RSS | ATOM | SEARCH
[キューバ]トリニダーでロブスターを食す。

こんにちは。

 

現在はパラグアイで日系人主催の盆踊り大会に行ってきたところです。

 

地球の反対側、季節も真逆のパラグアイでしたが完全にそこはもう完全に日本でした笑

 

なかなかに不思議な光景だったけど、海外での日系社会を垣間見れたのは良かったです。

 

 

 

さて、ブログ上はキューバの観光地、トリニダーに着いたとこね。

 

バスターミナルの大量の客引きを見てちょっと戸惑ったが、気を取り直して軽くトリニダーの町をふらふらしてみましょう。

 

 

まず行ったのは宿からほど近い鉄道駅。

 

毎日朝9時くらい発で近くのなんちゃら渓谷まで列車で行くツアーがあるみたいなのよね。

 

そのツアー自体には特に興味はなかったんだけど、せっかくなのでその列車は見てみたかったという。

 

駅に着いてみると、そこは一車両分の長さしかなさそうな小さいホームの駅だった笑

 

が、見た感じたくさんの観光客が列車を待っているね。

 

ほどなくして列車が到着。

 

てっきり蒸気機関車が来るのかと思ってたら普通のディーゼル車だった。

 

駅の隣がすぐ車両庫になっていて、ここで何往復かして車両を連結していた。

 

最終的に3両ぐらいになった列車は、団体のお客さんなどを乗せて去っていった。

 

 

自分はそのまま車庫の方へ歩いてみる。

 

するともう使われなくなったんだろうが、蒸気機関車がたくさん並んでいた。

 

この機関車には「1552」なんて書かれているけど、そんなに昔から蒸気機関車ってあったのだろうかね?

 

ふらふらしていると、係員なのかなんなのか知らんけど一人のおじさんが機関車に上がってみろとか言ってきた。

 

まぁせっかくだし内部を見せてもらう。

 

おじさんはこの機関車の事とか、日本の部品も使われているってのを見せてくれた。

 

が、最終的におじさんが「お金くれ」とか言ってきた。。

 

う〜ん、そんな感じか。。

 

 

なんかやはりトリニダーは観光客が多いからかこんな感じになっちゃうのかもね。

 

確かに自分ら外国人は一般のキューバ人に比べると圧倒的にお金は持っているんだろうけど、そうした目で見られるのはやはりいい気分ではないな。

 

 

駅を後にしてトリニダーの中心の方へと歩いてみる。

 

向かったのはトリニダーでもひときわ高いタワー状の建物。

 

ちなみにこの写真の構図は、キューバの25セントのコインに使われているのよね。

 

このタワーは博物館になっている。入場料は1CUCとかだったかな?

 

上が展望台になっているのでまぁ払う価値は十分にありますな。

 

内部ではやはりキューバ革命などに関する展示が多い。

 

↓これはフィデルやゲバラがキューバに乗り込んだ時の船「グランマ号」

 

今ではノアの箱舟のような扱いになってる船だ笑 本物はハバナの革命博物館に展示されている。

 

こちらはフィデルがモンカダ兵営襲撃に失敗して収監された後、釈放された時の写真かな。

 

こちらはチェ・ゲバラが使っていたというハンモック。

 

塔の部分へも登ってみる。

 

頂上からはトリニダーの町が一望できてなかなかに良い眺めだ。

 

 

 

まぁそれなりに楽しめたかな。

 

引き続き町を歩く。

 

 

そーいやこのトリニダーの町並みは世界遺産になっているのよね。

 

歴史的な背景はようわからんが、とにかくこうした古い町並みが世界遺産のようだ。

 

世界遺産と聞くとずいぶん格が上がるような?

 

まぁでも見た感じは確かに良いよね。

 

建物もより一層オシャレに見えるね。

 

あ、これはハバナにあった、ヘミングウェイが通ったというバーだ。

 

トリニダーにも店舗があったのね。

 

にしても古い車と鮮やかな色合い、キューバはずるいくらい絵になるよね。

 

CUBAの文字。

 

ちょっと日影になっちゃってるので後でまた撮ろうと思ったけど撮ってなかったもよう笑

 

ちなみにここはビール屋になっていて、コップ一杯のビールが10モネダ(50円)で売られていた。

 

トリニダーは観光地なので土産物屋も多いね。

 

この車のプレートのキューバ国旗柄のやつ、欲しいと思って後で買おうとしてたが結局買わず。

 

たまにはすぐに買うのも必要ですなー。

 

 

トリニダーは一見、こうした土産物屋とか小奇麗なレストランがあってえらいツーリスティックな雰囲気だ。

 

自分としてはそれがちょっと残念な感じではあったんだけど、町中心からちょっと離れれば他の町と同様一般のキューバ人が暮らすエリアになった。

 

こうした場所を歩く方が自分は好きだね。

 

何を売っているのかようわからんような店だったり

 

薬屋かなんかわからんようなお店もあったり。

 

これぞキューバって感じかな。

 

 

このトリニダーでも先日亡くなったフィデルの写真などはよく見かけたな。

 

 

こちらはバスターミナルにあった、フィデル追悼の写真かな。

 

 

こちらはキューバの偉人たち。

 

ゲバラの隣はキューバ独立の父ホセ・マルティね。

 

まぁ一番下のはベネズエラの故チャベス大統領だけど。

 

キューバとベネズエラは反米の社会主義国の盟友って感じで関係は強かったみたいだね。

 

 

さーて、

 

小腹が空いてきたところでご飯でも食べましょうか。

 

このトリニダーではちょっとした名物になっているレストランがある。

 

それがこちらのMARINっていう店。

 

まぁ普通のレストランなんだけど、

 

なぜか?日本人にはロブスターを通常の半額の6CUCで出してくれるよのね。

 

他の国でロブスターなんて食べたらいくらするのかわからん。。

 

これはここぞとばかりにロブスターを食べてみる事にしましょう!

 

 

ロブスターの前に、、

 

このトリニダーの名物なのかな?カンチャンチャラとかいうようわからん名前のお酒。

 

ラムに似たお酒にはちみつとかレモンを入れたような感じだったかな?

 

氷も入れるのでけっこうサッパリ、と言いたい所だけどけっこう濃い感じだったな。。

 

まぁ美味しかったけど。

 

 

で、しばししてロブスターが登場!

 

実際には最初にビスケットみたいのが来て、サラダが来てとコース的な感じになっていた。

 

このロブスターも頭を落としているので見た目的にはちと残念だったけど、味は申し分なかったね。

 

まぁめちゃくちゃ美味しいってほとではないけど、それなりには美味しいという。

 

店構え的にはちゃんとしたレストランなので、1人で来たのはちと寂しい感じもしたが。。笑

 

宿には他にも日本人いたのにね、まぁいいか。

 

でもここにはまた来ることになりそうかな?

 

 

そんな感じのトリニダー滞在はまだ続きますー。

 

ではまた。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

author:oka, category:153.キューバ, 05:22
comments(0), trackbacks(0), - -