RSS | ATOM | SEARCH
[カザフスタン]アルマティ

インドビザ申請中に、カザフスタンに1日だけ行ってみることにする。

カザフスタンは元々ウズベキスタンの後に行くつもりだったが、タシュケントでビザを申請後、10日近く待ったが原因不明のまま取得する事ができたなかった。。
ビシュケクではなんの問題もなく、2日であっさりとゲットできた。
なんだったんだタシュケント??

しかもビザは他の国の人達は$60とか払う必要があるのに、日本人はカザフスタンビザがタダなのでラッキー。

ってことで、荷物をビシュケクの宿に置き、手軽な感じでいざカザフスタンのアルマティへと向かう。

ビシュケクの西バスターミナルからアルマティ行きのマルシュがあった。
けっこう人がすぐ集まったので頻発してるっぽい。アルマティまで一人300ソム(約550円)。

ビシュケクを出発して1時間足らずでカザフスタンとの国境へと到着。

キルギス側の出国はあっさり終了。
見てるとキルギス人はパスポートじゃなくてIDカードみたいので出国していた。
マレーシア⇔シンガポールの国境も現地人はカードみたいので通過してたがそんな感じかな?

カザフスタン側の入国は入国カードの記入があったりとちょっと混雑していたが、審査自体はすんなり終了。

これで今回の旅、24ヶ国目のカザフスタンへの入国です!

カザフスタン国境を過ぎて少し走ると、カザフスタンらしい?草原の景色が広がる。


3時間ぐらいで、アルマティの長距離バスターミナル、サイランへと到着。
キルギスではほぼ見ない、大型バスがいっぱい停まっている。
さすが、国土の広いカザフスタン、長距離移動用のバスですね。

ちなみに中央アジアで一番物価の高いカザフスタン、このアルマティでも安宿らしい安宿はない。
利便性は良くないが、このバスターミナルに併設されている宿泊施設が安いのでバックパッカーも良く泊まるみたいね。1泊1000テンゲ、約600円くらいかな。

早速市内をぷらぷら。
よくわからんが「28人のパンフィロフ記念公園」みたいなの。
第二次世界大戦の時に、対ドイツ戦で活躍した人達の記念碑。
カザフスタンってかもちろんソ連のだけどね。


このでかい像の前に慰霊碑のようにずっと炎が出ててそこに献花がされていた。


ウズベキスタンでもだったが、どうやら結婚式のシーズンらしく、この公園にたくさんの新婚さんが訪れていた。10組ぐらいいたかな。
慰霊碑みたいのに花束を置いたり、いろんな写真を撮っていた。


近くにあった、ゼンコフ教会。
カザフスタン自体イスラム教徒の方が多いのだろうが、これはロシア正教、キリスト教の教会だね。


中の様子。
んーまぁいかにも教会の中って感じかね。
何人かの人がお祈りしにきていた。


こちらは政府系の建物かな?
なかなか立派だけど、特に警備がいなかったので市役所とかかな?


物価が高いカザフスタンはその分、オシャレな感じがする。
キルギスのビシュケクではあんまり見ないようなカッコイイオープンカフェとかがいっぱいあった。
だけど夏の短いカザフスタンでこうやって外でのんびりできるのもほんと2,3ヶ月の間だけなんだろうな。ホント冬は寒そう。。



ってな感じで、ちょっとだけどカザフスタンに行ってきた。
首都のアスタナとかにも行ってみたい気もするが、距離も遠いし特に見所もないのでまぁいつか機会があったらだな。

これからキルギスのビシュケクに戻り、インドビザを受け取って中国のカシュガルへと向かいます!

author:oka, category:24.カザフスタン, 23:32
comments(0), trackbacks(0), - -