゃした感じ。

 

昼間からお酒飲んでる人達も多く、危険な感じはしないが好きな雰囲気ではないな。

 

 

到着したバスターミナルの隣が魚市場になっていた。

 

例によってここも日本の援助が入ったようです。

 

こざっぱりとした市場では、美味しそうな魚が並んでいる。

 

バルバドスで見れなかったトビウオが見れたらいいなと思ったけどここでも見れず。

 

売られている魚は、日本でも売られているような美味しそうな魚だ。

 

カリブだからと言って、いかにもな熱帯魚を食べたりはしないのね。

 

 

さて、町中をふらふらしてみる。

 

ここがメイン通り、手前の古そうな建物は警察署。

 

 

近くの教会へ。

 

これがセント・ジョージ教会。

 

その向かえにあったのがセント・マリー教会だったかな。

 

ここの教会も残念ながら修復中だった。。なんだ?カリブの教会は修復中が多いぞ。

 

 

道端にあったポスト。

 

かつてはイギリス領だったので赤い、イギリスのマークも入っている。

 

まぁ今は放置されてゴミ箱みたいになっているが。

 

ローカルな店。

 

 

マーケット。

 

 

ふむ、やはり「ザ・見所」と言ったものは少なく、適当に町をぷらぷらして雰囲気を味わう感じだな。

 

 

個人的に一番良かったのが、キングスタウンから2kmほど離れた所にあるフォートシャルロットという要塞。

 

2kmという距離以上に、ひたすら丘を登っていったのでけっこう疲れたが、ここからはキングスタウンの町を見下ろす事ができた。

 

幸い風も強かったので休憩がてらゆっくり景色を楽しむ。

 

 

 

この一角がこの国の首都の中心。

 

そう考えるとやはり小さい町ではあるな。

 

要塞には例によって大砲などが並んでいたが、要塞の中には何枚かの絵が飾られていて博物館のようになっていた。

 

 

それらの絵は、昔の奴隷貿易時代の事を描いたものだ。

 

このセントビンセントでは、先住のカリブ族と他の島から逃げてきた奴隷達がイギリスなどの入植にかなり抵抗した歴史があるようだね。

 

当時は奴隷だったかもだけど、完全に人間ではあるからね。

 

そりゃ抵抗とか反乱も起きるよね。

 

が、最終的にはヨーロッパからの入植は避けられなかったようだが。。それだけヨーロッパの力は圧倒的だったのだろう。。

 

あまり良い歴史ではないが、事実ではあるしもうちょっと詳しく知りたい所です。

 

時間ある時にyoutubeでそうした動画でも探してみるか。

 

 

要塞を降りてバスに乗って、宿近くにある「Indian Bay」というビーチへ。

 

現代のセントビンセントは、ローカルの人達がのんびり海水浴を楽しんでる平和な国である。

 

 

 

さて、今日はこんなもんで満足かな。

 

帰りにご飯でも買って帰るが、今回はヤギのスープをチョイス。

 

ヤギのスープでも以前セントキッツで食べたのとは全然違い、今回はシチューみたいな料理だ。

 

肉がトロトロで、じゃがいももごつごつ入って食べごたえもあって美味しかった。

 

 

そーいや料理の名前、店の人に聞いたけど忘れたな。。

 

「マトンほにゃらら」って言われて

 

「え? マトンごーるすぴー?」

 

って聞こえたように言ってみたら、やっぱり全然違ったようで爆笑してたけど。。なので名前はわからず。

 

 

 

で、こちらがセントビンセントのビール。

 

他のカリブのビールよりも味が濃い目だったような。

 

ちなみにこのラベルにセントビンセント〜の地図が描かれてますね。

 

一番大きいのがセントビンセントと、その他のたくさんの島でこの国が成ってます。

 

 

このセントビンセントには、あの映画「パイレーツオブカリビアン」のロケ地があるらしい!

 

ミーハーな自分としては是非とも押さえておきたいポイントだ。

 

って事で明日はパイレーツです。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:138.セントビンセント・グレナディーン, 07:40
comments(0), trackbacks(0), - -