RSS | ATOM | SEARCH
[マカオ]マカオ3日目 〜街中ふらふら〜

今日15日は博物館が入場無料らしいのでマカオ博物館へと行ってみる。

博物館は聖ポール天主堂の隣にあるのだが、やはり聖ポールは観光客でいっぱいだ。
そんな中、聖ポールの脇の道路に、警察に護衛されているリムジンが止まっていた。
どこかのVIPが観光に来ているのだろう。

ちなみに、白バイは、香港ではホンダ車だったけどマカオではYAMAHAだ。
パトカーと、TAXIは香港でもほぼトヨタ車。まだまだ中国車ってわけではないようですね。

さて、博物館に行くと「本日免費!」みたいな張り紙がしてあるが、入場規制をしており中に入れない。
そんなに入場者がいるのかな?と思いつつ待ってると、中からスーツを着た集団が出てきた。
おそらくさっきのリムジンの主だろう。後をつけてみるとやはりそのようだ。
どうやらVIPは年配の夫婦だが、どこのだれかはわからない。警察まで来ているって事は中国の偉い人かなんかなんだろう。

さて、博物館にはポルトガルとの交易に関する資料、展示が多く、イエス像とか十字架とかそーゆーの関連の品が多い。
当時の中国人にはキリスト教はどう映ったのだろう?とりあえず十字架にかけられたイエス像とか気味悪すぎだと思うけど。。


また、博物館での解説で、聖ポールにフランシスコ・ザビエルの像があるのを知った。
やっぱりただ見るだけじゃなくて、解説を聞かないとわからない部分は多そうだ。

↓博物館を出てザビエルの像を撮影。下段の右から2番目がザビエルで、左から2番目がイエズス会の創始者らしい。


マカオのローカルな通りも歩いてみる。
自分の泊まってる宿もそうだが、50年近く前からあるんじゃないか?といった古い建物や、微妙にヨーロッパっぽい建物が残っている。
あくまでイメージだが、なんとなく20年前の香港といった感じかな?

↓薬局に売ってあった薬。なんの薬かはわかんけどパッケージがいいね。



雨が降ってきたので後はカジノでも冷やかすことにする。
自分は特にギャンブラーでも何でもないのでカジノは見ているだけで終了なんだけどね。
まぁ日本でのパチンコもだが、あれだけ店が儲かっているって事は結局客がお金を落としている、つまり客が負けるからって事だしパチンコ等する気は起こらんです。
ギャンブルとは言えないかもだが、totoBIGを時々買うぐらいだね。


マカオのカジノで人気なのはバカラと大小って二つだ。
バカラはルールがいまいちわからんが、大小は単純で、3つのサイコロの目の合計が大きいか小さいかを当てるものです。
ルールのわかりやすいサイトがあったのご紹介(勝手に)→ 大小のルール
これはわかりやすいのでやってみてもよかったが、香港ドルもマカオパタカも持ち合わせてないのでお金をかけずにずっと予想したりしてた。
↓大小のテーブル。


マカオのカジノの収益がラスベガスを越えているらしいが本当だろうか??
そこまでの規模は無いように見えるけど。
まぁ確かに見てるとじゃんじゃんお金を使ってるようだけどね。
ラスベガスと違い、マカオはカジノしかないといった感じだ。
ラスベガスのように、カジノだけでなく、ショーやビュッフェ形式のレストランなどいろんな娯楽の幅が増えるともっと観光客が集まると思うけどね。




明日はマカオを離れ、再び中国です。
とりあえず広州だけど、できれば夜行で南寧ってとこまで行こうと思います。

author:oka, category:3.マカオ, 23:47
comments(0), trackbacks(0), - -
[マカオ]マカオ2日目 〜世界遺産巡り〜
今日はマカオの世界遺産をのんびり巡る。
とりあえずは再び聖ポール天主堂へ。
昨日よりもかなりの数の観光客がいて、日本からのツアー客も多いようでみんな記念撮影などをしている。

やっぱり日本人は服装の感じとかですぐわかるね。解説が聞きたい時はさりげなくツアー客に便乗して聞いたりするが、ここでは別に聞かなくてもって感じなのでやめておく。
ここから世界遺産巡りを開始。
マカオにある世界遺産は30個のうち、ほとんどがポルトガル統治時代の教会とか広場、役所関係の建物であるが正直自分には見る価値の無いものがほとんど笑
まぁ歴史的には重要建築物なのだろうが規模も小さければ最近修復したでしょ?って感じで新しいのがほとんどだからだ。
そんな中でもまぁまぁよかったのは教会かな。
写真はローレンス教会とヨセフ教会です。こうして見るとほぼ一緒だな笑
まぁいいや。

あと、媽閣廟とかいうのもまぁまぁだったかな。参拝者も多かったです。

逆に一番しょぼかった世界遺産が右の建物の「ナーチャ廟」ってやつ。
後ろの壁も「旧城壁」とかで世界遺産だ。
聖ポールの脇にあるけど気付かない人も多いのではないかな?

札幌時計台よりも見ごたえがない。まぁ自分の主観で、実際は貴重な遺産なのだろうけどね。
 
マカオの世界遺産をあっさり見終わってしまった。
30近く見て、おそらく今後記憶に残るのは2,3個だろう笑
ひと通り周ったのでマカオタワーにでも行ってみる。

ここでは高さ世界一のバンジージャンプあるようだけど、自分はもちろん飛ぶのではなく見るだけだけど。

ちょっと待ってると一人が落っこちてきた。
タワーはなかなか高いのだが、バンジーではその半分ぐらいでビヨヨーンと上に引っ張られていく。
もっと下ぎりぎりぐらいまで落ちてくるのかと思ってたのでちょっとがっかり。
まぁこんなもんなんだろうけど。
暗くなってきたのでカジノの夜景でも撮ってみる。
それにしても、このグランドリスボアってやつはほんとに変な形だね。スターウォーズに出てきそうな感じだ。
↓旧リスボア。マカオの象徴的カジノ

↓MGM。ラスベガスのMGMでは本物のライオンがいたがここではそんな事はないようだ。
日本からの観光客だと、マカオは香港からの日帰りで観光する人が多いみたいが、実際1日もあれば十分だなーって感じです。
マカオのお金があと1日分残ってるので、明日はのんびりカジノでも冷やかしてこようと思います。
author:oka, category:3.マカオ, 22:55
comments(2), trackbacks(0), - -
[マカオ]マカオ1日目 〜ドッグレース〜

今日は長居した香港を離れ、マカオへと向かう。

フェリーターミナルで香港の出国審査を受け、フェリーに乗る。
フェリーは1日に何本も出ているのだが、意外にも?自分のフェリーはほぼ満員だったので香港⇔マカオ間はけっこう移動者が多いのだろう。
フェリーは1時間でマカオに到着。
これまたマカオの入国審査をあっさり終わらせ無事にマカオ入国です。


マカオではマカオパタカという通貨があるが、ほぼ等価である香港ドルもほとんどの場所で使用可能らしく、微妙に余っていた香港ドルを使いバスで宿へと向かう。

ネットで調べた「皇宮大旅館」という宿に行く。名前はかっこいいが、何十年前に建てたんだ??っていうくらい古く、部屋はまるで牢獄のような雰囲気笑
70パタカ(約770円)と調べた金額よりも値上げしたようだが、それでもマカオ最安クラスなのでここに決める。

さっそくマカオの世界遺産を見に行くことに。
観光の中心のセナド広場に行くと大量の観光客が。
このセナド広場も世界遺産だが、すぐ近くに何個も世界遺産があるようでふらふら見ていく。
↓セナド広場


↓聖ドミンゴ教会。だったと思う。


↓名前忘れた笑 今でも現役の区役所みたいなやつ。


マカオは世界遺産が30くらいあるらしいが、世界遺産といっても万里の頂上やピラミッドのようないかにも世界遺産って迫力のものは無く、標識がなければ素通りしてしまうのがほとんどだ。
見ても大体「へ〜」どまり、中には「は?これ??」っていうのも笑
札幌の時計台よりしょぼいのもいっぱいあります。
人通り多い所にあっても観光客いなかったりしたし。

そんな中、マカオの世界遺産で一番有名なのがこの聖ポールのファザードだろう。
さすがに観光客もいっぱいだ。
これはなかなか大きくてよかったが、残念ながらこの門みたいなやつしか残っていない。
てかクリスマスでパンダやらサンタやらの飾りつけだらけだが。


世界遺産巡りは明日ゆっくりするとして、ドッグレースを見に行って見る事に。
ドッグレース場に着いたはいいけど全然客はいなくてさびれている感じで昨日みた香港競馬とはえらい違いである笑
ドッグレースもシステムはほぼ競馬と同じで、レース前にはパドックで犬の調子を見たり、新聞には過去の成績や予想、調犬師のコメントが載ってたりとほんと競馬と同じである。
違うのは、犬に騎手が乗るわけではなく、うさぎみたいな変なぬいぐるいを追っかけて走っていくところかな。




レースは6頭で300mか500mのレースをやるみたい。
パドックで犬を見たがすごい細くていかにも早そうだ。グレイハウンドって種類なのかな?
犬は意外にもけっこう大人しく、ゲートインまで係員に連れられていく。
ゲートインし、係員が旗を振るとうさぎのぬいぐるみが走ってきて、それを追いかけるな形でスタート!
犬はさすがにけっこう早くてあっという間にレースは終了するがわりと迫力があっておもしろい。
レース場では撮影禁止だったでモニターをビデオに撮ってみた。
中国ではYoutubeが使えなかったので動画を公開できなかったが、せっかくなので挙げてみました。
↓レースはこんな感じです。

※動画のアップロードにすごい時間がかかるのでまた後ほど。。

せっかくなので馬券ならぬ犬券も買ってみた。
3レースぐらい様子を見て、やはり犬の気分に左右されるのか1番人気とかの掛け率が全然あてにならなず不確定なこと、2着までに入ればいいのでも10倍になったりするのがあるので
一番人気の無い犬の犬券を買う。
最後の直線まで1位だったのに最後の直線で2頭に抜かれてあえなく3着。。
まぁこんなもんですね。

もう満足したのでドッグレース場を後にする。
セナド広場に行くと、飾り付けられたツリーやらパンダがきらきらしてました。

author:oka, category:3.マカオ, 23:15
comments(2), trackbacks(0), - -