RSS | ATOM | SEARCH
ベネズエラ入国!アホみたいな両替事情。。

現在地はベネズエラです。

 

3日間のエンジェルフォールのツアーから帰ってきたとこ。

 

エンジェルフォールはさすがに良かったけど、別の滝でずぶ濡れになって思いっきり風邪をひいてしまった。。

 

とりあえずはのんびりします。

 

 

 

さて、ブログ上はようやくそのベネズエラに入るところ!

 

ブラジルのボアビスタから朝7時半のバスに乗って国境まで。30レアル、1000円ぐらい。

 

国境に到着してブラジル側のイミグレーションに行くのだが、なんだか人がすごい多い。。

 

銀行みたいに順番待ちの紙を渡される。

 

 

そして表示されている番号と比べてみると、、

 

なんと120人待ちぐらいだ。

 

これは時間がかかりそうだな。。

 

 

 

 

と思ったら、案の定ブラジル側の出国印をもらうまで2時間半もかかった。。おいおい

 

こうやって文章で書くのは一瞬だけど、国境で2時間半待つのってかなり暇で長い時間だった。

 

せめて入国と出国で分けるとかしてくれれば良いのに。。

 

しかも審査官が今は限定的に日本人はビザいらないのを知らなかったり、自分の入国印が「学生」のカテゴリーになってたらしくかなり混乱気味。

 

色々言われたけど、いやオレのミスじゃないし。。

 

まぁ結果的に無事には出国できたんだけど、出国審査で15分くらいかかったのも初めてかも。

 

 

 

なんかすでにどっと疲れたけど本題はこれかだ。

 

ベネズエラ側へと向かう。

 

ベネズエラ側までは歩いて10分ほどだが、その真ん中にある境界線。

 

無風で旗が全く広がってなくてなんともつまらない写真だが、左側がブラジルで右側がベネズエラ。

 

 

ベネズエラ側は自分のような外国人は専用の窓口があったのでほぼ待たずに終了。

 

私服の入国審査官が、オレの処理をしながらウサイン・ボルトの動画を見てた笑

 

この辺の適当さはいかにも南米だよね。

 

どうやら100mの決勝が終わったみたい。案の定ウサイン・ボルトが優勝したようだ。

 

まぁオレも見たかったので一緒に見せてもらったけど。

 

 

ウサイン・ボルトすごいよねー。

 

今回でオリンピック三連覇ですか。

 

100m走みたいな10秒以下の競技で、3大会もずっとトップでいられるなんてかなりすごいと思う。

 

まぁウサイン・ボルトがダントツで強いってことだろうけど。

 

もしオリンピック見に行ってたとしたら、見たかったのはやはり陸上競技。

 

まぁウサイン・ボルトは3年前に、モスクワであった世界陸上で見れたしもう満足なんだけど。

 

当時の記事、もしよかったらどうぞ

↓↓↓

世界陸上最終日!ウサインボルト!!

 

 

 

さて話がずれちゃうので本題へ。

 

無事にベネズエラへと入国です!

 

 

さて、実はベネズエラ側に入る前、さっきの境界線あたりで両替をしているのでその話を。。

 

 

2016年の8月現在、ベネズエラでは1ドルが10ボリバルというのが公式なレートなんだけど、

 

実際はその100倍の1ドル1000ボリバルあたりで取引されているようだ。

 

要は実際のボリバルは公式レートの100分の1しか価値がない、とも言える。

 

なのでベネズエラでは米ドルやブラジルのレアルなどの現金を持ち込んで、こうした実勢レート(闇レート)で両替するのが一般的なのよね。

 

うっかりベネズエラ国内でATMを使うと大変な事になるので注意。

 

「100ドル分、100,000ボリバルでもおろそうかな」

 

なんてATMを使った日には半沢直樹もびっくりの10,000ドル分が引き落とされる事になるので注意。

(実際は知らんけどね、ただ計算上はそうなる)

 

 

 

さて、なのでこの闇レートで両替するんだけど、、国境にはたくさんの両替商がいる。

 

聞いてみると、

 

1ドルが950ボリバル

 

1レアルが350ボリバル

 

との事。

 

ふむ、思ったよりもずいぶん良い。

(サンタエレナの町でも同じレートだった。後に行くシウダードボリバルでは1ドル900)

 


ちなみに、1ドルは3.2レアルなのでレアルに換算すると3.2X350 で1120となる。


つまりブラジルレアルで両替した方が断然お得って事ね。

 

もし自分みたいにブラジルからベネズエラに入るなら、ブラジルでレアルをがっつりおろしておいた方が良さそうです。

 

 

自分はそんな事情は特に知らなかったが、ブラジルでお金おろすときにATMの手数料がえらい高くて反射的に大量のレアル、1000レアル(33000円ぐらい)おろしちゃったのよね。

 

ここで自分は持っていた750レアル、約23000円分くらいを両替。

 

 

 

 

 

えーと、、、、

 

 

一気にこうなりました笑

 

 

 

大量の札束笑

 

 

 

なにこれ?笑

 

以前ソマリランドでも札束で大富豪気分が味わえたけど、断然それを上回ったわ笑

 

 

えーと、インフレの進むベネズエラなんだけど、最高額の紙幣はいまだに100ボリバル(10円)なので23000円分だと、100ボリバル札が2300枚になるわけですね。

 

で、こんな札束になっちゃうわけです。

 

めっちゃめんどいし重い笑

 

 

もはやお金などいちいち数えてなくて、100枚の束が何個あるか、ぐらいでしか数えてない。

 

実際に店で払う時も、紙幣を50枚とか70枚で支払うのよね。

 

店側もいちいち数えてられないのか、銀行にあるような自動の札数え機を使ってるしね笑

 

 


そして、この闇両替をすると、ベネズエラの物価が激安!

 

 

って話をよく聞いていたんだけど、この2016年8月の時点ではベネズエラの物価もかなり上がり、というか闇レートが落ち着いてきたのか、確かに安いが激安というほどではない、という感じになってしまった。。残念。

 

前はビールが30円で買えたり、長距離バス移動も300円、国内線の飛行機が1000円以下で乗れたりとかだったらしいね。

 

他のブログを見ると、マルガリータ島って5ッ星ホテルに格安で泊まったりとかできたらしいけど今はそんな事なさそう。。

 

 

ただ、役所とかは公定レートで計算されている(ハズ)ので


例えば日本のパスポートを海外で作る場合って、


日本での費用、16000円相当の現地通貨なのよね。


なので単純に言うと1600ボリバルで、約160円で作れるという事になる。


いや、実際はどうなのか知らないけど計算的にはこうなります。

 

と思って調べてみたら、現在は55,200ボリバル。約5500円みたいです。なんだ。。まぁそれでも安いけど。

 

 

ちなみに、数年前のミャンマーはこんな感じ闇レートが存在してて、200円もせずに10年のパスポートが作れていたのよね。

 

今はもう普通になっちゃったようだけど。

 



だがこんなうまい話だけではないのがベネズエラ。。

 

こうした経済不安もあって、治安はかなり悪化。

 

首都のカラカスは現地のベネズエラ人も恐れるほど。

 

まぁカラカスに行くつもりはないけど。

 

 

 

そして、そんな治安よりもたちが悪いのがベネズエラの警察

 

検問や荷物検査で、外国人が持ち込む米ドルなどを奪い取るらしい。

 

検査はかなり細かく、着ている服を脱がされた、なんて事も実際あるらしい。

 

 

まぁそうした悪名高い検問は西側のコロンビアとの国境近くに集中しているようで、とりあえずブラジル近くのこの辺りではそうした検問の話は聞かないけど最新の状況はわからないし用心するしかない。

 

 

って事で、旅行者はあの手この手でドルをあちこちに隠してベネズエラに入国するようだ。

 

よくある手口は(なんか悪い事してるみたい。。)

 

・シャンプーボトルの中

・トイレットペーパーの中

・電子機器の中

・お菓子を開けてお金を入れて接着剤で封をする

 

などがあるみたいね。

 

自分も、とりあえずすぐには目に入らない所で考えみると、やはりシャンプーが良さそうかな?

 

と思ってシャンプーに入れてみた。

 

お札はビニールに入れてちゃんとテープで密閉する。

 

 

 

これをボトルに縦に入れてみると、、なんとギリギリではみ出てしまった!

 

 

そしてもう取り出す事もできない。。

 

取り出すにはボトルをハサミで切って開けるしかない。。くそー、まぁ仕方ない。

 

昨日別のシャンプーを買っておいたので、そちらに入れることにするか。

 

 

と思って、ハサミで切ってお札を取り出して、もう一つのボトルに入れようとする。

 

ん?なんか中が濡れているぞ?

 

よく見てみると、お札を包んでいた袋も切ってしまっていたようだ。

 

ってかさらによく見ると袋だけでなく、お札も思いっきり切っていたようだ笑

 

 

 

我ながらあほすぎる笑

 

このお札両替できるのかな?

 

 

 

というわけでシャンプー作戦はとりあえず中断。

 

お札は上着のポケットに入れバックパックの奥底にとりあえずしまう事にした。

 

まぁお札は落ち着いてからまたちゃんとしたとこに隠しましょう。

 

 

 

さて、ベネズエラに入って到着した町サンタエレナは、ロライマトレッキングの拠点となる町だ。

 

ベネズエラに入って20kmほどで、いきなりベネズエラのハイライトになるとはなんともお手軽だね。

 

ロライマツアー無事に見つかるかな?

 

次回はそのお話しで。。

 

--------------------------
ランキングに参加してます。
更新ペースは気まぐれですが、押して頂けると嬉しいのでよろしくお願いしますー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

author:oka, category:144.ベネズエラ, 06:57
comments(0), trackbacks(0), - -