RSS | ATOM | SEARCH
野宿で乗り切るセントルシア

バルバドスを夕暮れに出発したLiatの飛行機は無事にセントルシアへと到着。

 

入国審査を済ませ空港の外に出る。

 

空港はえらい小さくて、wifiは使えるものの24時間やっている感じではない。。

 

今日はもう暗いし、このまま空港泊したかったがそれはできなさそうだ。

 

 

セントルシアは安宿の情報もあまりなく、探すのも面倒だったので今日は空港の近くで野宿でもするかー。

 

安宿がないカリブでは、いつでも野宿できるようにタイでテントと寝袋を買っておいたのよね。

 

でも、今のところ空港泊は何回もしたが野宿はまだだった。

 

今後を考えると、逆に野宿をする機会もここが最後になりそうなので、「いっちょここらで野宿かな」っていうね。

 

Google mapの航空写真を見てみると、幸い空港は町からも離れているし目の前がすぐビーチだ。

 

そしてちょっとした空き地のスペースがあったので、空港から歩いて5分ほどのそこに行ってみた。

 

 

 

そこはグラウンドのような空き地で、いかにも誰も来ませんって感じだったのでここで寝る事に。

 

テントを張ると目立つし、蒸し暑そうなので寝袋だけ広げて海風のあたる場所に寝転がってみる。

 

 

ふむ、なかなかに心地良い。。

 

 

まだ午後8時くらいなので眠くもなく、旅仲間のシンガーソングライターの曲と波の音が混ざったのを聞きながらカリブの星空なんかを眺める。流れ星も2回ほど見る事ができた。

 

別に野宿が嬉しいわけでもないが、こうして普段と違う事をするってのはちょっとテンションが上がるよね。

 

キャンプみたいだし、「あー今旅してるなー」って感じる。

 

ぼけっとしていると、自然と今までの旅の事とか今後の事とかも色々考える。

 

こうして携帯もいじらずにゆっくり考え事するのも久しぶりなような?

 

なんかすごい優雅な時間の使い方をしてる気もしてきた。

 

 

 

が、浮かれてたのも最初だけで、けっこうアリが多かったようで何回も噛まれて「痛っ!」って体がビクってなる笑

 

そして誰も来ないとは思いつつもやはり心配ではあるので結局安眠はできないっていうね。

 

 

まぁそれでもうたた寝を繰り返していたら夜は明けて朝日ができてた。

 

明るくなると、こんな場所で寝てたのねってのがわかる。

 

なかなか雰囲気いいじゃんね。

 

 

 

さて、このセントルシアはもう翌日の飛行機で出るのだが、それも午前6時と早朝なので今日はまたここで野宿するつもり。

 

つまり日中はバックパックを背負っての観光となる。

 

一応荷物は軽くするために、テントと寝袋は草むらの中に隠しておいた。

 

 

てなわけで行動開始。

 

まずは空港に戻ってちょっとネットして、あとウォータークーラーがあって水を飲めたのでありがたい。

 

そーいやカリブのほとんどの国って水道水が飲めるのよね。けっこうちゃんとしてるのである。

 

 

一息ついてから空港から幹線道路まで歩いてからそこまで首都のカストリーズまでミニバスで移動し、さらにそこからセントルシア南部のスフリエールという町へこれまたミニバスで移動。

 

 

このスフリエールからは、世界遺産となっている「ピトン山」が見えるのでそれを見に行くためだ。

 

スフリエールまでの道中は、ドミニカと同じように熱帯雨林のような光景が広がっていた。

 

山もあるし似たような気候なんだろうね。そもそも国も近いしな。

 

 

スフリエールに到着。けっこう小さい町のようだ。

 

町中心にある教会。

 

 

 

ビーチの方へ出てみると、早速お目当てのピトン山が見えた。

 

ここだけぽっこり尖がったこの山は、カリブの象徴的な山となっているみたいね。

 

反対側を見ると、小さいボートとビーチ。

 

なかなか雰囲気の好きな町だな。

 

 

ここに来たのはピトン山が目的だし、もうちょっとしっかり見れそうな、Maps meの地図アプリ上にあった「View point」に行ってみる。

 

Maps meはこうしたポイントも表示されるし良いよね。かなり活躍してくれてます。

 

 

さて、そのビューポイントは町中から1kmほどではあるんだけど、道中はずっと山道なのでバックパックを背負っているのでちょっと辛い。。

 

汗だくになりながらも到着したビューポイント。

 

 

 

 

 

だったが、

 

 

 

 

 

どうやらピトン山ではなく、スフリエールの町を見下ろすポイントだったようだ。。

 

 

 

いや、この景色もなかなか良いんだけど、そうじゃなくて自分は山が見たいのよー。

 

 

ちょうどここに車で来ていたローカルっぽい人に聞いてみたら、ここからもうちょい上がるとピトン山が見えると教えてもらったのでさらに頑張って山道を登ってみる。

 

 

すると、そこにはごたいそうに世界遺産のマークもあるビューポイントだった笑

 

 

 

世界遺産のマークはさておきなかなか良い景色だ。。

 

しばし休憩がてらここでのんびりする。

 

ちなみにこの山は実際には「Piton"s"山」で、ちょうど奥に隠れてしまっているが、同じように尖がった山がもう一つあるのよね。

 

確か見えているのが「Petit Piton」で、裏にあるのが「Gros Piton」だったかな。

 

場所によっては二つがきれいに並ぶビューポイントもあるようだが、自分はまぁここで満足かなー。

 

 

 

 

さて、一路カストリーズへ戻る。

 

カストリーズも首都ではあるが小さい町で、ロンプラ(ガイドブック)を見ても、見所として載っているのは教会の一つだけだ笑

 

とりあえずその教会へ。

 

「Cathedral of the Immaculate Conception」となっている。名前長い。

 

けっこう大きな教会で、内部は木造なのかちょっと変わった雰囲気だった。

 

特徴的だったのが壁一面に描かれている模様や絵。

 

なんかアフリカでもこんな教会あった気もするが、なかなか珍しい雰囲気だし良いね。

 

 

こちらは教会の隣のあった公園。

 

巨大な木は「Ancient Saman Tree」と書いてある。

 

ようわからんがまぁ古い木なのね。

 

ここの公園でしばしお昼寝。

 

昨日あまり寝れなかったのと、ずっとバックパック背負ってるからかちょっと疲れてきたようだ。

 

 

小一時間ほど寝てからはマーケットへ。

 

現地人向けのマーケットってよりは、観光客向けの土産物マーケットだった。

 

ってことはそれなりに観光客が訪れるって事かな?

 

小さい国ではあるが、クルーズ船が寄港するのだろう。

 

色々売っているが自分は荷物増えるの嫌なので土産物はほぼ買わない。

 

でも一時帰国した時に訪れた旅仲間の家にあった世界中のお土産物を見てちょっと羨ましかったが。。

 

特にエチオピアの民族が常に持ち歩いている木の椅子。それを友達の家で見た時はめっちゃ笑ったw

 

ただの物じゃなくて、色々思い出があるものはやはり良いね。

 

 

自分は例によって絵葉書だけ購入。

 

カリブの島から毎回実家に出してるけど果たして何枚が届くのか。。

 

 

後は適当に町をふらふら。

 

「Our police is the best in the World」

 

誰が書いたんだか笑

 

 

さて、お腹も空いてきたので食料を調達。

 

マーケットに行くと一軒人が集まっている店があったので自分もそこで。

 

肉料理とかもあったようだだが、なんとなく魚の料理をチョイス。

 

そしてビールも。

 

さっき見てきたピトン山が描かれていてローカル感があっていいね。

 

 

買った料理を開けてみると、大きいマグロのグリルがふた切れ、あとは定番のイモやバナナ、豆、サラダが入ったコンビネーションだった。

 

料理はこれで12Cドル(500円弱)。まぁ量が多いので半分はまた夜に食べよう。

 

 

食べ終わってほろ酔いになりながらも今回は歩いて空港まで戻る。

 

途中に見かけた魚市場。

 

ここも例によって日本が援助したみたい。年号を見ると2016ってなってるからほんと最近だな。

 

 

空港に戻ってからは目の前のビーチでのんびり。

 

カリブに来てからはこうしてのんびりする時間が増えたなー。

 

セントルシアは山も海も両方キレイなので贅沢だ。

 

 

 

夕方になってからは空港に戻り、ひたすらネットしてブログの更新など。

 

 

そーいやここのセキュリティ達が数人でポケモンGoをやってたな。

 

自分の近くにきたので「ポケモンいた?」って聞いてみたら

 

「ここすぐ出たとこにいたよ!」なんて嬉しそうに話してくれたが。。。仕事しろよ笑

 

こんなの日本だとそっこークビになりそうだが、まぁ適当な国の方が多いよね。。

 

 

 

さてずっと空港にいたかったが、今日の最終便が午後7時半ぐらいだったようで、8時にはほぼ人がいなくなってしまった。。

 

周りからも「このチーノずっと何してんだ?」みたいな目線を感じるようになったので、ご飯の残りを食べて歯を磨いてから野宿スポットへと戻った。

 

 

この日はテントをシート代わりに敷いたら多少アリからの攻撃も減ったかな?

 

まぁ翌日の飛行機は早朝なので結局また安眠もできないのだが。

 

 

次はセントビンセントへと移動します。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:137.セントルシア, 08:37
comments(0), trackbacks(0), - -