RSS | ATOM | SEARCH
ドミニカで熱帯雨林をちょっと散策。

こんにちは。

 

1回記事書いたけど操作ミスで全部消えた。。こうなると思いっきり気力もなくすよねー。

 

普段は途中で保存しながらやってるんだけどね。。まぁこんな時もありますわな。

 

って事で1日ぶりの更新です笑

 

 

 

さて、ドミニカ国2日目。

 

今日は町からちょっと離れて熱帯雨林っぽい自然を見に行く。

 

今までのアンティグアとかセントキッツとかと違って、このドミニカは熱帯雨林の国なので雰囲気が全然違うのよね。

 

ドミニカには世界自然遺産にもなっている、ミネラルウォーターにも描かれていた「モルヌ・トロワ・ピトン」って国立公園がある。

 

せっかくならここに行ってみたいが、公共のアクセスが不明なのと、まぁ町からちょっと離れたらそこはもう世界遺産と変わらんような熱帯雨林が広がっているしな。

 

てことでアクセスが簡単な「トラファルガーの滝」ってやつに向かう。

 

ロゾーからはバンで30分くらい、5Cドルで滝まで連れてってくれる。

 

 

ここはちゃんとした国立公園になっているようで、ゲートもあるし入場料も5USDくらい必要。

 

なんか1週間有効で色んなとこの共通券もあったけど、それだけ周る人がいるって事かな?

 

インフォメーションでは、ここやドミニカの他の見所のパンフレットが置いてあった。

 

ちゃんと観光地として整備されている感じがする。

 

 

さて、滝までは入り口から10分ほど歩くんだけど、そこはもういかにも熱帯雨林の中。

 

こんな感じな場所は久しぶりだし、なかなか心地良いね。

 

 

道中にはいかにも熱帯っぽい植物も見られる。

 

これとかもね、写真やガイドブックでよく見る植物だけどどーゆーのかは不明。

 

熱帯の中を歩いていく。。ほんと今までとは別世界だな。

 

熱帯のドミニカは昆虫類も豊富らしい。

 

ヘラクレスオオカブトなんかもいるらしいが、子供の頃と違って逆に今はカブトムシとか触れなさそうだが。。

 

とりあえず見かけたキレイな青のトンボ。

 

 

こんな感じの道中をゆっくり歩きたどり着いたトラファルガーの滝。

 

どうやら2つの滝があるようで、こちらが左側。

 

こちらが右側の滝。

 

どちらも落差は20〜30mほどとなかなか立派な滝である。

 

滝の近くまで行こうと思ったけど、ごつごつした岩場は滑りやすかったのでやめて、水辺に座ってしばしぼんやり。

 

その時に一瞬だったけどハミングバード、ハチドリの姿も見れた。

 

光沢のある緑色の体をしててなかなかかっこよかった。写真には撮れずに残念だったが。

 

 

にしてもドミニカってこんな渓谷って感じの所があったとは全然知らなかったね。

 

カリブの海も良いが、こうして変化があった方が飽きずに楽しめるってもんだ。

 

カリブの国はあと5ヵ国訪れる予定だけど、今後の島もそれぞれ違った楽しめ方ができるかな?期待したいところです。

 

 

 

さて、滝にも満足したので次のスポットまで歩いてみる。

 

この近くに「Wotton Waven」という温泉があるらしいのよね。

 

だーれもいないような山道を歩いていく。ローカルの人もいないのでちと不気味ではあるな。

 

途中川があって橋がかかっていたんだけど、その橋の両側は道がなくなっていた。。

 

どうやら過去に洪水で道が流されてしまったようだ。

 

Wotten Wavenも前はちゃんとした観光地だったようだが、道が流れて車でのアクセスが無理になってしまったからか、今は観光地としてはほぼ機能してない感じだった。

 

 

さて、そのあたりに近づいてみると、おぉなんか湯気が出ている場所がある。

 

近づいてみると、日本の温泉と変わらないように硫黄のような匂いがするなー。

 

で、その湧口を見てみるとボコボコとお湯が沸いているのがわかる。

 

 

試しにちょっと離れた水たまりを触ってみたら普通に熱かったし、完全に温泉だこりゃ。

 

温度も温泉卵を作るのには申し分ない。

 

ただ残念ながら生卵は常に持ち歩いていないので温泉卵は作れないが。。

 

 

 

 

いやーさっきの滝はまだしも、カリブに温泉まであるとは想像を超えていた。

 

どうやらこの辺のカリブの島は火山によってできた島みたいだな。

 

ちなみにこのドミニカには世界第二位の沸騰湖があるらしい。まぁ「沸騰湖」と言われてもピンと来ないんだけど、要は温泉って事よね。

 

世界遺産になっている国立公園と、その沸騰湖がドミニカでの人気の観光地みたいです。行かないけど。

 

まぁここで温泉が湧いているのが見れたので個人的には満足である。

 

別の場所にもお湯が湧いている所があった。

 

 

ロゾーに戻ってからは「Morne Bruce」とかいう展望スポットに行ってみた。

 

そこまで時間もかからずに行けて良かったが、残念ながら木が邪魔でそこまで良い景色は見れなかったが。

 

右に見えるのはクリケット場ね。ドミニカもイギリス領だったためクリケットの人気が高いようだ。

 

 

港にあったフェリーターミナル。

 

ちょうどお客さんが集まってきてたので、どこに行くのか聞いてみたらグアドプールに行くとの事。

 

グアドプールは独立国じゃなくてフランス領なので今回は行かない事にしたが、飛行機ばかりじゃなくてフェリーでも行けるとこもあるようだね。

 

マーケット。

 

マーケットをふらふらしていたら、突然スコールが降ってきたので近くにあったKFCに避難。

 

カリブの他の国でも、マックはないけどKFCはハイチ以外の国で見かけている。

 

アフリカもだけど黒人ってチキンが好きなのよね。多分。まぁ自分も好きだが。

 

カリブだとローカルの食事でも600〜800円となかなか高いし、飽きてもくるのでKFCというチョイスがあるのは嬉しい。

 

たまには、ってか週3回ぐらいKFCに来ているような。

 

ちなみに、国によってチキンなどの味やメニューは一緒だけど、ドリンクがコカコーラだったり、ペプシだったり、あるいは全然違うローカルのジュースだったりと、経営が別なのか微妙な違いがあって面白い。

 

KFCはいつ行っても混んでる。

 

これがローカルのクレオール料理ね。

 

煮込んだ豚肉、これにご飯、イモ、バナナ、豆、サラダがつく。

 

量が多いので昼に半分食べて、夜にもう半分食べたりしてたな。

 

こちらがドミニカのビール。

 

ラベルにドミニカの地図が載っていて良いよね。

 

1ヵ国1本ビールを飲んでラベルを集めているが、カリブではぽんぽん国が変わっているのでラベルも順調に増えてます。

 

ちなみにビールは275mlぐらいで小瓶なので自分にはありがたい。150円くらいかな。

 

 

スーパーにはナッツとかパッションフルーツで作られたリキュールも売られていた。

 

 

ナッツのはちょっと美味しそうだけどどうなんだろ?

 

カルーアとかアフリカのアマルーラ(だったかな?)みたいな甘いのが好きな自分としては気になるところ。

 

まぁボトルがでかすぎるし買うほどでもないが。


 


ドミニカはこんな所かな。

 

何回も言うけど、他のカリブの国と気候が違ったのでけっこう楽しめたかなと。

 

そーいやこのドミニカではパイレーツオブカリビアンのロケ地に使われたようだけど、どこで撮られたのかは不明。

 

まぁ今後、セントビンセントでもロケ地があるらしいので行ってみます。

 

 

さて、次に向かうのはバルバドス

 

またバスで空港に戻ってチェックインしたんだけど、他の空港では「出国税」がチケット代に含まれてたんだけどこのドミニカでは別だった。。

 

そーいやこのドミニカからのフライトは他の路線と比べて安かったような??

 

税金が入ってなかったから安かったのね。。

 

出国税59Cドル、2400円ぐらいを払い、次のバルバドスへと向かいます。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:135.ドミニカ国, 08:21
comments(0), trackbacks(0), - -
もう一つのドミニカ、ドミニカ国へ。

いきなりだけどPokemon Go、日本でもかなり流行っているのかな?

 

リリースから数日経ったけど、おそらくかなり熱中してる人も多いはず。

 

反面、歩きスマホとか立ち入り禁止地区でのプレイとか問題も多そうだけどね。

 

個人的にはこのポケモンGo、かなり面白いと思っている。

 

一番の面白さはやはり「現実世界がゲームの舞台になっている」ところかな。

 

通勤途中や散歩中など、実際に外を歩いてポケモンを捕まえるっていうね。

 

今まで以上に外歩きが楽しくなるしポケモン探すために外出、なんてことも増えるだろうね。

 

多分地域限定のポケモンとかいるのよね? 世界レベルで限定とかあれば、そのうち「ポケモン捕まえるために世界一周」なんてツワモノもそのうち出てくるかもね。

 

ブログ上でもちょっと書くけど、数か国ではポケモンGoに熱中している人を何人も見かけたわ。

 

自分もやりたいんだけど、実際宿のwifi環境だけではポケモンはほぼ捕まえられず。。

 

って事で諦めてるけど、まぁいずれはやってみたいかなと。

 

そん時はもう誰もやってないかもだけど笑

 

 

 

 

 

さてさて、アンティグアバーブーダを早朝に出発して向かった先はドミニカ

 

以前訪れたのは「ドミニカ共和国」で今回は「ドミニカ国」である。

 

なんとも紛らわしいよね。。そしてこの二つの国って名前は似てるけど共通点ってあまりない。

 

じゃあなんでお互いドミニカなの?って疑問が出てくるけど、調べてみてもそれぞれの国の違いに関しては出てくるけど、国名に関する由来なんかは出てこない。。

 

国としては「ドミニカ国」が最初で、後からできたのが「ドミニカ共和国」

 

区別するために「共和国」とつけたらしいんだけど、そもそも違う名前にすれば良かったんじゃないの??

 

もしかしたら「ドミニカ」という単語に何か意味があるのかもね。

 

時間ある時にちゃんと調べてみるか。。

 

 

さて、降り立ったドミニカの空港は、アンティグアの立派な空港と違ってなんともしょぼい田舎の空港って感じ。

 

学校の教室ほどのスペースに、入国審査、荷物受け取り、税関がすべて入っていた。

 

トイレも入国審査前の場所にあったが、荷物待ってる間にトイレに戻ったりとか行き来が自由笑

 

なんともゆるい感じだね。

 

 

乗ってきたLiatの飛行機。

 

毎回フライト時間が1時間もないので機内食もなにもない、ただ移動するだけの飛行機。

 

 

さて、ドミニカも小さい島国なんだけど、この空港と首都のロゾーは島のほぼ対極に位置していて車で1時間ほどかかる。

 

空港からのタクシーだとロゾーまで30USDかかるが、空港か2kmほど歩いたMarigotって村からはバスに乗れるようなのでそこまで歩いていく。

 

綺麗なリゾートって感じの海ではないが、早朝の海の景色はなかなか好きだね。

 

 

実際はMarigotまで行かなくても、空港の敷地内を出た場所でロゾー行きのバンを捕まえる事ができた。

 

適当に走ってくるので止めてロゾーに行くか聞けばOK。

 

値段は10Cドルなので3.5USDくらいか。

 

 

ロゾーまでの道中はくねくねの山道を行くのだがその光景がなかなか面白かった。

 

と言うのも、まあ飛行機からの景色でもうわかってたんだけど、このドミニカは今までのカリブの国と違って熱帯雨林が生い茂ってるのよね。

 

昨日いたアンティグアとかは暑かったけどどちらかと言うと乾燥してるような感じだったけど、ここはほんと熱帯雨林って雰囲気だ。

 

 

同じカリブの島でもこんなに気候が違うのね。おそらく雨が多いのだろう。

 

そして後でまた書くけど、このドミニカはこうした熱帯雨林などの自然が見所になっているみたいね。

 

雰囲気が変わるとまた飽きずに楽しめるし良かったかな。

 

 

 

さて、ロゾーに着いてからは宿探し。

 

事前に目星を付けていた何県かを当たっていく(予約サイトでは高い宿しか出てこない)。

 

最初に訪れたのはMa Bass Guesthouseで44USD。。。けっこう高いな。

 

だがこれでもドミニカでは安い方なのよね。 とりあえず保留で他も見る事に。

 

次はSymes Zeeとかいうバー兼ホテル。110Cドルだから41USDくらいか。。これも微妙。

 

次に近くにあった、小さいけど新しそうなホテル。

 

聞いてみたら90USDとの事笑 高いよ笑 思わず笑ってしまったぐらい。

 

 

で、次のKent Anthony Guesthouse。

 

聞いてみたら100Cドル、37USDか。。。これも安くはないが、他にもう知ってる宿はないのでここに決定。

 

この部屋で37USDか。。

 

トイレなどは共同だし、タイとかなら500円くらいで泊まれそうな宿なんだけど。。

 

カリブは宿代が高くて参るね。。金銭感覚も狂ってきて、30USDなら安いとか思ってるもんな。

 

まぁ仕方ないですな。

 

 

 

さて、荷物を置いて早速ロゾーの町を歩く。

 

と言ってもここも小さい町なので2時間もあればほぼ周り切ってしまうのだけど。。

 

 

最初に来たのは教会。

 

そこそこ目立つ教会で、ロゾーのシンボルっぽい感じなんだけど思いっきり修復中だった。。

 

カリブの教会は廃墟とか修復中のが多いな。

 

 

次はボタニカルガーデン。植物園ですね。

 

熱帯雨林のドミニカらしくこうした植物園が見所になっている。

 

植物は詳しくないけど、いかにも南国的な植物が公園内に点在している。

 

 

 

そんな植物園での一番の見所はこちらのバス。

 

なんと何年も前のハリケーンで木が倒れ、キレイにバスをぺしゃんこにしたようだ。

 

見事に潰れてます。(けが人はいないらしい)

 

 

木が切られているのもあって、正面から見ると機関車トーマスみたいになっている。

 

ここまでキレイに潰れるもんなんだねー。

 

それほどこの木の重量がすごかったってのもあるんだろうけど。

 

なかなか珍しいものが見れたような。

 

 

 

後は町中をふらふら。

 

土産物マーケット。

 

その辺にあったアフリカっぽい、ってかカリブっぽい絵。

 

マーケットではバナナやイモなど、この辺で取れそうな物が多く売られている。

 

町中にあった壁画。

 

このドミニカではホエールウォッチングなんかできるみたいだね。

 

クルーズ船も来るようだし、カリブの小国にしては観光資源が豊富そう。

 

 

 

海沿いには魚市場があった。

 

外から見てみると、中に日本の国旗がちらっと見えたので入ってみた。

 

どうやら日本の援助でこのフィッシュマーケットは作られたみたい。

 

無風で旗が見えないけど、ドミニカと日本の国旗。

 

市場の中にはこんなポスターもあった。

 

「NO ID   NO FISHING」って事なんだけど、これも日本が協力しているようで日本の国旗とJICAのロゴが入っていた。

 

魚も見たかったけど、時間帯が悪かったのか魚はほぼ売られていなかった。残念。

 

ちなみに朝の、空港近くのMarigotの村の漁港にも日本の国旗がついてたな。

 

アンティグアに続きこのドミニカでも日本の援助は魚市場に向けられるようです。

 

 

ちなみにこちらは中国の援助で作られた橋のようで、中国らしく獅子の像が立っている。

 

宿でポケモンGoを起動してみたら、この獅子の像がポケモンのなんかのスポットになっていた笑

 

ポケモンGo、やはりこうして現実世界とリンクしてるので面白いよね。

 

ちなみにこの像の近くにはwifiがなかったので、結局ポケモンのなんのスポットなのかはわからず笑

 

 

 

こちらは獅子ではなく、奴隷の像。

 

このドミニカもかつては奴隷による農場なんかがあったようだね。

 

そー言えばドミニカでは博物館行ってみようかと思ってたけど結局行かなかった。。

 

この像、ほら貝を吹いているんだけど、町中で魚売っている人もほら貝吹いてたな。

 

奴隷の像の前にあるFort Young Hotelという、かつての要塞を改造したホテルがある。

 

多分ロゾーでは一番有名なホテルのようで、泊まっていると思われる欧米人の姿もちらほら。

 

日本でも旅館じゃなくて忍者屋敷とかお城みたいなホテルってあるのかな?

 

そーゆーのも外国人にはウケそうだよね。

 

こちらは名前は忘れたけどRock Ruins cafeみたいな廃墟レストラン笑

 

廃墟をあえてそのまま利用した感じだけど、見た感じそこそこ人気がありそうだった。

 

こーゆー変わった感じのは面白いよね。

 

 

 

町歩きとしてはこんなもんかな。

 

コーラでも買って、海辺でぼけっと過ごす。

 

ちょっと奥を見ると、山なんかも見れてやはり他のカリブの島とは雰囲気が違うかな。(これから行くセントルシアとかは似てるかもだけど)

 

 

明日は町から離れて、こうした自然を散策してみようと思います。

 

ビーチとかとは違ったカリブの楽しみ方ができそうかな?

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:135.ドミニカ国, 09:13
comments(0), trackbacks(0), - -