RSS | ATOM | SEARCH
シンガポール

ミャンマーをビザ滞在期限いっぱいの28日間滞在した後、シンガポールへと移動してきました。
ちなみにシンガポールへはJET STARを使ってきたんだけど、AIR ASIAと違って飲み物とか機内食がちゃんとでるんだねー。
座席のところにファミレスのようなメニューが置いてあったからてっきり食事は有料なんだと思ったけど。
機内食が出てきたときに、思わず「え?これタダなの?」って聞いちゃったよ。。

さてさて、快適な空のたびを終えシンガポールに到着し、ベトナム滞在中に知り合ったマレーシア人の家にお世話になる。

到着した日は、他のルームメイトと一緒にご飯を食べにいって、ローカルなエリア、と言ってもほぼ中国系の町並みをぷらぷらし、次の日はシンガポールの定番のスポットを周る。

シンガポールには今回で3回目になるのだが、シンガポールにきてマーライオンを見ないわけにいかない!って事で見に行く。
で、あったのがこれなんだけどこんなに小さかったっけ??ってぐらいしょぼい笑
誰が言い出したかは知らないけどさすがは「世界3大がっかりスポット」の一つだ笑
ちなみにあと二つは「小便小僧」と「人魚姫の像」だったかな。

さて、マーライオンだけど、やっぱりこの写真のやつは偽物?らしく、海を向いた本物がちゃんとあったんだけど残念ながら修復中のようで建物で隠されている。
手前の赤いのがマーライオン。のいるところ。
まぁ別にマーライオンに特別な思い入れがあるわけでもないし、過去に見てるので別にいいんだけどね。


それよりも驚いたのが、以前着た時にはなかった、へんな建物が向えに見えている。
聞くと「マリーナベイなんとか」ってゆーホテルとかカジノとかがあるリゾート施設のようだ。
屋上のスケボーみたいになってるところには、ヤシの木なんかが見えるのでおそらくプールになっているのだろう。
シンガポールは都会だな〜と思ってたが、まさかこんな近未来的な形の建物があるとは思わなかった。


マーライオンを後にして、街をてきとーにふらふら。
「オーチャードロード」という、高級なデパートが立ち並ぶ通りを歩く。
確かに立派でオシャレな建物だらけだ。ミャンマーのボロイアパート群とはえらい違いだ。。



オーチャードのあとは「ブギス」という、日本だと原宿みたいなとこに行く。
こーゆー場所があるとは知らなかったが、たくさんの服とか雑貨とか、あと観光客用の土産物が売ってたりする。
こーゆーがやがやしたところはやはり好きだなー。


まぁシンガポールは大都市ってだけで感動も特にないのだが、中国系、マレー系、インド系、その他がうまく混ざり合ってる国ってのは珍しいんじゃないかな?
住人も英語はもちろん、中国語とタイ語がしゃべれたりと、バイリンガルなのが当たり前って感じ。
お世話になったマレーシアの人も、実は中国語がペラペラで驚いたし。

街を歩いてると基本的には中華系の店が多いが、イスラム教徒向けのモスクがあったりと「アジアの縮図」と呼ばれているのに納得です。



さて、嬉しいことにシンガポールのいたるところで日本向けの募金活動を見かけた。
ポスターなんかもいっぱい貼ってあるし、こんなに日本のための動いてくれてるとはちょっと驚きもあるけど素直にありがたいね。
自分もずっと海外に出てるし、日本のためにできる事といったら募金ぐらいしかないし、大した額でもないのだが、少しでも役になってもらえればいいね。

author:oka, category:9.シンガポール, 23:31
comments(0), trackbacks(0), - -