RSS | ATOM | SEARCH
[ジンバブエ]100000000000000ドル札
ジンバブエを去る前に定番の、

この話をするのを忘れるところだった。




とりあえずこちらのお札をご覧ください。



100,000,000,000,000ジンバブエドル札

いきなり見ると

 「はぁ??」

って感じですね。


ぱっと見ただけではいくらなのかわからん。。。


数えてみると、0が14個ついています。




日本語で言うと

100兆ジンバブエドル

英語だと

100TRILLION

です。

トリリオンなんて初めて聞く単語だし。。



子供がギャグで作ったようなお金のようだけど


正真正銘本物のお金です。


かつてのジンバブエ最高額紙幣です。

そして世界最高額でもあります。





ジンバブエの経済の崩壊、ハイパーインフレにより

どんどんどんどん0が増えていったジンバブエのお金の成れの果てです。

すごいってか異常すぎるほどの0の数。

最終的に、貨幣価値が崩壊してただの紙くずになり終了。




こんなの作るジンバブエ政府バカすぎだろwww


ちなみに印刷はドイツの会社がやったみたい。

さすがに止めてやろよって感じだが、もはや歯止めも利かなくなってたんだろう。

↓いろんな額のお札が何回も発行された


紙くずになったってことは、貯金がすべて無くなったと一緒。

そりゃあジンバブエ中、大混乱になるわ。


こんな大バカすぎるハイパーインフレが起こった理由は

まぁ単純にはやはり政府がバカだったってことなんだろうけど

もっと詳しく説明すると(みんなネットからの情報だが。。間違ってたらすんません)




’鮨庸西豬弍勅圓鯆匹そ个靴胴人に農場を経営させた

→作物生産量が激減して物の価値が上がった(相対的に金の価値が下がった)


外国企業の株の半分以上を黒人が持つように強制

→外国企業がやってらんねーとジンバブエから撤退し、経済的に孤立


J不足でどんどん上がっていく商品の値段を、すべて半額で売るような法律

→製造、販売側が大赤字で経営破綻 物不足がますます深刻になり大混乱



って感じでしょうか。

他に軍の兵士に給料あげすぎたとか、コンゴに出兵するのに金をつかいすぎたとか



とにかく小学生以下の経済政策をとってきたみたい。



完全な独裁者国家ならこうなるのもまだわかるんだけど

誰か「これはおかしい?」って考えるやつはいなかったんだろうかね??


昔はこういう、「10」とか「100」っていう、まぁ普通な単位のお札だったのが



「50万」とか「5000万」などどんどん桁が増えていき



最終的には上の100兆まで膨れ上がっていったみたい。


ちなみに当時その100兆ジンバブエドルは、

パンが1個買えるぐらい価値だったみたいです。。



例えばだけど

1本120円のコーラが、1年後に1本120億円になるみたいな感じかな?

感覚としては「コーラの値段が上がった」というより「お金の価値が無くなった」ってことだね。




自分のお金が紙くずになるって本当に当時の現地人たちにとっては悲劇でしかないよね。


実際上のお札は、その辺のゴミ収集場に散乱してるのを拾ってきたやつだし。

「お札が紙くず」ってのを実際に目の当たりにして笑っちゃったけど。



そんな大バカ野郎のジンバブエ、

現在ではジンバブエドルは姿を消し、アメリカドルと南アランドが日常生活で使われています。

他人の国のお金を自分の国のお金として使ってるわけですね。

なんとも情けない話です。




ってかジンバブエ政府バカすぎだろって何回も言ってるが

果たして借金大国の我が日本国は大丈夫なのだろうか??

ジンバブエをバカにしてる場合ではない気がする。。

日本政府、財政は大丈夫ですか??

まさかの明日は我が身にならんように頼みますよ。。。




--------------------------------
ランキング参加中!
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いしますー!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:46.ジンバブエ, 14:31
comments(0), trackbacks(0), - -
[ジンバブエ]ハラレでモザンビークビザ申請
グレートジンバブエを見た後は

ジンバブエの首都、ハラレに移動。


ハラレに来た理由は「モザンビークビザを取得」するため。


ジンバブエの後はモザンビークに行く予定なのです。

このモザンビークビザ、

実は事前に取得しなくても国境(ムタレのとこね)で14USDと

大使館で取るよりも安く済むという話を聞いていた。


だがこの「国境で取れる」っていう情報はちょっと古いのだ。。

もし取れなかったり高額な値段を要求されたらめんどいので

無難に大使館で取ることにしたけど。






ハラレに着いた翌日、早速モザンビーク大使館へ。

モザンビーク大使館は街中近くにあり、大きいビルにもなっている。

モザンビークってそんな立派な国だったか??って感じだが。。(失礼)

早速中に入りビザを申請する。

特に何の問題もなくあっさり申請完了!

受取は2日後で値段はシングル25USDでダブルなら50USDでした。

マラウィで取ると50USD近くするのでまぁ良かったかな。

ちなみにモザンビークビザは取る場所によって全然値段が違うので注意。

他には南アのケープタウン、ダーバンで25USDで取れる。

スワジランドの大使館では「国境で取れ!」と突っぱねられ、国境では85USD近くも請求されるようなので注意。。

上に書いた、ムタレからの国境は、後日通った時に聞いてみると8USDで取得できるとのことでした。(2012年8月)

まぁビザ情報は変わりやすいので参考程度に。




とりあえず一仕事終わったので

あとはハラレの町をふらふらする。

観光地としては特に見所もないんだけど

ザンビアのルサカやマラウィのリロングウェと比べるとはるかにビルが多くて都会な雰囲気。



町中心近くには大きな公園もあって憩いの場?になっている。

南半球で季節的には春にあたるからか、けっこうたくさんの花が咲いていて歩いているだけでもなかなか気持ちが良かった。



ふらふら歩いているとKFCならぬ「AFC」ってのを発見。

African Fried Chickenってわけですね。

しかもFree WiFi完備笑

まぁメニューはそこそこ高かったので食べてはないんだけどね。



ジンバブエではそーいや現地の人と話したりする機会はあんまなかったような。。

カメラぶら下げて歩いた時にちょっと声かけられて写真撮ったぐらいだなー。

「チーノ!」だの「チンチャン!」だの言われることもなく、

まぁ都会になってきたってことだね。



モザンビークビザを無事に受け取ってからいざモザンビークへと向かう。




モザンビークは南部アフリカでも発展が遅れている国、

よく言えばまだまだ素朴な国なイメージだ。

物価が高かったり、バス乗るときに荷物代を請求してきたりとバックパッカーにとっては悪いイメージもあるけど楽しみです。



<移動>
マシンゴ→ハラレ
大型バスで8USD、8時間半もかかったがミニバスなら4,5時間で着くみたい。。

ハラレ→ムタレ
ミニバスで8USD、3時間半。飛ばしまくりでかなり早く着いた。

ムタレ→モザンビークまでの国境
乗合タクシーで2USD

<ハラレで泊まった宿>
・IT'S A SMALL WORLD
テント泊7USD(560円) ドミ14USD(だったかな?)


詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

ビザ情報、移動情報などの
「一人情報ノート」も更新してます。

--------------------------------
ランキングに参加してますー。
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:46.ジンバブエ, 14:24
comments(0), trackbacks(0), - -
[ジンバブエ]グレート!?ジンバブエ。。
グレートジンバブエ!

名実ともに?ジンバブエを代表する世界遺産

文化遺産としてはピラミッドに次ぐ有名さかも知れないですね。

そして地球の歩き方には「ピラミッドに次ぐ世界第二の規模の石造建築物」と書かれている。



自然も好きだが遺跡も大好きな自分としてはグレートジンバブエは

アフリカで是非とも訪れてみたかった遺跡である。



そんなグレートジンバブエに到着。

入場料は15USD。

どうやら現地人はタダ当然の安値なようだが。。

残念ながらアフリカの観光地では「外国人料金」があって当たり前なんだよねー。



遺跡に到着したのが夕方だったし、曇りで写真うつりも微妙そうだったので

この日はそのまま寝て次の日の朝から遺跡を周ることに。


グレートジンバブエの遺跡は

ピラミッドみたいにドーン!とあるわけではなく、

住居群跡って感じなのであちこちに点在している。

とりあえず、小高い山に建てられた部分を見に行く。

石で囲まれた小道を進んでいく。

そーいやそもそもグレートジンバブエって「石の家」って意味合いらしいね。

 

で、一番メイン?の場所に到着。




んー、、、なんともコメントのしようのない景色だ。。


とりあえずたくさんの石が積み重なって家みたいになっている。

でも自然にある大きな石はそのままで、

その間に石を積み重ねているって感じなので、なんとも迫力も芸術性も感じないのだが。。

正直 「へー」 ぐらいの感想です。




こんな入り口を通ったりするのだが、特にスペシャル感は全く感じない。。


見晴らしの良いところに出ると、

下には石で囲まれた一体があった。

あれがグレートエンクロージャーって呼ばれるエリアかな。



早々とメインの?山を降りてグレートエンクロージャーへと向かう。



ここはたくさんの石で高さ10mほど、直径80mほどの円になっている。


うん、こっちの方が遺跡っぽくていいかな。

でも内部にはちょっとした塔みたいのがあるだけで

やはりただ石が積み重ねられただけなのだが。。



とにかく石 石 石って感じなのだが

特に感動する感じではない。。

以前(ずっと前)にペルーのクスコで見た「カミソリの刃も通らない精巧な石組」って感じなら「すげー」ってなるんだけど、ここはただ石を積み重ねただけ。

正直、人と時間をかければ誰にでも造れてしまうような遺跡である。



自己洗脳で、無理やり「すげー!」って思うように考えてみたけど

やっぱりすごいとは思えず。。。笑



そして規模的にも、

確かにたくさんの石が積み重ねられて作られた遺跡だってのはわかるが。。


はたして世界第二の石造建築物なのか!?




はっきりいって、アンコールワットの方が断然でかいと思うのだが。。


そしてこのグレートジンバブエは石が積み重ねられただけで彫刻等は一切なし。。。

芸術度という点では他の世界遺産に圧倒的に遅れをとっているぞ。。

唯一あるのはこの石を斜めに置おいたデザイン
ぐらいである。。



まぁジンバブエの国旗に描かれている鳥みたいのはここで発見された彫刻らしいけどさ。


いや、もちろんこれらを作るのには大変な労力が必要だし、

何百年も前に作られたってのはやっぱりすごい事ではあるんだけどさ。



自分が勝手に期待しすぎたせいかずいぶんしょぼい遺跡に見えちゃいました。。


遺跡を訪れた時は、それが作られた当時の様子なんかを想像したりするのが好きなんだけど

ここではなんにも感じる事がなかったかな。。




ってわけで遺跡は午前中であっさり終了笑

あとは暇すぎるので髪を自分で切ったりして遊んでました。


最近ずっと自分で髪を切っているのでだんだんうまくなってきた気がする。

写真撮ったけど、切る前の写真を撮り忘れてるのでここに載せてもしょうがないですね。



次は首都のハラレに移動です!



<グレートジンバブエで泊まった宿>
・遺跡内キャンプサイト
テント泊5USD(400円) ドミ7USD(560円)
キャンプサイトにコンセントあるので充電可。
キッチンなしなので食料持参が良い。
シャワーはたぶん水。


詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。

--------------------------------
ランキングに参加してますー。
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村
author:oka, category:46.ジンバブエ, 14:24
comments(0), trackbacks(1), - -
[ジンバブエ]クラシック列車の旅
ヴィクトリアの滝を見て、

ラフティングも堪能。

とゆーわけで、次の町ブラワヨへと夜行列車で移動する。

あ、最後に巨大バオバブの木があるってことで行ってみた。

樹齢2000年ぐらいなのかな?

確かに大きい、大きいんだけどなんか普通の木って感じだね。


バオバブはやっぱりマダガスカルのが個人的には好きかな。

「マダガスカルのバオバブ」ってゆーネームバリューがそうさせてるだけかも知れんが。。




さて、で肝心のブラワヨ行きの列車。

出発は午後の7時くらい。

チケットは前日などには購入することができないのか

行っても「当日買いに来い」って言われた。。

当日朝一で行ったら問題なく買えたし、結局ガラガラだったのでそんなに心配することもなさそう。


ちなみに購入したのは1等寝台っ!!

席は他に2等寝台と3等の座席とがあるみたい。

1等が12USDで2等が10USD,3等が7USDだったかな。

大して値段も変わらんので1等寝台をチョイス。

結果的にかなり良かったです。


さて、出発15分前ぐらいに駅に到着。

始発駅だけあって列車はすでにホームにあって乗車もできた。


乗車する前はどーせボロい列車なんだろうと思っていた。

確かに古い列車ではあったけど車内は木目調でなんともオシャレ。

壁には絵がはってあるし鏡があったり。




コンパートメントも4人用のを想像していたが、

2人用だった。(4人用もある)

ここに知らん人と二人きりだとかなりきまずいとこだが、

他に乗客はおらず、この個室を一人で使う事ができたのでかなり快適だった。


荷物を置いて写真撮影。



なんとも渋いですな。。



列車はほぼ定刻通りに出発。

渋いコンパートメントの個室に一人でクッキーでも食べながら本でも読む。

アフリカらしくない、なんとも優雅な時間です。

寝る時には背もたれを取り外してマットみたいにする。

最近ずっと硬い地面の上でテント泊していた自分には嬉しいぐらいの柔らかさだ。



そのまま次の日の7時すぎまでぐっすり寝ることができた。

窓から景色を見てみると、列車はゆっくりとジンバブエの大地を走っていく。




列車は9時くらいに到着。

ゆっくり寝れたし宿代わりになるのでバスよりも寝台列車での移動で本当に良かったですわ。




で、ジンバブエ第二の町、ブラワヨに着いたわけだが

この日は日曜だったのでほとんど全ての店は閉まってるし

町を歩いている人も少ない。。



元々観光で訪れるような場所がないブラワヨ。

鉄道博物館なんかがあるらしくてちょっと気になったがやはり日曜でやってないだろうってことで

そのままグレートジンバブエへと移動することにした。


とゆーわけで寝台列車からバスでさらに7時間ほど、マシンゴの町まで移動。

そこからさらにミニバスに乗り換えてグレートジンバブエまで一気に移動です。



ピラミッドの次に大きいという人口の石造建築物グレートジンバブエ。

はたしてどんな遺跡なのか??


<移動>
・ヴィクトリアフォールズ→ブラワヨ
夜7時発、翌朝9時着。
1等寝台12USD,2等寝台10USD,3等座席7USD
チケットは当日駅にて購入。

・ブラワヨ→マシンゴ
バスターミナルからではなく、その辺の路上に立ち、通るムタレ行きのバスに乗りマシンゴ下車。見た感じバスはたくさん出ている。
料金7USDで5時間ほど。

・マシンゴ→グレートジンバブエ
マシンゴの町で人に聞けばミニバス乗り場を教えてもらえるだろう。
T&Mのスーパーの前から出発、1.5USDで30分ほど。
下車後徒歩でさらに30分。
グレートジンバブエにはレストラン等あったか不明なのでT&Mで食料を買っておくのが良い。


<グレートジンバブエで泊まった宿>
・遺跡内キャンプサイト
テント泊5USD(400円) ドミ7USD(560円)
キャンプサイトにコンセントあるので充電可。
キッチンなしなので食料持参が良い。
シャワーはたぶん水。


詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。

--------------------------------
ランキングに参加してます!
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:46.ジンバブエ, 14:53
comments(0), trackbacks(0), - -
[ジンバブエ]ラフティングで吹っ飛ばされる。。
ヴィクトリアの滝でのラフティング!

20近くある激流ポイントももう15くらい通ってきた。


他のボートは上下さかさまになって転覆しているが、

自分たちのチームは「転覆したくない!」という欧米人同乗者の希望で

ボート最後尾のガイドが操るでかいオールによって

激流ポイントもうまく転覆しないようにかわしてきた。。



こちらとしてはせっかくのラフティングなので


転覆は願ってもないのだが。。。



と思いながらも残りのポイントもわりと無難にこなしていく。





残りのポイントがもう3つ。。。



「こりゃあもう転覆も川に吹っ飛ばされることもないかな?」



って思った直後のレベル4のポイント!



ついに川に吹き飛ばされました笑




あとあと見せてもらった動画には

自分が吹き飛ばされるところがしっかりと映し出されていました。。

(しかもスローモーションのリプレイつき。。。笑)







ラフティング中、基本的にはボートのふちに座ってオールを漕いでいる。

この時点で自分はボート左側の真ん中に座っていた。




激流ポイントに入ると、ボートがガクッ!っと右側に傾く、

この時点でオレの前と後ろの人は

バランスを崩されボートの中へとすべり落ちた。



よく覚えてないんだけど、自分はバランスを崩されることなく

そのままボートのふちに座っていたみたい。





と、次の瞬間






目の前が真っ白に!!





川の水が波みたいな感じで思いっきりオレに直撃したようだ!






で、そのまま後ろに吹っ飛ばされた!!!





後ろにガイドの持っているオールに直撃しつつ



無残に川に落とされる。。









そしてそのまま流されていく。。。






ほんと一瞬の出来事であんまり覚えてない。


目の前が真っ白になって気づいたら川の中にいた。


ライフジャケットのおかげで一応浮くんだけど、

それでもまだ激しい流れの中なのでうまいように呼吸ができない。。

最初は「あ〜ついに落ちたか〜」ってぐらいで落ち着いてたが

呼吸ができないし川の水も飲みまくりだったので

パニックほどではないけどちょっと焦ったかな。



そのまま200mぐらい流され、一緒に来ているカヤックの救命隊みたいのに引っ張られてボートに戻った。。



1回川に落ちただけだけど一気に疲れた感じ。。



で、このまま残りのポイントは無難に通り過ぎラフティングも終了。。



最後、流れが穏やかになったところで

他のメンバーが川に飛び込んだり泳いだりしてたけど、

自分はもう水はお腹いっぱいだったのでボートの上に待機という笑




「せっかくなので」って思ってたし、

川に吹っ飛ばされたので良かったんだけど、

まぁ吹っ飛ばされるのは1回でいいかな。。。笑




道中はずっと渓谷内を進んでいくので景色も良いし

けっこう楽しかったかな。

無事に帰還です。





--------------------------------
ランキングに参加してますー。
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:46.ジンバブエ, 15:06
comments(0), trackbacks(0), - -
[ジンバブエ]ヴィクトリアのラフティング!
みっちゃんのおかげで80USDという破格の値段(通常130USD)で

参加できることになったラフティング。

申し込んだのは「SHOCK WAVE」という、ちょっとしょぼそうな会社だったが、

人数が集まらなかったのか、「SHEARWANTER」という隣の会社のツアーに混ぜられることになった。

でもこっちの会社の方がよっぽどしっかりした感じなのでラッキーかな?

こりゃあラフティング後に出る食事にも期待できそう。


で、そんな中ついに始まるラフティング。


まずはそれぞれヘルメット、ライフジャケット、オールと道具一式を装着し説明を受ける。


話の内容はすっかり忘れちゃったけど(いいのか?)

川に落ちた時の対処方とかを聞いたような?


ちなみにこのライフジャケット、かなりぎゅうぎゅうに締めつけられてます。

船乗るときにたまにライフジャケットを着ることはあるけど

「まぁ実際使うことはないだろ」

って感じで形だけ着るって感じ。


でも、今回は川に落ちるのが前提なのでかなりきっちり着てます。

もちろん、こちらとしても

ずっと船の上でぷかぷか浮いているようなのは望んでない。

せっかくなら船が転覆したり、川に吹っ飛ばされるのを楽しみにしているわけだし。





一通り説明が終わった後は実際に船に乗り練習タイム。

右や左に旋回させる漕ぎ方をみんなで練習。

まぁのちのち、一度も使う事はなかったけどね。


これは流れの強いところで振り落とされないように

「Get Down」のポジショニングの練習。

ボートの中に入ってしっかりロープにしがみつく。

どんだけ激しい川の中を行くのか楽しみである。


一通り練習が終わったので

いざラフティングに出発!!

出発地点はヴィクトリア滝の下。

下から見る滝もなかなかなもんです。



ヴィクトリアの滝でのラフティングは、

20箇所近くのポイントを通ることになる。

それらポイントは、流れの激しさからによってレベルがランク付けされている。。


ここではレベル4〜5という、

かなり激しい流れの中のずっと行くことになるのだ。




出発して最初のポイントがすでにレベル4。

緊張しながらポイントに突入!



バシャンバシャンとボート全体が水を浴びながら進んでいく!


と思ったらいきなり中野さんが川の中に振り落とされた笑


そのまま200mほど流されて回収?された中野さん。。。


最初のポイントでいきなり川に落ちるとわ。。。


と思ったらどうやらワザと落ちてみたみたい。



なんだかんだんで流れは激しいので、自分はワザと落ちたくなる感じではないのだが。。



でもこの後、最初のレベル4を越えるレベル5のポイントをいくつも通っていく!!





バシャーン!!






バシャーン!!!





バシャーン!!!!



バシャーン!!!!!





なかなかに激しいぞっ!!



自分は振り落とされないようにするのがやっと



ちょっと平坦な所で一息つく








と思ったらまたすぐに激しい流れに!!








うぉぉぉぉぉぉーーーー!!!!!






とガラにもなく声が出るくらい。





20個くらいあるポイントの半分くらいを過ぎた。



確かに流れはなかなかの迫力だが

今のところ川に投げ出されることも、ボートが転覆することなく

うまくやってこれたようだ。



うまくはやってるんだけど、、、若干物足りないような気がしてきた。。。



他のチームはけっこう転覆したりしてるんだけど。。



自分たちもせっかくだから転覆するぐらいのスリルを味わってみたいんですが。。



激流ポイントは、その通るルートによってほぼ間違いなく転覆したりするが、

逆に大人しいルートを通れば転覆せずに進んでいける。。



実は一緒のボートだったヨーロピアン達は意外にも?


「転覆はしたくない!!」


っていう強いリクエストがあって、転覆しないような無難なルート取りが続いたのだった。。




このまま川に放り出されることなく終わるのか??



とも思ったが、


あとのポイントで見事に吹っ飛ばされるのでした笑




ってことでその内容はまた次回で!!



<ヴィクトリアフォールズで泊まった宿>
・SHOE STRINGS
テント泊5USD(400円) ドミ10USD(800円)


詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。

--------------------------------
ランキングに参加してます!
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 

author:oka, category:46.ジンバブエ, 15:05
comments(0), trackbacks(0), - -
[ジンバブエ]ヴィクトリアのラフティング 〜申込編〜
いや〜しばらく更新を止めちゃってすみません。。

ネット環境あるのに2週間も更新しなかったのは初めてかも。。

別になんかあったわけでもなく、単純にサボってただけです笑


今日からちゃんとまた更新しますのでヨロシクお願いします。


ちなみにリアルタイムではナミビアレンタカーツアーから帰ってきました。
詳しいレポートは近々作成します。

次の目的地は未定!
ガーナビザ取れればガーナ。
取れなければコンゴ共和かチュニジアあたりに行ってみようかなと。
まぁ月曜のガーナ大使館次第かな?





じゃあブログの続きを。。(2ヶ月前の話だな。。)





ヴィクトリアの滝では滝を見る以外にもいろんなアクティビティが楽しめる。



まず有名なのはバンジージャンプ



でもバンジージャンプなんてお金もらっても飛びたくない。

スリルが楽しいんだろうけど、全く興味なし。

怖いだけでござる。

ちなみにここのバンジージャンプは高さ111mぐらいみたいね。

南アに200m以上のがあるらしいのでもしやるとしてもそこでやった方が良さそう。




で、もう一つ有名なのがラフティング


ヴィクトリアの滝から出発して数時間のラフティングは乾季の間だけできるみたい。

ラフティングはここのと、ウガンダのが世界的にも有名なようだが

ウガンダの時は125USDと高かったのでやめた。。

ここのも130USDぐらいと高いのだが、

「もし世界のどこかで1回だけ」やるならこのヴィクトリアのラフティングが一番良いかなー?

って思ったのでちょっと興味が出てきた。




とりあえず、ラフティングやってきた人のリアクションを聞いてやろうか決めようかなと。



まず、同じ宿のDさん曰く

「う〜ん、まぁ、、楽しかったかな。。」ぐらいのリアクション。。


どうやらそこまで楽しくなかったらしい笑




だが次の日参加したKさんは


「すごく楽しかった!!!」


って事だったのでやっぱりやってみようかな〜と思った。







そんな中、ひょっこり到着した腐れ縁のみっちゃん。



ラフティングやるのか聞く前に、

すでにラフティングの値段交渉をしてきたみたいだ。。




通常130USDするラフティング、

先の二人は120とか110にしか値下げできなかったところを


みっちゃんは、すでに100まで値下げしてるようだ。。


Kさんが申し込む時に、オレもついて行ったんだけど

110から値下げする気配は一切なかったのに。。


いったいどうやったんだ??って感じ。


オレも一緒に参加するならもっと安くなるだろうって事で

再び値下げ交渉。


みっちゃんの値下げ交渉力に関心しながらも、

自分は交渉には参加せずに近くで様子を見守る。




そして最終的に80まで値下がった!!



通常料金から50USDも値下げである。



いやはや、頼もしいことこの上ないですな。。

自分は先日の2人の事もあったし、90になれば万々歳かな?

って心の中で思ってたけど、

みっちゃんはさらに値下げしてきた。。笑

女性はたくましいですな。サスガです。


そんな交渉術をブログに書いてたみたいのでリンクしておきます。








お金を払ってる時に、ちょうど旅友の中野さんもラフティングの申し込みにきた。

中野さんは120USDで申し込むとこだったみたい。

中野さんを連れてきた客引きとちょっともめたが、

最終的に中野さんも80USDでOKになった。





ってことで3人でラフティング行くことになりました。




文章が長くなってきたので次回へ続きます!


↓こんな感じのラフティング、どうなることやら。


あ、ちなみにラフティング申し込んだのは

「SHOCK WAVE なんちゃら」っていうツーリストインフォメーションの目の前にある店です。
店の前に客引きがいるが、それらの客引きだとそんなに値下げできない。
自分達はツーリストインフォメーション内のスタッフ?みたいのが仲介してくれました。



<ヴィクトリアフォールズで泊まった宿>
・SHOE STRINGS
テント泊5USD(400円) ドミ10USD(800円)


詳しい宿情報はこちらで「宿情報」

「一人情報ノート」も更新してます。

--------------------------------
また更新していきますので
クリックお願いします〜。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:46.ジンバブエ, 16:29
comments(0), trackbacks(0), - -
[ジンバブエ]ヴィクトリアの滝 リベンジ!!
ボツワナのチョベ国立公園を堪能したあと

次の国ジンバブエへ。

国境でビザ代30USDを支払いあっさり46ヶ国目、ジンバブエに入国!!


この国境はあまり現地人が利用しないのか、

乗合タクシーの人が集まるのに時間がかかったが、

交渉後一人7ドルでビクトリアフォールズの町に到着。




その日のうちに早速ヴィクトリアの滝を見に行っても良かったのだが

天気はちょっと曇り。。


ヴィクトリアフォールズには数日滞在するつもりだったので

せっかくなら天気の良い、絶好のコンディションの中滝を訪れたかったので

この日は宿で待機。

で、次の日は気持ちよく晴れたので滝に向かう。





ヴィクトリアの滝。




先日の記事で書いたけど、今の時期は乾季。。

ザンビア側でヴィクトリアの滝を見たら

あまりに水量が少なく、迫力がイマイチだったのでけっこうがっかりした。。


が、「ジンバブエ側は迫力があってすごい」と他の旅行者から聞いていたので

今度こそ!という思いで滝へ。


入場料30USDを払って入場。

ザンビア側が20USDだったので合計50USD払ったことになる。。

まぁ安くはないね。。




滝の音が聞こえる中、

滝が見えるスポットへと歩いていく。

ちょっとすると、そこにはザンビア側とは全然雰囲気の違う

真の?ヴィクトリアの滝の姿が!!




滝には虹がかかりかっこいい感じ。



滝も迫力があるしね。



ジンバブエ側の滝は1kmぐらいの幅があるので

場所によって滝の感じが全然違う。


ここは「レインボーフォール」って名前のとこ。

名前通り、ずっと虹がかかっているみたいね。



遊歩道に「ザンベジ」のビール缶が転がっていたので

滝と一緒に記念撮影。

ちなみに写っているのはザンビア側の滝。

やっぱり水の量は少ないね。


再びレインボーフォール。

なんとも絵になります。



迫力だけで言うとやっぱり「メインフォール」が一番すごいんだけど

ポジション的にあまり良い写真は撮れず。。

ちょっと離れたところから、

滝と滝を見ている観光客を一緒に。



ジンバブエ側では柵のないところもあり、写真のように崖っぷちに座ることもできる。

こんな迫力のある?写真も撮ることができた。

この下はそのまま100mの崖なので正直かなり怖いけど。。

実際には座ってるこっちよりも写真を撮ってる方が怖そうだね。。



虹も滝も本当にキレイでいくら見てても飽きない。

結局夕方、日が沈むギリギリまでずっと滝を眺めていた。

最終的にはこんな夕日と一緒の滝も見ることができて本当に良かった。



んー、ザンビア側で見たときの印象と全然違って

ジンバブエ側から見るヴィクトリアの滝は本当にかっこよかった。



あくまで個人的な感想だけど

ジンバブエ側の滝の方が圧倒的に迫力もあるし、

見れる滝のエリアも多いのでいろんな滝が見られるので断然オススメ。
ザンビア側の滝はジンバブエ側からも丸見えだし(逆にザンビア側からはジンバブエがほとんど見えない)
やはり迫力もそんなないしね。


ただ、乾季のザンビア側でのみ行ける「デビルズプール」という水がまさに落ちて滝になるところまで行けるツアーはかなり迫力を感じられて良いみたいです。

自分はいってないけどね。

滝を訪れるなら断然ジンバブエ側です。

まぁ雨季のジンバブエ側は水がすごすぎてわけわからんって話も聞くけどね。


※このヴィクトリアの滝を訪れたのは記事を書いてる2ヶ月も前。。。
改めてこう写真を見てみると、自分で見てもけっこうかっこいい写真だな〜って思える。
ヴィクトリアの滝、本当によかったです。


<移動>
・カサネの町→ジンバブエとの国境
タクシーで一人20プラx2人で
・国境→ヴィクトリアフォールズ
乗合タクシーで一人7ドル

<ヴィクトリアフォールズで泊まった宿>
SHOE STRINGS
テント泊5ドル ドミ10ドル


--------------------------------
ランキングに参加してますー。
1日1クリックで投票になりますので
ヨロシクお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
携帯からは↓みたいです
にほんブログ村 
author:oka, category:46.ジンバブエ, 07:14
comments(2), trackbacks(0), - -