RSS | ATOM | SEARCH
[ドミニカ共和国]最後に見たカリブの海はやはり綺麗だった

ドミニカでの滞在も早くも最後になった。

 

観光の中心の旧市街はもう満足なので、今日はまだ行ってないエリアを散策してみる。

 

まず向かったのは海沿いだ。

 

サントドミンゴは海に面しているし、クルーズ船とかでも直にこれるような場所である。

 

でも旧市街近くにはドロッドロの茶色の川がそのまま海に流れ込んでいて、正直旧市街近くの海はかなり汚い。。

 

まぁそれでも散歩がてら海沿いを、旧市街から離れるように歩いていく。

 

 

海沿いには、所々遊歩道になっていて歩いていても気持ちがよい。

 

肝心の海は、旧市街で見るよりはクリアになってきているが、それでもキレイとは言えないかな。

 

ってか人がまばらなこの遊歩道を歩いていると、靴磨きの人がどんどん声をかけてくる。

 

別に靴を磨いてもらうつもりはないが、まぁ話すぐらいならいいしね。

 

ほぼ全員が黒人だったのだが、みんなハイチの人のようだ。

 

このドミニカの方がハイチより経済状況は格段に良いので、出稼ぎにきているみたい。

 

 

なので、みんな靴を磨きたくてけっこう必死なご様子。

 

話をしていても、オレの靴をちらちら見てるのがわかる。

 

こちらが先に「いや、靴磨きはいいから」って何回も言うが、ずっとついてくるしな。。

 

そして終いには強引に

 

「あ!なんだあれ!?」

 

「ん?」

 

ってそっち見てるうちに靴を磨こうとしてきた笑 子供かよw

 

「いやいやいや笑 マジでNo Thank youだから」

 

 

必死なのはいいけど、強引なのはダメよー。こちらは別に磨いてもらいたくないからね。

 

ちゃんと磨いて欲しい人にしてあげてくださいな。。笑えたからいいけど。

 

 

てなわけでいまいち落ち着いて散歩もできないが、いつの間にかちょっとした公園についた。

 

 

ここでは現地の人がアイスなんか食べたり憩いの場って雰囲気。

 

自分の木の陰でしばし休憩。

 

変わらず海はキレイとは言えないが、、まぁまだまだカリブの旅は続くので今後に期待ですな。

 

 

この海沿いにはカジノとかでかいホテルとか立ち並んでいた。

 

アメリカとかからの観光客はこういうとこに泊まるのだろうね。

 

写真後ろはシェラトンね。

 

 

 

このエリアを後にして向かったのは旧市街の北の方「Parque Enriquillo」という公園周辺だ。

 

ここは交通の拠点になっているようで、ここから近距離、中距離のグアグアが出発しているみたい。

 

そのせいか人通りも多いし、マーケットも並んでいる。

 

かなり活気もあるね。ハイチほどのアウェー感はないが、それでもカメラを出すと目立ってしまう。

 

 

 

 

移動バナナ屋。

 

バナナだけでなく、軽トラの荷台にたくさんの果物を積んでアナウンスしながら町を走り周っている車もたくさん見かけたな。

 

日本のさお竹屋みたいな感じね。

 

 

自分もマンゴーを買ってみた。

 

2つで10ペソ、22円だからけっこう安いよね。

 

ナイフは使わずに口でマンゴーの皮をはぎ取るようにしてから食べる。味もなかなか。

 

今後の国でもこれくらいの値段でマンゴー食べれてビタミン補給できればいいけどどうだろね?

 

 

ドミニカ最後の食事はこちら、バナナ。

 

何回も行ってた、料理が並んでいて指さしで選べるスタイルの店にあったのよね。

 

せっかくなのでちょっと変わったものをチョイス。

 

左に映っているのはミートソースみたいなやつ。

 

 

指さしで選んだので、現地のドミニカ人がこうした組み合わせで食べるのかはわからんが、ミートソースがなかなか美味しくて当たりだった。

 

バナナは、アフリカなんかでもそうだったが果物としてのバナナではなく、もはやポテトと言った味と食感。

 

結局ドミニカではどの料理もおいしかったかな。

 

他のカリブでもこんな感じかなと期待できるね。

 

 

 

さーて、ドミニカももうこれで満足かな。

 

ちょっと早いが空港に向かうことにした。

 

空港までは、このParque Enriquilloの2ブロック北から出てる「ボカチカ」行きのグアグア(60ペソ)に乗って、空港近くの分岐降ろしてもらうのが安上りだ。

 

ミニバスなのだが車内はぎゅうぎゅう。

 

だがこんなミニバスでもwifiが使えた笑 ボカチカまでは30分もかからない距離なのに。。なかなかやりますな。

 

 

空港への分岐点で降ろしてもらって、そこから空港までは2kmほどあるのだが、そこにバイクタクシーが待機してるのであとはバイクで行けばよい。

 

自分はまだまだ時間があったのと、バスの車窓から見えた海がキレイだったので海沿いを歩いて空港まで行ってみることにした。

 

 

 

 

これが大正解!

 

 

 

海がめちゃくちゃキレイだ。。。

 

 

 

このボカチカが、サントドミンゴから気軽に行けるリゾートってのはガイドブックで見て知ってたけど、ここまで海がキレイだとは思ってなかった。。

 

最初に、それこそドミニカ屈指のリゾート地のプンタカナにいたわけだけど、プンタカナより断然キレイだぞこれ。

 

さっき見たサントドミンゴの微妙な海から、車で30分足らずでここまで変わるのね。

 

これがカリビアンブルーですか。。すげえ。

 

 

 

このまま海にダイブしたいところだが、今は20キロほどあるバックパックを背負ってるのでただの自殺行為なのでやめておく。

 

ちょっとしたビーチになっている所ではたくさんの子供が遊んでいた。

 

いや、こんだけキレイな海だったら間違いなく楽しいよね。

 

 

でも今は空港に向かう途中、バックアップも背負ってるしとても泳げる状況ではない泣

 

なので木陰でしばしこのカリブの海を眺めて楽しむ。

 

こんなに海がキレイなの知ってたら1日ボカチカに来てもよかったなー。もったいない事をしたかな。

 

 

この後は空港へ、次に向かうのは隣の島プエルトリコ。

 

プエルトリコは一応アメリカの一部なのね。

 

って事で入国審査が厳しそうなイメージがあるが。。

 

その辺の話はまた次回で。プエルトリコも楽しみですな。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:130.ドミニカ共和国, 10:16
comments(0), trackbacks(0), - -
[ドミニカ共和国]黄熱病の予防接種を無料で受けよう

はい、今もドミニカの首都サントドミンゴですが、今日は観光とは違った話をば。

 

 

ドミニカについて色々調べてたら「ドミニカで黄熱病の予防接種してきた」みたいなブログ記事を見つけたのね。

 

 

黄熱病の予防接種は自分も以前エジプト受けた事あるが、それを証明する書類、通称「イエローカード」はすでにボロボロになりすぎて日本に置いてきたのよねー。

 

さらにエジプトのなのでメインはアラビア語で書かれてたりと内容がいまいちわからなかったし。

 

タイにいる時にまたイエローカードもらいに行こうか迷ってたけど、結局行かなかったのよね。。

 

 

サントドミンゴの観光もだいたい満足してきたので、いっちょここで予防接種を受けてみることに。

 

調べてみると、予防接種は「Programa Ampliado de Inmunización」という施設で受けられるらしい。

 

場所はこの名前で検索すればgoogle mapで出てきます。

 

ちなみに、予防接種を受けれるのは火曜日と木曜日の9時から13時の間。。

 

実は1回来たらやってなくて(水曜日)、翌日また来ることに。。まぁ仕方ない。

 

 

 

中に入り黄熱病の予防接種を受けたいと伝えると、あっさり通してくれて手続きしてくれる。

 

ちなみに黄熱病は英語だとそのまま「Yellow Fever」だが、スペイン語だと「Fiebre Amarilla」みたい。

 

受付でパスポートだけ見せればOKで、あとはドクターにこれからどこの国を訪れるのかを質問される。

 

自分はベネズエラ、ペルー、ブラジルなんかを挙げておいた。

 

 

で、早速黄熱病の予防接種をしてくれた。

 

あとポリオのを液体で口に2滴ぐらい、これはパキスタンでもやったけど。

 

そして結局調べてもわからなかったがSRという謎の注射と、合計3つの予防接種をしてくれた。

 

↓半笑いで耐える

 

 

てな感じであっさり終了した。痛いっちゃー痛いけど一瞬だったからね。

 

着いてから15分もかかってないんじゃないかな?

 

こちらが新たにゲットしたイエローカード。

 

 

 

 

 

 

そしてこの費用なんだけど、、

 

 

なんと無料である。スバラシイ。

 

 

黄熱病の予防接種って、日本でやると1万円以上するのよね。

 

最近の世界一周旅行者がよくするタイでは3000円くらい。

 

自分が以前受けたエジプトは1000円ぐらいだったかな。(今は値上げしてるらしいが)。

 

って黄熱病のだけでなく、計3つもしてくれて無料とはなんとも気前が良い話だね。

 

 

 

 

だがちょっと待った。

 

「わーい 無料だったー ラッキー」

 

と能天気に帰るのもなんか違う気がする。

 

 

確かに無料なのは嬉しいが、外国人である自分がこのドミニカで無料で予防接種を受けられる権利はないんじゃないか?

 

このワクチンはもちろん、実際には色々はコストがかかっているはずなのだし。

 

上でも言ったが、日本でするなら1万円以上する予防接種だ。

 

 

まぁそこまでは出せないが、タイなら3000円か。。

 

なのでそれぐらいの寄付を置かせてもらうと思った。

 

我ながら普段は超ドケチなんだけど、このあたりはしっかりしておきたいと思ったわけで。

 

 

まぁ前の、アジアとかアフリカとか旅してた時はこうは考えなかっただろうけど笑

 

今はワーホリ直後で多少お金もあるからね。お金があると気持ちにも余裕がでてくるみたい笑

 

 

でも実際にはこの施設には募金箱がなかった。。あらら。

 

まぁでも空港かどこかになんらかの募金箱があるかと思うので、いずれそれぐらいのお金をいれておこうかとは思います。

 

まぁとりあえずはありがたい話ですね。

 

 

 

 

さて、予防接種を無事に終わり、地下鉄に乗ってショッピングモールにでも行ってみることに。

 

このドミニカではなんと地下鉄が走っているのよね。

 

おそらくできたのも最近なのか、かなりキレイで近代的な地下鉄だ。

 

 

 


 

ヨーロッパなんかの地下鉄に比べても全く遜色がないぐらいキレイだ。

 

今は2路線が運航していて、6号線までの計画があるらしい、なかなかすごいね。

 

正直ドミニカにこんなのが立派な地下鉄があるとは思ってなかった。。思った以上に発展していたわけで。

 

ちなみに料金は35ペソで70円くらいね。

 

 

 

 

さて、ある乗り換え地点で駅構内を歩いていると向こう側から歩いてくる一人のアジア人男性と目が合った。

 

「んー?日本人ぽいな」

 

と思ったら、あちらもそう思ったみたいで

 

「こんにちは?」

 

と声をかけてくれた。

 

「おーこんなところで日本人」

 

って感じでお互い驚いてる感じ。

 

クールビズのような格好をしており、見た感じ観光客ではなくビジネスできているようだ。

 

「JICAの方ですか?」

 

と聞いてみたら

 

「いえ、エホバの証人です」

 

との答え、、、なるほど笑

 

 

そして、実際にはこの男性一人ではなくて6人ほどで行動していたようで、後続で歩いていた他の日本人たちもいつの間にか会話の輪に加わる。

 

ってこんなにいたのか笑

 

この方たちも、むしろこんなとこでなにしてるの?って感じでこちらに興味を示してくれた。

 

世界一周中です、とか他愛のない事を話したが、自分の話をするよりやはりこの人達の事が気になる笑

 

色々質問させてもらったが、まぁ簡単に言うとドミニカで布教活動をしているようだ。

 

もうドミニカに何年も住んでいる方もいれば、最近来た方、さらには仕事は日本でしていて、休暇をとって今回ドミニカでの布教活動に来たという方もいた。

 

へーなかなかすごいね。

 

エホバの証人に関しては、全然詳しくないので否定も肯定もしないでおくが、とにかく「日本人がこのドミニカに来て布教活動を行っている」という事実には驚いた。

 

この方達にはそこまで熱心になれるものなんだろうね。

 

 

多分、こちらがドミニカ在住だったら「是非お話しでも」って感じだったんだろうが、残念ながら放浪中の身なので勧誘の対象?にはならなかったようだ。

 

一応名刺とパンフレットはもらったけどね。

 

まぁせっかくなので、暇な時にパンフレットは読んでみますか。。

 

自分が知らない世界の事は、とりあえずなんでも知っておこうというスタンスだからね。

 

 

 

 

さて、そんな事もあったけどショッピングモールに到着。

 

「Agora mall」という近代的なショッピングモールだ。

 

 

中に入っているショップも、ZARAとかMANGO、SWAROVSKIみたいな他の国でもよく見るような定番の店が並ぶ。

 

特に買い物をしない自分は、中にあった大きなスーパーを冷やかしたり、上にあったフードコートをぷらぷらするぐらいだが。

 

ちょうど昼時だったのだが、ケンタッキーだけえらい並んでいた笑 人気なのね。

 

個人的には隣のタコベルが気になったが笑

 

 

 

このショッピングモール内にもあったが、近くにマクドナルドがあった。

 

何回も言ってるが、自分はオーストラリアのマクドナルドで半年働いてたのよねー。

 

それ以降、マックが気になって仕方ないのです笑

 

まぁ実は元々世界一周する時に、「各国の物価比較」をしようとしてたのね。

 

今となっては全然更新していないホームページも持ってたりするが、一応各国で・コーラ・ビール・日本への切手・ガソリン・タバコなどなどの値段をチェックしているのよね。

 

そして「ビッグマック指数」というビッグマックの値段がその物価を表しているってのもあって、ビッグマックの値段もチェックしているのです。(アフリカでほぼマックを見なくなって中断したが。。)

 

そんな、世界のマクドナルドへいざ入店。

 

 

店内はまぁ普通のマクドナルドかな。スタッフがえらい多かったが笑

 

内部のシステムや使っている機械を見ると、オーストラリアのとは違っているみたい。

 

 

メニューを見るとビッグマックなどの定番はあるね。

 

ちなみにビッグマックのセットが250ペソで550円くらいかな。

 

 

自分は「Deluxe Sandwich」みたいのを注文、昼割引があってこのセットで150ペソ、330円なので安い。

 

 

中はダブルチーズバーガーにレタスやトマトを入れたようなやつ。

 

バンズもオーストラリアや日本では使ってない、普通のパンみたいのだな。

 

中もケチャップとかマヨネーズなんかで味付けしてあって、あまりマックっぽさはないが味はなかなか美味しかった。

 

 

これで330円ならお得感あるなー。

 

また食べたいと思ったけど、やはりせっかくドミニカにいるからドミニカ料理を食べないとね、って事で今回だけにしたけど。

 

 

ちなみに、後で気づいたけどこの「Mangu」とかいうメニューもあるみたい。

 

「100% Dominican」なんて書かれてるし、ドミニカオリジナルメニューだったかもね。朝メニューっぽいが。

 

 

まぁドミニカのマックはこんな感じでした。

 

多分今後の国でも1回はマックに行くと思いますのでまたレポートします。誰得か知らないけど。

 

そーいや、マックのハンバーガーって大体の国では作り置きはしてないんだけど、ドイツはしてたのよね。

 

で、食べたチーズバーガーが「いやいやこれはもう廃棄だろ!」ってぐらい固くなってた。。

 

ドイツではもう2度とマック行かないって誓ったよね。

 

 

次回はまたドミニカの話ですー。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:130.ドミニカ共和国, 10:11
comments(0), trackbacks(0), - -
[ドミニカ共和国]世界遺産の旧市街を散策。

ドミニカの首都サントドミンゴの旧市街は世界遺産にもなっていてここが観光の中心だ。

 

昨日の更新に続き今日もこの旧市街をぷらぷらした話でも。

 

 

まずはこちらの「サン・フランシスコ遺跡」

 

かつては修道院だったようだが今は完全に廃墟。

 

ただ毎週日曜の夜には開放され、「メレンゲ」というローカル音楽のライブが開催されるみたい。

 

それはちょっと見たかったかも。

 

 

こちらは「パンテオン」

 

かつての大統領やら歴代の総督、国民的英雄などが葬られている霊廟みたい。

 

 

建物自体も元々教会だったようで厳かな作り、さらにたくさんの棺と国旗があるので、なんの知識がなくてもとりあえずこの雰囲気には圧倒させられる。

 

 

ちゃんと衛兵も立っている。

 

オレが来たときは他の係員とぺちゃくちゃしゃべってたのに、団体客がきたらこんな感じでピシッと笑

 

まぁこのゆるい感じがラテンだね笑

 

 

この旧市街ではそこそこの観光客を見かけた。

 

でも巨大なクルーズ船は寄港してなかったので、一般の飛行機で来たツアー客かな。

 

クルーズ船きた時は激混みになりそうだねー。

 

旧市街にはこんな感じで観光客向けの馬車がいる。

 

あと、私設ガイドと土産物売りもかなり多い。ここには4日ほど滞在したのだが、旧市街のメイン通りを歩くたびに何人にも話しかけられるのでちと疲れる。

 

 

こんなちょっとオシャレな看板もあちこちに

 

 

 

昨日写真を載せたコロンブスの像がある広場など、ローカルのドミニカンはあっちこっちでドミノをしている。

 

ドミノ倒しじゃなくてドミノそのものね。

 

知らなかったけどこうやって4人でやるものなのね?

 

最初遠目で見た時は麻雀でもやってるのかと思った笑

 

 

旧市街の街並みはこんな感じ。

 

 

 

こちらは観光のメインストリートとなっているエルコンデ通り。

 

 

このエルコンデ通りの東の端はコロンブスの像がある広場で、西の端は独立記念公園となっていて、この写真の三人の霊廟にもなっているようだ。

 

詳しくはわからなかったが、まぁ独立の尽力した英雄的な人たちかな。

 

 

 

このエルコンデ通りの両側には土産物屋が並ぶ。

 

だいたいどこの店にもチェゲバラの絵が売ってあるのよねー。

 

ドミニカはあまり関係なさそうだけど、カリブというくくりで言えば一緒か。無理やりだけど。

 

 

おぉ野球ボールも売っている。

 

そーいや結局野球やっているのって学校みたいなとこで1回見ただけだな。

 

ドミニカでは一番人気のスポーツらしいけど、インドのクリケットみたいにそこら中でやってるわけじゃないみたい。

 

 

スポーツ用品店ではちゃんとバッドやグローブも売っていたし、やってるのはやってるんだろうけど。

 

 

土産物には謎の飲みものらしきものが売っていた。

 

中には枯れ葉やら木くずみたいのが詰まっててなんとも怪しげな飲みものだ。。

 

写真撮らせてもらってあとで調べたけど、これは「MAMAJUANA」というお酒で、滋養強壮にきくという。

 

なんか養命酒みたいな健康ドリンクになるようだ。

 

養命酒飲んだことないけど、なんとなくイメージはつくな。

 

 

簡単にだけど、旧市街はこんな感じかな。

 

雰囲気は良いけど、日差しの下にいると暑すぎてすぐに休憩したくなってしまう。。

 

そーいや、旧市街のすぐそばには中華街もあった。現地では「唐人街」となってたかな。

 

「移民」と書かれた、その辺で太極拳とかやってそうな普通な人の像が立ってたり。

 

 

 

ふーん、中国人はどこにでもいるねーと思ったら、

 

なんと日本人もこのドミニカに移住してきた歴史があり、さらにその記念碑まであった。

 

 

実際にこうして移民としてやってきたのだろう、1組の家族の像がそこにはあった。

 

像の正面には「国策ドミニカ日本人農業移住記念碑」と彫られていて裏にはこの説明。

 

なるほど、ちょうど60年前に移民で来た人たちがいたようだね。

 

そー言えば結局訪れなかったけど、そうして移住してきた日本人がやっている琥珀の宝石店がサントドミンゴにあるようです。

 

 

 

旧市街の町歩きはこんなもんかな、簡単にだったけど。

 

 

この日の最後にはビールでも飲む。

 

恒例の1ヵ国1ビールです。毎日ビール飲んでる旅人も多いみたいだけどね。

 

まぁコーラだったら自分も毎日飲んでる気がするが。。

 

ドミニカのビールは「Presidente」ってやつ。キリンビールなんかと近くて飲みやすかったかも。

 

 

宿でドミニカの事を調べてたら、どうやらこのドミニカで黄熱病の予防接種が受けられるみたい。

 

黄熱病の予防接種は以前したけど、証明書がボロボロになったので置いてきちゃったのよね。

 

まぁ南米で必要なのかイマイチ把握してなきが、受けれるなら受けておきましょうって事で明日は予防接種にいってきます。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

意外にも25位くらいにいれてます。ありがとうございます。

 

author:oka, category:130.ドミニカ共和国, 10:11
comments(0), trackbacks(0), - -
[ドミニカ共和国]巨大なコロンブスの墓。。ってあれ?

ハイチでの滞在も満足したのでドミニカ共和国へと戻る。

 

利用するのは往路と同じCaribe tourだ。

 

かかった時間も9時間と同じだったのだが、違ったのはなんとCaribe tourのバス停に出国審査官が来て、そこでハイチの出国手続きをしたこと。

 

さらにドミニカ入国時も、添乗員がまとめて全員分のパスポートを持ち、個人的に入国審査を受ける必要がなかった事。

 

てなわけでドミニカに帰る方が楽かと思いきや、結局荷物の検査やらで9時間かかったわけだけど。。

 

↓帰りの食事、チキンの煮込みもなかなか美味しかった。クレオール料理レベル高し。

 

 

そんなこんなで戻ってきたドミニカ。

 

ハイチと比べると圧倒的に都会の雰囲気になった笑

 

ほんと、同じ島だしちょっと移動しただけでこれだけの差があるってのは面白い。

 

この日はもう暗くなったのでもう寝ただけで、翌日はこのサントドミンゴの観光の中心「Sona colonial」という旧市街エリアを歩く。

 

 

このサントドミンゴは、アメリカ大陸を「発見」したコロンブス、その弟など親族などによって発展していった歴史があるので、コロンブスはドミニカでも歴史上の英雄だ。

 

コロンブスは死後、自身の希望通りのこのサントドミンゴに埋葬されたという。

 

ずっと旧市街にある教会に埋葬されていたようだが、1992年、コロンブスのアメリカ大陸発見500年記念の年に、巨大な記念灯台が作れられ、遺体もそこに移されたとの事。

 

こちらがその「ファロ・ア・コロン」(コロンブス記念灯台)。

 

 

かなり巨大な建造物で、全長150mくらいあるかも。

 

そして、上から見ると十字架の形になっているらしい。

 

しかも週末にはライトアップされて、その十字架の形が空に浮かぶらしい。。かっこいい。

 

おそらく今のサントドミンゴのシンボル的な建物になってます。

 

 

入場料100ペソ(220円)を払い中に入ると、そこにはたくさんの彫刻があしらわれた、威風堂々なお墓が。。

 

なかなかすごい。

 

これを見ればコロンブスがどれだけの影響を持った人物だったのがわかるね。

 

ちなみにコロンブスはドミニカではなくスペイン人だ。

 

でもドミニカをかなり気に入っていたようで、死後はこのドミニカに埋葬して欲しいとの事だったという。

 

 

こちらが棺のよう。

 

って人間のサイズより小さく宝箱みたいな感じ。。中はどうなっているのか気になるが、毎年10月12日にこの棺が開かれるとの事。

 

 

この巨大な建造物は、博物館みたいにもなっていて、各国からの贈り物が展示されていた。

 

日本からも、鎧やら昔の能面が並んでいた。

 

こんな所で鎧が見れるとは思ったので意外。

 

 

 

さて、コロンブスと言えば大航海時代の英雄の一人だ。

 

あとは「ヴァスコダガマ」「マゼラン」が有名ですよね。

 

ヴァスコダガマのお墓はポルトガルで見たような。。マゼランのはどこにあるんだろ?

 

フランスシコザビエルの墓はインドで見たな。。

 

なんて事を考えてたら思いだした。

 

 

「あれ?コロンブスの墓ってスペインで見たような?」

 

 

確か、スペイン南部のセビージャの大聖堂にあった気がする。。

 

って事で、今自分のブログを見返してみたら確かにセビージャにあった。。

 

セビーリャのカテドラル!

 

 

 

おいおい笑 どっちが本物なんだ??

 

って調べてみたら、どうやらコロンブスの死後、その遺体は本人の航海のように転々と移動したらしく、セビージャに葬られた事もあったが、その後サントドミンゴに移動されたとの事。

 

だがここにある遺体も、実は「本物」かどうかの確証はないらしい。。

 

過去にはDNA鑑定しようって話もあったようだが、ドミニカ側は消極的だったようだ。

 

まぁもしドミニカのが本物じゃなかったら困るからね。。笑 その辺は曖昧なままが良いようです笑

 

 

そんなコロンブスの像は、旧市街の中心のコロン広場にもある。

 

 

どこを指さしてるのかわからんが、これこそ同じような像がバルセロナにあったな。

 

バルセロナのは右手で指さしてたと思うけど。

 

 

 

このコロンブスの像の後ろにあるのがカテドラル(大聖堂)。

 

コロンブスの遺体は以前はここに埋葬されていたらしい。

 

 

 

内部はいかにも歴史を感じされるような作りだ。

 

ヨーロッパでの教会よりも、内部が白くて明るく見える。

 

この今日はサンゴ石で作られているみたい、なんとも南国的だねー。

 

 

 

こちらのアルカサルという建物は、コロンブスの子孫が3代にわたって住んだという建物。

 

外観は簡素だが、内部には当時のベッドやら家具やらがそのまま並べられた博物館になっている。

 

 

 

サントドミンゴの観光は世界遺産になっているこの旧市街がメインだ。

 

あと丸2日時間があるので、続きの写真はまた次回に。

 

 

とりあえずこちらで食べた料理でも。

 

バスの中で食べたクレオール料理が美味しかったので、それっぽい店でご飯を食べた。

 

別のレストランと同じスタイルの、料理がずらーっと並んで自分で指さしで選べるのが嬉しい。

 

選んだのはチキンの煮込み、辛くないカレーみたいなやつだ。

 

ビーフシチューって言った方が近いかな?

 

 

なかなか美味しく頂きました。

 

 

 

帰りにはスーパーを物色。

 

滞在もまだ数日あるしな。。お酒は普段飲まないが買うなら今かな。。

 

と思って迷ったけど買いました、お酒。ラムね。

 

カリブと言えばラムだからね。

 

一応1回ぐらいは買ってみようと思ってたので。

 

買ったのは「RON BARCELO」というドミニカ産のやつだ。

 

ドミニカでは有名みたい、世界的には知らんが。

 

 

そう言えばラムって白いのと黒いのがあるよね。

 

なにが違うんだろう?って事で調べてみたら、どうやら基本的には白で、それを樽で熟成させたものが黒くなるらしい。

 

お酒詳しい人には怒られそうな簡単な説明ですが。。

 

と言うわけで黒い方が良いのかな?まぁ味の好みはそれぞれですが。

 

 

自分はコーラにぶっこんでラムコークに。

 

ふむ、ビールよりもこちらの方が断然美味しいかな。

 

かと言って大量にも飲めないので、ドミニカ出る時に絶対あまりそうだけど。。

 

 

ともかくこんなとこでもカリブの雰囲気を楽しんでます。

 

 

サントドミンゴ滞在はまだ続きます。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:130.ドミニカ共和国, 10:56
comments(0), trackbacks(0), - -
[ドミニカ共和国]サントドミンゴへ到着、ガラナを飲む

リゾート地のプンタカナを後にして、今日は首都のサントドミンゴへと向かう。

 

バスはBavaro Expressってのが定番の会社らしく、それの9時発のに乗れるよう8時半ぐらいにその会社へ着いた。

 

が、残念ながら9時発はすでに満席との事。。くそ

 

次の便は2時間後の11時発。一応待合室があったからよかったが、いきなり2時間待ちで朝から出鼻をくじかれた感じだ。

 

このあたりをふらふらもしてみたが特に何もなさそう。

 

↓通ったスクールバス。アメリカのとそっくりだけど寄付されたのかな?

 

なのでこの2時間でブログ書いたり、あとは持ってきた指さし会話帳でスペイン語の勉強したり。

 

スペイン語はまだ何も知らないに等しいのよね。。知ってるのは数字くらい。

 

とりあえず覚えたのは、「朝」は「MAÑANA」

 

そして「明日」も「MAÑANA」らしい。。紛らわしすぎるだろ笑

 

じゃあ「明日の朝は??」と思ったが、今調べたら「MAÑANA POR LA MAÑANA」みたい。

 

なるほど。。まぁ毎日少しずつ覚えていきましょう。

 

 

さて、今回使ったのはBavaro Expressという会社だったが、なんとバスでwifiが使えた。

 

 

「wifiあり」をうたうバスはたまにあるけど実際に使えるのって珍しいのよね。

 

ドミニカなかなかやりますな。。

 

そー言えば南米とかはバスのレベルが高いって聞いてたけどここら辺もそうなのかな。


 

道中ではひたすらサトウキビの畑などがあった。

 

サトウキビは奴隷貿易の時代に、たくさんの黒人が連れてこられこのサトウキビの栽培なんかをしたみたいね。

 

カリブだと「ラム酒」のイメージもあるけど、その原料がこのサトウキビよね。

 

小さい国だし、サントドミンゴまでは3時間ほどで到着。

 

適当にサントドミンゴの事をネットで調べてたらあっという間に着いた感じです、wifiいいね。

 

 

バス停から宿までの2kmほどは歩いて町の感じをさぐる。

 

プンタカナのドミニカンはほぼ黒人だったけど、ここでは褐色な感じの人が多くなったかな。

 

↓この写真だとほぼ黒人だけど笑

 

そしてグアグアが縦横無尽に走り回っている。

 

行先も表示されているだけど、自分にはそれがどこかもわからないのでちょっと敷居は高いか。。そのうち試してみるけど。

 

 

 

路上でジュースを売っている人がいたので見てみたら、なんとガラナが売っていた。

 

そーいやガラナって南米が発祥らしいね。(調べたらこれは特に有名な会社のだったし)

 

 

 

日本での一般的なガラナの認知度ってわからんのだけど、北海道だとガラナって普通にあるのよね、なぜか。

 

ガラナわかりますかね?まぁコーラみらいな飲み物だけど。。

 

あのKIRINでもガラナを北海道限定で売っていてラベルにも「北海道限定」って書いてある。

 

でも15年前くらいかな? それが「北海道発」って変わってたのよね。

 

「おー全国展開したのか?」って喜んでたら、しばらくしたらまた「北海道限定」に戻ってた。。あんまり売れなかったのかな?笑

 

 

北海道出身だけど地元を離れている自分は、帰省した時に決まって最初に飲むのがこのガラナなのよね。サッポロクラシックではなくこれです。

 

到着した新千歳空港で買って札幌向かう電車の中で飲むのが自分の中で定番になってます。

 

ガラナも数種類あるけどKIRINのが一番好きかな。

 

北海道行った時はゼヒお試しあれ。

 

 

 

えっと、なんだっけ?

 

そうそう、宿に向かってたんですね。

 

 

宿に到着してからは早速でかける。

 

ドミニカからは1週間後にお隣の島プエルトリコに移動するのだが、その間に隣国のハイチへ往復で行ってくるつもりなのだ。

 

ハイチこそ情報がかなり少なかったが、とりあえずサントドミンゴからの国際バスがハイチの首都まで行くのでそのバスのチケットを買いに行く。

 

↓途中にあった国会議事堂みたいな建物

 

バスの会社は「Caribe Tour」、ハイチだけでなく、ってか国内のドミニカがメインで国内どこでも便があるような会社。

 

多分ドミニカで一番メジャーなバス会社かも。

 

翌日のチケットだったので、売り切れてないか心配だったけど、聞いてみた感じだとまだまだ余裕がありそうなので助かった。

 

が、このバスの値段がなかなか高い。

 

詳細はまた書くが、とりあえず往復で110ドルもする! クソ高いわ。。

 

まぁかと言ってここにきてハイチに行かないというわけにもいかないのでチケット購入。

 

ハイチへは明日移動し、2泊3日でまたドミニカに戻ってくるという感じです。

 

ハイチに関してはまた明日から詳しく書きます。

 

 

さーてチケットも買い今後の日程の目途もたったのでとりあえず安心できた。

 

てことでご飯でも食べるか、、実はここ数日、ホットドッグとかパンだけとか、大したもんを食べてないのよね。

 

で、見かけたのがこちらの店「チャイナとクレオール料理」と書いてあるね。

 

クレオールってのが、まぁ超簡単に言うとこのあたりのローカル料理です。

 

中にはご飯が並べられていて、指さしで頼めるのがいいよね。

 

どれがクレオール料理なのかわからんが、とりあえずチャーハンが美味しそうだったのでチャーハンで笑 安定の中華料理笑

 

まぁクレオールはまたいつでも食べれるからね。

 

あとフライドチキンも食べたけど、ケンタッキーみたいに衣に味がついててなかなか美味しかった。

 

 

 

ご飯を食べた後はちょっとだけ観光の中心、旧市街をふらつく。

 

こんなポップな地図もあって、観光地だって感じがするね。

 

ここが目抜き通りなんだけどそこまでにぎわった感じがしない。

 

時間帯にもよるのかな?

 

 

でも土産物屋が多くあるので、それだけ観光客が訪れているんだろう。

 

ドミニカはクルーズ船も来るので、それが来たときは人だらけになりそう。

 

 

絵もたくさん売っているね。

 

今まで見たきた絵とは雰囲気がちょっと違う、、これがカリブ的な絵なのかな?

 

 

 

まぁサントドミンゴにはハイチの後、まるまる3日は滞在するので旧市街の散策はまたその時に。

 

ここら辺で切り上げて、宿へ戻ってハイチの情報収集でもしますかな。

 

明日はそのハイチへと移動です。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:130.ドミニカ共和国, 06:54
comments(2), trackbacks(0), - -
[ドミニカ共和国]はじめまして、カリブ海

ドミニカのリゾート地、プンタカナに到着。

 

着いたのはもう夕暮れだったし、疲れもあるのでこの日はさっさと寝た。

 

時差ぼけもあってかなり早朝に起きてしまったが、外に出るとすがすがしい青空が広がっている。

 

ここの滞在は今日だけなので晴れて良かった。

 

 

 

宿はこんな感じで家を改造したような作りでただの真四角なビルよりもゆったりした雰囲気良し。

 

ちなみにドミで12ドルなんだけど、自分はこれを素直に「安い」と思った。

 

金銭感覚ってその時々によるんだけど、タイに1ヵ月いた後だけど自分の中ではまだオーストラリアの物価が基準になっているようだ。

 

てか12ドルで高いと思ってたらこの後やばいけどな笑

 

このドミニカ以降の宿は最安で30ドルとか50ドルになるらしいのよね、、さすがに高いよね。。どうなることやら?

 

 

宿にはプールもあって良い感じ。

 

まぁ水がちょっと汚いからか誰も泳いでなかったが。

 

 

 

朝食を食べて早速ビーチとへ向かう。

 

宿を出ると、やはりヤシの木などいかにも南国の雰囲気で心地良いね。

 

 

 

で、やってきたビーチ!

 

初めて見るカリブ海は噂通りなかなかキレイ。

 

海藻なんかの浮遊物は多いが、水の透明度が高いのはわかる。

 

 

オーストラリアではずっとビーチ沿いに住んでたけど、そこの海に比べてもキレイかなー。

 

 

 

空の青と海の青。

 

これだけキレイな景色の中を歩いててテンションが上がらないわけがない。

 

こんな時って勝手に歌いだしちゃうのは自分だけではないはず。

 

 

バックパッカーってそれぞれ自分の中での「旅ソング」みたいのがあるのかな?

 

自分もいくつかあるが、まずは爆風スランプの「旅人よ」かな、あの猿岩石の応援曲ですね。

 

猿岩石のユーラシア横断は当時リアルタイムで見てて、自分が今旅してる影響にも実はけっこうなってたりする。

 

中学生の時に親に一緒にロンドンに連れて行ってもらった時は、猿岩石のゴール地点のトラファルガー広場に行ったもんだ。

(そこで写真撮影詐欺にあう笑 写真撮影してきて後で印刷して家に送るからみたいな 20年待ってるけどいまだに写真は来ず)

 

 

そして同じく爆風スランプの「RUNNER」

 

「走る〜走る〜オレたーち♪」ってやつですね。

 

自分の「WORLD RUNNER」ってのも、このRUNNERから引用してたりします。別に爆風スランプの世代ではないが笑

 

あと自分が昔陸上部だったっていう理由もあるのよね。今は全く走ってないけど笑 でもWALKERじゃなくてRUNNERで通します。

 

ちなみにこの爆風スランプのサンプラザ中野は、代々木公園でやる「ラオスフェスティバル」に毎年ゲスト出演してるみたい(今年も!)

 

自分も旅に出る年のラオスフェスで、これらの曲を聞かせてもらいました。懐かしい。

 

 

 

さて、話が脱線してきたが、とにかく歌いたくなるような景色である。

 

 

 

 

ヨーロッパからのツーリストはみんな海沿いの巨大リゾートなんかに泊まっているようで、ビーチチェアで並ぶ優雅に過ごす欧米人が多いね。

 

 

一方こちらは自分はひたすらビーチ歩き回っているだけ。

 

 

日陰がないビーチをひたすら歩いてるので、3時間ぐらいでもうへとへとになってしまった。

 

 

一度、休憩しようと宿に向かって歩いてると、野球のバッドを持っているおじさんがいた。

 

アメリカ以外の海外で野球してるのって見るの初めてかも。クリケットはよく見るけどね。

 

ちょっと嬉しかったのでおじさんに話しかけて、バッドを数回降らせてもらう。

 

おー懐かしい。野球全然した事ないけど笑

 

 

ドミニカと言えばサミーソーサ、あとかつて広島にいたソリアーノが有名かな。

 

ちなみにそのソリアーノは、かつて福留がシカゴカブスに所属してた時に試合を見た事があって、その試合でソリアーノが3打席連続ホームランという圧巻のプレーを見せてくれたのだ。

 

まぁその時はソリアーノがドミニカの人とも知らなかったけどね。

 

 

「ソーサ」「ソリアーノ」なんかの名前も出すとおじさんも嬉しそうにしてくれたので、こちらも日本が誇るスーパースター、イチローのモノマネをしてみたがいまいちウケなかった。。笑

 

 

イチローを知らんのか、それともモノマネという概念がないのか、ただこちらのモノマネが下手だったのか知らないけど非常に残念笑

 

また機会があったらイチローものまねに挑戦したいね。

 

ニッチローというイチロー物まね芸人の動画でも見て勉強しておくか。

 

 

 

さて、ちょっと昼寝してからまたビーチに行ったが、午後以降は曇ってきて残念。

 

 

ビーチ歩いているとドミニカンの物売りなんかが声かけてくるが、みんなただ話しかけてきたり「ドミニカ楽しんでね!」なんて言われたりするのでドミニカの印象はかなり良いかな。

 

 

プンタカナの滞在は今日までで明日は首都のサントドミンゴに移動です。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:130.ドミニカ共和国, 09:36
comments(0), trackbacks(0), - -
カリブ最初の国、ドミニカ共和国到着

今日はドイツのケルンからドミニカ共和国へと移動。

 

いよいよカリブ海旅スタートですわ。

 

 

ケルンの空港は町中から電車で2.8ユーロと手軽に行けるので助かる。

 

が、ちょうどコインが2.5ユーロ分しかなく、仕方なく10ユーロ紙幣でチケットを買う。。

 

お釣りがすべてコインで出てくるのでやっかいなのよね。。

 

今後行くセントマーチンはオランダ領なので多分ユーロが使えると思うけどそれまでコイン持っておくのも嫌だ。

 

って事で、コインを消費すべく駅のスタンドでソーセージでも買う。

 

まぁ無難に美味しいよね。ソーセージってかマスタードうまし。

 

 

さて、空港に到着してチェックイン。

 

今回もEurowingsという飛行機です。ドミニカまで40000円くらいかな。

 

前回のタイからの12時間のフライトは真ん中の席でなかなか辛い思いをしたけど、今回は通路側。

 

これだけでもずいぶん気持ち的にも楽だ。

 

しかも席は、なぜか自分のいる4から7列目だけで仕切られていてなんかちょっと良い席な感じがする。

 

カーテンの前はほんとにランクが上の席ね。

 

タイ→ケルンの時には出なかった機内食も出た。

 

基本的に機内食は有料なはずなんだけど。。

 

「機内食はオーダーしてないんですけど。。?」

 

って聞いたら

 

「もちろんフリーよ(ニッコリ)」

 

と返された。飲み物ももらえたしね。後でまた軽食も出たし。

 

 

なので前回とは違って、今回の10時間のフライトは快適でそこまで長いとは感じなかった。

 

機内では事前に池上彰の番組をいくつか保存しておいたのでそれを見たのと、ブログを書いたりして過ごしたかな。

 

池上彰の番組はわかりやすいので良いよね。

 

国際情勢系のものも多くて、旅中でもよくyoutubeで探して見てます。

 

 

 

快適な空の旅を終え、午後の4時にドミニカ共和国へ到着。

 

ドイツとは時差が6時間、日本とは13時間の差となった。真逆だねー。

 

 

そーいや、ドミニカって「ドミニカ共和国」「ドミニカ国」があるのよね。

 

野球なんかが有名な、今到着したのは「共和国」の方。

 

一般的にはこちらの方が圧倒的にメジャーだと思うので、以降はただドミニカとだけ書きます。

 

 

飛行機を降りると、もあっとした空気に包まれる。

 

ずっと似たような気候のタイに滞在してたのに、早くも暑く感じるな。

 

↓いかにも南国的なワラぶきに作られたターミナル。

 

 

さて、今回到着したのは、ドミニカの首都のサントドミンゴではなくて、東端にある「プンタカナ」というリゾート地だ。

 

ヨーロッパからのフライトは、首都ではなくこのリゾート地直通のが多い。

 

ヨーロッパから10時間もかかるのに、バカンス先としてけっこう人気なようで、イミグレーションには自分の便だけでなく数便が同じようなタイミングで到着したのかディズニーランド並みの大行列になっている。。

 

 

そしてまずここで欧米人はツーリストカードという入国税みたいのを10ドルを払わなきゃならないのだが、なんと日本人は払わなくてよいらしい。

 

ここに並んでいる99%ほどは欧米人だし、ツーリストカード支払いのカウンターを自分だけJAPAN PASSPORTを水戸黄門の印籠のようにドヤ顔で見せつけてスルーする。

 

別にオレが偉いわけでもないのにね笑 まぁ得しましたね。

 

それでも結局入国が終わるまで1時間かかったけどね。。

 

むしろこの人数で1時間で終わったらならマシな方かもしれんが。。

 

晴れてドミニカ共和国入国です。

 

国のカウントとしては130ヵ国目かな。もはやどこから数えたらいいのかわからんが、世界一周からのカウントね。

 

 

 

 

さて、ここから宿まで行くのが一苦労。

 

このプンタカナは欧米人のリゾート地で、ローカルバスなどの移動手段情報が調べてもちーともなかったのだ。。

 

欧米人はみんなツアーのバスやホテルのピックアップ、もしくはタクシーを利用するのだろう。

 

日本語での情報は皆無で、英語で探してもローカルなアクセスは全然ヒットしない。。

 

タクシーで宿まで行くと30ドルとかかかるらしいし、それは高い。

 

 

一応、到着して何人かに聞いてみたが

 

「バスはないよ タクシー乗りな」

 

って言うし。。ぐぬぬ

 

 

 

でも、なんとなく見たgoogle mapではなんかバス停のマークがあるのに気付いた。

 

↓実際には地図左側にある点ね。

 

 

次々に来るタクシーの客引きを振り払いながら、とりあえずこのバス停へと向かってみる。

 

空港を出てラウンドアバウトを右に。

 

看板にも出ているが、自分が行きたいのはBAVAROというエリア。

 

 

 

右に曲がってすぐに、いかにもバス停っぽい建物があった。

 

おー、しかも待ってる人がいる!

 

すかさず聞いてみると、ババロまでのバスはあるという。

 

ってか実際には「BAVARO OK??」ぐらいでしか聞けてないけど。

 

ここからはスペイン語圏になるのよねー、勉強せねば。。

 

 

空港で働いていると思われるこの人達と待っているとボロボロのバンがやってきた。

 

これが「グアグア」という、ドミニカの乗り合いバスだ。

 

アフリカで「マタツ」とか「ダラダラ」とか呼ばれてたのと一緒。

 

ここではグアグアみたい笑

 

だが、このやってきたグアグアが現地人で超満員でとても乗れる感じがしない。。

 

戸惑っている間に行ってしまった。。

 

 

 

10分後くらいにまた別のグアグアがやってきた。

 

こちらはまだ座れそうなので乗り込む。

 

アフリカのように1列4人だし、自分はバックアップも抱えてなのでかなりぎゅうぎゅう。

 

↓ちとすいてから撮った写真。

 

 

バスに乗れてようやく落ち着いた。

 

「ない」と言われたバスを探し、乗れた事に多少の満足感がある。

 

そしてこの超ローカル感満載な、周りはみんな黒人のバス。

 

1年間オーストラリアでのワーホリを挟んだが、まだまだ旅人としてやっていけそうだ笑

 

「あーまた旅が本格的に始まったかー」としみじみ。

 

 

グアグアは住宅地なんかを通っていくが、歩いている人も看板とかのペイントもほんとアフリカって雰囲気だ。

 

カリブ海ってかアフリカに来たようで懐かしい感じ。

 

グアグアに乗っている自分が珍しいのか、こちらを見かけた見かけた子供達が「おーチーノがいるぞ!」みたいな感じで盛り上がってる。

 

西アフリカでは「シノワ」だったかこれからは「チーノ」になるのね。

 

ふいに「チーノ」とか言われても「うわー出たよチーノ笑」って感じで笑える。

 

こんな感じも懐かしいねー。まぁ笑ってられるのも最初だけで段々うっとおしくなるんだろうけど。

 

 

さて、住宅地をクソ遅いペースで走るグアグアだったけど、ある分岐点で降ろされた。

 

どうやらババロへはここで乗り換えて行けとの事でグアグアを降りる。(50ペソ、100円ぐらいか)

 

 

次に乗ったグアグアもまたちょっと進んだ分岐点で降ろされた。簡単にはババロまでは行けないのね。

 

だが、グアグアを降りてお金を払おうとしてたら、なんとグアグアは走り去ってしまった。。!

 

お、お金。。。いいの?と思って100ペソを握ったままポカーンとしてると、その様子を見てたドミニカンが爆笑してた笑

 

 

なんかゆるーい感じよね、ドミニカなかなか好きな国になりそうです。

 

↓ドミニカはバイタクもかなり多いみたい

 

 

次に乗ったグアグアでようやく宿の近くに到着、暗くなる前にチェックインする事ができた。

 

ドミで予約してたけど、なんか知らんおばさんとツインをシェアって形だった。

 

まぁゆっくり寝れたのでいいか。

 

 

 

第一印象ではかなり良いドミニカ、楽しくなりそう。

 

明日はこのリゾート地でのんびりするつもり。

 

ついにカリブ海、楽しみです。

 

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:130.ドミニカ共和国, 09:55
comments(0), trackbacks(0), - -